フィールドエンジニアの転職情報まとめ【保存版】
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.08.14

    フィールドエンジニアの転職情報まとめ【保存版】

    この記事では「フィールドエンジニア」に関する転職情報を解説します。実際にハードウェアの設置や保守運用、顧客へのレクチャーなどを担うのがフィールドエンジニアになっています。

    この記事では、そんなフィールドエンジニアになりたい人はもちろん、フィールドエンジニアとして活躍しているけれど、転職をしようかどうか検討している人にとっても役立つ情報をご紹介します。

    フィールドエンジニアとは

    フィールドエンジニアとは

    フィールドエンジニアとはITエンジニアの中の一つの職種であり、主な仕事内容は実際に機器が設置されている現地に行ってそのハードウェアの設定や保守などを行う職種のことです。

    ITエンジニアではありますが、PCに向き合ってコーディングをするだけの仕事では無く、また、機器が設置された色々な場所で作業を行います。そのため、一つの場所でずっと作業をするのではなく、いろいろなところに行きたい人にぴったりな仕事内容です。

    しかし、一人で客先を訪れて不具合の状況をヒアリングする必要があるこから、営業担当者のようなコミュニケーション能力が必要です。また、修理対象の機器について詳しく知っていなければ修理できないことから、高い技術力が求められます。

    そのため、フィールドエンジニアは、ITエンジニアの他の職種にも言えることですが、自分から学ぶことを厭わない方におすすめしたい仕事です。

    サービスエンジニアとの違い

    機器を設置したり、不具合が発生したら部品交換などの修理を行うのは、何もIT機器に限ったことではありません。事務所で使われている複合機やエアコンなどの空調機を設置したり修理を行うエンジニアは、一般的にサービスエンジニアと呼ばれています。

    なお、ここで紹介しているフィールドエンジニアとは、サービスエンジニアの中でも、主にIT機器を扱うエンジニアを指します。転職サイトによっては、サービスエンジニアで検索すると、機械メーカーや機械をメンテナンスする会社もたくさんヒットするので気を付けてください。

    そして、IT機器を扱うフィールドエンジニアの仕事の多くは、機器の設置や修理に伴う部品交換なので、一般的なサービスエンジニアと大きな差はありません。しかし、IT機器の多くは、他の機器と接続して使われることが多く、使われるアプリケーションによっては障害箇所の特定が難しいケースがあります。

    そのため、場合によっては、システムエンジニアと協力して障害対策にあたることも珍しくありません。そして、IT機器を扱うフィールドエンジニアは、ITに関する知識を必要とすることから、ITエンジニアの一種として扱われます。

     

    フィールドエンジニアの仕事内容

    フィールドエンジニアの仕事内容は、専用の機材などのハードウェアの設置やトラブルが発生したときの現場での対応などの保守業務などを行う仕事内容となっています。

    これだけを聞くと、「ITエンジニアのようなITの知識が必要ではないのでは?」と思われるかもしれませんが、実際には専用の機材などのハードウェアの設定やソフトウェア・システムの設定、ケーブルなどの配線関連なども専用の知識が求められる業務内容となっています。

    さらにフィールドエンジニアは設定だけでなく、運用や保守業務も行います。

    具体的には、顧客先でトラブルが発生した場合に、現地に行って点検や確認、対応などを行うのも業務内容となっています。特にこのような場合には、トラブルが発生してしまっているので、緊迫した状況にもなっているため迅速にトラブルを解決できる技術力も求められている職種となっています。

    フィールドエンジニアはキツい・辛いって本当?

    フィールドエンジニアへの転職を考えている方が気になるのは、やっていてキツいと感じたり、辛いことがどれだけあるかではないでしょうか。

    フィールドエンジニアをやっている方で、正直キツいと感じるのは、地方や海外の工場などに一人で出張し、障害原因が複雑で特定できず、復旧するまで帰れなくなることです。設置や修理に客先にやって来たのに、動きませんでした、では済まされません。プレッシャーの中、電話でベテランエンジニアや、システムエンジニアに相談しながら一人で問題点を見つけなければなりません。

    また、時間が不規則になりがち、という点も辛いと感じられる点です。IT機器によっては、メンテナンスのために平日の日中に停止できない、というケースがほとんどです。そのため、作業が休日の深夜に及ぶなど、一般の社員の方が休んでいる時期が最も忙しい、というフィールドエンジニアが多くおられます。

    フィールドエンジニアへの転職を考えている方は、こういった辛い点もある、ということを考えて検討してみてください。

    フィールドエンジニアのやりがい

     

