バナー画像

エンジニアにポートフォリオは必須ではありませんが、作っておくと良い自己PRになります。ここではポートフォリオについて見てみましょう。

ポートフォリオ作成のポイント

ポートフォリオ(Portfolio)というのは「書類入れ」ということを意味します。ポートフォリオは業界業種毎に意味がやや変化しますがIT業界では、自分自身の過去のキャリアをPRすることを狙った成果集のことを指し示します。

ポートフォリオは自らの技術や経験を対外的に訴えかけるもので、言ってみれば履歴書の自己PRの進化版になります。近頃ではオンライン上でポートフォリオを披露するWEBポートフォリオがよく利用されます。

ポートフォリオはエンジニアの際自らの技能を列挙するものであり、載せるプログラムやそれまで実績に限らず、成果物のクオリティも評定されます。

【関連記事】
あると差がつく!プログラマーのポートフォリオを作ってみよう!

ポートフォリオ作成に役立つサイト

SPECH

ギークス株式会社が提供するエンジニア向けのポートフォリオ作成サービスです。シンプルなテンプレートで内容を埋めるだけでお手軽にポートフォリオを作ることが出来ます。他にもカスタマイズURLを発行し、簡単にシェアすることも可能です。

hat.io

リクルートのメディアテクノロジーラボが提供するサービスでこちらもエンジニア用のポートフォリオが作れます。こちらも基本的には内容を埋めるだけで簡単にポートフォリオが作れます。

ポートフォリオ例

デザイナーに於いては書類を基にしているポートフォリオが中心となっていますけれど、こちらではWEBポートフォリオを設ける際のパートをご案内します。

レスポンシブWEBデザインを取り入れよう

同様なWEBでもスマートフォンとデスクトップPCだと表示の方式が異なるという体験をしている人は結構多いことでしょう。レスポンシブWEBデザインとはパソコン、タブレット端末、スマートフォンなどのさまざまなコンピュータ端末に適正化させたWEBサイトを1つのHTMLで可能とする作製方法です。

WordPressといったCMSによるBootstrapを利用すれば素早く可能となりますが、意図してやめてスキルUPする為にHTML、CSSだけで同じことをやるという手法も有効です。

WordPressを活用したらコードを少しも利用しないでデザインされたWEBサイトが形成できますし、Bootstrapを活用したら少ないコードで難なくデザインを差し換える事が可能ですが、それらのものを意図的に使用しない事でHTML、CSSの製作技術アップをはかるということが可能でしょう。

すぐに伝わる構成にしよう

採用、転職を意図するエンジニアのポートフォリオは分かりやすい構成要素にした方が良いでしょう。

エンジニアの主な仕事はプログラミングすることではありますが、別のエンジニアが作ったプログラムの異常動作対応や新たな機能添付などの理由により手を加えるといった場合も数え切れないほどあるものです。

見づらいコンポーネントのプログラムであると、その内容を把握するのに計り知れない手間暇が掛かります。

エンジニアが作り上げるプログラムはひとりよがりではなく、エンジニアの誰にとっても読みやすく難なく見て取れるものが大切です。単純に実行すれば充分だろうと考えらるものでは決してありません。

理解しやすい構成のポートフォリオが制作可能ならば理解しやすい構成のプログラミングもできるのだと受け取られます。更にエンジニアもディスカッション書類の作製を何かある度に始めます。このような機会であっても構成力が問われます。

自己紹介を書こう

採用、転職目的とするエンジニアのポートフォリオには自己紹介を外すことが出来ません。ただし、WEBポートフォリオについては個人を推測されるレベルのデータのアップは止めるべきです。

多くの場合は「エンジニアの立場での拘りとか意欲、仕事の仕方」や「メインの業績、体験したポジション、務めた仕事内容」や「使用言語、使えるOSやツール」というものを書き込みます。

成果物、サンプルプログラムの紹介をしよう

成果物はエンジニアのケースでは秘密を守る義務により公開出来ないものが多くあるので、その場合どんな風なプログラムを構築したのか一般公開可能な範囲内でアピールすると良いでしょう。

ディスクリプション(説明文)は可能な限り詳細に記載するのを意識しましょう。成果物、サンプルプログラムは10弱に収めると読みやすいです。とりわけ自分の最高作品はボリュームを多く割いて、主体として前面に出しましょう。デスクリプションには

・プログラム(プロジェクト)名
・プログラムの概要やビジュアル(UI)の紹介
・クライアント名
・製作時期と製作期間
・プログラムの目的
・プログラムのコンセプト
・クライアントの要求事項や設計仕様
・使用言語や仕様ソフト、開発環境の紹介
・チームで作成した場合は自分の担当箇所やポジションの紹介

を載せましょう。少し前にも触れたのですが著作権や守秘義務に抵触すことになる部分は書くことができないので気を付けましょう。

プログラミング手法の紹介をしよう

プログラミングのノウハウとしては幾通りかあるのですが、自分自身の自信のあるプログラミング手法、自分自身の製作スタイル、仕事のやり方を掲載すると良いでしょう。

将来の方向性を紹介しよう

将来自分はエンジニアとしてこれからどんな風な仕事をやっていこうと思うのだろうか?目指すところを記載した方が良いでしょう。

WEBポートフォリオと紙ベースのもの両方を用意しよう

採用、転職を意図するエンジニアのポートフォリオは紙媒体のタイプとWEBポートフォリのいずれも作成した方が良いでしょう。紙媒体のポートフォリオが活用されるのは殆どは採用面接の際になります。

面接会場にインターネット環境が無くても紙媒体のポートフォリオだったら直接よむだけで説明が可能です。更に口下手な人であろうともポートフォリオを準備していけば、アピールしたい内容をハッキリと面接担当者に伝えるということが出来ますし、ポートフォリオを準備することにより自分自身の就職に向けたやる気もPR可能でしょう。

そして面接担当者がプログラミングに関して精通していない際でも、ポートフォリオのような資料があるのなら理解を得ることができるでしょう。

面接担当者が仕事場のエンジニアにポートフォリオを見せて「このような方が面接を受けに来たがどうだろうか?」と評価を依頼することも簡単です。現場のエンジニアも感嘆する様なポートフォリオだとしたら採用は直ぐ近くです。

自分の人材価値を忘れないようにして作成しよう

会社の採用担当は新入社員を「投資」になると考えているのです。わかりやすく言うと出来るだけ高い中身のある人を採用したいというわけです。ポートフォリオを作成するに当たりこの部分に注力した自己PRを務めるようにすると良いいでしょう。

ポートフォリオを作ってみよう!

ポートフォリオは職務経歴と自己PRの拡大版です。無くても問題ありませんが作成しておけば就職面接の際にきっと役に立つでしょう。早速ポートフォリオを作ってみましょう!

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。