受講料が最大70%OFF 受講料が最大70%OFF

「Webネットワークがなぜ正常に動作し続けているのか。」
「アプリケーションや業務ソフトがどうしてインターネットに接続された状態で利用可能なのか。」
等の当たり前を保証しているネットワークエンジニアの仕事内容について何かをお伝えしていきます。

この記事の結論
  • ネットワークエンジニアには、CCNA資格やCiscoなどネットワーク機器の知識に加えて、接続機器に関する基礎的な知識が必要
  • ネットワークエンジニアが将来も仕事を得続けるには、従来のネットワーク知識に加えて、AWSのようなクラウドでの知見も深めることが重要
  • ネットワークエンジニアの平均年収は500万円~600万円で担当する企業の規模や経験の長さによって変わってくる

ネットワークエンジニアに必要な能力

ネットワークエンジニアに必要な能力はWebネットワークに関するエキスパートになろうとすることであり、その為には「基本情報技術者資格」「CCNA」「Cisco」等の基本的な知識群を学習していきつつ、基礎・基本を土台に実践的経験値を高めていくしかありません。

なぜネットワークが繋がるのか。この疑問点はWeb業界のフロントエンドやバックエンドを担当していてはなかなか持つことのない視点であり、IPアドレスとは?Linuxとは?というスマホやタブレットがどうしてインターネットに接続出来ているのかの技術的背景や理由を明確に咀嚼し、理解することであらゆる危機的状況に対応できる能力を身につける必要があります。

未経験からプログラミング技術が学べるスクールはこちら

ネットワークエンジニアの業務を行ってく上で必要な能力は何も基礎的な知識を得るだけでなく「イレギュラーな状況という問題に対して適切な対応策を見つける・考える」ことが重要となります。

なぜなら人間が関わる以上何かしらの問題が生じるわけですから、そのトラブルシューティングができる能力をネットワークエンジニアは身につける必要があります。

【関連記事】
新卒でネットワークエンジニアとして働ける?注意点や必要な能力を解説します

ネットワークエンジニアになるには

ネットワークエンジニアになるには大学生から準備する段階と社会人になってから準備する段階とではそこまでの差異は生じていません。

学生の間なら情報技術に関する職務を全うするだけの素地とやる気をアピールするために「基本情報技術者資格」を取得する為の勉強をし、社会人の段階でネットワークエンジニアにすぐになりたいと思っているのであれば素直に就職支援系のスクール等にに通って基礎知識を身につけることが近道です。

学生の段階からの準備の場合は時間の融通も聞きますから、自宅に趣味レベルで良いので自前のサーバー構築をしておくと良いですし、IT関連のネットワーク・サーバ系のアルバイトを探してみて実践的なタスクを経験しておくと良いでしょう。

社会人の段階からの準備の場合は、知識や資格を取得することに躍起になるよりはインターネット系のスクールに通うことをオススメ致します。

Javaやネットワーク系スクールならば就職支援を前提に安い料金でスクールに通うこともできますから、安心して学習しつつ再就職先を探すこともできます。

ウェブ系企業への転職内定率100%のスクールはこちら

もしもスクールの進める就職先に行かなくてもそこまで高額な料金というわけでもないので、ひとまずスクールに通ってみる。というのが妥当な検討策でしょう。

自学自習をする選択もあるでしょうが、それは学生段階にすべきことだと考えておくとさらに良い結果に繋がります。

【関連記事】
未経験や新卒でもなれる?ネットワークエンジニアになるためには

ネットワークエンジニアの将来性

ネットワークエンジニアにどれだけの将来性があるのか?問われると、おおよそ次のパターンを考えることが可能です。

ネットワークエンジニアに関する知識群と経験値だけでも将来性を担保できると思われますが、情報技術の進化の度合いは凄まじいからこそ、幅広く技術・知識群に対する理解を深めておくことが求められます。

【関連記事】
ネットワークエンジニアのキャリアパスはどう考えるべきか?

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収は約500万円〜600万円とレンジが広く、担当企業の根幹となるネットワークを担当している場合はその希少性から平均年収が増えていく傾向があります。

20代〜40代と少しずつ企業に対する存在感が増えていくことで給与も増えていきますが、20代でいきなり高い年収を獲得するには、やはり高い技術力と企業側に求められるだけの人材である必要性があります。

企業が運営しているWebサービスが長く保守・運用されればされる程に該当サービスに対するノウハウも増えていきますから、やはり1つの企業でサービスに対する経験値を高めていくことが平均年収を高める方法と言えるでしょう。

その他にもネットワークエンジニアとして「当該ネットワークのセキュリティや安全性を担保するだけの能力と信頼感」を獲得することができれば、必然的に必要性が増していき、年収比率も高まります。

ネットワークエンジニアはWebサービスを支える屋台骨ですから、信頼と技術を獲得していく過程は極めて重要だと言えます。

【関連記事】
ネットワークエンジニアは年収UPを目指そう!

転職サポートのあるプログラミングスクールはこちら

ネットワークエンジニアに向いている人

ネットワークエンジニアに向いている。適正値が高い人は論理立てて状況を理解し、なぜ現状においてこんな問題が生じているのかを定義し、かつ解決することができる人材だと言えます。

基本的に上記の問題定義・問題解決能力は情報技術を用いる人材ならば当たり前に必要な能力ではありますが、ネットワークエンジニアの場合は不意のトラブルに対して対応する姿勢が極めて重要ですので、今回ネットワークエンジニアの適正条件としてお伝えしています。

ネットワーク関連の危機的状況や問題が生じた時に際して、Webサービスが数分でもユーザーに利用してもらえなくなるとその時点での利益も失ってしまいますし、既存ユーザーのサービスに対する安心感や信頼感を損なってしまいますから、需要ユーザーの減少にも繋がってしまいます。

このようにネットワークエンジニアに求められる信頼感や能力はWebサービスを保守・運用していく上で大事な役割を果たすと言えるでしょう。

【関連記事】
ネットワークエンジニアは未経験でもなれるか?

ネットワークエンジニアについてはこれでばっちり!

ネットワークエンジニアになるための条件は「基本情報技術者資格」「CCNA」「Cisco」などのネットワーク関連の基礎資格を通じて知識群の理解を育むことだと言えます。

どんなネットワークに関する突発的な問題を解決するにしても「基礎・基本」を理解していなければ応用問題は解決できませんし、未知の問題にも対応することができません。

ですから、ネットワークエンジニアに関する基礎知識群をまずは学習していきつつ、実際にサーバー構築まで行うことができる段階にまで行き着きさえすればひとまずネットワークエンジニアのスタートラインに立つことができると言えます。

さらにそこから応用技術群を実地で企業の中で学習していきつつ、経験値を高めていくことが重要だと言う点もお忘れなきようお願い致します。

【関連記事】
ネットワークエンジニアに転職しよう!

まとめ

ネットワークエンジニアの仕事内容に触れながら、必要となる能力やネットワークエンジニアになるための条件・適正・平均年収など様々な事柄をお伝えしてきました。

Webネットワークの根幹を担う職業がネットワークエンジニアですし、企業が保守・運用しているWebサービスが強固に存続するための土台を形成しています。

日々生じるネットワークに関する問題のエキスパートと成るべく学習をしながら経験を積みつつ、研鑽をして行って頂ければ幸いです。

ネットワークの周辺知識として、プログラミングを学びたいあなたは、ポテパンキャンプのように、仕事しながらでも効率よく学べるオンラインスクールを検討してみてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。