    フィールドエンジニアのやりがいは、最新のパソコンやルーターなどのハードウェア機器の設置や設定に携わることができること、そして何より顧客に機器の使い方をレクチャーしたりトラブルの対応などの際には「ありがとう」と顧客から感謝されるところにやりがいを感じる仕事内容です。特にハードウェアの設置や設定などは、ガジェットなどが好きな人には非常にやりがいを感じる仕事です。

    最新のハードウェアはもちろん、個人ではとてもではないが、購入できない高価なハードウェアの設定などもフィールドエンジニアは行えますので、そういったモノが好きな人にはとてもやりがいを感じることができる環境でしょう。

    フィールドエンジニアの平均給与・年収

    フィールドエンジニアの平均年収については、300万円〜500万円の水準が大半を占めています。20代前半から後半にかけてのまだ経験がそこまで多くない若いフィールドエンジニアは300万円台が比較的多く、30代から400万円代になっていくケースが多くなっています。他のITエンジニアと比較するとフィールドエンジニアの場合は、年収が少し低くなってしまっていることが特徴です。

    ただし、サポートの幅を広げることや、専門の機器のサポートなどができるようになれば、年収は上がっていきますので、他のITエンジニアと同様、日々の技術の勉強はとても重要な職種と言えます。
    さらに、同じ会社の部下のフィールドエンジニアの指導やマネジメントなども行っていくようになれば、年収は上がっていきます。

    もし、フィールドエンジニアとして年収を上げていきたい場合には、技術力を向上させるだけでなく、マネジメントなどにも広げていくようにしましょう。

    フィールドエンジニアに必要な能力・スキル

    フィールドエンジニアに必要な能力・スキルとしては、大きく分けると以下の2つになります。

    (1)コミュニケーション能力

    (2)技術力

    次からこの2つの能力について解説します。

    コミュニケーション能力

    まず、一つ目のコミュニケーション能力はフィールドエンジニアにとって、極めて重要なスキルとなります。具体的には顧客へのハードウェアのレクチャーの場面や、トラブルなどの対応の場面など、直接、顧客と話すシーンは意外に多くあります。

    そしてその顧客と話す際にその相手がシステムエンジニアのように、専門的な知識を持つ人であればコミュニケーションを取るのは容易となっています。しかし、お客様の場合には専門の知識を持っていないお客様も多くいます。そういった方としっかりとコミュニケーションを取ることがとても重要になります。

    さらに、ハードウェアの設置などの場面でも、現場のお客様と直接コミュニケーションを取って作業を行う事もありますので、しっかりとしたコミュニケーション能力が必要不可欠です。

    技術力

    二つ目の技術力については、当然トラブルが発生した場合や顧客から質問をされた際に、スムーズに受け答えができないといけません。

    例えば、調べたら分かるような内容であっても、フィールドエンジニアの場合はその場ですぐに受け答えをしないといけないのです。そういった意味では、とても高い技術力が求められる傾向があります。

    なお、フィールドエンジニアへの転職を考えている方で、技術力に自信が無い方は心配することはありません。それは、フィールドエンジニアの多くは自社の製品を担当するのがほとんどなので、採用後にトレーニングするのが一般的です。そういったトレーニングを通じて、フィールドエンジニアに必要な技術力を身に付けましょう。

    フィールドエンジニアにおすすめの資格

    フィールドエンジニアにオススメの資格としては、それぞれのベンダーが資格試験を行っているのでその資格を保有していると即戦力となります。特に業界で規模の大きなマイクロソフト社の資格試験であるMCP資格を保有していると評価されるでしょう。

    この資格はマイクロソフトが提供する製品や技術関連の知識を保有していることを証明する資格となっており、MCP資格の中にも色々なレベルがあります。基本的にはフィールドエンジニアが所属する会社毎に持っていた方が良い資格などは異なりますが、このような資格を保有していることでフィールドエンジニアとして評価されやすい資格です。

    フィールドエンジニアの将来性・需要

    インターネットの拡大に伴い、現在は多くの機器がネットワークに接続しています。また、IoTに代表されるネットワークに接続した機器からの情報の活用は、生活を便利にしてくれる技術として期待されています。そして、これまでネットワークに接続していなかった機器も、ネットワークに接続するなど、ITシステムに組み込まれつつあるのです。

    しかし、そういった機器のメンテナンスは、人が行わなければなりません。そのため、そういったITシステムに接続する機器の設置やメンテナンスを行うフィールドエンジニアへの需要が減ることはありません。

