【タイプ別に解説】エンジニアのインターンシップを探してみよう!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.05.26

    【タイプ別に解説】エンジニアのインターンシップを探してみよう!

    ITエンジニアのインターンシップとはどういったものがあるのでしょうか?ここではITエンジニアのインターシップについて見てみましょう。

    エンジニアインターンシップとは

    一口にITエンジニアといっても様々な種類があり、ITコンサルタント、ITストラテジスト、SAPコンサルタント、SIer技術者、WEBプログラマー、インフラエンジニア、ゲームプログラマー、サーバーエンジニア、セールスエンジニア、セキュリティエンジニア、データサイエンティスト、データベースエンジニア、テストエンジニア、ネットワークエンジニア、ブリッジSE、プログラマー(PG)、プロジェクトマネージャー、フロントエンドエンジニア、マークアップエンジニア、社内SEなどがあります。

    まず自分はどのエンジニアになりたいかを決め、その上でそのエンジニアを募集する企業のインターンシップ(以下インターン)に参加しましましょう。またSEとPG、インフラエンジニアとデータベースエンジニア、ネットワークエンジニアなどは業務内容に重複する部分があるので、決めかねている場合は似たエンジニアのインターンに参加してみるのも良いでしょう。

    エンジニアインターンの種類は以下の通りです。

    実践タイプ

    参加するには学校の授業の兼ね合いやスケジュールの調整などを事前にしっかりと行う必要があります。新卒者の場合はプログラミングが出来ない場合が多いので、実際にはエンジニアに付いて設計資料の振り分けや業務に必要な簡単な書類作成などエンジニアのサポート業務を行います。

    会社で働くエンジニアを間近で見られるので、実際に働いているエンジニアはどういった点に気を付けて仕事をしているのかとか、エンジニアの一日の仕事の流れなどが肌で感じられるので、このタイプのインターンにはぜひ一度は参加してみることをお勧めします。

    社員と同様に出社し帰宅するのでより現場に近い体験ができます。職場で一定期間社員と同様に業務を実行するという内容のものです。

    課題タイプ

    実際に現場で働くわけではないのですが「自分で問題を解決する」という体験ができます。これを企業に1週間程度通い課題を完成させ最終日に発表します。

    企業としてはエンジニアになるにはどういった資質が必要なのか?今後社会にでるまでにどういった準備をしなければいけないのか?というのを知ってほしいという意図があります。

    エンジニアの場合はこういう要件を満たすプログラムが欲しいのだが自分ならどう作るのか?というのを図や文章を使って説明したり、またプログラム設計資料を渡されJavaScriptなど簡単な言語を使い色々調べながらとにかく作ってみるといった課題が出されます。

    企業が出す課題に対して、学生がその回答を自分なりに見つけていくというタイプのインターンシップです。

    体験タイプ

    プログラムが書けなくても仕事が出来るようになっているので安心して下さい。学生に仕事を理解してもらえるために、簡単な業務体験ツアーを用意してあるタイプです。

    期間は1~3日程度が多くエンジニア業務を体験して貰うために各社趣向を凝らした体験ツアーを用意しています。短期間でも職場の雰囲気が感じられるようになっているのがポイントです。

    企業側は社員との交流を図り、社風や仕事のスタイルなどありのままの会社を見て自分に合うか合わないかを判断して欲しいという意図があります。具体的には入社1年目でエンジニアにやってもらう仕事を実際に体験してもらうという場合が多いです。

    セミナータイプ

    機密情報の関係上職場を見せる事が出来ないIT企業が行う場合が多く、最初にIT業界やエンジニアに関する基本的な知識を得て欲しいという意図があります。セミナー形式で学生に企業の中身を紹介したり、参加形式でエンジニアに対する理解を深めます。

    インターンの選び方

    一体どのようにして選べばよいのでしょう?。そしてたとえIT業界であっても数多の企業が存在し、一つの企業でも内容の異なるインターンを募集していたりします。エンジニアのインターンシップは様々です。これはエンジニアを募集している企業がIT業界に限らないからです。思わぬ企業がエンジニアを募集していたりします。選び方のポイントは以下の通りです。

    1.現時点で最も行きたい企業を選択

    このインターンには極力参加するようにしましょう。複数ある場合は内容を見て決めても良いですし、時間があれば全て参加してみるのも良いでしょう。

    2.最も行きたい企業のライバル企業を選択

    ライバル企業のインターンに参加してみたらこちらの方が良さそう、自分に合ってそうというのはよくあることなので、ライバル企業のインターンにも参加してみましょう。

    3.IT業界1位の企業を選択

    基準や尺度により1位が変動しますが、自分のなりたいエンジニアで業界トップの企業が開催するインターンに参加するとそれを基準に他の企業との比較が出来ます。

    4.短期のインターンを選択

    インターンのスケジュール調整が楽なのも見逃せないポイントですが、その代わり大雑把な仕事の流れしか見て回れないこともあります。比較的短い期間のインターンを選択し数多くの企業を見て回るという方法です。

    5.長期のインターンを選択

    参加できる数は減りますがその代わり仕事の詳細までじっくりと体験できるので社内の雰囲気なども比較的容易に分かるでしょう。比較的長期のインターンに参加し、じっくりと業務内容を知る方法です。時間に余裕が有る場合はこちらの方がお勧めです。

    エンジニアインターンシップのメリット

    企業側のメリット

    企業側最大のメリットは採用候補者が探せることです。ITエンジニアは常に不足しており優秀な人材は幾らでも欲しいのがIT業界です。また企業イメージのアップにも繋がるので多くの企業がインターンを開催しています。

    学生側のメリット

    エンジニアとして働く様子を具体的に見ることが出来ます。勿論自分自身を売り込む場としても最適ですし、履歴書を書く際の志望動機のネタとしても活用できます。またエンジニアに必要な資質や取り組む姿勢や考え方などを知ることも出来ます。また社員との人脈を構築できるチャンスでもあり、IT業界や仕事の内容について細かい話が聞けます。

    エンジニアのインターンの探し方

    大手企業であればホームページにインターン参加の手順が書かれているので、その手順に添って応募しましょう。またインターンが学校の授業とバッティングする場合は就職課(キャリアセンター)に相談してみましょう。学校の授業の側を何とかする手立てがあるかもしれません。企業のホームページにインターンの参加方法がない場合は企業に電話でもメールでも構わないので問い合わせましょう。

    他にインターン専門で取り扱う総合サイトもあるのでこれらも併用してみると良いでしょう。

    インターンを探してみよう!

    インターンには大きく実践タイプ、課題タイプ、体験タイプ、セミナータイプとあります。学校の授業とバッティングする場合は就職課に相談してみましょう。

    インターンの選び方は1社目に自分が最も行きたい企業を選びましょう。2社目にそのライバル企業を選びましょう。3社目にIT業界の頂点と目される大企業を選びましょう。

    インターンシップに参加するのに特別なスキルは必要なく、インターンに参加することは学生にとっては多くのメリットがあるので可能な限り参加するといいでしょう。インターンに参加することで、エンジニアに必要な資質や取り組む姿勢や考え方などを知ることも出来ます。

    またインターンシップのスケジュールは企業のホームページをチェックしましょう。無い場合はメールか電話で問い合わせましょう。インターンシップに参加すればエンジニアの働く様子を具体的に見ることが出来ます。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE