フリーランスの単価はどう決める?高単価で働くためのポイント
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.08.17

    フリーランスの単価はどう決める?高単価で働くためのポイント

    フリーランスになれば自分の単価は自分で決めることができます。でもあまりにも高額な単価では契約をとることは困難でしょう。単価の相場を知り、 そこか ら逸脱しすぎない適性な金額設定にすることが大切です。

    しかし、それまで派遣社員などとして勤めており、自分の単価を知る機会があった人ならまだしも、 正社員であったり初めからフリーランスとして働き始めた人は自分の適性単価がいったいいくらなのか、なかなか判断がつかないのではないでしょうか?そこでここでは、様々な分野のフリーランスの単価相場をご紹介します。ぜひ単価を 決める際の目安としてみてください。

    フリーランス案件の単価相場

    一口にフリーランスといっても色々な職種があります。ここでは代表的な職種の 単価相場を見てみましょう。

    -エンジニア

    近年会社勤めから独立してフリーランスとなるエンジニアが増えています。エンジニアの中でも特にフリーランスとして活動しやすいのがプログラマーとSE(シ ステムエンジニア)です。

    プログラマーの単価相場は使用するプログラミング言語や実績、スキルによっても異なりますが、月の手取りでだいたい40万~60万円が相場と言わ れています。

    提案やマネジメントなどより上流工程を担当するSEはプログラマーと比べて単価 が高くなる傾向にあります。こちらも担当する案件規模や実績によって大きく 相場が異なりますが、比較的経験が浅く小規模案件を担当するSEであれば60 万~80万円、それなりに経験も積んできた中堅レベルのSE であれば80万~120万円、大規模の案件を数こなしてきたような上級のSEであれば100万~160万ほどが 単価相場となっています。

    -デザイナー

    デザイナーの単価はエンジニア以上に決定するのが難しいかもしれません。なぜなら、同じロゴデザインでも大企業や大きなイベントに提供するものと 自営業の小さなショップに提供するものとでは料金設定が変わってくるように、作業内 容以上にそのデザインが使用される状況や意図が料金設定に大きく影響するためです。

    またデザイナーもエンジニア同様、デザイナーのスキルや知名度によっ て単価相場に10万円以上の開きが出てきます。大まかな相場はロゴデザインで1 万円~、バナーデザインで5000円~、WEBのデザインになると5万~10万円を超える場合もありますが、これらの金額 はあくまでも参考程度にとどめておくのが いいでしょう。

    -ライター

    雑誌など紙媒体への執筆が主となる本格的なライターのほか、Webコンテンツへ 記事を提供する在宅ワークのフリーランスライターが今、主婦の方を 中心に人 気となっています。雑誌やニュースペーパーのライターの場合は1契約で5000 円~、取材込みのライティングになるともう少し相場が上 がって1万円~、Web コンテンツの作成の場合は文字単価となることが多く、1文字0.3~1円前後が相場となっています。

    単価の決まり方

    すべてのクライアントがこちらの提示した単価で契約してくれればそれに越したことはありません。しかし実際は、クライアントとの交渉の末に単価を決定するケースがほとんどです。では単価はどのように決まるのでしょうか?

    一つは、クライアントからの評価です。スキルやこれまでの実績、人間性などから総合的に判断し、提示した単価が妥当であれば即契約となりますしそうでなければ価格交渉となります。

    もう一つはクライアントの予算です。いくらスキルや実績に問題がなくても予算を大幅に上回る単価であればクライアントとしては値下げ交渉せざるをえません。

    初めのうちは少しでも受注率を高めるために、ついついクライアントの言い値で単価を決めてしまうこともあるでしょう。しかしそれではいつまでたっても収入につなげることはできませんし、自分自身のモチベーションも維持できません。またクライアントに対しても、「この人は自分のスキルに自信がないのかな」という不安を与えてしまい、返って印象を下げてしまうことにもなりかねません。

    さらに場合によっては、提案の段階で単価のことが話題に上らないケースもあります。こちらからはお金の話は出しにくいためなぁなぁで契約を進めてしまい、納品後に一方的な金額を言い渡されるなど金銭的なトラブルに発展する危険もあります。

    また、ごく親しい間柄の相手との契約の場合、単価に関しての合意を口頭でとって契約書などの書面を残さないまま作業を開始してしまうケースもあるでしょう。この場合、万が一支払が当初合意したものと異なっていたとしても、その証拠がないため相手を訴えることもできずに泣き寝入りになってしまう危険があります。

    単価を決める上で必ず守るべきことは以下の2点です。

    ・単価は必ず交渉する。相手の言い値で決めてしまわないこと。
    ・契約前に単価についてしっかりと合意を得ておき、必ずその内容を書面に残しておく。

    単価アップするためのポイント

    フリーランスの単価をアップするためには、スキルを向上させることは当然必要ですが、それだけでは確実な単価アップにはつながりません。

    クライアントが必要としているスキルを身に着けること

    エンジニアでもデザイナーでもライターでも、求められているのは最先端の技術や最新の流行に適応している人材です。最新の動向を常にチェックし、クライアントからどのようなスキルが求められているのかを察知し、いち早くそのスキルを身に着けることが確実な単価アップへとつながるのです。

    プレゼンテーション能力を高める

    せっかく素晴らしいスキルを持っているのに、それをクライアントに十分伝えることができないばかりに見合わぬ単価で仕事の依頼を受けているフリーランスの方は少なくありません。反対に、自分を売り込む能力が高く相場以上の単価で仕事を得ているフリーランスの方もいます。単価アップのためには自分がどのようなスキルを持っているのか、それがクライアントにどのようなメリットをもたらすのかをはっきりとクライアントに伝え、正しく評価してもらうためにはプレゼンテーション能力を高めることが大切です。

    交渉を怖がらない

    価格交渉になるとどうしてもしり込みしてしまう方も多いでしょう。しかし、交渉を避けてばかりいては単価をアップさせることはできません。安易な値下げ交渉に応じないことはもちろんですが、単価アップ交渉にも積極的にチャレンジしましょう。ただ闇雲に単価アップを願い出ても簡単に受け入れてくれるクライアントはいないでしょう。

    例えば、あらかじめ「来月から単価を上げさせていただこうと思っています」「対応できる業務範囲が広がったため単価をアップさせていただきます」等、時期や単価アップの具体的な根拠を伝えることでクライアントからの納得も得やすくなるでしょう。

    単価は高く保とう!

    フリーランスにとって単価の設定は、まず最初にやらなければならない作業であると同時にとても難しい問題です。高く設定しすぎればクライアントは逃げてしまうし、反対に低すぎれば収入を得ることもできず、クライアントからも「価格程度の価値」と見られてしまう可能性もあります。相場や適性価格を意識しつつも、ある程度の高さを保つことが大切です。そして、そのためにはそれに見合うだけのスキルを身に着ける必要があることも忘れてはいけません。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE