バナー画像

IT業界の拡大が進む今、プログラマーに対する需要は日に日に増しています。その中で多くの方が通る道なのがWEBプログラマーです。今回は、Webプログラマーの年収についてご紹介します。

年収についてもっと詳しく!


WEBプログラマーとして働くことを考えている人にとって、平均年収はとても気になる情報です。そこで男女別、また年代別にWEBプログラマーの平均年収を詳しく紹介します。

男女別平均年収

WEBプログラマーの平均年収を男女別に詳しく紹介します。

男性のWEBプログラマーの平均年収は550〜600万円で、女性の場合が400〜500万円です。男女別に見ると男性の方が平均年収は高かったです。

男性の方が平均年収が高くなるのは、女性が子育てや家事のために残業ができない、また週5日フルで働くことが難しく長期間の大型案件などに携われない、といったことが考えられます。WEBプログラマーとして働くすべての女性が週5日残業込みで働けるわけではありません。

年代別平均年収

つづいてWEBプログラマーの平均年収を20代、30代、40代と年代別に詳しく紹介します。

20代の平均年収は250〜350万円が相場です。ただし新卒でWEBプログラマーになった場合、就職した企業によって年収は大きく変わります。大手Web企業の場合、新卒2年目で年収500万円を超える、といったことも珍しくありません。

30代の平均年収は300〜450万円が相場です。また40代は350〜550万円が相場になります。20代と同じように30代、40代も働いている企業の大きさによって年収は大きく変わりますが、また習得している言語の数、使用できる技術の幅など実力によって年収は変わります。

業種別年収

WEBプログラマーが働ける企業はWeb系企業だけではありません。システム開発会社、ゲーム開発会社など様々な業種の企業で活躍することができます。

つづいて業種別にWEBプログラマーの平均年収を詳しく紹介します。

Webサイト制作を行うWebサイト制作会社の場合、平均年収は480万円〜が相場です。また長期的にプロジェクトを請け負う必要のあるシステム開発会社の平均年収は520万円〜です。

そして業種を問わずフリーランスWEBプログラマーとして働いた場合、平均年収は上がる傾向にあり600万円を超えることも珍しくありません。

ただしフリーランスとして働いた場合保険は社会保険から国民健康保険に変わることなどから、保障に対してかける金額が高くなることがあり、所得は上がっても収入は会社員と変わらないということもあるので注意が必要です。

ボーナスはどれくらい?

つづいてWEBプログラマーのボーナスについて詳しく紹介します。

WEBプログラマーのボーナスはおおよそ70〜150万円が相場です。平均年収と同じように20代よりも30代、40代の方が高額になりやすく、また中小企業やスタートアップよりも大企業や有名IT企業の方がボーナスも高額です。

【関連記事】
プログラマーの年収はどのように決まるのか?
プログラマーは在宅でもなれる!その仕事内容や年収は?

年収をアップする方法3つ

つづいてWebプログラマーが年収を上げるためのおすすめの方法3つを詳しく紹介します。

使える言語を増やすなどのスキルアップ

Webプログラマーという職種は実力がかなり重視されます。実力が高ければ20代前半であっても年収600万円以上が珍しくありません。なので年収を上げるためにおすすめしたいのは積極的に技術を習得し向上させることです。

しかし多くのプログラミング言語や技術を使用できれば単純に年収が上がるわけではありません。確かに年々新しい言語が技術は生まれていますが、大切なのは自分の進んでいくキャリアの計画をしっかりと立ててから学ぶ言語や技術を選ぶことです。

行う開発やシステム構築に対して実用性が高く、働く企業でもニーズの高い言語や技術を学習しましょう。

転職

現在働いている企業での年収アップが難しい時、思いきって転職するのも年収を上げる方法です。

現在はIT企業だけではなく様々な分野・業種でプログラマー、エンジニアは求められています。なのである程度Webプログラマーとしての経験がある場合、転職をすることで年収が上がる可能性は高いです。Webプログラマーは非常に需要の高い職種です。

もし転職を検討しはじめたら、すぐに転職を決めなくてもいいので、一つ転職エージェントに登録してみることをおすすめします。転職エージェントの担当者に相談するだけでも年収を上げることが可能か確認することができます。

フリーランスになる

年収が大幅に上がる可能性が高い方法が、会社員ではなくフリーランスとして働くことです。

フリーランスとして働く場合、仕事が単発で収入も不安定になる、というイメージを持っている人もいるかもしれません。しかしフリーランスになることで年収が200万円上がった、ということも珍しくありません。

フリーランスは実力によって大きく収入が変わるため会社員の時よりも年収を上げることは可能です。

フリーランスWebプログラマーとして働くことを考えているのなら、フリーランス向けエージェントに相談してみたり、クラウドソーシングで仕事を受注してみたりすることをおすすめします。副業からフリーランスのキャリアを始めてみるのもおすすめです。

【関連記事】
プログラマーが年収1000万を越えるための秘訣
WEBプログラマーの年収を分けるポイント

WEBプログラマーの仕事内容

Webプログラマーは、主にWebサイトの制作のためのプログラミングを行います。プログラマーとは別にシステムエンジニアという職業を聞いたことがあるかと思いますが、システムエンジニアが設計した仕様書に沿って、Webシステムの開発を行うのがプログラマーです。プログラマーとして経験を重ねると、システムエンジニアが担当する仕様設計までを担うようになります。私たちの日常に欠かせないと言っても過言ではないSNSも、Webプログラマーの構築したプログラム上で動いています。

このようなWebサイトの開発にはクライアントサイドとサーバーサイド、2つのプログラムが必要です。Webプログラマーはその両方の開発をします。クライアントサイドのプログラムは、Webサイトを閲覧する人のためのプログラムで、普段みなさんが接する画面です。一方、サーバーサイドのプログラムは、インターネット回線を通じてデータのやりとりを行い、クライアントサイドへ、その要求に沿った処理を施した上で結果を送ります。この両方のプログラムをWebプログラマーが開発することでWebサイトは動くというわけです。

【関連記事】
システムエンジニア(SE)とプログラマーの違いは?仕事内容や年収について
プログラマーの仕事とは?その実態とは?
プログラマー就職の前に知るべきポイント!就職先や仕事内容は?

WEBプログラマーに必要な能力

プログラミング言語

Webプログラマーには、プログラミング言語が存在し、HTMLやCSS、PHPやJavaScriptなどは聞いたことがあるでしょう。プログラミング言語にはさまざまな種類があり、開発する内容によって使用する言語が異なります。開発するものによって言語を使い分けることになります。

いずれにせよ、Webページを表示するHTML・CSSとプログラミング言語を組み合わせてWebシステムを構築するのが、Webプログラマーの仕事ですから、これらの技術に精通する事がプロフェッショナルへの道となります

学習能力

日々技術を磨き、常に新しい技術を取り入れて向上していかなければなりません。実際の開発の中で課題にぶつかる度に、インターネットや技術書を調べて解決策を探り乗り越えていく事が、自身の成長にもつながるでしょう。

チームワークとコミュニケーション能力

プロジェクトは複数の人間で行います。作業自体はパソコンとの格闘が多い仕事ですが、実際には多くの人間とやり取りをし、一つの商品を作り上げます。一つの目標に向かって協力しあう事、また相手はプログラムに何を求めているか理解する力はとても重要です。また、現代の開発はチーム開発が多く、メンバーならびにクライアントと上手にコミュニケーションを取りながら生産的に働ける力も必要です。

【関連記事】
プログラミング能力を身につけて就職しよう!
高卒でもプログラマーになれるのか?必要なスキルやキャリアイメージ
未経験からプログラマーになるにための心得とは?

WEBプログラマーで年収をUPする方法

企業規模

プログラマーの年収に「企業の規模」は大きく関わってきます。これはデータでも実証されていますが、100人未満の事業所に務める人の平均年収が383万円であるのに対して、1,000人以上の規模の事業所に務める人の平均年収は430万円となり、開きがあるのがわかるかと思います。

企業の事業内容

「企業の業務内容」も年収に大きな影響をもたらします。代表的なのが、自社ソフトを持っている会社は年収が高いと言うことです。独自のパッケージソフトを販売し売れている場合はソフトウェアは開発費を回収すれば、あとは利益となりますので、ヒット商品を持つ企業は、大きな収益をあげています。ゆえに給与を高めに設定して優秀な人材を雇おうとするため、年収は高くなる傾向があります。または大型システム案件を受注できる企業です。ものによっては100億といった案件もあります。

そして、その企業がシステム業界の上流にいるか否かも大切です。システム業界は元請け→下請け→孫請け→その孫請け、とどんどん委託されていくからです。ゆえに中小企業でも上流工程にいる企業に入れば、必然と年収は高くなってきます。

【関連記事】
プログラマーの単価UPを目指そう!

年収UPのためにも頑張ろう!

あらゆる産業がIT化していく中、WEBプログラマーの需要は拡大傾向です。求人も多く、Webプログラマーになるきっかけは沢山あります。プログラミングに興味があり、腕試しをしてみたいという方におすすめの職種です。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
未経験でも挑戦できるプログラミングバイトの魅力
未経験でもプログラマーになれるの?採用のポイントや求人の探し方、注意点は?

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。