バナー画像

今、多くの企業では、ITを活用した業務改革を担うシステムエンジニアの転職者を求めています。クラウドの時代に企業が生き残るためには、ITの活用が欠かせません。しかし、そのための人材の教育に、どの会社も苦労しています。

ITエンジニアにとっては、企業に勤めるシステムエンジニアは残業が少なく、利用者に近い立場でシステム開発ができることから、人気の転職先です。しかし、その企業の給料体系に沿った給料しかもらえないことが多く、転職者の中には年収が下がった、という方もいます。また、希望する仕事ができず、転職を後悔している
方もいます。

そこで今回は、転職先として注目を集めるシステムエンジニアについてご紹介します。

この記事の結論
  • ユーザー企業のシステムエンジニアの場合、管理業務だけで開発がないこともある
  • クラウドにも長けたDXを担うエンジニアが不足している
  • 残業も少なく、ユーザーと直接やり取りする社内SEが転職先で人気
  • システムエンジニアの平均年収は550万円と平均より高い

システムエンジニアの転職とは

システムエンジニアは、細分化されているITエンジニアの中で、珍しく業務内容が曖昧な職種です。転職先としてよく見かけますが、仕事の内容は会社によっても違っています。

なおシステムエンジニアとは情報システムを扱うエンジニアのことであり、受託開発を担うIt企業では、顧客の要求から仕様を決めて、情報システムを設計するのが仕事で、さらに予算や人員の管理、プロジェクトの進捗管理などもも担当します。

また、多くの企業の情報システム部門に所属し、会社の基幹システムの維持管理や更新、およびそのシステムを利用するためのパソコンの管理などを担当するエンジニアも、システムエンジニアと呼ばれます。

残念なシステムエンジニアの仕事

システムエンジニアは、ITエンジニアの一種ですが、プログラム開発に直接関われるとは限りません。例えば、大企業に就職してシステムエンジニアとして配属された場合、下請けのプログラマーに仕事を依頼するための事務処理や、改修したシステムの画面をコピーしてドキュメントを作成するだけだった、といったケースもあります。

一方、企業の情報システム部門に所属するシステムエンジニアには、プログラムの開発は外注任せで、予算管理と社内のヘルプデスクが仕事といったケースもあります。転職先によっては、エンジニアらしい仕事をさせてもらえないこともあります。システムエンジニアとして転職する際には、任される仕事の内容に注意しましょう。

DXを担うエンジニア

近年、クラウドを活用した情報システムサービスがリリースされており、また、そういったサービスを業務に利用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を実践して、効果を挙げている会社が増えています。そして、そういったサービスを活用するためには、社内で使われるデータと、情報システムに仕組みに詳しいエンジニアが欠かせません。

しかし、多くの企業の情報システム部門には、クラウドを活用した最新の情報システムに詳しいエンジニアがいません。そこで、多くの企業では、最新の情報システムを理解できるエンジニアの必要性を感じています。さらに、新しい技術を理解したシステムエンジニアの転職者を募集している企業もたくさんあります。

次から、多くの企業が採用を考えているシステムエンジニアについて、詳しく解説していきます。
SEに需要なIT技術が身につくスクールはこちら

システムエンジニア転職の仕事内容

システムエンジニアの中でも、社内SEと呼ばれる企業の情報システム部門で働くエンジニアは、残業が少なく情報システムを利用する人に近い立場で仕事ができることから転職先としても人気の職種です。

このような社内SEの仕事は、企業の業種や規模によっても違うことから、一概には言えません。しかし、企業の活動を支える情報システムを安定した稼働させるとともに、非効率な業務をITを活用して改善する際の実務を担当するなど、企業にとって重要な役割を担当します。

さらに、コンサルタントと同じような立場で、企業の経営改善に関わる場合もあります。このようなシステムエンジニアは、企業では将来の幹部候補生として考えており、有能な転職者なら高待遇で採用したいと考えている経営者もいます。

システムエンジニア転職に必要なスキル

システムエンジニアは、担当する業務が広く、多くの同僚や協力会社の方と話をすることもあるので、ITに関する広い知識が求められます。よく新卒のシステムエンジニアに必須の資格がITパスポートと言われますが、この資格は、ITに関する基本的な知識を持つことを証明します。もし、若い方がシステムエンジニアに転職する場合は、ITに関する知識の証明として有効なので、取得しておくと良いでしょう。