    また、自動車がインターネットに接続したり、入院ベッドの周囲で使われる器具がWiFiに接続するなど、これまでIT機器に接続していなかった機器が、ITシステムに組み込まれつつあります。そのため、今後、ITに詳しいフィールドエンジニアの募集が増えると予想されています。そのため、転職を考えている方は、これまでIT企業とみられていなかった企業も狙い目です。

     

    フィールドエンジニアの求人を探すときの注意点・ポイント

    ここでは、フィールドエンジニアの求人を探すときの注意点を解説します。

    会社や求人サイトごとに呼び方が違う

    フィールドエンジニアの場合、会社や求人サイトごとに呼び方が異なる点に注意が必要です。基本的には「フィールドエンジニア」は「サービスエンジニア」と呼ばれることもありますが、それ以外にも「サポートエンジニア」「セールスエンジニア」など呼び方は様々になっています。

    具体的な業務内容もチェックして

    上記で述べたとおり、「フィールドエンジニア」は会社や求人サイトごとに呼び方が異なっています。
    そのため、単に職種名で判断するのではなく、実際に業務内容でチェックすることを意識しましょう。
    また、ここで挙げたような職種名称とは全く異なるような呼び方であっても「フィールドエンジニア」と同じような仕事内容のケースもあります。そのため、求人票に記載されている業務内容をしっかりと確認しましょう。

    次に、実際にフィールドエンジニアの求人の探し方をご紹介します。

    フィールドエンジニアの求人の探し方

    最後に、求人サイトやエージェントなどを使ったフィールドエンジニアの求人の探し方を紹介します。

    転職サイト

    フィールドエンジニアの求人は募集がそこまで多い職種ではないので、転職サイトによっては「フィールドエンジニアがカテゴリーとして設けられていないケースもあります。

    そして、上述したとおり「サービスエンジニア」や「サポートエンジニア」「セールスエンジニア」などのような似たような職種の言葉に当てはめられているケースもあります。

    このようなところに紛れているケースもあるので、検索キーワードもいろいろなキーワードを入れてみて、検索を何度か行っていくことをオススメします。

    また、フィールドエンジニアの求人は基本的には、ITエンジニアに特化した転職サイトに掲載されていますが、しかし、一部の求人についてはITエンジニアに特化した転職サイトに掲載されていないケースもあります。

    そのため、ITエンジニアの求人ばかりではなく、様々な職種の求人が掲載されている有名な求人サイトも利用するなど、色々な求人サイトを使うようにしましょう。

    転職エージェント

    人材紹介などの転職エージェントを利用する際に注意して自分が希望する仕事内容を伝えるようにしましょう。具体的には、どこの転職エージェントも「フィールドエンジニア」を専門とした転職エージェントはまずありません。そのため、担当のキャリアアドバイザーがどこまで、フィールドエンジニアという仕事内容を知っているのかがわかりません。場合によっては、フィールドエンジニアがどのような仕事内容なのかを知らないキャリアアドバイザーもいるでしょう。

    その際には、「フィールドエンジニア」と伝えてしまうと、求人票に「フィールドエンジニア」と記載されている求人しか紹介してくれない可能性があります。

    そのため、「フィールドエンジニア」がどんな仕事内容なのかを簡単に説明してあげて、その上で「会社によって呼び方が違っていることがあり、そのため、求人の名称が違っていることもある。そして、キャリアアドバイザーの方がちょっと違うと思っても、合致しているケースがあるので色々な求人を紹介してほしい」と伝えるようにしましょう。

    フィールドエンジニアの求人については、首都圏や関西などの都心部に集まっている傾向が高い求人となっています。フィールドエンジニアの求人の数がそこまで多い職種ではないため、転職エージェントは1社だけ利用するのではなく、できればなるべく多くの転職エージェントに登録することがお勧めです。

    最後に

    この記事ではフィールドエンジニアの転職の情報をご紹介しました。フィールドエンジニアの求人の場合、そこまで求人の数が多くありませんので、根気よく探すことが大事なことと言えます。
    ただ、フィールドエンジニアで求人を探している人もそこまで多くはありませんので、決してフィールドエンジニアになることが難しいという訳ではありません。

    フィールドエンジニアは実際のハードウェアに触るだけで無く、トラブル時の対応などもあり適切に対応できれば顧客から感謝される仕事内容でもあり、やりがいも非常にある職種と言えます。

    最新機器を触るのが好きな人や、人に喜んで貰ってやりがいを感じる人にはぴったりの仕事内容といえるでしょう。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE