バナー画像

ゲームプログラマーとは一体どういった仕事なのでしょうか?ゲームのプログログラミングを行う仕事というのは直ぐにわかるとは思うのですが、一体他のプログラマーとは何が違うのでしょうか?ここではゲームプログラマーについて見てみたいと思います。

ゲームプログラマーとは

ゲームプログラマーとは主にC系統のプログラム言語を使用し、ゲームのプログラミングを行う職業です。勤務先はゲームメーカーや開発プロダクションです。ゲームの企画原案はゲームクリエイターが起草し、ゲームのシステムはゲームデザイナーが考え、そうして出来上がった仕様書や設計書を元にしてゲームプログラマーがプログラミングを行います。

一般的なシステムの場合はシステムエンジニアが顧客の要求を聞き、そこからシステム全体の外部設計を行いプログラマーに設計仕様を渡すので、この点から既に違います。他にも3Dポリゴンのテクスチャーマッピングやゲーム音楽の設定などビジネス向けのシステムには無い要素が絡んできます。このため他のプログラマーとはまた違ったスキルが必要となる場合が多いのが特徴です。

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームのプログラミング業務

ゲームのプログラミングを行うのが主な業務ですすが、重要な点はバグを外部に出さないということです。コンシューマーのゲームであれば最悪回収することになりゲームメーカーにとって莫大な損失となるでしょう。またメーカーの信用の失墜にも繋がります。このため多くのゲームメーカーではプログラマーとは別にそのソフトウェアを試験する多数のテスターを用意している所が多いです。

またプログラムの高速実行が他の業務システムより求められます。これはゲームが3Dポリゴンなどハードウェアにかける負担が大きい処理が多いためで、ユーザーのストレスフリーの観点からも重要視されます。

他にも最近のゲームはオンライン化が進められており、オンラインゲームではユーザーのクライアント(自宅PCやスマートフォン)とゲームサーバー間で常にデータのやり取りが行われています。この時の通信速度差による遅延回避や同じプログラムの多重実行によるデータ競合の回避などを念頭に置いたプログラミングも必要になってきます。

この様にゲームが進化するにつれゲームプログラマーの業務も拡大の一途をたどっているのが現状です。

ゲームクリエイターとの意思疎通

ゲームクリエイターは必ずしもプログラミングに明るい人間とは限りません。ですので時に実現不可能な要求をしてくることがあります。例えばゲームのハードウェアの性能を大幅に超えるような壮大なプランを持ち込むことも多々あります。これに対しゲームプログラマーは内容を吟味し、実現可能なレベルと不可能なレベルに切り分けてゲームクリエイターに対し企画の再考を促します。余り知られていないのですがゲームプログラマーはプログラミングの観点からゲーム企画に参加しており、その意味では他のプログラマーよりもクリエイティブな位置にいるといえます。

ゲームプログラマーになるには

ゲームプログラマーになるには特別な資格や学歴は必要ありません。プログラマーという職種全体が現在人手不足であるため「未経験者OK」としている企業も多く存在します。このためただ単にゲームプログラマーになるだけであれば比較的容易なのですが、先にも申した通り要求される技術レベルは高いので途中で挫折する率が高いのが現状です。

これを避けるにはやはりプログラミングについて勉強することが重要で、大学の情報系学部やゲームプログラマー専門学校で学びます。特にゲームプログラマー専門学校は大手ゲーム会社が出資して設立している場合が多く、ここで成績優秀であればその会社に就職する際は有利になるということも覚えておくと良いでしょう。

【関連記事】
ゲームプログラマーになるにはこれでバッチリ!

ゲームプログラマーに必要なスキル

プログラミングスキル

ゲームプログログラマーの土台となるスキルです。一概にゲームと言っても今はオンランゲームやソーシャルゲーム、ブラウザゲームなど多種に及びます。このため使われる言語も様々なのですが代表的なものはTVを使うゲーム専用機のゲーム開発です。コンシューマーゲームとも呼ばれています。ここで用いられる言語はCやC++が多く、C系統の言語を知っておくことがゲームプログラマーとして活躍の幅を広げることに繋がります。

ゲーム好きであること

普通に好きといういだけではダメです。三度の飯よりもゲームが好きでなければなりません。ゲームプログラマーの仕事は要求される技術が他のプログラマーよりも比較的高く、また前例のないプログラミングを行うこともあるので頭を使う職業です。真にゲームが好きでないと続きませんし良いゲームも作れないでしょう。

好奇心旺盛であること

ゲーム業界というのは常に新しいハードや技術が生まれてくる業界です。これらに興味を持ち積極的に吸収する姿勢が必要です。

協調性があること

これはゲームプログラマーだけの話ではないのですが、ゲーム開発はチーム単位で行います。またゲームクリエイターやゲームデザイナーとの綿密なやり取りを行わなければなりません。協調性も重要です。

【関連記事】
ゲームプログラマーは未経験でもなれる?求められる能力や仕事内容とは

ゲームプログラマーの給料・年収

ゲームプログラマーの給与はその高い技術レベルからすると決して高いとはいえません。中小のゲーム会社で年収300~500万円ほどになります。大手ゲーム会社であればそれなりの給与も期待できますが一般的に他のプログラマーより若干低いのが相場です。なぜこうなったのかというと、ゲームプログラマーはプログラマーの中では人気職であり人材の確保に今まで余り困らなかったというのが背景にあります。

ただしメインプログラマーと呼ばれる人達はそうではありません。メインプログラマーとは企業により名称は若干変わるもののゲームプログラマーの統括で、スケジュール管理や仕事の割り振り、ゲーム基幹部分のプログラミングが主な仕事になります。責任のあるポジションですのでそれに見合った給料になります。

【関連記事】
ゲームプログラマーになり年収アップを目指そう!

ゲームプログラマーの将来性

現在ゲーム業界自体が衰退していると言われていますが、そんな中でもプラウザーゲームやスマートフォンのゲームアプリなどは着実に成長しています。衰退しているのはハードを用いるコンシューマーゲームで、これはゲームの多様化が根底にあると考えられます。

ゲーム業界はアイデア次第で一気に莫大な利益を生み出すことも少なくない業界です。また常に新しい試みがなされる場でもあります。この点で閉塞感はあまりなく、将来性は十分にある業界と言えるでしょう。

【関連記事】
ゲームプログラマーに就職しよう!キャリアアップも見据えた準備とは

ゲームプログラマーの道も考えてみよう!

いかがだったでしょうか?ゲームプログラマーとは他のプログラマーとはまた違ったスキルが要求されます。ゲームプログラマーになる事自体は比較的容易なのですが、要求されるスキルは高いのでしっかりとしたプログラミングの知識を習得せねばならず大学の情報系学部やゲームプログラマー専門学校で学ぶのが一般的です。

給料は残念ながら一般のプログラマーより若干低いのですが、メインプログラマーになれば相応の給料が見込めます。ゲーム業界自体はまだまだ発展性があり、将来性は十分です。

あなたもゲームプログラマーを目指してみませんか?

【関連記事】
ゲームプログラマーの求人を探してみよう!

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。