受講料が最大70%OFF 受講料が最大70%OFF

プログラマーで年収1,000万円を稼ぐことは可能です。とはいえ、身近にそのようなプログラマーがいる、という方は少ないかもしれません。残念ながらほとんどのプログラマーは年収1,000万円には達していません。

では何があると1,000万円を超える年収を達成できるのでしょうか。今回はプログラマーが年収1,000万を越えるための秘訣について紹します。

この記事の結論
  • プログラマーが1,000万円を超える年収を得ることは可能。
  • プログラマーが1,000万円を稼ぐポイントとは、希少価値の高いプログラマーであること。
  • 希少価値の高いプログラマーとは、上流工程への理解があり、異なる領域の高いスキルを持ち、自分の強みを理解している。

プログラマーの平均年収

まずはプログラマーの平均年収についてみていきましょう。

平均年収の比較

厚生労働省が発表している「平成27年賃金構造基本統計調査」によると、プログラマーの平均年収は、408万3500円で、年間ボーナスの平均は、49万4300円でした。一方、給与所得者全体の平均をみると、415万円。ほぼ同水準と言えます。

IT業界平均を見るとプログラマーの収入は、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーと比較すると低い水準と言えます。そしてITエンジニアとしてのキャリアをプログラマーでスタートし、システムエンジニアやプロジェクトマネージャー、さらに高い報酬のITコンサルタントに進んで行くのがキャリアップの基本です。

未経験の場合は?

本記事を読んでくださっている読者の皆さんの中には、未経験でこれからプログラマー人生を歩み始める方も多いでしょう。経験の少ないプログラマーの年収は250万~300万円とされています。どのような職種でもそうですが、未経験で高い年収を得ることは不可能です。

将来的にどの道に進みたいのかを考え、そのために必要な知識や経験が得られる場所に身を置きましょう。同じIT会社の同じ職種だとしても、環境は全く異なるので注意が必要です。

【関連記事】
プログラマーの年収はどのように決まるのか?
在宅プログラマーの魅力とは?働き方や年収などを解説しました
Webエンジニアに必要なスキルの習得におすすめのスクールはこちら

そもそもプログラマーで1,000万円越えは可能なのか

既にお伝えした通り、日本人の平均年収は415万円。つまり今回のテーマである年収1,000万円の半分以下の数字です。実際に国税庁の民間給与実態統計調査をみてみると、年収1,000万円以上の割合(平成26年)は6.6%と多くありません。

さらに、全エンジニア職の平均賃金は、平均年齢36歳に対し平均年収542万円。これでも年収1,000万円のやっと半分を越えたあたりです。しかし転職サイトDODAが発表した「平均年収ランキング2015」によると、年収1,000万円以上の2.5%がエンジニアという結果となっており、エンジニアでも十分に年収1,000万円が可能だとわかります。

次にフリーランスプログラマーの平均年収についてもみてみましょう。一般的にフリーランスプログラマーが受け取る報酬は「月60~90万円」程度が相場と言われています。フリーランスプログラマーはプロジェクトを仕切れる即戦力として利用されるため、ベテラン社員よりも高い報酬で迎えられるのが普通です。

とはいえ、フリーランスには国民保険や年金、交通費、税金などお金がかかります。単純に年収アップを喜ぶことはできず、最低でもサラリーマン時代の年収の1.5倍は欲しいところでしょう。

【関連記事】
知っておきたいフリーランスの年収の実態
フリーランスのエンジニアの年収・給料相場
Webエンジニアに必要なスキルの習得におすすめのスクールはこちら

プログラマーの年収を左右するポイント

日本で年収1,000万円を超えているプログラマーの方々にはいくつかの共通点があります。そして、どのような業界であれ、ある程度の業務経験を積み重ねるうちに、その先のキャリアの選択を迫られる場面が必ずあります。

プログラマーの場合は、主に2つの道が存在します。マネジメント志向か、スペシャリスト志向です。
マネジメント志向の場合、主にプロジェクトのスケジュールやコストを管理するスキルや、チームメンバーをまとめる立場としてコミュニケーションスキルが求められます。もちろんシステムエンジニアとしての開発や設計経験は必須です。

一方、スペシャリスト志向の場合、より専門性の高いアーキテクトやスペシャリストなどを目指します。これまでに経験したことが無いような課題も原因を解明し、すぐに解決策を見出すことが求められます。

どちらを選ぶにせよ、自分の強みを正確に理解し、どこに自分の身を置くべきかで決まります。ゆえに、年収の高いエンジニアは例外なく強みをきちんと理解しています。そして自分の価値が最大化する場所に身を置いています。
Webエンジニアに必要なスキルの習得におすすめのスクールはこちら

プログラマーが1,000万円稼ぐための方法・ポイント

何事も戦略が必要です。それはプログラマーが1,000万円稼ぐためにも例外ではありません。幅広い業界で需要が増え続けているプログラマーのキャリアパスは多様化しており、どの道を選ぶにしてもプログラマーとして活躍していくためにはスキルアップの努力を続けなければなりません。まずは傾向を押さえて行きましょう。

希少価値の高いプログラマーほど高報酬

希少価値の高い商品は高い金額で取引されます。これはプログラマーも同じです。希少価値の高いプログラマーほど高い報酬を得られます。そして希少価値の高いプログラマーとは、最先端のIT技術を理解し、その技術を実際のシステム開発で使いこなせるプログラマーです。

このようなプログラマーになるには最先端のIT技術に関心を持ち、新しいスキルを習得できるようになりましょう。そのためには基礎を身に付けたうえで、新しい技術を学べる習慣が大事です。さらに実際のシステム開発業務で使える最新技術を選定し、その使い方をチームに指導できるくらいの応用力があると希少価値の高いプログラマーとして認められます。

上流工程への理解

プログラマーの年収が低い理由は、作業者としての仕事しかやっていないのが原因の1つです。高い報酬を目指すから、クリエイティブな仕事に関わらなければなりません。そしてシステム開発における最もクリエイティブな仕事が上流工程にあります。

ITエンジニアの本来の役割とは、ITを活用して顧客の問題を解決することです。世の中にまだ無いITシステムをイメージし、その実現のために様々な手続きをこなしていくのが上流工程です。これを理解して実践できるプログラマーなら市場価値が高いプログラマーとして高い報酬で迎えられます。

異なる領域の高いスキル

先ほど紹介したようにプログラマーの場合、高い報酬がもらえるということは、他に代わるプログラマーがいないことが重要です。そして異なる領域の高いスキルを持つ方もこれに該当します。

例えばデータベースをベースにしたWebシステムを開発できるプログラマーは大勢います。このスキルだけを持っているプログラマーの報酬は高くありません。しかし機械学習とWebシステム開発の2つの分野に精通したプログラマーは高い報酬で迎えられます。

自分の強みを理解している

自分の強みを正確に理解している人は案外少ないものです。しかし年収の高いエンジニアは例外なく強みをきちんと理解しています。そして、自分の価値を最大化する方法を知っているからこそ、年収1,000万円を超える高い報酬を得ている訳です。

年収1,000万円を超えるプログラマーを目指すなら、自分の強みとは何かを振り返ってみてください。そして強みを活かせる方法を学んでいきましょう。さらに、高い報酬を得るには複数の強みを持つ必要があります。1つのスキルに満足せず、興味を広げて複数の強みを持てるプログラマーを目指しましょう。

【関連記事】
フリーランスエンジニアが高年収を得るための方法
Webエンジニアに必要なスキルの習得におすすめのスクールはこちら

まとめ

これまで紹介したようにプログラマーが年収1,000万を得ることは可能です。ただしプログラマーになれば、誰でも年収1,000万を得られる訳ではありません。年収1,000万円を超えられるのは一部の方だけです。そして、このようなプログラマーになるには、希少価値の高いプログラマーにならなければなりません。ぜひ本記事を参考にして年収1,000万円を得られる希少価値の高いプログラマーを目指してください。

またこのサイトを運営しているポテパンはWebエンジニアに必要なスキルが身に付くプログラミングスクール、ポテパンキャンプを運営しています。プログラマーになって高い報酬を得ようと考えている方は、こちらの利用も検討してください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。