ITに関する知識に次いで、システムエンジニアに求められるスキルがプレゼンテーション能力です。これは、企業内で新しいシステムを導入する場合、立場の異なる多くの人達に、それぞれに合った内容で説明し、納得してもらわなければなりません。そのため、システムエンジニアとして転職し、成功するためには必須のスキルと言えます。

さらに、システムエンジニアは、社内の関係者や、社外の協力会社、システムベンダーの担当者などと密接に協力していく必要があります。このため、コミュニケーション能力も欠かせません。

システムエンジニア転職の年収・給料

厚生労働省の平成29年度の資料を元に算出したシステムエンジニアの平均年収は550万円です。これは、ITエンジニアの平均年収よりも高い金額であり、以前はプログラマーのキャリアアップ先という位置づけでした。しかし、この年収は、大手IT企業で働くシステムエンジニアを中心とした平均年収であり、転職すればこれくらいの年収がもらえる訳ではありません。

特に企業の情報システム部門でシステムエンジニアとして働く場合は、その企業の賃金体系に従った年収になるのが普通です。そのため、残業が多いプログラマーから残業の少ない社内SEに転職したら、もらえる給料が下がってしまった、ということもあります。

ただし、ITで経営改善を考えている経営者の中には、システムエンジニアを将来の幹部候補生として採用したいと考えている方もいます。そういった経営者のいる企業は、スキルと実績がある転職者を高待遇で迎えてくれるので、平均年収よりもかなり高い年収が期待できるでしょう。
SEに需要なIT技術が身につくスクールはこちら

システムエンジニア転職のメリット・デメリット

システムエンジニアでも社内SEに転職するメリットは、残業が少ない点です。残業が全くない、ということはありませんが、残業するのは特に忙しい時期のみで、通常は定時で帰れるのが一般的です。

また、顧客先に常駐していた方にとっては、自分の会社の事務所で働ける点もメリットとなるでしょう。その分、同僚や他の社員から情報システムや業務のやり方について直接ヒアリングでき、より使いやすいシステムの検討が可能です。そして、これがシステムエンジニアとして働くやりがいに感じられるのです。

しかし、社内SEの給料は、その企業の給料体系に基づいて払われるので、高い給料は期待できません。最近は年収1000万円を超えるフリーランスのITエンジニアが珍しくありません。しかし、社員の社内SEとして働く限り、このような年収はもらえないと考えてください。

システムエンジニアは、「ポテパンキャンプ」では、システムエンジニアに必要なサーバー構築、プログラミングなどの工程を短期間で学習できます。無料のカウンセリングも実施しているため、是非ご利用ください。

システムエンジニア求人の探し方

大手の転職サイトで「システムエンジニア」をキーワードで検索すると、数多くの求人がヒットします。しかし、システムエンジニアは曖昧な職種なので、実際の仕事はパソコン管理の仕事から幹部候補生まで、いろいろな仕事が含まれています。

さらに、そのような大手の転職サイトで見つかる社内SEの求人は、多くはありません。多くのシステムエンジニアの求人から社内SEの仕事を見つけるのは難しいでしょう。

そこで利用してほしいのが、転職エージェントです。転職エージェントは、専門スタッフが多くの求人の中からあなたが希望する仕事の求人を探してくれます。また、社内SEの求人は、転職エージェントを介して能力のある人のみ紹介を受け付けているケースもあります。ぜひ、転職エージェントを活用して社内SEの求人を探しましょう。SEに需要なIT技術が身につくスクールはこちら

求人を探してみよう!

今回紹介したように、システムエンジニアはクラウド上のサービスを活用して業務改善を担うキーマンとして多くの企業から注目されている職種です。中には、将来の幹部候補として、経営に関わる仕事を任されるケースもあります。

しかし、企業のシステムエンジニアは、その企業の給料体系に従うので、ITエンジニアの中では給料が高い方ではありません。しかし、残業が少なく、システムの利用者の近くで仕事ができ、やりがいを感じやすいなど、ITエンジニアの転職先としてのメリットがたくさんある仕事です。

システムエンジニアは、プログラムを書くのは得意ではないものの、ITで人の役にたつ仕事がしたいと感じている方におすすめの転職先です。

まとめ

システムエンジニアの年収事情や、転職に必要なポイントについて解説してきました。

DX化の波が押し寄せる中、大手のみならず、中小企業でもビジネスに ITを活用することが求められ、今後ますますシステムエンジニアの需要も増して行くでしょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。