Webサイト制作コースのお申し込みはこちら

現役の多くのプログラマーが必要に応じて知識を学び、様々な経験を積んでキャリアアップしています。未経験からプログラマーになれたとしても、それはゴールではありません。将来の具体的なビジョンを描くためには、プログラミングにおける幅広い知識が必須です。

しかし、意外に学習を疎かにしてしまい、後から後悔しているプログラマーが多いのも事実です。今回はプログラマーになってからも必要になる知識や経験について詳しく紹介します。

この記事の結論
  • プログラマーにとって仕事内容に合ったログラミング言語の知識と経験が必要
  • プログラマーには、コミュニケーション能力、自己管理能力、課題解決能力も必要
  • プログラマーに必要な知識を学ぶなら、プログラマー向けの資格に挑戦を
  • スキルアップを目指す上で大切なマインドがある

プログラマーのジャンル・種類


一口にプログラマーと言っても担当する業務によって覚える必要のある知識や経験は違います。人にもよりますが、1つのジャンルのプログラマーになったら、違うジャンルには移れません。未経験からプログラマーになると決めたら、どのジャンルのプログラマーになるかを決める必要があります。

業務システムを開発するプログラマー

IT業界で働くITエンジニアの中でプログラマーと言えば、企業や官公庁で使用する情報システムを開発するプログラマーです。

なおこのような情報システムの開発には大勢のエンジニアが参加するため、分業体制で取り組みます。そのため、誰が作っても同じ品質になるように使用するプログラミング言語に制限があり、規則が細かく決められているのが普通です。

業務システムを開発するプログラマーは、そのような開発体制に参加できるだけの知識や経験を身に付けなればなりません。ただし1つのプロジェクトで一通り経験すれば、そこで得た知識や経験を長く活かせます。

そして未経験からでも比較的転職しやすいジャンルですが、スキルアップしにくく、やりがいを感じられないことから意欲のある方から敬遠されがちです。

Webエンジニア

プログラマーでもWebサイトを作成するためにプログラミグを担当するのがWebエンジニアです。プログラミングのみを担当するのではなく、Webサイト作成に関わること全てに関与するため、プログラマーではなくWebエンジニアと呼ばれます。

Webエンジニアは覚える必要のある知識が多く、進歩が速いので次々に新しい技術を学ばなければなりません。とはいえ作成したWebサイトの効果をすぐに実感できるため、やりがいを感じやすい職種です。そしてスキルさえ学べば未経験からでも挑戦しやすいジャンルです。

組み込み系のプログラマー

今の時代、身の回りにはスマホに繋がる機器やマイコン内蔵の家電製品などがたくさんあります。そのように機器で動作するプログラムを開発するのが組み込み系のプログラマーです。

組み込み系のプログラマーには、マイコンやセンサーなどのハードウェアを扱う知識や、それらを制御するプログラミングスキルなど、他のITエンジニアとは違った知識や経験を学ばなければなりません。そのため他の職種よりも育成に時間がかかることが多く、その分人手不足が深刻なジャンルです。

ゲーム系のプログラマー

ゲーミングパソコンやプレイステーションなどで遊べる今のゲームは、実写に近い画面で楽しめます。そのようなゲームを作るのがゲーム系のプログラマーです。

今のゲームはUnityなどのゲーム用エンジンを制御するプログラムを作るのが一般的なので、作りたいゲームの中でゲーム用エンジンをどれだけ活用できるかが重要です。そのための知識を学び、経験を積まなければなりません。そのため未経験から挑戦するにはハードルが高いジャンルです。
【関連記事】
プログラマーの仕事とは?その実態とは?
プログラマーが更なる成長を目指すならおさえておきたいポイント紹介!
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

今覚えておくべき言語とは

プログラマーにとって必要なプログラミング言語は仕事内容によって大きく変わります。

Webアプリケーションをつくるのなら「Ruby」や「PHP」、「Python」の学習がおすすめです。またスマホ向けのアプリを作るなら、iPhoneやiPadなどのiOS向けなら「Swift」を、てAndroid向けなら「Kotlin」を学習してください。これらのプログラミング言語は2011年以降に開発された比較的新しいプログラミング言語です。

プログラマーは請け負う業務内容によって使用する言語が変わります。そして時には新しい言語を学習する必要も出てきます。すでに習得している言語で効率よくコードを記述できるスキルはもちろん、新しい言語の学べるスキルもプログラマーには求められます。

【関連記事】
プログラミング言語は何を選べばいい?おすすめ言語5選徹底解説
どれがいい?プログラミング言語10種類を紹介します!
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

プログラミング以外に必要な能力・スキル

つづいてプログラマーに求められる、プログラミング以外に必要な能力とスキル3つを詳しく紹介します。

コミュニケーション能力

淡々とコードを書いてプログラムを組むことがプログラマーの仕事のように思われますが、それだけではありません。

プログラマーの場合チームで役割を分担して作業することも少なくありません。なのでスピーディに開発を進めるためにもメンバーと気になる部分を相談したり、エラーの対処について話し合ったりすることがあります。つまりコミュニケーション能力が必要になるのです。

