バナー画像

年収1,000万円。皆さんの周りには、どのくらいの人がこの大台に乗っていますか?そして、プログラマーという職業において年収1,000万円を得るためにはどうすれば良いのかを知っていますか?同じスキル/経験でも給与に大きな差が生まれることもあれば、逆にスキルがあっても自分の方が低いなんてことも珍しい話しではありません。ご自身が身を置く業界の給与構造について理解することは、今後給与を上げていくために必要な知識です。今回はプログラマーが年収1000万を越えるための秘訣についてご紹介してまいります。

プログラマーの平均年収

まずはプログラマーの平均年収についてみていきましょう。プログラマーと言っても、担当領域や環境、雇用形態によって大きな差が生まれます。まずは年収を分ける基本的要素について確認していきましょう。

プログラマー

まずはデータの確認です。厚生労働省が発表している「平成27年賃金構造基本統計調査」によると、プログラマーの平均年収は、408万3500円で、年間ボーナスの平均は、49万4300円でした。一方、給与所得者全体の平均をみると、415万円。ほぼ同水準と言えます。

IT業界平均を見るとプログラマーの収入は、システムエンジニアやPMと比較して、低い水準となる場合も多々あります。ゆえに、プログラマーをスタートとして将来的にシステムエンジニアやPM、ITコンサルタントに進んで行く人も多いのです。

未経験の場合は?

本記事を読んでくださっている読者の皆さんの中には、未経験でこれからプログラマー人生を歩み始める方も多いかと思います。未経験プログラマーの年収ですが、大体250万~300万円で求人が出されている場合が多いです。どのような職種でもそうですが、未経験で高い年収を得ることは不可能ですし、実力の世界ですから年齢も関係ありません。将来的にご自身がどの道に進みたいのかを考え、そのために必要な知識や経験が得られる場所に身を置きましょう。同じIT会社の同じ職種だとしても、環境は全く異なりますので注意が必要です。

【関連記事】
プログラマーの年収はどのように決まるのか?
在宅プログラマーの魅力とは?働き方や年収などを解説しました

そもそもプログラマーで1,000万円越えは可能なのか

既にお伝えした通り、日本人の平均年収は415万円。つまり今回のテーマである年収1,000万円の半分以下の数字です。実際に国税庁の民間給与実態統計調査をみてみると、年収1,000万円以上の割合(平成26年)は6.6%と。決して多くはあらず、容易でもありません。さらに、全エンジニア職の平均賃金は、平均年齢36歳に対し平均年収542万円。これでも年収1,000万円のやっと半分を越えたあたりです。しかし一方で、転職サイトDODAが発表した「平均年収ランキング2015」によると、年収1,000万円以上の2.5%がエンジニアという結果となっており、エンジニアでも十分に年収1000万円にたどり着けることがわかります。

次にフリーランスプログラマーの平均年収についてもみてみましょう。一般的にフリーランスプログラマーが受け取る報酬は「月60~90万円」程度が相場と言われています。IT業界は多重下請け構造の世界ですが、フリーランスになればその「中抜き」の多くが手元に入ってくるため年収アップを実現しやすくなるのです。とはいえ、フリーランスには国民保険や年金、交通費、税金などお金がかかります。単純に年収アップを喜ぶことはできず、最低でもサラリーマン時代の年収の1.5倍は欲しいところです。

【関連記事】
知っておきたいフリーランスの年収の実態
フリーランスのエンジニアの年収・給料相場

プログラマーの年収を左右するポイント

日本で年収1,000万円を超えているプログラマーの方々にはいくつかの共通点があります。そして、どのような業界であれ、ある程度の業務経験を積み重ねるうちに、その先のキャリアの選択を迫られる場面が必ずあります。

プログラマーの場合は、主に2つの道が存在します。マネジメント志向か、スペシャリスト志向です。
マネジメント志向の場合、主にプロジェクトのスケジュールやコストの管理を行い、チームメンバーをまとめる立場として、コミュニケーション能力も求められます。さらにシステムエンジニアとしての開発や設計経験は必須です。

一方、スペシャリスト志向の場合、より専門性の高いアーキテクトやスペシャリストなどを目指します。これまでに経験したことが無いような課題も原因を解明し、すぐに解決策を見出すことが求められます。

どちらを選ぶにせよ、ご自身の強みを正確に理解し、どこに自分の身を置くべきかで決まります。ゆえに、年収の高いエンジニアは例外なく強みをきちんと理解しています。そして、ご自身の価値が最大化する場所に身を置いています。

プログラマーが1,000万円稼ぐための方法・ポイント

何事も戦略が必要です。それはプログラマーが1,000万円稼ぐためにも例外ではありません。幅広い業界で需要が増え続けているプログラマーのキャリアパスは多様化しており、どの道を選ぶにしてもプログラマーとして活躍していくためにはスキルアップの努力を続けなければなりません。まずは傾向を押さえて行きましょう。

学習能力

新しいツールや新しいプログラミング言語に挑戦し続ける姿勢が大切です。自分で自分の視野を狭くするのではなく、視野を広くして新しいスキルを身につけることも考えてみましょう。そして、失敗から学ぶ力も必須スキルと言えます。不具合を発生させたことがないプログラマはおらず、みなエラーや間違いから学ぶことでレベルアップします。設計→実装を繰り返し、エラーが発生すればその原因を突き止めて改善する。そうしていくうちにプログラマとしてのスキルが向上していきます。

上流工程への理解

上流工程を実務レベルでこなすことができるエンジニアが不足しています。なぜならば、プログラミングのスキルのみならず、あらゆる能力が求められるからです。ゆえに、上流工程であるほど年収は上がる傾向にあります。顧客の業務理解やコミュニケーション能力も必須です。付加価値が高いプログラマーになるためには、これらは避けて通れない道です。

自分の強みを理解している

ご自身の強みを正確に理解している人は案外少ないものです。年収の高いエンジニアは例外なく強みをきちんと理解しています。そして、ご自身の価値が最大化する場所に身を置いています。給与を上げるためのコミュニケーションについてもお手の物です。なぜならば、現代の開発はいかにチームで効率的に開発するかが重要だからです。

品質担保能力

品質を担保する能力は顧客への信頼となり、結果的に年収を上げることに繋がります。例えば、作ったものに毎回バグが残っていたら、損失ばかりかかってしまいます。計画通りすべて上手くいかないのがシステム開発ですから、何か起きた時の現場対応力は不可欠なのです。

フリーランスプログラマーの場合

フリーランスプログラマーの場合、異なる領域のスキルを複数有することは、低単価の消耗戦を脱するための1つの方法であり、年収を上げることに繋がります。1点注意すべきは、スキルは隣り合った領域から攻めていくということです。なぜならば、遠すぎても仕事上の価値にはならないからです。ネクストステップとして、特定分野に対して深掘りをしていくのです。浅く広く色々知っているだけでも差別化は可能ですが、そこにさらに特定分野での専門性が加わるとあなたの市場価値が上昇するのです。

【関連記事】
フリーランスエンジニアが高年収を得るための方法

1,000万円越えを狙おう!

今回はプログラマーが年収1000万を越えるための秘訣についてご紹介しました。特にIT業界は日進月歩の世界ですので、常にご自身とマーケットをみつめ、正しい選択をしていくことが必要です。担当領域や環境、雇用形態によって大きな差が生まれるからです。ぜひ本記事を参考にしてみてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。