バナー画像

昔からある大型汎用計算機やスーパーコンピューターからパーソナルコンピューター、いわゆる「パソコン」を使って業務を処理するプログラムを製作する人を、「プログラマー」といいます。プログラマーといっても、その種類はたくさんあって、それぞれの仕事の目的が違うので専門性が求められます。
ここで、プログラマーという職種の紹介をします。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事の全体像

一般に、プログラムは、クライアントから仕様が提出され、その仕様を分析して設計し、クライアントの要求の対策方法を決定して、それをコンピューターで処理するために具体的な記述した手順書です。作成されたプログラムが、コンピューターの中で解読されて動き、クライアントの仕様を満たす成果を出します。

そして、プログラムを組み合わせて、ひとつの成果となったのをシステム、ソフトウェアと呼んでいます。プログラマーは、コンピューターに解読させる「プログラミング言語」を用いてプログラムを作成してさまざまなシステムやソフトウェアを作ることを職業とする人を指し、単にプログラムを作成するだけでない場合もあります。

システムエンジニアの役割はアルゴリズムを導くこと

クライアントからの仕様を分析して、仕様に要求された成果を出すためのアルゴリズムを導く人は、「システムエンジニア」と呼ばれます。プログラマーは、システムエンジニアが作成したアルゴリズムに基づいてプログラムを作り上げていきます。通常は、プログラムを作成するだけで、完成に到達しません。

そこには、プログラマー自身のミスもあり、またシステムエンジニアが作成したアルゴリズムの中にも不備があったりするためです。プログラマーはそういった不備などがないか、プログラムを組んでから何度もテストを繰り返し、不具合を修正することで、システムやソフトウェアを完成させていきます。テストはプログラムの単体テストから始まり、システムの総合テストとなると長期間に渡ることになるので、根気と忍耐力が必要とされる仕事です。

一般的に、次の工程がプログラマーの仕事にはあります。

プログラマーの仕事の工程4つ

仕様の理解

プログラマーの仕事は、クライアントから受け取った仕様を、実際のプログラムにすることです。ということは、プログラマーの仕事は仕様を理解すること、つまり「そもそも何を作れと言われているのか」を正確に理解するところから始まります。仕様をアルゴリズム化してまとめたドキュメント「設計書」を読み、分からないところはシステムエンジニアに確認しながら、仕様を自分のものにします。

プログラミング

仕様を理解できれば、ステージはプログラミングへと移ります。いよいよプログラマーのメインステージです!プログラムはただ単に仕様を満たせば良い、動けば良い、不具合が少なければ良いというわけではありません。そこまでで良いのは、いわゆる趣味のプログラムです。プログラマーはその先まで、つまりシンプルに、誰でも読みやすく、保守や拡張性まで考えてプログラムを作ります。そこが腕の見せどころなのです。

テスト

プログラムができれば、次はテストです。テストと一口に言ってもさまざまです。プログラム単体で仕様通り動くかを確認する「単体テスト」、複数の処理を組み合わせて動かして、問題なく動作するかを確認する「結合テスト」、連携システムや社外のシステムとの連携を確認する「統合、連動テスト」、そしてユーザが実際に使って確認する「ユーザ受入テスト」があります。

保守(メンテナンス)

ユーザが使用し始めると、保守(メンテナンス)が必要になります。システムは動きはじめてからも、気をぬくことはできません。テストで検出できなかった不具合が発生することがあるからです。また、ユーザの意見や仕様変更・追加にともなう維持改善が発生します。先ほどの段階までは「動かし始めること」、保守では「止めないこと、使いやすくすること」がメインの仕事となります。

プログラマーの仕事の流れ
  • 仕様の理解
  • プログラミング
  • テスト
  • 保守(メンテナンス)

【関連記事】
プログラマー就職の前に知るべきポイント!就職先や仕事内容は?

プログラマーはIT業界やソフトウェア業界に分類される

最近では、「IT」という言葉が浸透しつつあります。では、〝ITとは何だ〟 ということですが、「IT」とは〝information technology〟の略語であり、私たちの社会を支える重要な技術になってきています。

インターネットやスマートフォンなどは日々の生活に不可欠なサービスになってきています。また、家電、自動車、ゲームなどにも最新のIT技術が使用され、私たちの生活を豊かにしています。そのような技術やサービスを担っている業界が「IT業界」です。

IT業界を、「インターネット業界・Web業界」、「情報処理サービス業界」、「ソフトウェア業界」、「ハードウェア業界」と分けるとすれば、プログラマーはソフトウェア開発の基本となる職種になるので、ソフトウェア業界に属することになります。

プログラマーには様々な働き方やワークスタイルが存在する

プログラマーの仕事が理解できたところで、今度はプログラマーのワークスタイルを見てみましょう。プログラマーらしい働き方ってあるのでしょうか?一般的な会社員とどうちがうのでしょうか?気になるところですね。

プログラマーのワークスタイル

プログラマーは、プログラムを作成する言語が数多くあるため、専門に扱う言語により、担当できる案件が異なります。そのため、プログラマーには、様々なワークスタイルが存在します。企業に就職して、サラリーマンとなってプロジェクトに参加する形で仕事に携わるため、倒産でもしない限り収入に困ることはなく生活できて、安泰な働き方といえるでしょう。また、最近では会社という組織に属さないで、個人で独立して活動しているフリーのプログラマーも少なくありません。自分の仕事を自分自身で確保しなければ収入が得られないというデメリットはありますが、ビジネスとプライベートの時間を両立しやすいというメリットがあります。何より、本当に自分の好きな分野の仕事に携われるので、ゲームをプレイするような感覚で仕事を楽しむことができます。

プログラマーの副業・複業事情

プログラマーの中には、副業や副業をしている人が多いこと、ご存知ですか?
プログラマーの仕事は、当然プログラムを作ることです。パソコンさえあればできてしまうし、わざわざ出社しなくても在宅でできてしまいます。このご時世なので、連絡はメールやSNSで十分、プログラムはインターネットを介して納品可能です。特別な資格も一切不要!プログラマーという仕事は、副業や複業ととても相性がいいのです。
有名どころのクラウドソーシングサイトでは、必ずと言っていいほど「システム開発・プログラミング」というカテゴリがあります。それほどプログラミングは副業や複業では一般的なものなのです。現に、会社員プログラマとして勤務していながら、副業や副業をしているプログラマはたくさんいます。

【関連記事】
プログラマーは在宅でもなれる!その仕事内容や年収は?

プログラマーの平均年収は300万円~500万円程度

プログラマーの平均年収は350万円〜500万円とされており、他業種と比べても大きな違いはないのではないでしょう。ただ、プログラマーの仕事は、仕事の質、相性などで繁忙期を被るときがあります。
そうなれば当然、ブラック企業でなければ残業代を得ることができて年収が上昇します。

プログラマーは、さまざまな業種で必要とされる技術者です。したがって、働いている環境によっても大きく年収が変わることがあります。企業の大きさで、100人未満の事業所に務める人の平均年収が383万円であるのに対して、1,000人以上の規模の事業所に務める人は430万円であり、少し開きがあります。

また、プログラマーの中には派遣で働いている人もいて、給料がアルバイトやパートと同じ水準の時給で支払われて低い年収の人もいます。当然ながら、個々のスキルによっても給与には開きがでてきます。スキルがあるプログラマーや、プロジェクトのマネジメントまでできるプログラマーになると、年収600万円以上を安定して稼いでいる人もいます。

【関連記事】
プログラマーの年収はどのように決まるのか?
プログラマーが年収1000万を越えるための秘訣

プログラマーに必要なもの|すべてのプログラミング言語を知らないといけないわけではない

プログラマーにコンピュータの知識は必須

プログラマーとして仕事するには、少なくともコンピューターの十分な知識が必要で、プログラム言語、オペレーティングシステムのコマンド、ファイリング・システムの運用法、画面設定、その他作業ツールの使い方などを熟知していることが要求されます。近年とくにコンピューターの機種の拡張や機能の拡大に伴い、画面応答、オンライン、マイコンによる制御、コンピューター・ネットワークなどの多岐にわたる応用が普及しているので、プログラマーに要求される知識も広範囲になりつつあります。
しかし、それら全てに対して精通している必要はありません。

全てのプログラミング言語を知っている必要はない

プログラマーには専門性があり、どれかひとつマスターしていれば十分です。その中で共通して必要なスキルが、プログラミング言語を操ることです。Web系、ゲーム系、組み込み・制御系、汎用系、オープン系といった、どのジャンルを担当するのかによって必要とされる言語は異なりますが、Java、PHP、Perl、Objective-C、JavaScript、Oracle、XMLなど多様な言語があるなかで、業務をこなすうえで必要な言語のスキルを磨いていく必要があります。

複数の言語を習得していれば、それだけ担当できるジャンルを広げることができて、携わることができる案件も増えて、クライアントの多様なニーズにも応えられるようになります。ただし、1つの言語について圧倒的なスキルを持ち、クオリティの高い仕事ができるプログラマーも、業界では市場価値が高い人材としてみなされます。

いずれにしても、IT業界の技術は常に進化し続けています。常に、スキルを高める努力が大切です。

【関連記事】
キャリアアップには勉強が必須!プログラマーに必要な知識や経験とは?

プログラマーの厳しさとやりがい

厳しさ

プログラマーは、基本的には自分でスケジュールを決めません。無いのではなく、すでに上で決めたスケジュールが降りてくるのです。しかもそのスケジュールは絶対厳守です。作ってみたら難しかった、といった程度では、大きくスケジュールが見直されることはありません。
システムトラブルも、プログラマーの仕事を厳しくしている要因です。トラブルは動かしてみてはじめて発生するものです。計算誤りや動作不能といった目に見えるトラブルは、もう言い逃れができません。見つかれば何があっても即修正!になってしまうのです。

やりがい

自分が作ったプログラムが動いている、それを見るのはプログラマーとしての醍醐味です。お客様が自分の作った処理で入力していたり、自分が作った帳票を打ち出して効率的に業務をしているのを見ると、開発時の苦労は吹き飛ぶほどうれしいものです。
またビジネスや産業界において、どの分野でもだいたいコンピュータを使います。そのコンピュータの上で、ビジネスを実現する何らかのプログラムが動いています。言い換えれば、プログラマーの需要はだいたいどの分野でもあるということです。
さらに、希少価値のある言語やフレームワークが使えると、それだけでプログラマーとして付加価値になり、高収入が狙えるのもうれしいですね。

活かすことができる資格・業務経験

資格

プログラマーは、資格を持っていなくてもなれる職業です。しかし、IT業界では資格を持っていることで自分のスキルを証明することにもなり、プログラマーに関係する資格を取得していることに越したことはありません。資格を持っているのと持っていないのとでは、雇用側や発注側の印象が変わってきます。

プログラマーとして、まずは汎用性の高い資格取得を目指すことです。たとえば、「ITパスポート」や「基本情報処理技術者」があります。これらは、プログラマーだけでなく、IT業界の技術者として働く人が最初に取るべき資格といっても過言ではありません。

そこからは、各々のプログラマーとして必要な資格を取っていけばよいでしょう。プログラミング系の資格としては、「C言語プログラミング能力認定試験」、「Oracle Certified Java Programmer」、「Ruby技術者認定試験制度」などがあります。

プログラマーにとって、スキルアップし続けることは不可欠です。IT業界で求められる知識や技術は日進月歩のため、時代の流れによって資格の内容も変わっていきます。大きな変化があった場合は、新たに資格が新設されることもあります。

そのため、日頃から情報収集をしておき、臨機応変な対応が大切です。資格取得に向けて勉強することによって、自身のレベルアップにもつながります。

業務経験

プログラマーには、仕様書の記載内容や打ち合わせから得た情報から、〝どんなものをどのような方法で作るのが良いか〟を見極めることが必要になります。

そのためには、仕事や伝票などの流れを把握しておくことが必要です。例えば、企業の経理や予算の管理システムを開発する場合には、簿記などの知識や給与計算の方法、決算書の読み方、さらには注文書や見積書などの管理などについての知識などが必要になってきます。

ネットワーク関係になれば、ネットワークを構成するPCなどの機器について、基本的な操作法からアプリケーションの利用法、インターネットへの接続、トラブルシューティングなど多岐にわたった知識が必要となります。

【関連記事】
プログラマーとしてスキルアップするためのマインドと具体的方法とは

プログラマーに向いている人とは

コンピューターは本来、事務や科学などの数値計算をするための機械として進歩してきました。しかしながら、技術計算業務のプログラム以外は数学とはほとんど無縁です。それならば〝誰でもいいの〟というと、そういうわけでもありません。プログラマーに向いている人は、その適性を有しています。