自分一人で案件を受注することがあっても、依頼人の意向や意図を汲み取るコミュニケーション能力はプログラマーにとってとても大切です。

自己管理能力

プログラマーは長時間パソコンでコードを記述するのが主な仕事です。そして常に高い生産性を維持するためにもプログラマーは高い自己管理能力が必要とされます。

おすすめは体力と集中力を維持するために定期的に運動することです。一日20分程度の軽い運動だけで仕事のパフォーマンスが向上します。またストレス解消にも効果的です。

課題解決能力

プログラマーは作業効率化のためのシステム構築やこれまでの不便をなくすためのWebアプリケーション開発などを担当します。そして業務内容はそれぞれ違いますが、今ある課題を解決する、課題解決能力が必要とされます。

プログラマーの仕事はどんなものであれ課題解決を求められます。常に課題とは何か、また見つけた課題をどうすれば解決できるか考えられるのが優秀なプログラマーです。

【関連記事】
これからスキルを身に着けたい人!プログラマー研修の内容と心構え
高卒でもプログラマーになれるのか?必要なスキルやキャリアイメージ
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

おすすめの資格

普段の仕事をしていると、なかなかプログラマーにとって必要な知識を学ぶ時間が取れません。学ぶためのきっかけが必要です。そして学ぶきっかけとしておすすめなのが資格取得です。

次からプログラマーが学ぶきっかけとしておすすめしたい3つの資格を紹介します。

基本情報処理技術者試験

「基本情報処理技術者試験」は経済産業省が主催する国家試験です。「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者」という対象像から分かるように、主にプログラマーやエンジニアを対象とした試験です。

出題される内容はIT業界で働くための基本的知識があるか、またプログラムに関する知識が問われるものです。データ構造、流れ図、アルゴリズムなどの問題が出題されます。

基本情報処理技術者試験はプログラマーに就職を考えている人が主に受験する試験です。プログラマーに転職を考えている人にとっても企業へのアピールポイントとなるのでおすすめです。

C言語プログラミング能力認定試験

組み込み系のプログラマーなど業務でC言語を扱っている方におすすめしたい資格が「C言語プログラミング能力認定試験」です。こちらはC言語のプログラミングスキルを証明できる資格です。

C言語プログラミング能力認定試験はビジネス能力検定サーティファイが運営している民間資格です。難易度は全部で3段階あり、一番難易度の高い一級ではC言語を利用した応用プログラム、またOSなどについての問題が出題されます。

これからC言語を使用する業務をしたい人も技術、知識のアピールのために受験をおすすめしたい資格です。

Javaプログラミング能力認定試験

「Javaプログラミング能力認定試験」はプログラミング言語であるJavaの基本知識、またアプリケーションプログラムなどを作成する能力があるかなどを証明する民間資格です。

Javaプログラミング能力認定試験の認定基準は一級から三級までの三段階があり、三級ではJavaに関する基本的な知識、またプログラムを書けることが求められ、一級ではオブジェクト指向に基づく業務システムの流れの理解、また変更仕様に従ったプログラムの保守ができる能力などが必要とされます。

Javaの能力を証明したい人におすすめの資格です。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

スキルアップを目指す上で大切なマインド


プログラマーとしてスキルアップを目指すためには業務で必要な知識を学び、経験を積まなければなりません。そのためには、スキルアップを目指す上で大切なマインドにも関心を持ってください。次からどんなマインドを持てば良いかについて紹介します。

素直さ

プログラマーは常に新しいプログラミング言語や技術を学習する必要のある職種です。そのためいつでも抵抗なく学習できる素直さがとても大切になります。

またプログラミングを学習する上でも子供のような素直な知的好奇心はとても大切です。プログラミング学習はどの言語であっても様々なコードを記述するとどのようになるのか、想像して楽しみながら学習することが継続のコツです。

そして分からないことがあった時に素直に他のプログラマーやエンジニアの人に質問する素直さも技術、知識を伸ばす上ではとても大切です。

危機感

現在は深刻なIT人材の人手が不足しており、慢性的にエンジニア、プログラマーは足りていません。しかし大手IT企業に勤めるプログラマーなどはそうですが、優秀なプログラマーと通常のプログラマーでは実力に大きな差があります。

プログラマーが仕事に困ることはありませんが、キャリアアップを目指すのであれば常に学習しなければいけないという危機感は必要です。優秀なプログラマーは常に学習を怠りません。

自分が相対的にどのくらいの位置にいるのか把握しながら、常に危機感の意識を持っていることが結果としてキャリアアップにつながります。
【関連記事】
プログラマーが更なる成長を目指すならおさえておきたいポイント紹介!
プログラマーとしてスキルアップするためのマインドと具体的方法とは
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

まとめ

今回はプログラマーに必要な知識や経験について紹介しました。目指すべき分野の前提知識を理解するために、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

なおこのサイトを運営しているポテパンは、未経験からWebエンジニアに転職成功率の高いプログラミングスクール、ポテパンキャンプも運営しています。興味のある方はぜひこちらもご覧ください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。