AWSに認定資格ってあるの?AWS認定の種類と概要と徹底解説します!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.10.10

    AWSに認定資格ってあるの?AWS認定の種類と概要と徹底解説します!

    クラウドを使ったビジネスに関わっておられるなら、AWSの認定資格の取得を検討されてはいかがでしょうか。AWSの多くの機能に詳しくなれる他、この資格を持っていることで顧客に信頼されるなど、多くのメリットがあります。

    とはいえ、AWSの資格試験は、過去の問題が役に立たないことが多く、試験に関する情報が少ないことから、難しいIT資格の一つとされています。また、幾つもか資格に分かれており、下位の資格を取得していないと上位の資格は受けられない、といった条件もあります。

    そこで、今回はAWSの資格の種類とその概要について解説します。

    AWS認定とは

    AWS認定は、アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services)上でアプリケーション開発やオペレーションが行えるだけの技術的な専門知識を持っていることを認定する制度です。

    今は、Webに公開される新しいサービスのみならず、企業の業務システムもクラウドに構築される時代です。そのようなクラウドで、利用実績があり、サポートも充実しているのAWSです。そして、AWSに関する認定資格を持つことは、クラウドの専門家として認められることと同じです。

    そのため、AWSでアプリ開発を行うエンジニアはもちろん、AWSに構築されたシステムを運用するエンジニアや、AWS上のアプリケーションの企画や提案を行う方にとってもメリットのある資格です。

    AWS認定の種類

    AWS認定は、ベーシック、アソシエイト、プロフェッショナルの3つレベル毎に用意された役割別認定と、セキュリティ、ビッグデータ、高度なネットワーキングの3つの専門知識認定とが用意されています。このうち、エンジニアがまず取得すべきなのは、アソシエイトレベルです。そして、より経験を積んだらプロフェッショナルレベルなどを取得すると良いでしょう。

    なお、より高度なプロフェッショナル認定や専門知識認定を受けるためには、事前に下位のアソシエイト認定を取得しておく必要がある、といった条件がつきます。受験する際には、こういった条件をチェックしておきましょう。

    次から個々の認定資格について紹介します。

    AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトレベル

    AWS認定ソリューションアーキテクトは、AWSの技術を使用してアプリケーションを構築し、公開するための知識を証明する資格です。なお、この資格は、初級に相当するアソシエイトレベルと上級に相当する プロフェッショナルレベルに分かれており、アソシエイトレベルは基礎的な知識を問う問題が出題されます。

    AWS認定デベロッパー アソシエイトレベル

    AWS認定デベロッパーは、少なくとも1つの開発言語に精通したプログラマーを対象に、AWSを利用してクラウドベースのアプリケーションの開発ができる知識を認定する資格です。また、そのような資格のうち、これは初級に相当するアソシエイトレベルで、知識を問う問題が出題されます。

    AWS認定SysOpsアドミニストレータ アソシエイトレベル

    AWS認定SysOpsアドミニストレータは、AWS上に構築されたアプリケーションを管理するための知識を認定する資格です。これも同じように初級と上級に分かれており、このアソシエイトレベルは初級に相当する資格です。

    AWS認定ソリューションアーキテクト プロフェッショナルレベル

    この資格は、AWS認定ソリューションアーキテクトの上級資格であり、高度な技術的スキルと専門知識を認定する資格です。AWSをベースにしたアプリケーションの企画または提案する仕事をしており、さらにステップアップを目指す方におすすめの資格です。

    なお、アソシエイトレベルを取得ていないと、この資格試験を受けられません。

    AWS認定DevOpsエンジニア プロフェッショナルレベル

    この資格は、AWS認定デベロッパーとAWS認定SysOpsアドミニストレータの上位の資格であり、AWS上にアプリケーションを構築するうえで、高度な開発知識と運用知識を持っていること、また、開発と運用の両方を担える高度な技術力を認定します。

    AWSで開発と運用を行うITエンジニアとして認められたいなら、ぜひ、この資格取得を目指してください。

    AWS認定取得のメリット

    次からAWS認定資格を取得するメリットについて紹介します。

    専門知識の証明

    AWSの資格取得のメリットとして最初に挙げられるのは、クラウドでシステム構築を行ううえで必要な知識を習得したことの証明です。

    今でもクラウド上に多くのシステムが稼働しており、今後さらに他の分野にも広がっていくと予想されています。このようなクラウドに関する専門知識を持っていることで、新しい仕事に挑戦したり、自分の自信にもなるのがメリットです。

    顧客や同僚からの信頼度UP

    所属するITエンジニアがAWSの資格を持っていることで、会社にとってもメリットがあるのをご存知でしょうか。例えば、顧客から仕事を受ける際、資格を持っているエンジニアがいる点は、他社との差別化ができます。また、仕事を任せられるITエンジニアが増えることで、より多くの仕事を受注できます。

    そして、いっしょに働く同僚からも信頼度がアップする点も見逃せません。そうやって任される仕事が増えれば、給料アップにも繋がります。

    転職にも有利

    最近はITエンジニア不足が深刻になっており、特にクラウドでの開発に精通したITエンジニアは、どの企業も採用したがっています。そのため、AWS資格を持っている方は、転職にも有利です。

    もし、今の会社の待遇に不満を持っているのなら、AWSの資格試験を取得して、転職を有利にすすめてみてはいかがでしょうか。

    AWS認定試験の合格率・難易度は?

    AWS認定試験の合格率は、受験者数と合格者数が非公開のため解りません。また、AWSは、過去の問題がそのまま出題されることが少ないので、一般的な資格の勉強がやりにくいことから難しいとされています。

    しかし、AWSの認定試験は、実践的な問題が多く、正しいものを選ぶ選択問題で出題されます。そのため、実際にAWSを使っている方にとっては、それほど難しい試験ではありません。また、AWSは次々に新しいサービスを提供していますが、そういったサービスを積極的にキャッチアップされている方にとっては、受けやすい資格と言えます。

    このように、AWSは、単に資格を取得したい方には難しい資格ですが、興味を持って実際に使っている方にとってはそれほど難しい試験ではありません。AWSを使った経験のある方が、しっかり勉強して望めば十分合格できる試験です。

    試験概要

    AWSの資格試験の概要は、最新の情報を公式サイトでチェックしてください。

    おすすめの勉強法

    AWB資格は、次々に新しいサービスが提供され、従来からあるサービスの更新頻度も高いので、過去の本題がそのまま出題されるのは稀です。そのため、勉強しにくい資格と言われています。

    次から、そのようなAWSのおすすめの勉強法について紹介します。

    公式サイトのサンプル問題を使う

    AWSの公式サイトには、サンプル問題が用意されているので、どんな問題が出るは、これをチェックすれば解ります。

    まずは、AWSの公式サイトでAWS認定のページからトレーニングの手続きをしてください。なお、このコースは無料で利用できます。また、動画によるトレーニングとサンプル問題がセットになっているので、AWSの学習方法もいっしょに学べます。

    公式サイトの模擬試験を受ける

    また、前出の公式サイトにあるAWS認定トレーニングには、模擬試験が付いています。実際の試験では時間制限があるので、テンポ良く解いていかなければなりません。この模擬試験では、実際の試験と同じ仕様の試験を体験できます。

    参考書籍

    AWSは次々に新しいサービスをリリースしているので、最新の状況をAWSの公式サイトのドキュメントを読んで理解するのが正しい勉強方法です。しかし、公式のドキュメントだけでは、理解できないこともたくさんあります。そうした際に、利用したいのがAWSのサービスや機能について解説した参考図書です。

    なお、AWSについては多くの書籍が出版されていますが、技術的に詳しく解説した書籍の数は多くはありません。また、発行時期によってはサービスの名称が変わってしまったものなど、今の状況に合わせて読み替える箇所もあります。そのため、AWSの資格勉強の参考にするなら、公式ドキュメントと合わせて読むことをおすすめします。

    実際にAWSを使ってみる

    AWSの資格試験は、実践的な問題が多いので、ドキュメントを読んだだけではなかなか合格できません。実際に触って操作方法を確認しておくことをおすすめします。

    そこでAWSの資格試験の学習におすすめなのが、AWSを実際に使ってみることです。なお、AWSを利用するには費用がかかりますが、一部のサービスを除いて無料枠が設定されています。この無料枠をうまく利用すれば、AWSの学習にも利用できます。

    ただし、油断していると、無料枠がいつの間にか有料に切り替わっていたりするので、計画的に利用してください。

    おすすめ参考書3選

    資格試験の勉強方法といえば、過去の問題を何度も解くのが一般的です。しかし、頻繁に更新されるAWSは、過去の問題がそのまま正しい使えるとは限りません。そのため、理解を助けてくれる参考書選びが重要です。

    次に、おすすめの参考書を紹介します。

    Amazon Web Services実践入門

    AWSには多くの機能があるので、いざ使ってみようと思っても、何から学べがいいのか解りません。そんなAWSの初心者におすすめなのがこちらの本です。また、Amazon Web Servicesの基本的な機能や使い方が解りやすくまとまっているので、AWS資格試験の勉強にも有効です。

    Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド

    AWS資格試験は、実践的な使い方が出題されるので、実際にシステムを構築したり、サービスを利用していないと、問題についていけません。そういった、AWSのシステム構築やサービス利用の仕方を解りやすく解説したのがこちらの本です。

    Amazon Web Services ネットワーク入門

    AWSに代表されるクラウドの技術は、ネットワークの上で運用されていることから、ネットワークに関する知識は必須です。こちらの本は、AWSを利用するうえで理解しておきたいネットワークについて解説しています。

    AWSの資格試験を勉強するうえでもネットワークの知識は必要になるので、ぜひ、参考にしてください。

    メリットの多いAWS認定資格に挑戦してみませんか

    これまでご紹介したように、AWSの認定資格は、専門技術を持っていることを証明するだけではなく、自分のキャリアにも、勤めている会社にとっても有利な資格です。資格取得の勉強は、過去問題が利用しにくいことで難しいと言われていますが、実際に使いながら勉強すれば取得可能な資格です。ぜひ、挑戦されてはいかがでしょうか。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア

    関連ワード

    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE