ブリッジSEとは一体どんな仕事なのか?求められるスキルやなり方を徹底解説!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.11.19

    ブリッジSEとは一体どんな仕事なのか?求められるスキルやなり方を徹底解説!

    「ブリッジSE」とは、「ブリッジシステムエンジニア」、「ブリッジエンジニア」や「BrSE」などとも呼ばれる比較的新しい職種のため、耳馴染みのない方も多いことでしょう。

    それもそのはず、ブリッジSEは、近年急増しているオフショア開発など、他国と協働するIT関係のプロジェクトにおいて、中心的な役割を担うSEのことだからです。本記事では、ブリッジSEの全体像から年収まで総括して解説します。

    ブリッジSEとは

    「ブリッジSE」とは、国際化の流れの中で誕生したSEです。他国と協働するIT関係のプロジェクトにおいて、日本側の代表として取引先の他国企業との間に立ち、橋渡し役を担うSE(システムエンジニア)です。

    相手国の人材と結成するプロジェクトチームは、話す・聞くに用いる自然言語が異なるグローバルなチームで構成されます。

    このようなグローバルな環境下では、チームとしての生産性向上・品質確保を担保するため、自然言語の壁を排して情報の橋渡しを行う人材が必要となります。このような役割を担う人材がブリッジSEなのです。

    ブリッジSEの役割

    「ブリッジSE」は、開発中、日本と相手国の開発チームとの方向性が合致するよう常に調整し、現場をうまく回して開発プロジェクトを成功させるという重要な役割を担います。

    以前は、プロジェクトのマネージャーが兼任するのが一般的でしたが、近年では、要求されるスキルも特殊であることから、別のポジションとして確立されつつあります。

    一般的なSEと比べると、ビジネス分析、交渉、市場特性を加味したコミュニケーションが重視され、かつ実践的な異言語間コミュニケーションの運用経験が重要視されるポジションです。

    新たにブリッジSEとしてステップアップをする場合でも、これまでのプロジェクトの経験も存分に活かせます。面接等の場では、ブリッジSEに通じるこれまでの経験や成果を存分にアピールしましょう。

    ブリッジSEに必要なスキル

    「ブリッジSE」は、現在、海外の方と協働しシステム開発を行っていくという方法で、主に規模の大きいIT企業で活躍している方が多いようです。

    すなわち、海外の人材とやり取りするため、英語を基本とする外国語の文書などによるコミュニケーションが必須のポジションです。

    技術的な内容はもちろんのこと、英語をはじめとする語学や、その国に応じたコミュニケーションのマナーやルールなど、ITの知識と語学の知識の両方が要求されます。

    日本と海外とのいわば「橋渡し」を担うだけのコミュニケーション能力に長けた人材である必要があります。ブリッジSEに必要とされるスキルは、次のとおりです。

    案件に関するIT/技術知識

    プロジェクトにかかわるSEとして、第一に案件で必要とされるITや技術関係の知識は必須です。ブリッジSE本人がプロジェクトの技術的内容を理解せずには、言語も文化も異なる人材との適切なコミュニケーションと伝達はできません。

    チームをまとめるコミュニケーション能力

    プロジェクトマネージャーやリーダーでなくても、ブリッジSEには日本側の開発チーム全体の意見を調整の上でまとめ、相手国のチームに伝達するという役目があります。

    ブリッジSEとしての職責を果たすには、自国のチームをまとめ、さらに相手国のチームの信頼を勝ち取るだけの高いコミュニケーション能力が求められます。

    両国の商習慣や文化に対する理解

    相手国と日本とでは、言語の違いはもちろん、文化も異なります。文化のみではなく、ビジネスに大きな影響を与えるのが商習慣の違いです。

    両国間の習慣やルールの違いに起因するトラブルを避けられるよう、ブリッジSEは両国の商習慣や国民性までも熟知する必要があります。

    交渉できるレベルの高い語学力

    プロジェクトの進行中、万が一問題が発生した場合は、外国語を駆使しながら相手国のメンバーが理解しやすい言い回しや方法で説明し、理解を得る必要があります。

    このため、ブリッジSEには、外国語による最低限のコミュニケーション能力のみでなく、相手に分かりやすくかつ説得までできるレベルの語学力が求められるのです。

    TOEIC700点前後がブリッジSEに必要な語学力の目安とされていますが、文法や語彙力に課題があったとしても、相手国のチームメンバーに最も理解しやすい方法でコミュニケーションがとれる人材が重宝されます。

    ブリッジSEになるには

    ブリッジSEになるにはどのような手順で準備するべきかを解説します。

    実務経験が重要

    ブリッジSEになるために、必須の資格等はありません。資格よりは、より実践的な実務経験の有無が重要視されやすい傾向にあります。

    資格を所有していることで、有利になる資格もあります。SEとしてのスキルの証明にもなるため、採用の際に優遇してもらえるなど損になることはありません。

    ブリッジSEに役立つ資格

    PMP

    PMPとは、国際資格でもある「Project Management Institute」です。国際資格のためPMPを取得していると、日本国内はもちろん、海外の企業でも働きやすくなると言われています。

    ただ、試験の受験資格として次のように非常に厳しい条件が課されています。

    • 大卒で、実務経験4500時間以上
    • 高卒で、実務経験7500時間以上
    • 大卒でマネジメント経験36か月以上
    • 高卒でマネジメント経験60か月以上
    • 35時間以上のPMP公式の研修の受講

    TOEIC

    ブリッジSEに英語は欠かせません。TOEICで高い点数を取得することは、英語力のアピールにもなります。

    また、ブリッジSEにどうしてもなりたいのだという意欲の高さを面接官にアピールする材料にもなります。

    ブリッジSEの平均年収

    ブリッジSEは一般的なSEよりも、高年収であると言われています。これは、技術的な知識に加え、他にも多様なスキルが要求されているためです。柔軟性に富んだ広いフィールドで活躍できるSEだけが務められるポジションです。

    勤務先や個人のスキルによっても異なりますが、実際のブリッジSEの平均年収は、約400万円から800万円程度と言われています。一般的なSEと比べると、ほぼ同じ経験年数や年齢での対比でその年収差が2倍近くになるようです。

    ブリッジSEの求人を探してみよう!

    ブリッジSEの案件は、残念ながら一般的な開発の職種と比較すると探しにくい傾向にあります。理由は、ブリッジSEには特異なスキルが必要なこともありますが、それ以上に国外の現地企業で採用されている場合も多いためです。

    ブリッジSEのポジションや求人を探すために役立つ情報を紹介します。

    オフショア開発の増加に伴い需要増

    以前は日本国内で設計していたシステムを、海外企業に委託してシステム開発する「オフショア開発」の増加により、ブリッジSEの需要が高まっています。

    開発コストの削減や、日本国内でのエンジニア不足を補うという視点からも、今後もブリッジSEの需要は増加の一途を辿りそうです。

    他の職種名でブリッジSEの求人が掲載

    ブリッジSEは、業務内容が重複する「プロジェクトマネージャー(PM)」や「上級SE」という職務名称で求人が掲載されていることもあります。

    職種名がブリッジSEではなくても、職務内容欄に「オフショア」、応募資格として「英語必須」などと明記されている場合、実質的にはブリッジSE職の求人である場合も多々あります。

    エージェントなども上手く活用して、今後増加する新しい職種ブリッジSEにチャレンジするのも良いでしょう。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE