キャリアアップには勉強が必須!プログラマーに必要な知識や経験とは?
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.01.04

    キャリアアップには勉強が必須!プログラマーに必要な知識や経験とは?

    プログラマーとしての将来の具体的なビジョンを描くためには、プログラミングにおける幅広い知識が必須です。しかし、意外とこれらの知識を疎かにし、後々後悔することになる人も多いのも事実です。今回はプログラマーに必要な知識や経験ついて詳しくみていきましょう。

    プログラマーのジャンル・種類

    HTML・CSSなどの基本言語

    どのポジションのエンジニアになるとしても習得しておきたいのが「HTML」と「CSS」のスキルです。この2つの言語がWebサイトをつくる上で必要な基本的な言語になります。

    HTMLを習得するのはそこまで難しくありませんが、CSSは仕組みを理解するのに少し時間がかかります。またスマホ、パソコンと様々な大きさの液晶画面で見てもデザインが崩れないよう、CSSでレスポンシブWebデザインができるとなお良いです。

    プログラミング能力

    記述するコードの量を減らしたり、簡略化の仕組みをプログラミングでつくったりする、つまりプログラミング能力もプログラマーには大切なスキルです。

    コードを記述していくうちにだんだんと習得していきますが、プログラマーを始めた最初のうちからなるべく無駄の少ないコード、また仕組みを簡略化するプログラムの組み方について考える習慣をつくることをおすすめします。

    多くのコードを記述していくうちに自然と習得できるものでもあるので、プログラミング学習に多くの時間を割くことでプログラミング能力は鍛えられます。

    【関連記事】
    プログラマーの仕事とは?その実態とは?
    プログラマーが更なる成長を目指すならおさえておきたいポイント紹介!

    今覚えておくべき言語とは

    プログラマーにとって必要なプログラミング言語は仕事内容によって大きく変わります。

    Webアプリケーションをつくるのなら「Ruby」や「PHP」、「Python」の学習がおすすめです。またiOSアプリをつくるのであれば「Swift」の学習をしましょう。

    そしてAndroidアプリをつくるプログラマーは「Kotlin」の学習をしてください。こちらのプログラミング言語は2011年に開発されたばかりの比較的新しい言語です。

    プログラマーは請け負う業務内容によって使用する言語が変わります。なので時には新しい言語を学習する必要も出てきます。すでに習得している言語で効率よくコードを記述できるようにしながら、新しい言語の学習をすることがプログラマーには求められます。

    【関連記事】
    プログラミング言語は何を選べばいい?おすすめ言語5選徹底解説
    どれがいい?プログラミング言語10種類を紹介します!

    プログラミング以外に必要な能力・スキル

    つづいてプログラマーに求められる、プログラミング以外に必要な能力とスキル3つを詳しく紹介します。

    コミュニケーション能力

    淡々とコードを書いてプログラムを組むことがプログラマーの仕事のように思われますが、それだけではありません。

    プログラマーの場合チームで役割を分担して作業をすることも少なくありません。なのでスピーディに開発を進めるためにもメンバーと気になる部分を相談したり、エラーの対処について話し合ったりすることがあります。つまりコミュニケーション能力が必要になるのです。

    自分一人で案件を受注することがあっても、依頼人の意向や意図を汲み取るコミュニケーション能力はプログラマーにとってとても大切です。

    自己管理能力

    プログラマーは長時間パソコンでコードを記述するのが主な仕事です。そして常に高い生産性を維持するためにもプログラマーは高い自己管理能力が必要とされます。

    おすすめなのは体力と集中力を維持するために定期的に運動をすることです。一日20分でも良いので軽い運動をすることで仕事のパフォーマンスも向上します。またストレス解消効果も高いです。

    課題解決能力

    プログラマーは作業効率化のためのシステム構築やこれまでの不便をなくすためのWebアプリケーション開発などを行うのが仕事です。そして業務内容はそれぞれ違いますが、今ある課題を解決する、課題解決能力が必要とされます。

    プログラマーの仕事はどんなものであれ課題解決を求められることがほとんどです。なので常に課題とは何か、また見つけた課題をどうすれば解決できるか考えることができるのが優秀なプログラマーです。

    【関連記事】
    これからスキルを身に着けたい人!プログラマー研修の内容と心構え
    高卒でもプログラマーになれるのか?必要なスキルやキャリアイメージ

    WEBプログラマーに必要なスキル

    WEBプログラマーにとってWEBシステムを構築するためのプログラミング言語は必須中の必須のスキルになります。特に、WEBシステム開発の4点セットとも言われるLinux、Apache、MySQL、PHPは「LAMP」とも呼ばれ、WEB業界においてはよく使われるプログラミング言語です。また、WEBサイトのプログラムを開発するわけですから、WEBページを表示するためのHTMLやCSSも当然スキルとして必要です。

    また、システムエンジニアの開発意図や設計意図をしっかり理解できる能力も必要です。いかに優れたシステムを設計しても、その意図や最終的な動作の目的が理解できないのでは意味がありません。

    【関連記事】
    未経験からWEBプログラマーになるには

    おすすめの資格

    つづいてプログラマーとしてキャリアアップをするために取得をおすすめしたい資格3つを詳しく紹介します。

    基本情報処理技術者試験

    「基本情報処理技術者試験」は経済産業省が主催する国家試験です。「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者」という対象像から分かるように、主にプログラマーやエンジニアを対象とした試験です。

    出題される内容はIT業界で働くための基本的知識があるか、またプログラムに関する知識が問われるものです。データ構造、流れ図、アルゴリズムなどの問題が出題されます。

    基本情報処理技術者試験はプログラマーに就職を考えている人が主に受験する試験です。プログラマーに転職を考えている人にとっても企業へのアピールポイントとなるのでおすすめです。

    C言語プログラミング能力認定試験

    業務でC言語を扱っているプログラマーにおすすめしたい試験が「C言語プログラミング能力認定試験」です。こちらはC言語の技術力を証明することができる資格試験です。

    C言語プログラミング能力認定試験はビジネス能力検定サーティファイが運営している民間資格です。難易度は全部で3段階あり、一番難易度の高い一級ではC言語を利用した応用プログラム、またOSなどについての問題が出題されます。

    これからC言語を使用する業務をしたい人も技術、知識のアピールのために受験をおすすめしたい資格です。

    Javaプログラミング能力認定試験

    「Javaプログラミング能力認定試験」はプログラミング言語であるJavaの基本知識、またアプリケーションプログラムなどを作成する能力があるかなどを証明する民間資格です。

    Javaプログラミング能力認定試験の認定基準は一級から三級までの三段階があり、三級ではJavaに関する基本的な知識、またプログラムを書けることが求められ、一級ではオブジェクト指向に基づく業務システムの流れの理解、また変更仕様に従ったプログラムの保守ができる能力などが必要とされます。

    Javaの能力を証明したい人におすすめの資格です。

    スキルアップを目指す上で大切なマインド

    素直さ

    プログラマーは常に新しいプログラミング言語や技術を学習する必要のある職種です。そのためいつでも抵抗なく学習を行える素直さがとても大切になります。

    またプログラミング学習をする上でも子供のような素直な知的好奇心はとても大切です。プログラミング学習はどの言語であっても様々なコードを記述するとどのようになるのか、想像して楽しみながら学習することが継続のコツです。

    そして分からないことがあった時に素直に他のプログラマーやエンジニアの人に質問する素直さも技術、知識を伸ばす上ではとても大切です。

    危機感

    現在は深刻なIT人材の人手が不足しており、慢性的にエンジニア、プログラマーは足りていません。しかし大手IT企業に勤めるプログラマーなどはそうですが、優秀なプログラマーと通常のプログラマーでは実力に大きな差があります。

    プログラマーで職に困ることはありませんが、キャリアアップを目指すのであれば常に学習をしていなければいけないという危機感は必要です。優秀なプログラマーは常に学習を怠りません。

    自分が相対的にどのくらいの位置にいるのか把握しながら、常に危機感の意識を持っていることが結果としてキャリアアップにつながります。
    【関連記事】
    プログラマーが更なる成長を目指すならおさえておきたいポイント紹介!
    プログラマーとしてスキルアップするためのマインドと具体的方法とは

    スキルアップを目指そう!

    今回はプログラマーに必要な知識や経験ついてご紹介しました。目指すべき分野の前提知識を理解するために、ぜひ本記事を参考にしてみてください。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE