バナー画像

ゲームの魅力にはすぐれた企画や人を引き付ける画面などもありますが、快適にプレイできるゲームそのものを作るのはゲームプログラマーです。このようにゲームプログラマーはゲーム開発にとって欠かせません。

ではゲームプログラマーの年収はどのくらいなのでしょう?ここではゲームプログログラマーの年収にスポットを当ててみてみたいと思います。

この記事の結論
  • ゲームプログラマーの年収は他のエンジニアの年収と比べて高いとは言えないが、企業によって差が大きい
  • ゲームプログラマーの中でも高いスキルを持つメインプログラマーの年収が高く、年収1000万円を超えるケースも
  • ゲームプログラマーになるには大学の理工学部・情報学科で学ぶか、ゲームプログラマー養成の専門学校で学ぶのが一般的
  • ゲーム業界には将来性があるので、ゲームプログラマーも魅力的な仕事

ゲームプログラマーの給料・年収


これからゲームプログラマーに転職、就職を考えている人にとって、ゲームプログラマーの給料、年収は気になるところです。なおゲームプログラマーの年収は、他のエンジニアの年収と比べて高いとは言えません。

ゲームプログラマーの給料と年収について詳しく紹介します。

男女別

はじめにゲームプログラマーの平均年収、そして平均の月額給料を男女別に紹介します。

男性の平均年収は506万円で、平均の月額給料は31.6万円です。また女性の平均年収は381.8万円で、平均の月額給料は23.9万円です。(参照元:平均年収.jp)

男性の方が平均年収、月額給料は高いですが、特に男女間で給与のみに差があるわけではなく、女性の方が子育てなどもあり残業時間が少なく、また稼働日数も少ないことが平均年収、月額給料の差を生む理由として考えられます。

年代別

つづいて20代、30代、40代、50代と年代別にゲームプログラマーの平均年収、そして平均の月額給与を紹介します。

20代のゲームプログラマーの平均年収は325万円で、また平均月額給与は21.3万円です。そして30代の平均年収は352.5万円で、また平均月額給与は25.1万円です。

40代のゲームプログラマーの平均年収は427万円で平均月額給与は30.5万円です。そして50代の平均年収は494万円で平均月額給与は34.3万円になります。(参照元:平均年収.jp)

年代が上がるごとに平均年収、月額給料が上がっていますが、これはゲームプログラマーが専門性の高いスキルを求められることが理由として考えられます。年代が上がるごとにスキルがアップすることでやれることが増え、それにともなって年収も上がるのが一般的です。

ボーナスはどれくらい?

つづいてゲームプログラマーのボーナスについて詳しく紹介します。

ゲームプログラマーのボーナスの平均は122.8万円です。このボーナスの金額は他の職種のプログラマーと比較しても平均的といえます。(参照元:平均年収.jp)
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

上場しているゲーム会社の平均年収

上場しているゲーム会社の平均年収は700万円ほどです。この数字だけ見ると一見高そうに見えますがほとんどの場合有価証券報告書をベースに計算されたものなので役員報酬なども計算要素として入っています。資料を見る場合はこの点に注意が必要です。

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーは、ゲームのプログラミングを担当します。使うプログラミング言語はCまたはC++などでUnityなどの専用開発キットを使うケースがほとんどです。

ゲーム開発の概要

ゲームは一般的に企画をゲームクリエイターが考え、そこでゲームの仕組みや仕様が決まります。続いてキャラクターや背景などの原案をイラストレーターが作成し、それをゲームデザイナーがCGなどに起こします。

そうして出来上がったパーツや資料、仕様書、設計書を元にしてゲームプログラマーが実際にゲームとして作り上げていきます。ゲームのプログラムは一般のシステム開発とは異なる開発要素が多く、専門性が高いのが特徴です。ゲーム専門のデバッグチームも居り、彼らと連携し試行錯誤を繰り返し完成度を高めます。そして全ての最終チェックが終わるとゲームが完成します。

ゲームプログラマーの役割

ゲームプログラマーはゲームの基幹です。ゲームクリエイターが良い企画を考えても、良いCGをゲームデザイナーが作っても、プログラマーがゲーム本体を作らなければゲームになりません。ゲームプログラマーの仕事の出来栄えがゲームの出来に直接反映されます。

ゲームプログラマーは企画の仕事も

またゲームプログラマーはゲームクリエイター的な企画の仕事も担当します。一般のシステム開発ではプログラマーが上流のシステム設計を担当することはありませんが、ゲームプログラマーは開発キットの機能などから企画に提案できます。

ゲームクリエイターはゲームプログラマーほど開発キットやそれを動かすゲーム機のハードに対する知識が不足しています。それを補うのがゲームプログラマーの役目です。

とはいえゲームクリエイターは実現不可能な無茶なゲームプランを企画することがあります。そこでゲームプログラマーはその是非を検討し、不可能な場合はゲームクリエイターに再考を促したり一緒になって企画を考えたりします。

ゲームプログラマーは実力社会

単に仕様に沿ったプログラムを作るだけではなく、ゲームの企画にも参加する場合もあるのがゲームプログラマーの面白いところです。

ただし実力を伴わないゲームプログラマーの提案がすんなり通るほど甘くありません。ゲーム業界は力のあるものを優遇する実力社会です。自分のやる気次第では収入アップもそれほど難しいことではありません。

【関連記事】
ゲームプログラマーは未経験でもなれる?求められる能力や仕事内容とは
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

ゲームプログラマーの給料・年収

平均年収

あるデータによると平均年収500万円超えとありますが、一般的には300万円から500万円程度でしょう。企業による金額差が大きく、大企業になるほど高収入になります。また残業は多めなので、残業代を上乗せすると一般サラリーマンの平均を上回ることも少なくありません。

初年度の平均年収

初年度の平均年収はおよそ320万円前後です。月給にすると22万円ほどです。ただしこれも企業ごとにかなりの差があります。

メインプログラマーとは

ゲームプログラマーの中でのメインプログラマーとは、簡単にいうと管理職であるリーダーにあたります。

リードプログラマーと呼ばれることもあるメインプログラマーですが、ゲーム制作といった一つのプロジェクトを管理するためSEやプロジェクトマネージャーに近い業務内容になります。

ゲーム制作の進捗管理やマネジメント業務など、業務全体の流れを見ながらプログラミング業務も行うのがメインプログラマーの仕事内容です。

最近のテレビゲームなどはその規模の大きさからプログラム業務を管理する役割が必要になりメインプログラマーの業務が生まれました。

メインプログラマーに必要な能力・スキル

ゲームプログラマー全体を管理する役割にあたるメインプログラマーにはどんな能力やスキルが必要なのでしょうか。

メインプログラマーの場合ゲームプログラマーとしてプログラミングの高い技術はもちろんですが、制作全体を俯瞰して見る視点、また制作の流れを細かく確認する能力が必要になります。

マネジメント能力、また強い責任感がメインプログラマーにとっては大切な能力になります。さらにゲームプログラマーとしてのプログラミングスキルも一流であることが求められます。

年収1000万円以上も夢じゃない?

メインプログラマーは通常のゲームプログラマーよりも多岐にわたる業務をこなします。そしてその業務の多さから年収や給与がゲームプログラマーよりも高額です。

たずさわるゲーム開発の規模や勤めているゲーム会社の規模によって年収は大きく変わりますが、メインプログラマーであれば年収1,000万円を超えることも可能です。

ただし通常のゲームプログラマーよりもメインプログラマーの方が求められる能力、スキルは高く、そのためすべてのゲームプログラマーがメインプログラマーになれるわけではありません。

ゲーム制作のプログラム業務全体を管理する力が必要になるため、実際にメインプログラマーの業務を担えるゲームプログラマーは全体の中でもほんの一部なのが実情です。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

ゲームプログラマーになるには

大学の理工学部・情報学科などプログラミングを教えてくれる学科を卒業しゲーム会社に就職しゲームプログラマーになる方法と、ゲームプログラマー養成の専門学校を卒業しゲーム会社に就職する方法があります。大手ゲーム会社は非常に競争率が高く、100人に1人しか採用されないといった状況ですので偏差値の高い有名大学からの就職が有利と言われています。他にもゲームプログラマー養成の専門学校は大手ゲーム会社が出資している場合があるので、そこで成績優秀だとそのゲーム会社を志望する場合に有利に働くことがあります。

【関連記事】
ゲームプログラマーになるにはこれでバッチリ!
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

ゲームプログラマーの将来性

ゲーム業界は今苦境であると言われています。娯楽が多様化しているためです。ゲームソフト自体の販売本数は増える一方でヒットする作品と不人気作品との差が著しく、その落差もゲーム業界ならではです。ゲーム会社間の競争も激しくその余波は末端のエンジニアにまで及んでいます。

しかしヒット作品が出ればそれまでの苦労は全て打ち消されます。これにゲーム業界の面白さです。コンピューターの進化とともにゲームも進化し、ゲームによって実現可能なことが増える一方で技術も複雑化し、ゲームプログラマーに求められる要素も増えました。しかしそれらをどう活かすかというのは結局ゲームプログラマーの裁量にかかっています。

ゲームの企画はクリエイターが担うのですが、ゲームプログラマーもプログラマーの観点から企画を担うことも少なくありません。今までにない発想のゲームや面白いゲームが生み出せる可能性は無限に存在し、そういったものが作れるプログラマーは常に必要とされています。

またゲームプログラマーからデザイナーやクリエイターになる人も珍しくありません。ごく自然な流れです。恐らくどのゲーム会社でも面白いゲームのアイデアを持っていればゲームクリエイターを任せてもらえる可能性があります。ゲームプログラマーの経験があるなら尚更です。自分の持てるアイデアがそのゲームの価値を決定し、大人気になればそれは直接収入に跳ね返ってきます。こういった柔軟性があるのもゲーム業界の特徴です。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

まとめ

ゲームプログラマーの仕事はゲームのプログラムを書くことですが、企画に携わることもある守備範囲の広い仕事です。また実力社会なので実力が伴えば収入はそれに付いてきます。年収は300~500万円ほどですが企業ごとの格差があり、新卒の年収は多くの企業が300万円前後です。

ゲームプログラマーになるには大学の理工学部・情報学科などでプログラミングの基礎を教えてくれる大学の学科を選択するか、ゲームプログラマー養成の専門学校で学んで就職するのが一般的です。そしてこれが重要なのですが、ゲーム業界には将来性があります。皆さんもゲームプログラマーになって高い年収を目指しましょう。

なおこのサイトを運営しているポテパンでは、未経験からWebエンジニアとして就職する方をサポートするプログラミングスクール、ポテパンキャンプも運営しています。プログラミングを習得して転職を目指したい方は、ぜひ、こちらもチェックしてみてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。