バナー画像

「在宅プログラマー」という言葉を耳にしたことはないでしょうか?

プログラミングは専門性が高く一度案件に携わると長期にわたり高収入が望めるので在宅ワークの中でも人気の職種となっています。しかし「本当にそんなことが可能なのだろうか?」疑問にお考えの方も多いでしょう。ここでは在宅プログラマーの実態ついて見ていきたいと思います。

在宅プログラマーになるには

自宅で働く在宅プログラマーになる方法はいくつかあります。

一つ目は在宅で働くことを許可している企業に就職することです。大手IT企業などの中にもリモートワークを許可している企業はあります。ただ在宅で働くことを許可しているのは大企業よりもベンチャー企業などの方が多いです。

二つ目はフリーランスプログラマーとして案件を受注し、在宅で働く方法です。常駐先のあるクライアントからの依頼でない限り、フリーランスプログラマーは在宅で働くことが可能です。

またプログラマー経験が浅い時にフリーランスとして独立するなら、最初から案件を受注できるようフリーランスエージェントを活用するのがおすすめです。在宅で働きたいことを面談の時に伝えれば担当者が希望に沿った案件を探してくれます。

在宅プログラマーの働き方

在宅プログラマー最大の利点は場所や時間に拘束されず、自分の好きな時間に好きな場所で仕事が可能という点です。

介護や育児で出社が難しい方や、副収入を目的として空いた時間にアルバイト感覚で仕事をなさっている方。また自分のライフスタイルに合わせやすい事や、技術が直接収入に結び付くことに魅力を感じて積極的に在宅プログラマーをなさっている方も居ます。

在宅ワークの中ではプログラマーはその専門性から高収入です。しかし在宅プログラマーは基本的に1人での作業となります。トラブルに陥っても自分で解決していかなければならないので高いプログラミングスキルと持続力。特に時間に拘束されないがゆえに作業が散漫になりがちになるので強い意志も必要になります。自分一人の力で一体どれだけ稼げることが可能なのか?自分の技術はどこまで通用するのか?漠然とで構わないのでこういった高いモチベーションを持って取り組む事が成功の秘訣となるでしょう。

また在宅プログラマーはほとんどの場合フリーランス。平たく言うと個人事業主になります。国民健康保険や国民年金への加入が必要で確定申告も行わなければなりません。特に確定申告は書類作成にも時間がとられるので事前からの準備が必要です。

【関連記事】
IT技術者の新しいワークスタイル、「在宅フリーランス」の働き方や仕事の探し方
プログラミングは在宅でもできる!?在宅プログラマーとは何か

在宅プログラマーに必要な能力・スキル

つづいて在宅プログラマーとして働く時に必要な能力・スキル3つを詳しく紹介します。

プログラミングに関するスキル

在宅プログラマーとして働く場合、エラーなどが発生しても職場ではないので周りに相談できる人がいません。そのため自分でエラーを修正できる、高いプログラミングスキルが必要になります。

また請負う仕事内容によって使用するプログラミング言語は変わります。Webアプリケーション開発なら「Ruby」「PHP」、iOSアプリ開発なら「Swift」、Androidアプリ開発なら「Kotlin」というように使用する言語は違います。

またプログラミング言語やIT技術は年々発達しています。なので一つのプログラミング言語を覚えて終わりではなく、常に新しい言語、技術を習得していくことが求められます。

営業力

フリーランスの在宅プログラマーとして働く場合、多くの案件を受注するためにも自分で仕事を獲得する営業力が必要になります。

同じフリーランスやプログラマーの人が多く集まる交流会やイベントに行く時は必ず名刺を持っていきましょう。また名刺交換をしたあとに交流がつづくようにFacebookなどで友達申請をするのもおすすめです。

また定期的にSNS発信をしてインターネット上でも仕事を受注できるチャンスをつくるのがおすすめです。

自己管理能力

在宅で働くプログラマーの場合、会社と違って上司や同僚の目がありません。そのため人の目がない中生産性を維持しながら集中力を維持する必要があります。そのため高い自己管理能力が在宅プログラマーには求められます。

自己管理能力を高めるためにおすすめしたいのはタスク管理が行えるアプリなどのツールを活用することです。便利なツールをたくさん活用して自分の力以外で自己管理能力を高めましょう。

また週3日でもいいので定期的に運動をすることで集中力は高まります。

覚えておくべき言語

つづいて在宅プログラマーとして働く上で習得するのをおすすめしたい言語を紹介します。

プログラマー経験が浅い人の場合、習得をおすすめしたいのは「Ruby」と「PHP」です。この2つの言語は導入している企業が多く、案件数が多いので習得することで仕事を増やすことができます。

またまだ習得している人の少なさなどが「Node.js」や「Kotlin」を習得するのもおすすめです。使用するプログラミング言語の希少性や需要の高さで案件の単価は変わってきます。なのでプログラマー経験の長い人は他の人が習得できない難易度の高い言語を習得するのがおすすめです。

自分の経験年数や受注したい案件の単価の金額、また何を開発、構築したいかなどを考えて学習するプログラミング言語は決めましょう。

経験が浅くても受注できるのか

経験年数の浅いプログラマーがフリーランスとして独立する時、はじめから案件を受注することができるのか不安に感じるのではないでしょうか。

確かに闇雲に独立をしてしまうと思うように仕事が入らず、なかなか受注をすることはできません。しかしフリーランスエージェントなどに登録することで案件を受注できる可能性は高まります。

フリーランスエージェントに登録する時は必ず自分の経験年数が浅いことを相談してから案件を紹介してもらいましょう。担当者に自分の実力を把握してもらうことでミスマッチを防ぐことができ、自分のレベルに合った案件を紹介してもらえます。

また一つクラウドソーシングサイトに登録して案件を受注するのもおすすめです。収入を絶やさないためにも複数のサービスを利用して案件を受注できる確率を上げましょう。

【関連記事】
条件のいい募集の見つけ方は?フリーランスが好条件の案件を探すコツ
フリーランスがエージェントを利用するメリット

おすすめの案件の特徴

業務が準備段階の案件

「スタートアップ」とも呼ばれます。仕事を発注する企業の側がまだ準備段階、計画段階の案件で在宅勤務にも寛大であり報酬の交渉も比較的やりやすいです。またスタートアップの段階から案件に関わるとシステム開発の重要なポジションを任される場合いが多く、スキル次第では高収入が見込めます。

データ解析案件

データ解析専門のプログラマーを「データサイエンティスト」と呼びます。これまでIT業界ではシステム開発に主眼をおいて技術優先で人材確保を行っていたのですが、最近ではそのシステムで得られた情報(データ)をどうやって今後のシステム開発や会社業務に活かしていくかという点にシフトしてきています。

大企業を中心にデータサイエンティストは現在引く手あまたの状態であり、このスキルを持っているエンジニアであれば在宅プログラマーとしても高収入が見込めます。また未経験でも簡単な解析プログラムの案件から挑戦してみるというのも有効でしょう。

スマートフォンゲーム案件

スマートフォンの普及に伴いゲーム業界もコンシューマーからスマートフォンにゲーム提供の場をシフトしています。スマートフォンのゲームを開発する企業は少数精鋭の場合が多く、自由な社風で在宅業務にも寛大です。

一般のシステムとゲーム開発では必要となる知識や技術が異なることもあるので、すべてのプログラマーにおすすめというわけにはいかないのですが、経験者であれば高い報酬が望めます。

【関連記事】
データサイエンティストとして採用されるには?
ゲームプログラマーに就職しよう!キャリアアップも見据えた準備とは

スキルアップ方法

これは在宅プログラマーに限らず全てのプログラマーに言えることなのですが、プログラマーはその実績とスキルが収入に直結しやすい職業です。特に在宅プログラマーの場合はその傾向が強いです。人にはない特殊な技術を持つプログラマーであれば仕事の受注も容易でしょう。

企業であれば情報処理資格取得者に対し褒賞を与えるなどのキャリアパスを用意しているところが多いのですが、在宅プログラマーはこれを自主的に行わなければなりません。自由に使える時間が多いという在宅プログラマーの利点を活かし、どれだけスキルアップ出来るかが鍵となります。

先に挙げたビジネスマッチングサイトではコンペ形式の受注も行われています。最初から計画があるわけではなく自らプロジェクトを立ち上げるところから始まるので高いスキルが要求される反面、報酬も高額です。

このコンペで案件を勝ち取ることを目標としてスキルアップを目指す方法が収入に直結するためモチベーションも維持しやすくお勧めです。要求されるスキルはコンペの内容により異なるので、まずはどういったものを対象とするか?ある程度絞り、少しづつスキルの習得を目指すと良いでしょう。

【関連記事】
エンジニアが成長を続けるために必要なスキルは?
プログラマーとしてスキルアップするためのマインドと具体的方法とは

会社員と在宅の年収の差は?

まずプログラマーの平均年収は414万円です。雇用形態別では正規雇用が473万円。非正規雇用が168万円となっています。

在宅プログラマーはどのくらい稼げるのかというと案件の内容や単価にもよりますが、正規雇用の正社員と同じ程度の労働を行った場合、ほぼ正社員と同様の収入が得られます。

ただし何度も申し上げている通りプログラマーは持っているスキルが収入に直結しやすいので、高い収入を得たい場合はそれ相応のスキルが必要です。逆にビジネスマッチングサイトで自分に有利な仕事が容易に受注できる方であれば派遣社員として非正規雇用でプログラマーを続けているよりも高単価高収入になりやすい傾向にあります。

【関連記事】
在宅プログラマーの魅力とは?働き方や年収などを解説しました

在宅プログラマーの需要・将来性

子育て中の女性などでも無理なく働くことができる在宅プログラマーですが、今後も需要は高いのか、また将来性はあるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

在宅プログラマーの需要はこれからますます高まることが予想されます。なぜなら今現在IT人材は深刻な人手不足の状態がつづいているからです。そしてこの人手不足の状態は年々悪化していくことと見られています。

さらに最近はIT技術の進化のスピードが非常に速く、プログラマーが必要となる分野はIT企業だけに止まりません。一度プログラマーとしての実績を積めば職に困ることはまずありません。プログラマーは他の職種と比較しても将来性の高い職業といえます。

在宅でも仕事ができる!

在宅プログラマーについてまとめますと、在宅ワークの中ではプログラマーは高収入の職種です。利点は自分の好きな時間に好きな場所で働ける点です。しかし時間が自由に使える事が逆に仕事を散漫にしがちな点に注意です。同様にスキルアップも自主的に行う必要があるので高いモチベーションを維持する必要があります。

魅力な点は自身の裁量により大幅な収入アップが望める点です。元々プログラマーはスキルが報酬に直結しやすいのですが、フリーランスのプログラマーではその傾向がより一層強くなります。ビジネスマッチングサイトなどで有利な条件の仕事が受注できれば正社員のプログラマーに匹敵するほどの収入を得ることも。それを超すことも可能です。

いかがだったでしょうか? 在宅プログラマーというのも今やプログラマーのあるべき姿の一つです。
これを機会に在宅プログラマーに挑戦してみましょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。