バナー画像

プログラマーの収入は、他業種と比較して突出しているわけではありません。特に現場で常駐する仕事は、成果の品質にかかわらず人月あたりの単価が決まっていることが多く、どれだけ素晴らしい成果を出しても決まった分しか給料しかもらえません。

大幅な昇給が見込めないなら、いっそのこと最近はやりのフリーランスプログラマーとしてデビューするか!とお考えの方も多でしょう。世間では「働き方改革」という言葉がよく聞こえてくるようになりました。そうなると、ますますフリーランスデビューを考えてしまいますよね。

本記事では、そんなフリーランスデビューをお考えのプログラマの方々に対して年収の相場、何が年収UPを決めるのかを解説します。

フリーランスプログラマーの年収相場

フリーランス プログラマー 年収

年収の相場とは

会社員からフリーランスプログラマーになろうと思っている人にとって年収の相場は気になるところではないでしょうか。

フリーランスプログラマーの年収は600〜720万円が相場です。しかしプログラマーの場合使用できる言語、職種、またクライアントである企業の規模などによって報酬は大きく変動します。

ただしフリーランスになってすぐに継続して案件を受注するのは難しいです。なのではじめはフリーランスエージェントなどに登録し案件を紹介してもらうのがおすすめです。

年代別の年収相場

つづいてプログラマーの平均年収、平均月額給与を20代、30代、40代ごとに詳しく紹介します。

20代のプログラマーの平均年収は256.3万円で、平均月額給与は16.8万円です。そして30代の平均年収は299.7万円で、平均月額給与は21.9万円です。

また40代のプログラマーの平均年収は384.4万円で、平均月額給与は27.8万円です。

他の職種と同じようにプログラマーも年代が上がるにつれて年収、月額給与が高額になっています。これはプログラマーが高い技術、また常に新しい言語や技術を習得する必要があることから、経験年数が上がっていくにつれ高額になることが考えられます。

会社員を続けた場合の年収相場

つづいて会社員としてプログラマーを継続した場合の年収相場について詳しく紹介します。

厚生労働省が発表した「平成28年賃金構造基本統計調査」によると40代のITエンジニアの平均年収は425万円です。

平均年収の金額だけ見ると一見フリーランスプログラマーの方が報酬が高いように感じますが、フリーランスの場合自分で国民年金や健康保険、税金を支払う必要があります。そのため会社員より約1.5倍高額の年収がフリーランスプログラマーにとって高額の年収といえます。

そして会社員のプログラマーの場合、手取り額は少ないかもしれないですが安定した仕事と保障があります。どちらの働き方がいいか、それぞれメリットとデメリットを把握してから働きましょう。

フリーランスになると年収が上がるって本当?

フリーランス プログラマー 年収

実はこれ、よくいわれていることですが単純にはいえません。フリーランスと一口に言っても、さまざまな働き方があります。働き方によって変わってくるからです。

自分で仕事を獲得する。

ランサーズやクラウドワークスといった大手の案件紹介サイト経由で、自ら仕事を獲得します。固定で必ず案件があるというわけではなく、案件がとぎれないように常に情報収集や営業活動をしなくてはなりません。

契約を継続してくれるクライアントならよいのですが、案件によってはクライアント都合で終了してしまいます。

仲間を頼って仕事を得るのも一つの方法です。コミュニティやサークルで知り合った仲間から仕事を紹介してもらいます。ただし、そもそも仲間がいることが大前提なので、会社員時代から社外の活動を積極的に行っている人の方が有利です。

会社員時代から特定のクライアントとの関係を築き、その仕事をもったままフリーランスデビューする方もいます。クライアントとの厚い信頼関係があり、かつ希少価値のある技術や業務知識をお持ちなら、そのようなデビューの仕方もアリです。

ただし、退社してから一定期間がすぎるまでクライアントとの接触を禁ずる、という就業規則を定めている会社もあるので要注意です。

以上のように、自分で仕事を得る働き方はあまりに幅が広いので、相場的なものはありません

エージェントを利用する

ポテパンフリーランスをはじめとしたフリーランス向けのエージェントを利用し、仕事を獲得する方法です。ある程度継続する案件が多いので、安定して仕事があるのが魅力です。それだけなら会社員とは変わらないのですが、リモートワークができる可能性があります。

会社が取っていた中間マージンの多くが手元に入ってくるので、確かに年収は上がります。しかし、会社があなたの代わりにやってくれていた税金関係等々の作業は、以降はあなた自身がしなくてはなりません。

フリーランスプログラマーの年収を左右するポイント

需要の高い言語の知識

フリーランスプログラマーの場合使用する言語によって年収は大きく変わります。最近では「Python」や「Swift」、「Node.js」といった言語の需要が高く、年収が高額になる傾向にあります。

またプログラマー経験が未経験であった場合「Ruby」や「PHP」を学習しておくのがおすすめです。これらの言語を使用している企業は多いため、案件を受注しやすいのです。

そして現在他業種で働いていてプログラマーに転職を考えている人は「ポテパンキャンプ」というサービスを利用するのもおすすめです。

高度かつ希少価値が高い技術

需要の高いプログラミング言語を習得することもフリーランスプログラマーとして年収を上げる大切なポイントですが、多くのプログラマーがまだ習得できていない、高度で希少価値の高い技術を習得するのもフリーランスプログラマーとして成功するコツです。

難易度が高く習得が難しい言語が「Node.js」と「JavaScript」です。また開発されて比較的歴史の浅い「Go」や「Kotlin」も習得している人の少ない言語なので、習得できれば年収アップを狙えます。

コミュニケーション能力

プログラマーにはコミュニケーション能力も大切になります。

ここでいうコミュニケーション能力というのは社交的ということではなく、クライアントなど仕事をする相手が何を求めているのか読み取る力です。

業務内容によってつくるもの、構築するものは変わりますが、基本的にプログラマーは相手に求められたものを実装することが主な仕事内容です。なので相手が求めているものを察することができるコミュニケーション能力が大切です。

フリーランスプログラマーの平均年齢

厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」によると、プログラマー全体の平均年齢は32.7才です。

基本的にプログラマー自体は会社員、フリーランス問わず需要の高い職種ではあるのでいくつになっても案件を受注することは可能です。なので60代でも現役のフリーランスプログラマーとして活躍することは可能です。

ただしプログラマーは常に新しい技術、言語を習得する必要があるのでそれなりの気力と体力が必要になります。なので現役のフリーランスプログラマーとして活躍しつづけるためにも日頃から健康に気を使いましょう。

フリーランスになるのに必要な初期投資・費用

フリーランス プログラマー 年収

突然ですが、会社員プログラマーのあなたは、自宅PCの状態はいかがでしょうか?

エンジニアの中には、仕事でずっとPCをさわっているで、自宅にいるときくらいは・・・という方々が意外といます。自宅PCは無頓着で、すでにサポートが切れたOSを使っている方すらいます。

フリーランスになるとクライアントがPCを支給してくれることなどありえません。つまり、自宅のPCを仕事で使わなくてはなりません。PCが壊れているので仕事ができません、などと言えるはずがありません。

インターネット回線も、SkypeやGoogleハングアウトなどを使って会議をすることを考えると、回線品質を保持しなくてはなりません。成果物としてドキュメントを納めるなら、実際に印刷してみて見栄えを調整することも必要でしょう。

機材面以外の準備も必要です。デビューした直後は、仕事の獲得がうまくいかず、一時的に収入が下がることもあるでしょう。デビューしてから起動に乗るまでの生活費を、ある程度準備しておきましょう。

結論として、デビュー当初の初期投資や費用は、以下のようなものを準備しておきましょう。機材は全て、できるだけ仕事専用が望ましいです。

フリーランスプログラマーの今後の需要・将来性

フリーランスプログラマーの今後の需要・将来性

フリーランスプログラマーの需要はこれからも高まることが予想されます。

今の時点でもエンジニア、プログラマーは深刻な人材不足の状態がつづいています。またIT業界の人材不足はこれからも増加しつづけ、2030年には約59万人にまで到達するといわれています。

なのでフリーランスプログラマーの需要は高く、これからますます必要性が高まることが約束されています。

需要の傾向を調査する

需要の高い技術、それはもちろん言い換えれば年収UPにつながります。

ただし「今需要がある」という仕事は、10年後どうなっているか分かりません。過去の傾向を見て、今後も需要が続くのか、見定める必要があります。または直近10年で食いつないでいけそうなら、デビュー後10年以内に次の技術を身につけるという考え方もあります。

試しにポテパンフリーランスを眺めてみてください。オススメワードが検索欄の上に出ています。現在はGo/Node.js/Ruby/Pythonが表示されています。この中であなたはいくつ経験がありますか?

会社員プログラマーをやっていると、どうしても実務で使う技術以外は疎くなります。RubyやPythonは知っていても、Go言語やNode.jsは聞いたこともない、という方も多いでしょう。

これらの言語に対して、聞いたことはなくても大丈夫!決して科学者だけが習得できる神ワザではなく、書店に行けば本が置いてあるし、ネット上ではオンラインスクールも多数あります。就業中からフォローしてくれる転職サポート付きエンジニアスクール「ポテパンキャンプ」というサービスもあります。ぜひ見てみてください。

フリーランスは案件の数が少なくなると、「その言語は経験ありません」というセリフが言えなくなります。どのような状況でも案件を確保するために、1つの言語だけで満足せず、複数の言語を使えるようになりましょう。

さらに、すでに知っている言語を使って仕事をするというより、目的ありきで言語を選択できる、知らない言語でも短い時間で習得できる、というスキルを身につけるべきです。

とはいえども、やっぱり不安・・・

という方は、ポテパンフリーランスを活用してみてください。さまざまなフォローを受けるうちに、あなたにしかできない働き方がきっと見つかるはずです。また開発力不安があるなら、ポテパンキャンプも活用してみるのもアリです。

いきなり辞表を提出する必要はありません。まずは気軽に、情報収集という最初の一歩を踏み出してくださいね!

年収UPを目指そう!

職場において、あなたがいなくなって誰が何に困りますか?

フリーランスデビューをお考えのプログラマーの方々には、今のうちからぜひこの観点をもって、自分に何が足りないか、自分にしかできないことは何か、といった自分自身のスキルの棚卸しをすることを強くおススメします。

業務知識、まだエンジニアの少ない技術、または業務知識×提案力といったかけ算であなたの価値を高める方法もあります。あなたにしかできないことをもつ、それが年収UPに直結します。

何もない!と言う場合は、あせる必要など全くなく、デビューを目標として今からそれを作り出せば良いのです。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。