Webサイト制作コースのお申し込みはこちら

「ITエンジニアに転職したいけど、志望動機どうしよう…」
プログラミングスクールや独学でプログラミング技術を取得し、転職活動を始めた方はこのような疑問を抱くのではないでしょうか。
ITエンジニア転職の志望動機には、過去の経験や自身のスキルをどのようにエンジニアとして活用していくのかアピールすることが大切です。

そこで今回は未経験からITエンジニアへ就職または転職する場合の志望動機を、書き方例文と共にご紹介いたします。

ITエンジニアの仕事内容

まずはITエンジニアの種類別に仕事内容を確認していきましょう。

システムエンジニア

システムエンジニアはSEとも呼ばれ、コンピュータシステムやソフトウェアを設計してそれを開発するエンジニアです。
これらの業務は一般的に、システムを作成する工程の「上流工程」と呼ばれています。
この上流工程に含まれる業務としては、主にクライアントから要求を集積して取りまとめる〝要求分析・要件定義〟を行い、その要件定義を基に仕様書を作成する〝基本設計〟などがあります。その際、予算や人員、進捗管理などの管理業務も含めて、売り上げや利益を創造する大切な仕事です。
ただし、企業の中にはプログラム開発まで一貫して行っている場合など、仕事の内容が異なることもあります。

Webエンジニア

Webエンジニアは、Webブラウザで利用できるサービスを作るエンジニアです。
Webブラウザとは、スマホやパソコンなどのwebブラウザから利用できるwebサービスやアプリなどのことをいいます。
Webエンジニアには最新のWebに関する技術スキルが求められたり、デザイナーや分野の違う他のエンジニアとの密接なコミュニケーションが求められるなど、システムエンジニアやプログラマーとは違ったスキルが求められる職種です。

フロントエンジニア

フロントエンドエンジニアは、Webサイトやサービスにおいて「バックエンド側の処理」と「見た目のデザイン」をつなげ、「サイトに訪れたユーザーの体験」を演出するための包括的な処理を行う仕事を担当します。
たとえば、ECサイトの場合であれば、在庫管理のデータベースはバックエンドが担当し、デザイナーは商品をキレイに並べるのが仕事です。その中でユーザーが利用する「お買い物カゴ」をわかりやすく仕上げるのがフロントエンドエンジニアの役割と言えます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、ITにおけるインフラストラクチャー構築を担当するエンジニアです。
ITにおけるインフラストラクチャーとは、ネットワークやOS、セキュリティなどといった、インターネットを使用する上でベースとなるもののこと。インフラエンジニアが構築するインフラがあるおかげで、その他のエンジニアが業務を行うことができると言っても過言ではありません。

セールスエンジニア

セールスエンジニアとは、営業とITエンジニアの両方の側面を持つエンジニアのことを言います。
具体的にはセールス、すなわち営業と同じように、経営者などを相手に説得力のあるプレゼンを行います。また、エンジニアとして、技術担当者を相手に専門的な打ち合わせもこなさなければなりません。
さらに、セールスエンジニアは『技術的な観点で顧客の業務を分析したうえで最適なシステムを提案する』といった営業活動も行います。そして、システムの立ち上げ時には、顧客の技術担当者と協力して、スターデータのインポートやシステムのカスタマイズなどの作業も行います。

志望動機で絶対に書いてはいけないワード

志望動機には嘘偽りない情報を書くのはもちろん必須ですが、書き方に注意が必要なワードもあります。

「今よりも収入を上げたい」

エンジニアといえば高収入とイメージする方も多く、収入面からエンジニア転職を考えた方もいらっしゃるかと思います。
ですが「今よりも収入をあげたい」と志望動機に書いてしまうのはNGです。
志望動機が書けるスペースは限られているので、もし書いてあると「自身のアピールや応募企業への志望熱意を削ってまで収入面を気にするのか」とあまりいい印象を与えることができません。

「ITという響きに憧れがある」

志望動機がザックリしすぎており、採用企業側からすると「理想と現実に直面した際、少しでも自分の理想と相違があったら辞めてしまうのではないか」という印象を与えてしまう可能性があります。
IT業界への強い憧れをアピールポイントとして利用したいのであれば、きっかけになった事柄や本、映画などの『どの部分を見てどう感じた』と具体的なエピソードも書くようにしましょう。
プログラミング学習について相談するならこちら

「将来的にはフリーランスになりたい」

エンジニアは基本的に実務年数が上がるにつれて給料も上がる場合が多いです。
そのため、まずは企業に入社して実務経験を積んでから最終的にはフリーランスを目指している方もいらっしゃるかと思います。
ですが「将来的にはフリーランスになりたい」と志望動機に書いてしまうと、書類選考での通過率が下がってしまう可能性が高いです。
採用企業は新入社員を受け入れるにあたって、多額の費用を投資して採用や育成を行っているため、数年で辞めることを宣言されるとあまり良いイメージを与えられません。

「コミュニケーションが苦手」

エンジニアは黙々とパソコンを操作しているイメージを持っている方もいらっしゃるかと思いますが、実際は様々な場面でコミュニケーションを取る必要があります。
仕様確認の相談であったり、エラーが発生した際のデバッグ作業であったり、オペレーション側からの相談であったり、エンジニアの部署のみならず他部署の方と協力をしながら業務を行うことが多いです。
そのため「コミュニケーションが苦手」と書いてしまうと、採用企業的には不安要素となってしまう可能性があります。
プログラミング学習について相談するならこちら

志望動機に必ず入れたいアピールポイント

続いて絶対描いてはいけないワードと反対に、必ず入れたいアピールポイントをご紹介します。

その企業を志望する具体的な理由

ITエンジニアに関わらずほぼ全ての職種に共通しますが、『なぜその企業を選んだのか』という理由を明確に書きましょう。
これを記載することによって、採用企業は応募者がどういった部分を決め手として入社を志望してくれているのかを知ることができ、『応募者の想像する働き方と企業の求める人物像』の擦り合わせをすることができます。
また、応募企業の具体的なサービス内容などを入れて志望度を伝えることで、企業理解ができていることのアピールにもなるため、好印象を与えることができます。
第二新卒の方や未経験の方を積極採用している企業は『やる気』や『本気度』を重視している場合もあるので、その点も意識して書くと効果的です。

採用企業の募集要項を満たしていること

ITエンジニア転職において中途採用の場合、『実務経験◯年以上』や『開発経験をお持ちの方』などの募集要項が記載されている場合があります。こういった場合は、業務未経験だと書類選考で通過する確率がかなり低いため、あらかじめ募集要項は確認しましょう。
逆に『ITエンジニアとして成長していきたい方』や『独学・趣味でITの素養がある方』といった募集要項の場合は、その採用企業が欲している能力があることを具体例と共にアピールしましょう。

転職後に今まで培ったスキルをどう活用できるか

ITエンジニア未経験の方は、他の職種で業務をしていた方もいらっしゃるかと思います。
営業職、飲食系、事務職、公務員など、職業職種は関係なく、他業種経験のある未経験者は『前職で培ったスキルをエンジニアとしてどう活用したいか』を記入しましょう。
それぞれの前職での業務経験や知識が、企画考案やシステム開発に期待されたり、活用できる場面が多くあり、そういった人材を求めて未経験者を募集している採用企業もあります。
仕事をした経験がない方や学生の方も、プログラミングの取得方法であったり、エラー解決をしプロセスなどを具体的に記入することで、問題解決能力のアピールをすることができます。
プログラミング学習について相談するならこちら

書類審査の通過率が上がる志望動機の例文

それでは実際に例文を見て確認してみましょう。

タイプ①未経験者歓迎のIT企業

未経験者歓迎のIT企業/志望動機例文

私は、前職で飲食店の店長をしていたこともあり、飲食店をITで効率化するサービスを開発・提供している貴社の事業に興味を持ち志望いたしました。
 前職での経験から、飲食店従業員の立場になってシステムを考えたり、お客様の声を参考にしながらサービスの開発が行えると考えております。
 また、プログラミングは独学で習得しましたが、トライアンドエラーを繰り返しながら、『カフェ検索アプリ』の開発を一人でやり遂げることができました。 
 エンジニアとしては未経験でございますが、1日でも早く戦力になれるよう、たくさんコードを書いて現場の皆様に追いつきたいと思っております。

ポイント解説
・前職のスキルをどう活かしたいかが具体的に書かれている
・プログラミングのスキルが具体的に書かれている(ポートフォリオも一緒に提出必須)

タイプ②自社開発のIT企業

自社開発のIT企業/志望動機例文

私はコールセンターでの業務を通して、既に出来上がっている商品やサービスを単に売るだけではなく、自分たちでサービスや商品を考え、改善し、真の課題解決をしたいと思いエンジニアに転身することを決意しました。
 貴社ではクライアント様の要望通りの納品をするのではなく、要望以上の付加価値を提供することに力を入れていることに共感し、志望させて頂きました。
 私はこれまで付加価値を提供することが大切であると信じており、今までの仕事でも意識をしてきました。
 今後の目標としては、社会に貢献できるエンジニアになっていきたいと考えておりますので、前職で培ったコミュニケーション能力を活かしつつ、一早く貴社の戦力になれるように日々の自己研鑽に励んでいきます。
 また、新しい技術のインプットと求められる技術を学び続け努力していく所存です。

ポイント解説
・どういった仕事内容に興味があるのかが具体的に書かれている
・採用企業の募集要項と自身のスキルが合致する旨が書かれている

タイプ③受託開発のIT企業

受託開発のIT企業/志望動機例文

私が貴社を志望した理由は、バックエンドとフロントエンドのどちらにも携わってサービスの開発業務を行うことができ、将来フルスタックエンジニアとしてスキルアップできるという点が自身の将来像と一致したからです。
 また、受託システムの開発のみならず、システムコンサルや自社サービスの開発など、エンジニアとして幅広い業務を行うことができる点にも大変魅力を感じました。
 貴社で業務させていただくことで、私の強みである『相手が今何を求めているのかを常に考えながら行動できるところ』や、学習したプログラミングスキル、webに関する知識や経験も活かすことができるのではないかと考えております。
 もし、貴社に入社させていただくことになった際は、これらの知識や経験を活かしつつ、顧客の課題やニーズを満たすことができるサービスを開発し、提供することに全力を注ぎたいと思っています。
 また、自己研鑽や最新情報のキャッチアップを日々心掛けて、顧客や貴社に貢献できるようにしたいと考えております。

ポイント解説
・自身のスキルが業務でどう活かせるのかが書かれている
・技術力向上や情報のキャッチアップについて前向きな姿勢が書かれている

タイプ④スタートアップのIT企業

スタートアップのIT企業/志望動機例文

私が貴社を志望した理由は、スピード感を持った開発実務ができ、チームメンバーと切磋琢磨してシステムの開発や運用に携われるという点に惹かれたためです。
 私自身、将来的には業務全体を網羅的に行うことができるエンジニアになりたいと考えており、コミュニケーションを円滑に取りながら開発業務でも活躍できるエンジニアを理想としているため、貴社での業務を通してステップアップしていきたいと考えています。
 また会社のコアメンバーになれるということで、責任感と細部までこだわりを持ち、圧倒的な当事者意識を持つことで、より私自身の成長につなげることが出来ると考えております。
 その環境を全て活かしつつ積極的に手を挙げて行動し、少しでも早く貴社へと貢献させていただきたいと思っています。

ポイント解説
・採用企業の求める人物像に合致している旨が書かれている
・やる気と積極性がある旨が書かれている

転職サポート付きスクールはポテパンキャンプがおすすめ


ポテパンキャンプでは未経験からエンジニア転職をしたい方向けに作られた分かりやすいカリキュラムや動画解説、現役エンジニアからのレビュー、手厚い転職サポートなどがあります。

無料プログラミング学習サイトでは学べない現場で通用するコードの書き方やポートフォリオの添削など、エンジニアとしてすぐに活躍できるようになる学習環境が整っているため、未経験エンジニアとしての転職を考えている方におすすめです。

無料カウンセリングでキャリア相談も可能なので、ぜひお気軽にお申し込みください。

また、初心者の方でも分かりやすく楽しく学習できる『はじめてのプログラミングチャンネルbyポテパン』というYouTube動画もあります。

こちらのチャンネルでは、HTMLとCSS、JavaScript、Rubyなどを、完全プログラミング未経験のプログラミング初心者玉井夢さんに現役CTOの村上先生が優しく厳しく解説していく内容です。

このチャンネルではその他にも、ポテパンキャンプ卒業生で年収1,000万を超えるエンジニアへのインタビューや、転職活動に有利なポートフォリオの作り方なども解説しているので、気になる動画があるかチェックしてみてください。

プログラミング学習について相談するならこちら

まとめ

今回はITエンジニアの仕事内容から、志望動機の記入例までご紹介しました。
 近年は未経験からエンジニアを志望する方も増えてきており、書類通過も難しくなってきています。

 ポテパンキャンプでは卒業生へ提携自社開発企業の紹介をしており、ポートフォリオや履歴書/職務経歴書の添削、模擬面接などの転職サポートも行っております。
 エンジニア転職に不安がある方はぜひ一度無料カウンセリングにお申し込みください。

エンジニアを目指してプログラミングスクールを検討しているならこちら

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。