セールスエンジニアになりたい!気になる仕事内容とやりがいとは?
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.05.12

    セールスエンジニアになりたい!気になる仕事内容とやりがいとは?

    さまざまな業界の企業で新しい技術を用いた製品開発が進められるなか、営業職と技術職を併せ持つセールスエンジニアの需要が伸びています。今回は、セールスエンジニアの仕事内容、やりがいをご紹介します。

    セールスエンジニアとは

    セールスエンジニアとは

    セールスエンジニアとは自社商品の技術的知識に加えて営業スキルを必要とする職種です。主にソフトウェアや電子機器商品などを扱う企業で、営業担当者と一緒にクライアントのもとへ向かいます。営業としてクライアント側の担当者と交渉や調整を行ないながら、技術者として自社製品の導入あたってのアドバイスを行います。

    営業職・プリセールス・システムエンジニアとの違い

    セールスエンジニアと他の職種の違いについてみていきましょう。

    まずは営業職ですが、一般的に営業職は自社の製品を売り込むためにクライアントに商談・提案・交渉を行ない、売上につなげる役割を担うポジションですよ。しかしセールスエンジニアの場合は製品の高い専門的知識を必要とし、それをクライアントに説明する能力も求められます。ゆえにエンジニア出身者も多いのです。

    次にシステムエンジニアとの違いですが、基本的にセールスエンジニアは通常、設計やプログラミングを行いません。ただ最新の技術トレンドや顧客先の業界知識も求められるので、日々勉強が必要です。どちらかというと「営業⇒セールスエンジニア」よりも、「技術者⇒セールスエンジニア」というキャリアプランが一般的かもしれません。

    セールスエンジニアの仕事内容

    セールスエンジニアの仕事内容は、顧客が自社の製品をうまく活用できるよう情報提供をし、製品またはサービスの販売をサポートすることです。

    自社の営業戦略を技術的な側面から支え、システム導入時の管理やサポート、時にはクライアント先のシステムのリプレース(システムの入れ替え)について提案するコンサルタント的な役割を担うなど、サービスエンジニアの仕事は多岐にわたるため、複数の業務を並行して処理しながら仕事を進めます。

    ゆえに進化のスピードが速いIT業界において豊富な技術知識を持ち、販売からアフターフォローまで手掛けられるセールスエンジニアの需要が特に高い傾向にあります。

    営業に同行して企業訪問をする機会も多く、技術職でありながらクライアント目線で仕事ができます。コミュニケーションスキルが高く、IT技術における専門的なバックグラウンドを持つ方であればキャリアチェンジしても活躍できる可能性は高いといえるでしょう。

    セールスエンジニアのやりがい

    セールスエンジニアの需要は今まさに伸びています。

    IT業界に限らずITの導入が進む中、IT技術に疎い顧客は「なにをどうしたらより楽が出来るか」分かっていないことが多いのです。顧客目線で技術の話しも出来る存在は非常に重宝されます。これからは顧客も現場の苦労もわかる、セールスエンジニアこそが顧客と現場を結ぶのです。

    セールスエンジニアは顧客からのクレーム対応、サポートまで担いますが、最終的に製品に満足してもらうことができれば顧客から感謝されるため大きな達成感を得ることができます。セールスエンジニアは「顧客側のニーズを汲み取った提案」を手掛けるため、実際に販売した商品が役立っているのを見るとやりがいを感じられるかもしれません。

    セールスエンジニアの大変なところ

    そんな魅力的なセールスエンジニアですが、大変なことも多いのが実際のところです。例えば技術の専門知識の保有のみならず、技術についてわかりやすく説明できる力が求められたりと、まさに営業職とエンジニア職の両面の大変さを合わせ持っているからです。

    現場へ足を運ぶ機会も多いので、クライアントに近い目線で仕事がしたいという人にとっては非常にやりがいを感じられるでしょう。会社によっては営業もでき技術的な知識を有しているセールスエンジニアは非常に重きを置くポジションです。ユーザーの顔が見える環境で働きたいと考える技術者にとってはうってつけの職業だといえるでしょう。

    必要な能力・スキル

    セールスエンジニアに下記のようなスキルが求められます。

    高い折衝能力

    クライアント先のやりたいことをヒアリングし、それにあった製品あるいはその組み合わせの提案とその製品の価値を伝えながら商談を進めます。クライアント先のシステムのリプレース(システムの入れ替え)について提案するコンサルタント的な役割も担うことがあります。その場合には顧客の技術的背景、業務知識を把握する必要がありつつも、上手くプロジェクトを進めることが求められます。

    要件定義能力

    商品を説明して単に販売するだけでなく、社内の研究開発部や設計と協同してニーズに合わせた製品、またはサービスを作っていく場合もあり、顧客企業が導入した後のトラブルや問題発生時にも対応します。

    プレゼンテーションスキル

    クライアント、営業、技術者の折衝を行うコミュニケーション力や専門的な製品内容をクライアントに分かりやすく伝えるプレゼンテーション力も欠かせません。コミュニケーション能力に長けた方であれば、ITエンジニアからセールスエンジニアにキャリアチェンジしても活躍できる可能性は高いでしょう。

    学習能力

    クライアントによってセールスエンジニアに求める内容が異なるため、新しい知識や情報を積極的に取り入れる好奇心の強さは必要です。

    セールスエンジニアにおすすめの資格

    基本情報技術者

    基本情報技術者試験はIT業界では、多くの人材が取得するこの資格。技術内容だけでなく、経営や管理など実際の業務に必要な知識を包括的に身に付けることができ、IT技術が必要なさまざまな場面で役立ちます。認知度も高く、IT業界で働こうというモチベーションの高さをアピールする材料にもなるでしょう。

    セールスエンジニアの平均給与・年収

    平均年収は大体661万円で、男性の場合は668万円、女性だと545万円程度が平均となっています。個人のスキルや、勤務先の規模、年齢や経験によっても、具体的な年収の金額は変動してきます。他の職種と比較して平均年収は高いものの、専門的な知識やスキルが必要とされる他、販売から導入後の研修、トラブル対応など、セールスエンジニアが携わる業務内容は幅広く、技術志向か顧客志向かによってもその後のキャリアパスは変化します。

    比較的、セールスエンジニアの待遇は良い傾向にあり、交通費支給、住宅手当、社会保険制度、退職金制度など、福利厚生が充実しているようです。
    また、プロジェクトに参加したときには夜間・休日の勤務も多くなり、決して嬉しいものではありませんが、期待できるのが時間外手当です。

    セールスエンジニアに向いている人・適正

    セールスエンジニアに向いているのは学習する能力があり、常に新しい技術に興味を示し、将来の技術動向を考えることができる人でしょう。

    顧客の業界の知識も、顧客毎に学ばなければなりませんので、そういったことに対して積極的な態度を示せる人が向いています。

    客先とのコミュニケーション力はもっとも重要な能力で、現場に出向き人と話すことが好きな人には、向いている職業です。それは客先のみならず、社内の各部署とのコミュニケーションも指しています。

    セールスエンジニアのキャリアパス

    ITコンサルタント

    ITコンサルタントとは顧客である会社に対して経営課題などにITを使ったソリューションを提供する職種です。セールスエンジニアとして働いていたのでITの知識と対人スキルなどは申し分なくITコンサルタントへの障壁は少なく、ITコンサルのキャリアパスとして組み込まれてくる職業です。

    ITアーキテクト

    ITアーキテクトとは予算の制約や相手の要望を考慮に入れたうえでシステム全体の設計やデザインをする職種です。ITの知識と対人スキルが必要となってくる職業でセールスエンジニア転職のマッチングは問題ないでしょう。システムと現存の課題な度を俯瞰して考えることができる人にお勧めです。

    プロジェクトマネージャー

    プロジェクトマネージャーはプロジェクトのすべてを監督してメンバーをまとめ上げていく仕事になります。メンバーをまとめるコミュニケーションスキルやエンジニアと議論ができる知識が求められます。セールスエンジニアでの経験が必ず活かせる職業です。

    セールスエンジニアになるには

    エンジニアからなる

    営業力と技術知識という2つの武器を持たねばならないセールスエンジニアになるのはなかなか大変です。

    多くは初めはエンジニアとして腕を磨く道です。セールスエンジニアの仕事は簡単に言うと顧客に対しシステム・ソフトの売り込みをするということです。営業をするときにはITの深い知識が必要になってくるでしょう。知識がなければ提案もアピールもできません。

    この特色からある程度エンジニアとしてIT知識を養ってから、営業の世界へ足を踏み入れる方がとても多いです。最近ではある程度経験を積んだエンジニアが自ら志願してセールスエンジニアになり社内でトップの売り上げを稼いでいる方もいるそうです。

    営業職からなる

    営業として働きエンジニアリングの勉強してセールスエンジニアになるのも方法のひとつです。その際には資格の勉強をしながら技術を学んでいくのも良いでしょう。例えば国家資格としてITパスポート試験や基本情報処理技術者試験があります。こうした勉強を通して、さらっと技術的なことまでかみ砕いて顧客に説明出来るようになったとき、セールスエンジニアへの階段を一段登ったことになる。

    セールスエンジニアの求人の探し方

    企業からのニーズも高く、転職後もキャリアパスもしやすく、幅広い可能性を持つ職種です。セールスエンジニアの求人は、メーカー、IT産業、販売専門会社からの正社員、派遣、アルバイトなどがあります。中途採用や派遣では、最初からセールスエンジニアとしての求人が多く、営業としての実績よりは求人先の業種の設計や製造経験・知識に加え語学力が重視されます。メーカーやIT産業では、新入社員であれば、最初からセールスエンジニアとして採用することは少なく、製造部門を経験したあと配属されます。

    まとめ

    セールスエンジニアの仕事内容、やりがいをご紹介してまいりました。営業職と技術職、2つの側面から企業の営業戦略やクライアントのサポートを行うセールスエンジニアは、製品を使用している現場へと足を運ぶことも多く、ユーザーが製品に対してどのように感じているかを直接知ることができる魅力的な職種です。現在プログラマーやシステムエンジニアとしてお勤めの方は、将来のキャリアパスとしてセールスエンジニアを目指されてはいかがでしょうか。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE