受講料が最大70%OFF 受講料が最大70%OFF

エンジニアの中でも、普通の生活をしているとあまり耳にすることがないネットワークエンジニアという職業ですが、少しでもインターネットの世界に関わっている人にとってはなくてはならない存在だという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんなネットワークエンジニアというのはどういった職業なのか、そして、どのようにすればフリーランスになることができるのかというのを見ていきたいと思います。

この記事の結論
  • ネットワークエンジニアは、システムのネットワークの専門家で年収は300万円~1,000万円と幅が広い
  • 組織に属してのネットワークエンジニア以外に、フリーランスとして働く方法もある
  • フリーランスとして仕事を得るには、過去に実施した仕事内容をポートフォリオにまとめるなどのアピールが必要

フリーランスネットワークエンジニアになるには

ネットワークエンジニアになるのに、特別な資格などは必要ありません。

システムエンジニアなどといった他の職業と違って、ネットワークエンジニアというのはネットワークシステムの構築をおこなったり、それを維持するためにシステムを点検、確認をして、管理をしていく仕事を行います。そのため、基本的にはネットワークシステムについての知識が十分にないと難しいといえます。

その為、情報系の学部で学んだ方や、専門学校、ダブルスクールなどで経験のある方は初心者であっても学びやすい部分がありますが、そうではない文系学部の方などは、最初は学ぶの難しいかもしれません。職場を選ぶ時には、研修が充実しているところなどを選ぶのがおすすめです。

企業でスキルを学んだり、自学でもできるようになってきたら、友人の依頼や、自分で独自にネットワークシステムを構築してみるのがおすすめです。自力でやってみても問題がなく、仕事として続けられるのであれば、フリーランスとして独立しましょう。

【関連記事】
フリーランスとして独立する前に考えるべきことは何か?

未経験からプログラミング技術が学べるスクールはこちら

フリーランスネットワークエンジニアの給料・年収

ネットワークエンジニアと言えば、エンジニアの中でも高給なイメージが高いのではないでしょうか。確かに人によってはネットワークエンジニアは高い給料ですが、それは人によっては残業時間が異常に長いからこそ起こってしまっている状態かもしれません。

しかし、ネットワークシステムの構築はいつの時代にも需要があり、そのスキルを習得するのには一定期間以上が必要になってくるので、比較的仕事は受けやすいといえます。

また、フリーランスになれば自分で納期などを決めることができるので、たくさん仕事が入りすぎて連日残業続きということにはならず、働くことができます。そのためフリーランスのネットワークエンジニアの給料はピンきりですが、300万円から、働き方によっては1000万円を超す場合もあるようです。

【関連記事】
知っておきたいフリーランスの年収の実態

転職サポートのあるプログラミングスクールはこちら

フリーランスネットワークエンジニアに必要な能力・スキル

会社内においてのネットワークエンジニアとしての仕事と、フリーランスネットワークエンジニアでは仕事内容が少し変わってきます。その大きな部分が、会社内にいればやらなくてよい経理や営業など全てを行わないといけないということです。

その為、フリーランスだからネットワークの構築や管理などをひたすらするだけで良いと考えている方にはおすすめしません。フリーランスだからこそ、誰も仕事を持ってきてはくれないため、自分で積極的にプロモーションをするなどして営業を行わないといけません。

また、営業の際や、仕事をすすめるにおいて、しっかりと合意するためにコミュニケーション能力は非常に大切になってきます。信頼関係を築き、ずっと関係を持つためには報連相などの基本的な部分も必要になってきます。

ネットワークシステムの構築自体も、日々情報が新しくなっていくため、いつも勉強をしていく向上心も必要になってきます。

【関連記事】
フリーランスは自分にあった営業方法を見つけよう!

フリーランスネットワークエンジニアの将来性・キャリアプラン

ネットワークシステムの構築の需要は、インターネットを使用した商品やサービスが増えていくにつれて、更に増えていっているといえます。特に、これまではITが関わることがなかった分野にもだんだん進出してきているため、ネットワークエンジニア自体の需要はかなり高くなってきています。

その一方で外国人エンジニアの方が単価が安いため、だんだん委託するようにもなっています。しかし、やはり昔ながらの中小企業などは外国人に依頼するのにあまり信用できないなどの理由で、なかなか依頼できないこともあるようです。

そのため、フリーランスとして独立しても、ネットワークエンジニアとしてのスキルに加えて外国人エンジニアや、企業エンジニアに比べて売りにできる部分があれば問題なく仕事の受注はできます。特に、期日を守る、しっかりと進捗状況を報告する、顧客の要望を極限まで応えられるように努力するなど、基本的な部分を守ることが信頼関係につながります。

また、近年のネットワークエンジニアの需要過多のため、後輩たちを要請するプログラムを構築したり、ブログ開設や学校開校などでも本業以外にお金を稼ぐことができるとも言われています。

ウェブ系企業への転職内定率100%のスクールはこちら

フリーランスネットワークエンジニアとして成功するポイント

フリーランスの良いところが、企業エンジニアと違って、単価や契約内容を比較的柔軟に対応しやすいという部分です。その為、そこまで複雑なシステム構築を求めていない中小企業や、個人にとって非常に取引しやすい存在であるといえます。

加えて、企業の営業はたいてい大きな会社の受注を狙っています。そのほうが一回あたりの単価は高額だからです。その為、中小企業の方がどんなに数として多かったとしても、その中でも高額な単価のものを中心に狙っていきます。

フリーランスとして働くならば、中小企業や個人を中心に、分かりやすく寄り添うといった、大企業ではなかなか難しいポイントに注目して売り出すのがいいかもしれません。

ネットワークエンジニアの求人・案件の探し方

フリーランスネットワークエンジニアになったからといって、何もしなくても仕事が入ってくるわけではありません。当然営業などをかけなければいけませんが、営業をする以外にも、サイトなどを通じて案件を探すことができます。

最近では、企業に依頼すると高額なマージンを取られることもあるため、それを避けるためにサイトに募集をかけて、フリーランスでも仕事を委託しやすい環境ができています。又、SNSなどからでもきちんと契約まで行うことができるのであれば仕事を受けることができます。

フリーランスネットワークエンジニアになる際は、まずは自分はどのようなシステム構築ができるのかといった作品を含めたポートフォリオを公開し、それに加えてサイトに登録をしたり、SNSや自社サイトでの広告を行いましょう。

【関連記事】
フリーランスがエージェントを利用するメリット

まとめ

ネットワークシステムを構築できる人間は、どんどんIT社会になるにつれて非常に重要になってきています。また、ネットワークシステムが広がっていくにおいて、その需要も様々なものになってきています。

フリーランスではなく、企業だと、どうしてもお互いの要望がぶつかりあい、どちらかが折れなくては行けないという場合が出てきてしまいます。しかし、フリーランスならば最後までお互いがよく終われるように仕事をすることもできます。

また、ネットワークシステムが構築できる環境さえあれば、他の職業と違って、いつでもどこでも行うことができるというのもネットワークエンジニアのとてもよい長所の1つです。特に、子育てを手伝いたいという場合や、どうしても家にいないといけないという方であっても、通勤をしなくても良いというのは非常に良いのではないでしょうか。

ぜひ、フリーランスネットワークエンジニアに興味がある方は挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

エンジニアとしての幅を広げるために、プログラミングスキルを身に着けたいというあなたは、ポテパンキャンプのようなオンラインスクールを利用して効率的に学ぶことを検討しましょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。