これでフリーランスの履歴書はばっちり!書き方をご紹介します!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.12.27

    これでフリーランスの履歴書はばっちり!書き方をご紹介します!

    フリーランスの場合、業務提携契約を連結するケースだと、履歴書の登録を求められるかも知れません。さらに、フリーランスを副業とし会社に勤める際や、始めたばかりでやりくりが立てられずパートタイマーや派遣社員の人材募集にエントリーする際にも履歴書がないとできません。

    また、履歴書だけに限らず職務経歴書を大事に考える会社も増加しています。採用、不採用に影響を及ぼす、この文書にフリーランスの立場での職歴はどういう風に記載するとベストなのでしょうか。

    フリーランスの履歴書の基礎的な記入方法、採用担当者の興味を惹く履歴書製作方法に関してチェックしてみましょう。

    フリーランスと個人事業主の違い

    個人事業主というのは、法人を創設しないで事業を展開している各々に該当します。すなわち法人を発足させていないとするとフリーランスも個人事業主ということなのです。

    フリーランスでも履歴書が必要な場合

    フリーランスエージェントやクラウドソーシングを活用して案件を受注することが多いフリーランスの場合、履歴書が必要になる機会はほとんどありません。

    しかし新しい案件を受注する時など履歴書が必要になる時も0ではありません。つづいてフリーランスでも履歴書が必要になる時3つを詳しく紹介します。

    受注先から求められた場合

    フリーランスとして案件を受注する時、長期案件であったり、大企業からの仕事依頼だったりした時に履歴書を求められることがあります。

    またフリーランスの中でも人気の高い案件の場合、クライアントが選考を行うため履歴書を提出する時もあります。実際にクライアントである企業と面接を行なってから案件を受注することもあるため、面接の時に履歴書を求められることがあります。

    正社員などに転職する場合

    フリーランスから正社員や派遣社員といった会社員、またフリーランスの仕事と並行してパートやアルバイトで働く場合、履歴書や職務経歴書が必要になります。

    フリーランスとして専門的なスキル、技術を身に付けたあとだと自分が望んだ企業や職種への就職が成功しやすいです。またフリーランスとしての仕事だけでは生活が成り立たない時、パートやアルバイトをして別口の収入をつくる人も多いです。

    エージェントを利用する場合

    フリーランスとして案件を受注する方法の一つにフリーランスエージェントの活用があります。そしてフリーランスエージェントに登録する時に履歴書の提出が必要になります。

    フリーランスエージェントを利用するメリットは自分で営業活動をしなくても案件を受注できる点です。また経験年数が浅くても、マッチングする案件があった場合受注することが可能です。

    フリーランスが履歴書を書くときに使う単語・言葉

    一般的な書き方

    一般的なフリーランスの履歴書の書き方は基本的には会社員の人などが記述する方法と同じですが、職歴の書き方は注意が必要です。

    正社員や契約社員の場合、職歴の欄には入社・退社という書き方をしますが、フリーランスの場合会社員ではないのでこういった記述の仕方はしません。

    長期案件であれば職歴に書いてもいいかもしれませんが、フリーランスでの実績は職務経歴書にまとめて書くのをおすすめします。

    【例】
    ○○年○月〜○○年○月 株式会社○○ Webサイト制作案件

    開業届を出している場合

    すでに開業届を提出してフリーランスの仕事をしている場合、職歴の欄には開業、廃業、従事、請け負うといった言葉を使用することができます。

    そして仕事内容を書く上で注意してほしいことがあります。それは秘密保持契約を結んだ企業などで名前を明かしていけない場合も契約上あることです。トラブルを防ぐためにも秘密保持契約を結んだ企業の名前は履歴書には書かないようにしましょう。

    【例】
    ○○年○月 個人事業主として開業(屋号○○)
    ○○年○月 フリーランスプログラマーとして従事
    ○○年○月 ○○の仕事を請け負う
    ○○年○月 一身上の都合により廃業

    クラウドソーシングを使っている場合

    フリーランスとして働いている人の中でもクラウドソーシングを利用している人は多いです。最後にクラウドソーシングで案件を受注している時の履歴書の記述方法を紹介します。

    クラウドソーシングサイトを利用して案件を受注していた場合、サイトに登録していた期間、大まかな受注した案件数、クラウドソーシングサイトの名前などを記述します。

    【例】
    ○○年○月 個人事業主として開業(屋号○○)
    ○○年○月 クラウドソーシングサイト○○にWebデザイナーとして登録
    ○○年○月 株式会社○○の案件を約○件受注(仕事内容:○○)
    ○○年○月 一身上の都合によりクラウドソーシングサイト○○を退会

    フリーランスがアピールできること

    フリーランスより正社員への職変更を達成した方は少なくありません。営業または予算管理、納期管理、顧客管理というものを全部自ら成し遂げてきたことから、事業家の観点が身に付いている方というのは、会社から高い評価を受ける割合も高いです。

    加えて、スペシャリストについての技術も、会社に高評価のポイントになります。実力だけの世界で洗練されたスキルや能力というのは、転職においても武器になるのです。

    どういった案件で、どういうスキルを活用したのか、キャリアをアピールしましょう。しかし、フリーランサーに対し、会社に在籍して勤める状況に経験不足といった印象を受ける会社も存在します。

    自己PRではそんなことも念頭において、コミュニケーション力や協調性を持つ事もきちんと掲示するようにすべきです。

    履歴書の書き方ポイント

    職務内容・職歴・実績

    職務履歴とはおおむね会社で担った経験を取りまとめるものなのです。会社が関心のあることは、求職者がここまでどのような事をを実践してきたか、どんな人間なのだろうかといったデータと、当該の経験や成果が自社で価値のあるか否かなのです。

    多数のフリーランス経験者が履歴書を記載する場合に困るフリーランスというのは職務履歴に記載しても良いのかといった問いですが、先述のような根拠に突き合わせれば、記載しない理由は無いでしょう。

    フリーランスという形で仕事していたといった経歴は、人物像を理解してもらうための材料になります。執り行った業務がどうであるか考えられるように、仕事を請け負った会社や期間というものを加味し、可能な限り詳細に記入することが好ましいです。

    ライターもしくはWebデザイン、ホームページ作成等々、自らが取り組んだページが公表されているケースでは、URLを掲載することですぐに実績を見てもらうことができます。

    依頼主との守秘義務契約によって企業名やホームページが披露できないケースでは記入しないで、聞かれた時に守秘義務があって企業名やWEBサイトは明かすことができませんと回答するようにすると良いでしょう。

    更には、その業務に関して成果が見えている物は実績といった形で記します。目標に関しての成功率や売上数、CVR、PVなど、数値で提示することが可能です。

    資格

    資格は何種類も保持しているからといって、確実に採用になるとは言えません。ただ、間接的にもどのような形で今後役立っていくのかはわからないため、直接に業務に役立ちそうなものから資格全部を記入しておくことが良いでしょう。

    志望動機

    志望動機は、どのような状態のもとで志すかで記し方が違います。

    外注など正式な契約に必要なケースでは企業の職務内容を意識し、企業にどういった力を発揮できるか細かく載せます。仕事においての目標や結果を記しましょう。

    アルバイトや従業員として勤務するケースでは、サラリーマンとフリーランスは二律背反の間柄に在って、採用者は、どうして会社員を望んでいるのかといった疑問を持ちます。

    儲けが出ない事が本音でも応募企業の仕事に応じて志望動機を作ります。ひとりでは実現不可能な仕事が会社なら可能であることがあること、研修会を介してなお一層技術を磨けることなど、そのメリットを志望動機には書き入れます。

    副業としてフリーランスを続行しながら、企業に就職する際には、なにより、企業が副業を禁止してないか否か調べます。副業を禁止してない時には、副業を開始する日時やどのぐらい調整が出来るのかにふれ、志望動機を制作します。

    自己PR

    採用担当者というのは、フリーランスに対し、即戦力とし力を発揮できることを期待する反面、企業で就業して業績を残せるか、コミュニケーション力があるのか心配しているというのも実情です。

    自己PRならば、この戸惑いを取り除ける様なPRを展開します。採用担当者が、コミュニケーション力、協調性が見られると判断できるような内容を書き綴ると安心できます。

    更には、会社のWEBサイト、求人情報から選定の焦点を調査をし、ゲットしたい人物像がどういった人物となるか認識することが欠かせません。

    クラウドソーシングの場合

    近年では、クラウドソーシングにおける仕事受注を想定するフリーランスも増加しています。

    営業をしないで案件が請けられる、余暇時間を費やして規模の小さい案件を行うことが可能、長期継続案件の契約を交わすことが叶う等々、その長所は多様なのですが、履歴書や職務経歴書不要というのもこのひとつです。

    先述の通りに職務経歴書は、志望動機もしくは自己PR等々会社に付帯して書類を用意する必要が生じるため、時間と労力が必要です。

    仕事紹介のアドバイザーなど、一度の応募で長期の雇用が確約されるサービスを活用するケースでは、いくらか時間を費やしてでも職務経歴書を準備するのも効果的な手段ではありますが、すぐに仕事を受注しようといった状態ならクラウドソーシングがお勧めでしょう。

    これで履歴書はばっちり!

    いかがでしたでしょうか? 履歴書とか職務経歴書はあなた自身を知らせるための重要な書類でしょう。顧客に自分自身のアピールポイントがちゃんと分かる具合に、焦点を抑えて適切に書き入れましょう。

    他にもフリーランスエンジニアはスキルシートも用意するケースもございますので、こちらもチェックしておきましょう。

    関連記事:スキルシートの書き方&テンプレート付き【フリーランス初心者向け】

    関連記事:フリーランスに履歴書って必要?履歴書が必要な場面とその書き方を解説!


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE