バナー画像

近年では必ずしも正社員として企業に所属せず、フリーランスとして働くSEも増えてきています。

本記事では、フリーランスとして働くメリット・デメリットと注意点などを解説していきます。

この記事の結論
  • フリーランスSEには在宅タイプと出向タイプがある
  • フリーランスSEは自由度が高い
  • 収入が不安定なデメリットも
  • フリーランスSEになるには最低2,3年の実務経験が必要
  • フリーランスの月平均単価は60~90万円

フリーランスSEの働き方

フリーランスSEのワークスタイルには、SOHOという在宅タイプと、仕事を頼まれた会社に出社する出向タイプが存在します。ここ数年情報流出リスクの角度から、自宅に会社の文書や情報を持って帰宅して仕事することは出来ない企業が増えています。これを受け、近頃のフリーランスSEの就労体系は、出向タイプが大部分となっています。

フリーランスSEを目指すならこちら

フリーランスSEのメリット

自分の実力がそのまま評価されるという達成感

フリーランスSEは自分の実力のみで勝負できる世界です。サラリーマンの場合では、周りの人のミスで連帯責任を取らないといけない場合もありますが、フリーランスSEならば、自分の技術のみが評価の指標となります。実力と努力次第で報酬が得られるという、会社員時代には体験する事が不可能だった高い満足感を手にすることが叶うでしょう。

所得を増やせる

加えてフリーランスSEになることで、サラリーマン時代より所得が増える可能性も十分にあります。同じクライアント先に異動・常駐して勤めるサラリーマンSEとフリーランスSEとで、払われる料金に違いが生じます。サラリーマンSEで年収1,000万円を目指すのはなかなか難しいですが、フリーランスSEで年収1,000万円を超えるのは夢物語ではありません。

人間関係の難しさが軽減される

基本的にフリーランスSEは仕事の成果に対して評価されるため、じっくりと人間関係を構築する社員よりも短期的に評価してして貰えます。仕事を除いた人間関係でのストレスは減らせる可能性があります。

時間・服装などの自由度が高まる

それから在宅タイプフリーSEは、時間分配、身なり、休養というものは、全てが自由になります。納期だけ順守していけば、自分自身のペースで働いていけます。出向タイプフリーランスSEに関しても、原則として出向先の勤務時間に合うようにする傾向が高いながらも、契約内容によっては休養や作業期間を思い通りに調整することなどもできます。

「フリーランスSEのメリットについてもっと知りたい」といった方は、「ポテパンキャンプ」の無料カウンセリングも試してみてください。

フリーランスSEのデメリット

責任が伴う

当然のことではありますが、フリーランスでやっている以上すべての責任は自分にあります。体調不良などどうしても仕事が難しい状況であっても自分で納期の調整などをしなければなりません。スケジュール以外にも、ちょっとしたミスに対しても注意が必要です。

収入の不安定さ

フリーランスSEの単価相場は60から90万円でそのお金の多くが個人に入りますが、この中から必要経費をやりくりする必要があります。その一方でサラリーマンの場合は通勤定期代、社会保険、住宅手当、有給休暇というような福利厚生も含まれています。加えて、仕事が閑散期に入り込んだ場合、サラリーマンなら一定給料は振り込まれることに対し、フリーランスSEは所得が停止してしまいます。フリーランスSEの単価の高さは、所得の不規則さを補完する為の増加分として認識しておくのがいいでしょう。

コミュニケーションスキルが求められる

更に、日々の意思疎通量が足りないと、実際にクライアントと会話を行うとなった際に、いつもより単語が円滑に出なくなったりするため注意が必要です。エンジニアには口下手な方が多いと言われていますが、フリーランスSEこそ口上手ということが欠かせません。常々より身内や友達と自発的にコミュニケーションを取るなど、コミュニケーション能力のキープを意識した方が良いでしょう。

そして、フリーランスで結果を出している人々の大半は自己管理がしっかりしています。夜間の方が仕事が捗るなど、おのおの状況はあっても、サラリーマンの頃同様の時間枠に働き、規則正しいくらしを意識しているという人も大勢いるようです。誰の指揮下にも置かれない中において自分自身をうまく律することができなければ、納期に遅れる、体調が崩を崩すということがありクライアントからの信用を失ってしまいます。

フリーランスSEになるために必要な能力・スキル

フリーランスSEという形で独り立ちするには、一連の業務経験を積むことが好ましいです。得意分野のプログラミング言語を学び、要件定義、システム分析、基本設計、詳細設計、プログラミング、結合テスト、総合テスト、保守・運用、メンテナンスというような、SEとしての仕事内容の全部を完遂できる確信がついた際に、独立を考える人が多いです。それぞれで差は存在しますが、最下限2から3年、平均して5年程の経験値が求められます。

フリーランスSEを目指すならこちら

フリーランスSEの仕事の探し方

クラウドソーシング

長所として、エンジニアと仕事の依頼側が両者登録して直にコミュニケーションが行え、さらに都合が良いときや空いている時間帯に働ける点になります。この仕事は楽しそう、この方法なら短期に実行出来るから受けても良いかな、と安易に受ける事が可能なところがフリーランスの方に好まれています。とりわけ小さな子供を持つ女の方が空いている時間を効率よく使用するために活用している割合が高いです。また、Eメールのみのコミュニケーションで直に会うことが無いことから、コミュニケーションに自信が持てない方も活用しています。

登録型エージェント

クラウドソーシングとは異なって、狭間にエージェント企業の営業が加わってフリーランスと仕事をマッチングさせて貰えます。先ず、エージェント業者へ行く手間があるものの、望みの条件やポイントとなるところを詳細に伝えられることから自らが探し回る苦労は軽減できます。エージェント企業だけが持っているルート・人脈もある為、仕事の系統はたくさんあります。また、専門の仕事に的を絞って居るので、良いアドバイザーとして頼れるのです。もしも、見た目の良いスキルシートの記載方法が分からない、面接でどんなことを質問されるかしら、であるとか心配な点を相談出来るので助言をもとに対策ができます。

フリーランスSEの平均年収・単価

フリーランスSEが手に入れる報酬は一般に月60~90万円辺りが平均です。言うまでもなく、特殊なスキルを保有していたり、利益を得ている業界のエンジニアならば月単価が100万円を越すこともありますが、普通のフリーランスSEがそれだけの単価を手にするのは困難を伴います。年齢やキャリアにより幅は見られますが、残業代込で概ね700万円~1200万円辺りが、フリーランSEの年収相場であると言えます。

「フリーランスSEの単価についてもっと知りたい」といった方は、「ポテパンキャンプ」の無料カウンセリングも試してみてください。

まとめ: フリーランスに挑戦するかどうかはあなた次第!

IT業界だとフリーランスという身分で活動している者は非常にたくさんいて、独立しても仕事し易い業界だと言えます。頑張り次第では企業の正社員よりも高収入を得ることも可能です。

フリーランスSEの働き方を検討している方は、本記事の内容を参考に具体的なキャリアプランを検討してみてください。

フリーランスSEを目指すならこちら

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。