フリーランスプログラマーの主な働き方
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.05.11

    フリーランスプログラマーの主な働き方

    自由な働き方を選べることが魅力の「フリーランスプログラマー」。しかし、その働き方を得るためには、もちろん努力も必要です。そして最低限押さえるべき知識も存在します。これからのフリーランスプログラマー生活を豊かなものにしていく上で、最低限押さえておくべきことをご紹介してまいります。

    フリーランスプログラマーの主な2つの働き方

    常駐型フリーランス

    1つ目は常駐型フリーランス。イメージは派遣社員に近く、出向先の企業で働きます。既存の派遣社員との違いは厚生年金や社会保険がない点です。仕事をするには主にはフリーランス向けに仕事を紹介している会社に登録し、エージェントからの案件紹介や企業側との面談を経て勤務を開始します。働き方としては会社員と同じため、生活リズムが確立し、在宅ワークとは異なり孤独を感じることもありません。同じオフィスで仕事をするので、コミュニケーションのズレも抑えることができ、結果的に高いパフォーマンスを上げられるでしょう。

    在宅型フリーランス

    2つ目は在宅型フリーランス。フリーランスというとこのイメージが強いかと思いますが、時間や場所に捕われずに働けるため、近年はクラウドソーシング等もこの文脈で注目を集めています。もちろん顧客への素早い返信、納期の厳守という最低限のルールを守ることが前提となりますが、柔軟な働き方が実現できます。ただ、常駐型と比べて小規模な案件が多かったり、ゆえに量をこなさないといけないことも。常駐型と違って、エージェントが扱う在宅型の案件を少ないのが現状です。しかし、クラウドソーシングがより主流となり、在宅ワークに対する企業側の受け入れ姿勢の変化を考慮すると、こういった働き方も増えていくでしょう。

    必要なスキル・経験

    会社員とフリーランスでは求められるスキルも違います。あくまで一人のビジネスパーソンとしての役割が大きくなるため、プログラマーとしての業務以外の業務が増えます。例えば営業や管理といった、会社員時代は他の部署の人間が担当していた業務です。具体的に必要となるスキルの違いを見ていきましょう。

    自己認識能力

    ご自身の強みを正確に理解している人は案外少ないものです。しかし、年収の高いエンジニアは強みを明確に理解しています。自分の強みが明確で自信があれば、これをアピールして納得のいく報酬を獲得することができるようになります。ただし、自分の強みというのは意外と自分自身ではわからないもの。そんなときはエージェントの客観的な意見を貰うのもひとつの手でしょう。

    市場の動きを読む力

    変化の激しいIT業界において、市場の動きを読む力は必須スキルです。なぜならば、エンジニア職は開発言語や開発内容のブームが収入に直結するからです。いま市場で求められていることを理解し、自身を変化させていかなければ、時代に取り残され、年収も下がる一方です。

    コミュニケーション能力

    コミュニケーション能力というとありふれた能力に聞こえますが、侮ってはいけません。なぜならば、現代の開発はいかにチームで効率的に開発するかが重要であろ、他のメンバーと情報共有および連携を図ることは、プロジェクトの成功には欠かせないからです。高い技術力があるだけでは不十分です。クライアント企業から、責任範囲の大きい案件でも安心して任せてもらえるよう、メンバー間のコミュニケーションを密に取る業務姿勢が大切だと言えます。

    案件の探し方

    フリーランスプログラマーになったは良いが、仕事がない。仕事はあるが、単価が安い。これではフリーランスプログラマーになった意味がないといった声はよく聞きます。最近では、フリーランスプログラマーの案件探しも手段が増えてきました。サイトやプロの力を上手く借りることで、自信の価値を最大化することはとても大切です。自分のスタイルに合わせて選んでいきましょう。

    平均年収・単価について

    会社員の年収とは

    厚生労働省が発表した「平成26年度賃金構造基本統計調査」によると、フリーランスだけではなく会社員を含んだ全エンジニア職の平均賃金は、平均年齢36歳に対し、平均年収542万円となっています。業界全体としては基本的に人手不足の傾向があり、極端な不況などの影響を受けにくいのも特徴。一度エンジニアとして就業したことがあれば比較的安定して業務を得られる業界とも言えるでしょう。

    フリーランスプログラマーの年収とは

    一方でフリーランスプログラマーが受け取る報酬は一般的に「月60~90万円」程度が相場と言われています。フリーランスになると国民保険や年金、交通費、税金などは単価の中から払わなければなりません。また、会社員時代には当たり前にもらっていたボーナスもありません。ですので、独立しても会社員のときと同じ生活レベルを維持するためには、最低でもサラリーマン時代の年収の1.5倍は欲しいところです。

    フリーランスプログラマーで高収入を得るポイント

    フリーランスになれば、時間も場所も自由で、好きな仕事だけやっていれば良い。そんな理想を実現させるためには、順序が存在します。時間は有限です。限られた時間の中でスキルを伸ばしてキャリアを築いていくためには、まず自分が得意とする技術を活かす案件と、自分のスキルを伸ばす案件の2種類を意識して参画していくことをおすすめします。案件選びを適切に行い、効率よく参画することが大切です。

    稼ぐ案件とは

    まずは「稼ぐ」案件を意識する必要があります。あなたがこれまで得意としてきた領域ならば、そのスキルをお金に換えることは難しくないでしょう。もちろん、会社員時代と同じ仕事をしているならば独立した意味がないという声も聞きます。たしかに新しい技術にチャレンジしやすいこともフリーランスの魅力の一つです。しかし、好きなことばかりはやっていられないのは会社員もフリーランスも同じ。その場合には、「学ぶ案件」を組み込んでいきましょう。

    学ぶ案件とは

    「学ぶ」案件とは、現時点では十分なスキルや経験はないければ、ご自身の中長期的なキャリアを考えた際に、たとえ単価が安くとも取り組んでおきたい案件のことを指します。例えばあなたがデザイナーであれば、コーディングまで対応できた方が単価も上がりますし、新しいキャリアの形成にも繋がります。会社員の場合はある程度会社側が学びの機会やポジションを用意してくれることも多いため、「稼ぐ」と「学ぶ」という2つの違いを意識することは少ないでしょう。しかしこのように両方を組み合わせていくことが、将来的に案件の選択肢を増やし、安定的に収入を得られるようになります。

    スキルアップ方法

    新しい知識を常に学ぶ

    日進月歩のIT業界において、学び続ける能力は欠かせません。自分で自分の視野を狭くするのではなく、視野を広くして新しいスキルを身につけることも考えてみましょう。ひとつのプログラミング言語をマスターしていれば新しいプログラミング言語も身につけやすいはずです。学び始めるハードルは下がり、効率的に学ぶことができるでしょう。

    アウトプットをする

    皆さんはブログを書いていますか。ブログを書くというアウトプットは、自分の理解度を高めることにも繋がります。誰かに教える際に簡単なことでも意外と難しさを感じた経験は誰しもあるはずです。自分の中で理解している事象でも、誰かに説明をする際に理解が浅いことに気づけるのです。

    失敗から学ぶ

    失敗は成功のもとということわざがありますが、プログラマーも同じです。エラーの数だけ学びがあります。設計→実装を繰り返し、エラーが発生すればその原因を突き止めて改善する。そうしていくうちにプログラマとしてのスキルが向上していくのです。

    フリーランスプログラマーという選択肢もあり!

    今回はフリーランスプログラマーの働き方についてご紹介しました。自由な働き方ができるイメージが強いですが、もちろんそこに行き着くためにはステップが必要です。ぜひ本記事を参考にしてみてください。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア

    関連ワード

    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE