バナー画像

IT社会と言われている今、プログラミングのアルバイトを募集していることは珍しいことではありません。学生であっても好きなアルバイトをして給料をもらうという選択肢が広がってきています。こちらでは学生時代にプログラミングバイトをすることについて見ていきましょう。

プログラミングバイトの見つけ方

アルバイト求人サイト

IT企業の求人情報が多く掲載されているアルバイト求人サイトの場合、プログラミングに関するアルバイトが掲載されていることがあります。

求人サイトでの求人情報の場合、プログラミングスクールの講師などよりはコーディングを行う実務関連の求人が多いです。

プログラミングアルバイトでおすすめしたい求人サイトは「Wantedly」と「マイナビバイト」です。Wantedlyは自分の経歴やスキルを細かく記入することができるので、自分に合ったアルバイトを見つけやすいです。

知人からの紹介

知人・友人にプログラマーやエンジニアがいるのであれば、プログラマーのアルバイトを紹介してもらうのもおすすめです。

規模の小さいIT企業やスタートアップの場合、求人サイトで募集などをしていないことが多いです。そのため規模の小さな企業の場合、知人などの繋がりを頼りにアルバイトを雇用することがあります。

プログラマーの友人、知人がいるのであればアルバイトを募集している企業がないか一度聞いてみることをおすすめします。

学校のチラシや学生支援課

大学や専門学校の場合、学校にアルバイトの求人情報が届くことがあります。

プログラミングスクールなどであればプログラミングアルバイトの求人が届いている可能性は高いです。なので通学するタイプのプログラミングスクールに通っているのであれば、スタッフなどに求人が届いていないか聞いてみることをおすすめします。

ただしプログラミングスクールの求人情報の場合、ある程度技術を求められる仕事の可能性もあるので、仕事内容は事前にしっかり確認しておきましょう。

求人情報誌

最近ではインターネットがあるため求人情報サイトを利用してアルバイトを探す人がほとんどですが、求人情報誌にもプログラミングアルバイトが掲載されていることがあります。

駅やファミレスなどに無料で貰える求人情報誌はよく置かれています。自分の探している求人を見つける可能性を上げるためにも、求人情報サイトと併用して利用するのがおすすめです。

学生にプログラミングバイトがおすすめの理由

20年前や15年前であれば、今ほどインターネットの普及していなく、現在のようにYouTubeやSNSで動画や音楽、写真を共有して、コンピュータやスマホで楽しむことなんてなかった時代です。その時代から例えばCOBOLやFORTLANのようなプログラミング言語はありましたが、その言語はむしろ学術目的、企業の給料計算のような事務処理系に使われるものでした。

そのため大学や専門学校でも情報工学やプログラミングに特化した授業を扱っているところは少なかったのです。ましてプログラミングのアルバイトという需要はなかったでしょう。

今現在、世界的にIT社会と言われ、生活の様々なところでソフトウェアの力を感じずにはいられない時代になりました。そういう時代の中でプログラミングの基本を学習するタイミングが学生時代からか、会社に入ってからかの二択であればどちらが良いと思いますか?

今はプログラミングに関する書籍も多くありますし、インターネットを見ればプログラミング学習サイトもあります。一昔前であればプログラミングを学びたくても学べない事情はいろいろあったかもしれませんが、今は自己投資をする覚悟さえあれば独学でも学習することができます。

もちろんプログラミングのアルバイトを通して基本的なスキルを身に着けるという考え方があっても良いでしょう。アルバイトなら周りに親切に教えてくれる先輩方もいらっしゃいます。インターネットを使って一人でいろいろ調べて勉強するよりも、周りに教えてくれる人がいた方が効率的に学習できるでしょう。

プログラミングの基本を学生時代の内に身に着けることができれば、開発企業で同期の誰よりも一足先に本格的な開発を任されるという未来をイメージできるのではないでしょうか?

【関連記事】
プログラミングは若い頃に始めるべき?始める年齢とメリット・デメリット

実際プログラミングバイトはどんな内容なのか

プログラミングに関するアルバイトとはどのような内容のものなのか、詳しく紹介します。

アルバイトの場合、Webサイトの簡単なコーディング業務や、RubyやPHPを使用したWebサイトの実装業務などが多いです。本業として働いているプログラマーのサポート業務をするのがアルバイトの仕事であることが多いです。

その他にもプログラミングスクールの講師のアルバイトも人気です。オンラインスクールの講師であれば自分の好きな時間に働くことができるため、学校での授業が忙しい人でも無理なく働けます。またプログラミングの記事執筆をアルバイトでしている人もいます。

プログラミングバイトの選び方

アルバイトの選び方ですが、アルバイト先の雰囲気、給料、業務内容と選ぶ基準は人によってまちまちです。プログラミングのアルバイトの選び方の着眼点についていくつか述べましょう。もちろん最終的な選択はあなたの基準で問題ありません。

言語

あなたが今身に着けている言語のスキルステップとして基本から応用レベルに持っていきたいと思うならば、その言語開発ができるアルバイトを探すと良いでしょう。周りに高度なプログラミングスキルを持っている方がいますから、自身で本を読んで何時間も悩んだり、インターネットで質問するよりも早く理解できます。

もちろん未知の言語にチャレンジしようと別の言語を扱うアルバイトを探しても良いです。周りに教えてくれる人がいるというのは変わりありません。

開発ソフトウェア

アルバイト先で何を開発しているかも興味の持ちやすさに影響すると思います。例えばHPや業務システム、ゲームアプリ等ならHTML5、業務システムならJavaやC、ゲームならJavaScriptやRubyというように扱う言語も変わってきます。何を開発するかで力を伸ばせる分野、プログラミング言語も変わってきます。言語主体ではなく、興味のある分野に飛び込んで関連する言語を学ぶという選択も良いでしょう。

給料

IT会社の給料は年々上がってきています。それに比例してプログラミングのアルバイトも時給1,000円超えのところは多いです。時給1.000円超えのアルバイトは家庭教師や塾講師が代表的でしたが、その中にプログラミングのアルバイトも入りました。

好きなこと、興味のある仕事をやって、高い給料をもらえるのでその分頑張ろうというモチベーションも上がるに違いありません。冒頭でも述べたように社会人になってからの人間本来のスタイルです。これを学生の内に経験できるのはいろいろ感じることのできる大きな財産になるでしょう。

大事なのは今のあなたと将来のあなたの理想像を考え、いまどういう選択をすることが自分にとって良いのか考えることです。将来の理想像と今の自分のスキルのギャップを埋めるための選択ができたら良いです。

初心者·未経験でもプログラミングバイトはできるのか

学生に高いスキルを求める方が難しいです。幼少からプログラミングをしていれば別ですが、アルバイト先の方は高校や大学からプログラミングを学び始めた人のスキルはわかっています。そういう方がアルバイトに来てもトレーニングを兼ねて、しっかり育てるシステムになっているはずなので経験が少なくても大丈夫でしょう。

未経験でも問題ないのですが、全くわからないというのはアルバイトの内定に繋がらない可能性が高いので、市販の本を買って、実際にプログラミングをやってみるぐらいのことはしましょう。面接の時にそういうエピソードを語れるほうが内定に繋がりやすいです。

【関連記事】
未経験でもプログラミングバイトは出来るか?

プログラミングバイトの探し方

学生のプログラミングのアルバイトの探し方ですが、手っ取り早いのはプログラミングアルバイトをやっている、もしくはやっていた友人のコネを頼ってアルバイト先を紹介してもらうことです。友人と同じアルバイト先になるか、そこから別のところを紹介してもらうことになるでしょう。

もう一つは学校に寄せられているアルバイト募集のポスターや学生支援課にあるアルバイトの求人誌です。学校のOBが立ち上げた会社等が募集していることが多いので、いわゆるブラックと言われるようなところではないため安心してアルバイトを始められます。

あとは一般的な方法ですが、新聞の折り込みにあるアルバイト募集のチラシや、本屋やスーバーにあるアルバイト募集の雑誌、インターネットのアルバイト募集掲示板になります。こちらは非常に情報量が多いのですが、全てがプログラミングアルバイトの募集ではありません。そのため探しているアルバイトを見つけ出すのは大変かもしれません。

【関連記事】
プログラマーのアルバイトをしてみよう!メリットや時給、求人情報の探し方は?

学生バイト求人を探そう!

学生時代は人生の中の一部です。年齢的に若い時期なので、多くのことを吸収できるチャンスでもあります。

プログラミングに関しては学生のうちに基本を身に着けることができれば、将来にわたって自分自身の開発力のベースを活用していくことができます。

もちろん会社に入ってからでも学ぶチャンスはありますが、今そういうチャンスがあるのなら若いうちに始めてみましょう。周りの人に助けてもらいながら、自分自身の可能性を切り開くスキルを磨いていきましょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。