黙々と作業をするのが好きな人

プログラマーは一区切りつくまで、一心不乱にプログラミングをしなくてはなりません。プログラミングは、基本的に自分一人きりで行う作業です。

仕様ややり方などについて、他の技術者およびシステムエンジニアと相談しないといけないような場面がない限り、黙々とプログラミングをすることになります。なかには、同僚と会話をしながらプログラミングする人もいますが、稀なことです。

しかし、プログラミングしている最中は、集中力を維持しなければなりません。何故ならば、気が入っていないとケアレスミスが発生し、それを発見して修正しなければならくなります。余分な作業が生じることで、仕事の能率が下がって、最悪の場合には納期に間に合わないとか、関係者に迷惑を掛ける羽目になります。

新しいことを考えたり、トライするのが好きな人

プログラマーというのは、同じことの繰り返しが多い職業である一方でただ同じことを繰り返すことでは、進展がありません。

黙々と作業をしつつも、常に新しいことを考えられる人が、プログラマーに向いています。また、〝同じような仕事が回ってきた〟という場合、以前の実績を有効に使うこともありますが、〝何か別な方法はないか〟と考えるということです。何かを考えながら仕事に励めば、モチベーションも上がり、〝今度は、こうしてみよう〟とトライしてみることです。

ただし、トライするときは作業の進捗状況などに鑑みて時間に余裕があるときに行い、うまく行かなかったときのリスクを小さくするように注意することが必要です。

人とコミュニケーションできる人

〝人とコミュニケーションできる人〟は、プログラマーに限らず、全ての社会人ならば必要なことです。でも、ここでいうコミュニケーション能力というのは、人と話すことや人付き合いなどでありません。

クライアントが〝何を要求しているか〟を理解し、それに対して適切に回答する能力です。プログラマーは黙々と一人でこもって、プログラミングのスキルさえあれば、仕事が円滑に進むというわけではありません。何かしらの問題があれば、他の技術者やシステムエンジニア、プロジェクトマネジャーともコミュニケーションを取らなければならない場合が多々あります。

大きなシステム開発のプロジェクトに参加したり、また責任者ともなればチームをまとめる役目も担うため、コミュニケーション能力が必要になります。

任された仕事に責任を持って取り組める人

〝任された仕事に責任を持って取り組める人〟というのも、プログラマーに限らず、全ての社会人ならば必要なことです。自分の都合で勝手に仕事を放棄するようなことは、論外です。

クライアントがあっての仕事であれば、クライアントの意向に沿うことが最優先であるのは言うまでもありません。プログラマーは独立性が高い職業のため、稀に、趣味か仕事か区別が付かない人を見かけます。得てして自分の嗜好に傾き過ぎるあまり、クライアントを置いてけぼりにする場面に出くわします。芸術家であれば許されるかもしれませんが、技術者としてのプログラマーに期待される役割は、確実にクライアントの要求を満たすプログラムを作成することです。

プログラミングが面白くなったり、新しい技術を使ってみたいとか、これまで誰も試したことのないものを作りたくなるかもしれません。それは冒険であって、リスクが伴い、どれだけ立派なプログラムであっても、予算と納期を無視してはなりません。

プログラマーにコミュニケーション能力が必要?

プログラマーといえば、もくもくと一人で作業しているイメージが強く、コミュニケーション能力が必要と言われてもピンとこない人が多いです。しかし、報連相がしっかりできる人でないと務まらないのがプログラマーなのです。

期待できるキャリアプラン・ステップアップ

上級プログラマ、システムエンジニア

プログラマーのスキルとして重要なプログラミング言語には、さまざまなものがあります。Web系のプログラム言語にはJava、SolarisやLinuxで動いているサーバー用にはC言語、Webアプリの開発にはPHPというように、使用目的で言語が異なります。

プログラマーとして経験を積むことによって、JavaやC言語系などのプログラミング言語に関するスキルが磨かれていきます。もちろん、複数のプログラミング言語を使いこなせるようにスキルアップして、プログラマーとして活動領域を広げることも可能です。

プログラマーとして経験を積むうちに、システム全体がどのように動いているのかといったシステムエンジニア的な知識やセンスも磨かれてくるでしょう。

また、プログラマーはシステムエンジニアが指揮するプロジェクトチームの一員として働くのが一般的です。そこで、システムエンジニアの補助的な仕事をしながら経験を積み、将来はシステムエンジニアを目指すといったキャリアプランも考えられます。

プロジェクトリーダ

プロジェクトを管理したり、先頭に立ってメンバーを導くのが好きな人は、プロジェクトリーダになることをおすすめします。計画の立案や進捗管理、メンバーの統制がプロジェクトリーダの主な仕事です。管理業務がメインの仕事でありながら、管理業務しかやったことのない人が担当するとメンバーは大変です。プログラマの気持ちが分からない人がプログラマの指導をすることになるからです。よって、プログラマー上がりの人がプロジェクトリーダをやったほうが、メンバーの気持ちを考えたフォローができます。

フリーランスとして独立、起業

会社の枠組みにとらわれずに自由に仕事をしたい!そんな人はフリーランスがおすすめです。フリーランスは自分で仕事を調達する必要はありますが、最近はフォロー万全なエージェントが数多くあり、自分で飛び込み営業する必要はありません。自分の好みで仕事を選択できます。

自分のやりたいサービスや売りたい商品があるなら、起業という手もあります。自らが作ったシステムでビジネスをするのです。

フリーランスや起業のいずれも、まずは会社に就職し、日々の業務をこなしながらスキルやビジネス力を磨く下積みをすることから始まります。

【関連記事】
プログラマーのキャリアパスについて考えてみました。

プログラマーは将来性のある職業

プログラマーは、とても将来性のある職業です。
いかなるビジネスも、コンピュータシステムなしには成り立たないと言っても過言ではありません。むしろ、今後さまざまなビジネスが新たに生まれるわけですから、システムの需要と、連動してプログラマーの需要は高まるばかりです。
またAIやIoT、ビッグデータ解析といった、一昔前では想像もできなかったようなことがコンピュータでできるようになりました。このような新技術の普及もまた、プログラマーの将来性を高めている要因の1つといえるのです。
プログラマーになることは、確かに簡単なことではありませんし、苦労もするでしょう。しかし、一度プログラマーになってしまえば、これらの将来性が手に入るのです。

未経験でもプログラマーにはなれる

〝未経験者がプログラマーになれるのか〟と聞かれれば、その回答は「Yes」です。現在プログラマーの人でも、最初は素人のハズです。

自分で、何の職業に就きたいか決めるところから始まります。いくらプログラマーの需要があるといっても、未経験者の場合には、どのような職場に対応していくのがいいのか分からないのでないでしょうか?プログラマーといっても、IT業界で開発の仕事に携わる人というざっくりとしたイメージを持つ人は多いですが、実は作成するソフトやシステムなどによって違ってきます。どのような業種に就きたいかを決めて、その業種に関係するソフトやシステムがどのようなものなのか調べることから始めることになります。

作成するソフトやシステムによって、プログラム言語が違います。プログラム言語を全てマスターすることは、言語が多種あり、時間的にも無理です。プログラマーとして地道に勉強して一流になるには時間がかかりますし、新しいことを吸収していくには、柔軟な思考や積極性、フットワークの軽さなども求められます。

何より、IT業界の技術は日進月歩で移り変わっていくので、完璧ということに拘らず、良いと思ったところで希望する企業にトライしてみることです。人材登録や転職エージェントを活用することもオススメです。

【関連記事】
未経験でもプログラマーになれる理由とは?
未経験からプログラマーになるにための心得とは?

これでプログラマーについてはばっちり!

現在、ITの世界ということで、大勢のプログラマーが活躍されています。プログラマーについて仕事の内容から適性、給料などを紹介してきました。他の職業と違って、プログラマーを含めたIT業界の技術者は、日進月歩の技術から日頃のスキルアップは欠かすことはできないという厳しい職業です。でも、いろいろ苦労した結果、プログラムが出来上がると満足感に充たされることでしょう。

以上、プログラマーとはどんな職種か説明しました。

【関連記事】
未経験でもプログラマーになれるの?採用のポイントや求人の探し方、注意点は?

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。