バナー画像

プログラマーの単価とは一体どのくらいなのでしょう?どうすれば単価アップが可能なのでしょう?ここではプログラマーの単価アップについて見ていきましょう。

プログラマーの単価相場はどれくらい?

派遣プログラマーの場合

キャリアによって差があるのですが、およそ月単価40~60万円辺りが相場でしょう。ただし60万円の場合はそれ相応の残業が発生するので覚悟が必要です。また元請けとなる派遣企業でマージンが引かれるのでプログラマー本人の手取りはこの金額より少なくなります。なおこのマージンの割合は一般派遣も特定派遣もそれほど差がなくプログラマーの場合およそ40%程度です。ですので実際に派遣プログラマーに給与として支払われる金額は月あたり24~36万円程度になります。

フリーランスプログラマーの場合

フリーランス(個人事業主)プログラマーの月単価基準は60万円と言われています。ただしフリーランスの場合プログラマーの実績とスキルによって単価は大幅に変動します。派遣企業に所属するプログラマーとの最大の違いは、中間マージンを搾取されないので契約単価がそのまま収入になる点です。自分で仕事を探し契約を結ぶことが出来れば、派遣社員のプログラマーより多くの収入を得ることが可能となります。

Javaプログラマーの場合

Java言語は習得がしやすく汎用性が高い言語です。ネット上で動作するソフトウェアも開発可能です。Javaプログラマーとはこの言語を用いて様々なシステム開発するプログラマーになります。Javaプログラマーの月単価は50~70万円程度です。対象となる開発案件により単価は上下し、WEBやスマートフォン向けのシステム開発案件は単価が高額になる傾向があります。

システムエンジニアの場合

システムエンジニアの場合の月単価はおよそ60~80万円ほどになります。これが案件のプロジェクトリーダーとなる上級システムエンジニアになると100~120万円程度です。プログラマーの上位に位置するためプログラマーより単価が高いのが一般的です。

【関連記事】
失敗しない、フリーランスの時給と単価の決め方

プログラマーの単価を左右するポイント

単価の交渉をしよう

単価の話をするのは少々気がひけるかもしれませんが、何も言わなければ単価の上昇は望めない場合が多いです。派遣会社に所属しているのであれば派遣会社の自分の担当の方と交渉しましょう。無論いきなり強気で交渉するのは難しいので、案件を継続して1年ほど経った後、提案してみるのが良いでしょう。派遣先との契約更新時が交渉の狙い目です。

またフリーランスの場合も契約更新時が単価交渉のポイントとなります。契約先との直接交渉になることが多いですが、間に派遣会社を挟んでいないので交渉自体はやりやすいです。

プログラマーとしてのスキルアップをしよう

プログラマーとしての自分自身の技術を磨きましょう。一番わかり易いのが情報処理技術者試験の合格です。情報処理技術者の資格自体には特別な権限はないのですが、国家試験ですのでこれに合格し情報処理技術者の資格を得ることには大きな意味があります。

プログラマーとしての一定の知識やスキルを国が認めるものですので、先に書いた単価交渉も非常にやりやすくなります。他には新たなプログラミン言語を習得し、出来る仕事の幅を広げることも効果的です。結果的に単価交渉が決裂し契約解除となった場合でも出来る仕事に幅があれば、更に良い条件で他と単価契約を交わすことも可能でしょう。

プログラマーを再度見直してみよう

プログラマーという職種にそもそも拘る必要がないのではないか?という発想です。

システムエンジニアやプロジェクトマネージャーも最初はプログラマーから出発し徐々にステップアップという手順を踏んで就く場合が多いのです。もっと言ってしまうと長くプログラマーを続けていれば自然とシステムエンジニアの仕事は出来るようになります。プログラマーとシステムエンジニアの区分けが存在しなかった時代もあったのです。

システムエンジニアになるために特別な資格は必要ないものの、対外的に自分自身のスキルを証明するために情報処理技術者の資格は役に立ちます。中でもシステムアーキテクト試験はシステム開発を主導するエンジニアを対象とする試験なので持っていると心強いです。合格率は15.0%と難易度の高い資格ですがそれだけに価値があります。

大企業に就職しよう

少々単価の話から外れてしまいますが、大企業の方が圧倒的に年収は高いです。企業によってはプログラマーの新卒初年度の年収で500万円にもなります。しかもプログラマーは技術職なのでスキルと実績があれば中途採用も夢ではありません。決して簡単ではありませんが、他の職種より就職できる可能性は高いので大企業の就職に挑戦してみるのも良いでしょう。なおここでも情報処理技術者の資格を持っていると有利です。

フリーランスになろう

プログラマーの仕事というのはパソコン1つあれば独立出来ます。これがラーメン屋ですとこうは行きません。店舗を借りなければいけませんし調理器具や原材料の調達も必要でしょう。プログラマーは独立するための準備資金をほとんど必要としないので実はフリーランス(個人事業主)として働きやすいのです。そもそもプログラマーなら自宅にパソコンくらいありますよね?

さきほど書いた派遣プログラマーの単価を再度見てみて下さい。マージンとして約40%程も派遣会社に引かれています。仮に全く同じ内容で派遣先と直接契約ができたなら単価引き上げの交渉をわざわざしなくてもその40%分がそのままあなたの収入になるのです。派遣会社から支払われる月単価が24万円なら40万円に、36万円なら60万円になります。年収での差額は敢えて書きませんが、ちょっと洒落にならない金額で差が出ます。

派遣社員というのは次の就職先を見つけるまでの繋ぎとしては有効だとしても、これを長く続けるのは収入面において大幅に損をしているということがこれで見て取れます。

アプリケーションを独自開発しよう

これも単価の話とは離れるのですが、スマートフォンのアプリケーションを自身で開発してみましょう。プログラマーを何年か続けていれば足りない部分は多少学習するにしろ独自にアプリケーションを開発できるようになります。個人のアプリがヒットするとそれだけで数千万単位での収入が見込めます。

こうなると世間が放ってはおきません。大手企業からのヘッドハンティングを複数の企業から受けることになるでしょう。一見夢の様な話ですが、プログラマーの技術というのはその夢を実現する可能性を秘めているということは覚えておいて損はないです。

【関連記事】
フリーランスの単価はどう決める?高単価で働くためのポイント
アプリ開発エンジニアってどんなことやるの?必要なスキルや年収

単価UPを目指そう!

いかがだったでしょうか?プログラマーの単価は派遣社員は派遣会社にマージンを取られるので不利です。フリーランスの場合はそのようなことがないのですが、自分で仕事見つけ契約しなければなりません。Javaプログラマーは他のプログラマーより単価が高い傾向にありますが案件の内容により上下します。システムエンジニアはプログラマーの上位に位置する職なので単価はプログラマーより高めです。

プログラマーの単価を左右するポイントは単価交渉にあります。しかし単に交渉しても上手く行かないので情報処理技術者などの資格取得で対外的にスキルアップをアピールすることも大切です。プログラマーとしてのスキルアップも単価に影響します。他にも派遣社員は収入面で不利なのでフリーランスとして独立する道も模索してみましょう。

単価のアップは収入に直結するので皆さん頑張りましょう!

【関連記事】
全体像を理解してエンジニアの単価UPを目指そう!

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。