バナー画像

データサイエンティストという新たな職業が2007年に注目され始めました。データサイエンティストはビッグデータをさまざまなビジネス分野に活用し、業務効率、経営改善をはかります。

これからデータサイエンティストを目指したい人にとって、こちらの職業の将来性は気になるところでしょう。データサイエンティストの将来性、また就業する際の注意点などを詳しく紹介します。

この記事の結論
  • IoTやAI技術の発展により、ビッグデータを活用したデータ分析への評価が高まり、データサイエンティストの需要が増えると予想される
  • データサイエンティストを募集する企業はほとんどがIT企業。仮想通貨の知識が必要な金融系企業での募集もある
  • 日本統計局が公開している統計データを分散処理技術を活用して処理するような学習がおすすめ

データサイエンティストの将来性

最近では以前よりもビッグデータなどを活用したデータ分析への評価が高まり、データサイエンティストの需要はより高まることが予想されます。

IT技術はスピーディに進んでいます。最近ではスマートフォンやパソコンといったIT機器だけではなく、「物」にインターネット接続することができる「IoT(アイオーティ)」の技術もどんどん進んでいます。IoTの発展によって収集できる情報の量はさらに増幅し、データサイエンティストの需要はますます高まるでしょう。

また最近ではAI(人口知能)の発展もめざましいです。そしてビッグデータを活用することによって、AIはますます私たちの生活に身近なものへとなっていきます。このようにデータサイエンティストが活躍できる分野はどんどん広がっているのです。

ITの発展によって収集できるようになったデータを分析、活用することの重要性は世界中で認知されてきています。欧米などと比べると日本はまだデータサイエンスの導入、研究に遅れをとっていますが、将来性のある職業です。

【関連記事】
データサイエンティストは高年収が期待できるかも!

未経験からプログラミングが身につくスクールはこちら

データサイエンティストとして転職・就職をするときの注意点

つづいてデータサイエンティストとしての転職、就職をするときの注意点3つを紹介します。

今後のキャリアを想定して企業を選ぶ

データサイエンティストとして働くのに必要なビッグデータを保有しているのは、現在はまだほとんどがIT企業です。なので初めてデータサイエンティストとして働く場合、IT企業への就職となる可能性が高いです。

そして一度就職したあとも、データサイエンティストとして働きつづけることを考えているのなら、未来のキャリアアップを想定して企業は選びましょう。金融系の企業でデータ活用をしたいと思っているのなら、仮想通貨など関連性のある分野に進むことが近道です。

プログラマーなどとは違いIT業界に転職してきたデータサイエンティストの人の中には、前職がIT業界ではない人が多くいます。これはデータサイエンティストとして求められるスキルがITスキルのみではなく、ビジネススキルやデータ解析スキルなど、多岐にわたるためです。

初めにデータサイエンティストとしての就職が難しかった場合、「ビジネススキル」「ITスキル」「データ解析スキル」、この3つどれかのスキルを伸ばせる企業、もしくは職種に就職することをおすすめします。コンサルタントやシステムエンジニア、メーカーの技術開発職なども視野に入れましょう。

ウェブ系企業への内定率100%のプログラミングスクールはこちら

常に必要なスキルを磨いておく

今はデータサイエンティストとして働いていない人も、ゆくゆくは転職を目指しているのであれば、休日などにデータ分析などに必要な知識を学習しておくことをおすすめします。

データ分析などデータサイエンティストに必要な学習を事前にしておくことは、転職への準備として良いですが、実際に転職をする前に自分がデータサイエンティストに向いているか判断をすることもできます。

具体的には分散処理技術の「Hadoop」や普及率の高いデータベース「MySQL」などの学習をしておくことがおすすめです。また公共機関「日本統計局」が公開している統計データを活用してデータ分析の知見を深めることもできます。

効率よくプログラミングが学べるスクールはこちら

最新の情報を常にチェックしておく

先ほど紹介した「Iot」のように、データサイエンティストの仕事材料の核であるデータ収集ができる場所はこれからどんどん広がっていく可能性があります。またそれと同じように、収集し蓄積したデータを活用できる企業も増えていきます。

なので最新のIT技術、経済の動向などを常にチェックし、新しい統計データの活用方法、また新規分野の開拓場所などを研究しましょう。今は非常に技術の進化が早く、それによって需要の高まる分野もスピーディに変わっていきます。

今ビッグデータを活用できる分野はどこなのかといった視点を持ち、時代の流れを常にチェックしておくことが大切です。

【関連記事】
データサイエンティストとして採用されるには?

まとめ

IT技術が発展している今の時代に、データサイエンティストとして働くのは非常にやりがいがあります。まずはデータ分析やデータサイエンティストとして働く時に必要になるプログラミング言語の学習などをはじめてみて、自分に適正があるか確認してみましょう。

データサイエンティストは自分の好きな分野のデータ収集、分析などを行い状況改善、業務効率化へと導ける素敵な職業です。転職、就職を目指している人はぜひ求人を探してみてください。

【関連記事】
データサイエンティストの企業選び!優良企業に就職しよう!

忙しい社会人が効率よくプログラミング技術を身につけるには、ポテパンキャンプなどのオンラインスクールの活用を検討しましょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。