デバッグのバイトは在宅でできる?探し方と仕事の詳細解説します
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.09.11

    デバッグのバイトは在宅でできる?探し方と仕事の詳細解説します

    新しいゲームや開発されたばかりのアプリのバグ(不具合)を探すデバッグのバイトは、隙間時間に行うこともできる人気のバイトです。またゲームが好きな人にとって、ゲームをすることが仕事になるゲーム・デバッガーは理想の職種でしょう。

    ゲームのデバッグ業務で在宅のバイトはあるのか、またデバッグ業務の求人の探し方など詳しく紹介します。

    デバッグとは

    フリーランス プログラマー 年収

    デバッグとは具体的にどのような仕事を指しているのか、詳しく紹介します。

    ゲーム・デバッガーという職業をご存知ですか?ゲーム・デバッガーはまだ完成されていない、開発中のゲームソフトの不具合(バグ)を発見し、報告するお仕事です。

    デバッグとは未完成のコンピュータープログラムの中に潜んでいるバグ(不具合)を探し、取り除く作業のことを指しています。「バグ」という言葉はもともと虫を指している言葉でもあります。

    ゲーム・デバッガーの仕事はそのゲーム作品の規模やジャンルによって変わり、チームの構成人数も違います。5、6人くらいのチームで行うこともあれば、50人を超える規模で行われることもあります。初期段階のチェックは少人数で行われ、どのように作業を進めていくのかなど、工程を決めていったあとにチームの人数を増やすことがあります。

    そしてゲーム上のバグ(不具合)を管理するためにWordやExcelのスキルがあると採用される可能性が上がります。そして何時間も同じゲームをしつづける必要のある仕事なので、前提としてゲームをするのが好きな人が向いている仕事です。最近はゲームに限らず、スマートフォンのアプリのバグ(不具合)を探す仕事も増えてきています。新しく開発されたアプリをリリースする前に利用し、正常に動くか動作確認をするお仕事です。

    アプリのバグ(不具合)を探す仕事はテスターと呼ばれ、簡単な内容であれば30分程度で終わります。使ってほしい機能、使用してほしい回数など明確な指示があり、スマホの画面をスクリーンショットで撮影する場合もあります。

    【関連記事】
    デバッグの仕事内容について、初心者にもわかりやすく!

    バイト代の相場

    ゲームのバグ(不具合)を探すゲーム・デバッガーの場合、アルバイトの雇用形態で働くケースが多いです。ゲーム制作会社で直接働くこともあれば、デバッグを請け負っている会社で働くこともあります。

    ゲーム・デバッガーのアルバイト代の相場は幅広く、800〜1500円までさまざまです。チームのリーダーなどを任された場合、給与が上がる可能性はあります。時給が1500円など高時給な場合もありますが、一つの仕事が終わるとまた新しい仕事を探す必要があるので、残念ですがアルバイトとして働く場合安定性は高いとはいえません。なので働いている人は副業であったり、学生であったりすることが多いです。

    そして開発されたアプリのバグ(不具合)を調べるテスター業務の場合、一回ごとの仕事で報酬を得られるケースがほとんどです。一回につき1,000円前後の相場が多く、高単価だと5,000円ほどになることもあります。

    ただしアプリのテスター業務の場合、一つのアプリを1日1時間、1〜2週間継続して動作確認をするという内容のものもあります。こういった場合報酬が5,000円の案件であっても、時給として換算すると500円以下になることがあります。そのため、アプリのテスター業務で生計を立てることは難しいのが現実です。ただし仕事や家事の空いた隙間時間を利用してテスター業務を行えば、月々1万円以上報酬を得ることも可能なので隙間時間のお小遣い稼ぎには向いています。

    在宅のデバッグアルバイトの探し方

    ゲームのバグ(不具合)を探すゲーム・デバッガーの場合、ゲーム会社やゲームテストを請け負っている会社の求人を探すことがおすすめです。会社のHPで直接求人を募っていることも多くあります。

    ただ、ゲーム・デバッガーの場合、在宅で働けないケースが多いのが現実です。発売されていないゲームのバグ(不具合)を探す業務のため、家に持ち帰れないからです。在宅でのデバッグ業務を探しているなら、アプリのテスター業務の方が多く求人はあります。

    スマホが一台あれば気軽に仕事ができるアプリのデバッグ業務の場合、在宅でできる仕事がほとんどです。そしてアプリのデバッグ業務の仕事は専用の登録サイト、もしくはクラウドソーシングサイトなどに登録して探すのがおすすめです。専用サイトやクラウドソーシングサイトへの登録は、インターネット上でできるので面接などに行く必要はありませんが、多く仕事を受注するためにはプロフィールを充実させるなど、サイト内での自己アピールが大切になります。

    また個人情報や営業秘密など、業務に関して知った秘密を外部に漏らさないと約束する契約、「NDA締結」をするサイトもあります。信頼度を高めるためにもなるべくNDA契約は結ぶようにしましょう。

    【関連記事】
    スキルが身につくデバッグアルバイトとは

    求人を探してみよう!

    ゲーム・デバッガーの場合、残念ですが在宅でできるお仕事は多くありません。しかしアプリのデバッグ業務であれば在宅でできる仕事は沢山あります。在宅での仕事を探している人は、まずテスター業務の専用サイトに登録してみてはいかがでしょうか?

    最新のゲームやアプリを体験できるデバッグ業務は、副業などから気軽に始めてみるのがおすすめです。



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE