社内システムエンジニア(SE)の志望動機はどう書けばよいのでしょうか?ここでは社内SEの志望動機の書き方について触れたいと思います。

社内SEの志望理由・志望動機書き方のポイント

社内SEの志望動機を書いていますが、なかなか書くことができません。どのように書けばよいでしょうか?

この記事では社内SEの志望動機の書き方や、書く際のポイント・注意点などを解説していきます。それではさっそくポイントから見ていきましょう。

その会社への志望理由を書こう

社内SEを募集している企業は様々でIT業界だけではありません。そのような中でなぜこの会社に応募したのかということを志望動機に盛り込みましょう。これには志望企業の事前調査が欠かせません。この部分が曖昧だと採用担当の方も「我が社よりも条件の良い会社があったらこの人は我が社の採用を蹴るかもしれない」と思うでしょう。

また企業の事前調査は志望動機を書く以外にも必要で、経営スタイルや社風が余りにも自分の希望とかけ離れていると仮に採用されても直ぐに辞める結果となってしまうでしょう。

なぜ社内SEを志望したのか書こう

数ある職業の中からなぜ社内SEを志望したのか書きましょう。これには社内SEの業務を知ることも重要ですが、志望する企業がどういった企業活動を行っているかを知ることも重要になってきます。逆転の発想で「なぜこの会社には社内SEが必要なのだろうか?」という所に着目すると書きやすいでしょう。

自分の経験を社内SEとしてどう活かすかを書こう

自分はこういう経験やスキルがあり、社内SEとしてこれらの経験やスキルを活かしていきたいかを書きましょう。これは仮に採用となった場合の入社後の具体的な働き方を書きます。これは企業理念や社風とマッチしていることが望ましいですが、それよりも自分の未来像を具体的に想像しながら書くと書きやすいでしょう。

社内SEの志望動機を書く際のポイント
  • その会社への志望動機を書く
  • 社内SEを志望する理由を書く
  • 自分の経験を、社内SEにどう生かせるのか書く

新卒者の場合

新卒者の場合もなるべく具体的に志望動機は書くようにしましょう。自分のこれまで生きてきた経験を掘り下げて、自分がこの会社に入った場合このような場面で活躍が出来るということを自身を持って書くことが大切です。この時に部活動や趣味やアルバイトの経験などを織り交ぜながら書くと、より説得力が増すでしょう。

職種未経験転職の場合

全く職種が違っていてもその中での自分のポジションや成果、実績をアピールすることは大切です。例え前職が果樹栽培をメインとする農業であっても収穫から検品し出荷するまでの一連の流れを全て自分一人で出来て、それに伴う書類作成や確定申告まで全て一人で出来るというのは立派なスキルです。そういった点を掘り下げて書くと良いでしょう。また農業は忍耐力を必要とする職業で、天候不順などの要素によって収穫高が変わってしまいます。そんな中でも仕事を続けてきたのもアピールポイントなので盛り込むと良いでしょう。

これはNG!気を付けるべきポイント

具体性のない志望動機はNGです。よくある「御社の先進性のある技術に魅力を感じ……」「御社の幅広い事業展開に魅力を感じ……」というのはあまり書かないほうが良いでしょう。書き方としては自分が入社したら「こういうことに挑戦してみたい」ということを軸にして書くと書きやすいです。またWEB上にある志望動機の例文をコピーするのはやめましょう。仮に書類選考が通ったとしても面接の際にその点は突かれます。良い文章を書くことを心がけるより、自分の伝えたい内容を第一に考え書くようにしましょう。

また転職エージェントサービスや学生なら就職課(キャリアセンター)などを活用して志望動機を添削してもらいましょう。他人に見てもらうことは重要で、特に転職エージェントや就職課の職員は就職のプロなので的確なアドバイスを得ることが出来ます。

社内SE採用の観点から見る、社内SEに求める仕事

「社内SE」とは、一般的にいうSEと何が違うのでしょうか?

「社内」と名前が付いているくらいなのだから、社内SEは社内の仕事、対して一般的なSEは他社の仕事を担当します。どうやらそこに答えがありそうです。

志望動機などを書く際に、社内SEがどのような能力を求められているのかを把握することも大事でしょう。次に社内SEがどのような仕事を求められているのか見てみましょう。

社内SEは、社内で稼働しているシステムの運用・維持改善が主な仕事です。もちろんそれだけではなく、自分のIT力を駆使して、会社の業務効率化やビジネス上の課題解決するのも仕事です。

社内で使われるさまざまな電子デバイスやPC、モバイルなどの端末の保守をすることも大事な仕事です。社員は必ずしもITリテラシー(IT力)が高い人ばかりではありません。場合によってはサポートセンターやインストラクターのようなことまでしなければなりません。

いわゆる「社内のIT何でも屋」として動かなくてはならないのです。

社内SEとはいえ、一般的なSEとしての知識、経験は必須です。仮に自社内でプログラマーを長く経験したからといって、社内SEができるかどうかは別問題です。社内か社外かという仕事のステージは違えど、やはり根っこはSEなのです。

社内SEは、SEとはいえプログラミングに関する知識や経験が必要です。プログラマーが不足している時は、場合によっては社内SE自らが手を動かすこともあるのです。また実績のない言語やツールは、社内SEが率先して評価や導入支援をします。そんな時も、プログラミング能力はとても大事です。

社内SEは自分の能力を活用し、社内のさまざまな部署と連携し、IT活用の効果を出さなくてはなりません。そのためには部署間の横連携や部門長への提案力がとても大事です。社内だからとはいえ、コミュニケーション能力や提案力は必須です。

社内SEに求められる力
  • SEに必要な知識、経験
  • プログラミングに関する知識・経験
  • コミュニケーション能力

上記を踏まえたアピールポイント

新卒者の場合は実務経験が無い場合が多いので、部活やアルバイト、日々の暮らしの中から実例を挙げて人間性をアピールする内容が良いでしょう。転職で中途採用の場合は今までの実績をベースとして、どのような点が社内SEとして役に立つかを重点的にアピールすると良いでしょう。説得力のあるアピールを行うために単に長所の羅列ではなく具体的なエピソードを添えながら書きましょう。抽象的な表現は極力避けるようにしましょう。

社内SEの志望動機 例文

新卒者の場合

学生時代にはテニスサークルのリーダーをしておりましました。サークル内では相談役といった立場で他のメンバーの悩みを聞き具体的にどうしたら良いかを一緒になって考えてきました。またパソコンにも興味があり、プログラミングを独学で習得し基本情報処理技術者と応用情報処理技術者を取得しました。社内SEに興味を持ったのはインターンシップの時で御社の社内SEの方が自分の仕事を誇らしげに語っていたのが印象的で、それから自分も社内SEを志望しようと考え始めました。

人の相談を聞き問題解決のための手段を他の方と一緒になって検討するのは得意で、この分野で御社のお役に立てると思います。またインターンシップを受けた時から御社への入社を志望していたのですが、御社は働きやすい環境が充実しており、また私は御社の取り扱っている商品のファンであり以前から非常に関心がありました。入社した際には1人でも多くの社員の皆様の悩みを社内SEの立場から解決したいと思います。

職種未経験転職の場合

前職では物流関係のデータ入力を中心とした一般事務をする傍ら、以前から興味があったプログラミングやネットワークについて専門学校の週末コースで勉強しておりました。このデータ入力は物流関係では重要な仕事で、どこに何の荷物があるかだけではなく、いつまでに何処に運ばなければいけないか正確に入力しなければなりません。しかも一日に数千件という単位で行います。しかしこのシステムは実際の運用には考慮の欠く部分がありそれが不満でした。この点から社内SEという分野に興味を持ち対象は違いますが荷物を扱う御社が社内SEを募集していたので応募しました。

荷物を運ぶための手順は熟知しており、御社においてもそのノウハウが活かせると考えております。また入社の際には使う側に立ったシステム設計を信条として、他の社員の皆様の役に立つシステムを作り上げたいです。

プロに添削してもらうのもあり!

社内SEの志望動機を書く上でのポイントは「会社の志望理由」と「なぜ社内SEを志望したのか」を書くこです。また自分が入社した際にはどのような事で会社の役に立ち会かということも書きましょう。新卒者の場合は部活やアルバイト、自分の趣味などのエピソードを加えてより具体性を持たせましょう。中途採用の転職者の場合は前職でのポジションや実績を踏まえて、どのような面で社内SEとして活躍できるかを書くと良いでしょう。

「御社の先進性のある技術に魅力を感じ……」「御社の幅広い事業展開に魅力を感じ……」といった抽象的な表現は避けて、自分が入社したらどのような社内SEになりたいのかを思い浮かべながら、そこから掘り下げて書くと良いです。

また転職エージェントサービスや学生なら就職課(キャリアセンター)などを活用して志望動機を添削してもらいましょう。他人に見てもらうことは重要で、特に転職エージェントや就職課の職員は就職のプロなので的確なアドバイスを得ることが出来ます。他にWEBサイトに掲載されている例文をコピーするのは止めましょう。

これを参考に社内SEの志望動機を書いてみましょう!

転職エージェントサービスでは、仕事を紹介しているところもあるので添削をしてもらうのと合わせて仕事の紹介を利用することもオススメします。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。