ゲームプログラマーは未経験でもなれる?求められる能力や仕事内容とは
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.04.28

    ゲームプログラマーは未経験でもなれる?求められる能力や仕事内容とは

    ゲームプログラマーに未経験からなれるのでしょうか?今回は未経験からゲームプログラマになる方法にスポットを当ててみました。それでは見てみましょう。

    未経験者ゲームプログラマーになるには

    未経験からでもゲームプログラマーになることは可能です。しかし、実際には多くの方が挫折し結局は辞めてしまっています。これは特に中途採用者に多い傾向でゲームプログラマーとして転職することは比較的簡単なのですが、中途採用者の場合即戦力が求められるので、直ぐに現場での実務になります。これについて行けずやめてしまうケースが多いのです。

    新卒者の場合は教育期間が設けられたりいきなり難しい仕事を回されることはないのですが、中途採用者の場合はそうではないことが普通です。就職してすぐについていけなくなるということを回避するには、事前にある程度プログラミングを習得する必要があります。プログラミングを習得するには時間がかかり人によってですが大体半年~1年程度の期間が必要です。ですので転職でゲームプログラマーを目指す場合はゲームプログラマー養成専門学校の夜間コースや週末コースを受講するなど、事前準備が必要になります。更に専門学校が就職の斡旋をしてくれるケースもあります。

    またプログラミングを身につけるには実際にソフトウェアを作ってみるのが一番良いので、ツールでもゲームでも構わないので実際に作りながら学習すると身につくのが早いでしょう。

    他にゲーム開発は未経験だがプログラマーとして仕事をしてきた人ならば、実務経験はあるので比較的短期間でゲームプログラマーとして活躍できるでしょう。ゲーム開発キットの使い方など主に開発環境面で覚えなければならないことはありますが、難易度としてはそれほど高くありません。

    ゲームプログラマーの仕事内容

    ゲームプログラマーの主な仕事はゲームのプログラミングです。ゲームクリエイターがゲームの企画を考え、ここでゲームの内容や仕様、仕組み、ゲームシステムの構想が練られます。仕上がった企画書をもとにゲームデザイナーがキャラクターや背景といったパーツを作りこれらの仕様や設計書、資料などを元にしてゲームプログラマーが実際にゲームの中身をつくり込んでいきます。

    ただしゲームクリエイターはプログラミングの知識やゲームに詳しいとは限らず、時に実現不可能な企画を持ってくることもあります。そうした場合ゲームプログラマーはその内容が実現可能かどうかの是非を判定し、実現が不可能な場合はゲームクリエイターに再考を促します。更にゲームクリエイターと一緒になってゲームの企画を練ることもあり、この辺りがゲームプログラマーの面白味でもあります。

    ゲームプログラマーに必要な能力・スキル

    ゲームが好きであること

    「そんなの当たり前じゃん!」とお考えかもしれませんが重要なスキルです。ゲームプログラマーはゲームクリエイターが考えた企画構想やゲームシステム。ゲームデザイナーが作った各種パーツをプログラミングしていき具体的な形に仕上げる重要な仕事で、ゲーム成功の鍵を握ります。ゲームが好きな人間が作ったゲームでなければ面白いゲームにはなりません。至極当たり前の話ですが重要な事柄なのです。

    プログラミング能力

    ゲームのプログラミングには主に実行速度とその正確性という相反する要素が必要で、レベルの高いプログラミング能力が求められます。これは一朝一夕に習得するのは難しく、ゲームを幾つか作りながら習得していくことになるのですが土台となるプログラミングスキルがあまりに低いとそもそも仕事にならない場合があります。

    未経験からゲームプログラマーを目指す場合、この部分がネックになり仕事について行けず辞めるケースが多く、これを回避するには先にも触れた通り事前の学習が必要です。

    体力

    ゲーム作りはモノ作りの仕事で納期があり、納期間際は残業が予想されます。これに耐えられる体力が必要です。

    精神力

    ゲーム作りはトライ・アンド・エラーの繰り返しで完成度を高めていきます。これは根気のいる作業で心が折れそうになることもあります。自己ケアのできる強い精神力が求められます。

    チームワーク

    ゲームプログラマーはチームでプログラミングを行います。プログラミングは繊細で誰かが1文字間違えただけでもそのプログラムは正常に動作しません。これに対応するには強い結束と意思疎通、つまりチームワークが重要になります。

    おすすめの資格

    ゲームプログラマーになるのに必要な資格はありません。しかし持っている時に就職に有利にある資格はあるのでいくつか挙げてみましょう。

    基本情報処理技術者

    ゲームプログラマー養成専門学校に行けばほぼ確実に習得することになる資格ですが、大学生や未経験からの転職の場合は独自に取得する必要があります。

    TOEIC

    ゲームプログラマーは何かと英語に触れる機会が多いものです。最新の技術資料は英語で書かれていることが多くゲーム業界は最新技術をいち早くゲームに導入する事が多いです。他にも海外に開発拠点のあるゲーム会社なら頻繁にメールでのやり取りがありますが、これも全て英語です。更にコーディング規約によりコメントは英語で書かなければならないゲーム会社もあります。

    未経験者の採用状況・市場

    「未経験OK」の求人は中小のゲーム開発企業が出していることが多いです。なぜならゲームプログラマーは常に不足しているからです。ゲームプログラミング経験者が欲しいのが本音ですが人手がとにかく足りないので選り好みをしている余裕が無いといった状態での求人です。このような状態なので先にも少し触れましたが入社自体は比較的容易です。しかし、このような状態なのですぐに現場に出され激務にさらされます。ここで大半の人がついて行けず辞める事になります。

    なお大手ゲーム会社の場合はそもそも中途採用自体が少なく、仮にあったとしても競争率が非常に高いので未経験からの転職は難しい状況です。

    未経験OKのゲームプログラマー求人の探し方

    転職サイトを検索

    転職サイト自体の数も多いので、IT業界、ゲーム境界に強い転職サイトに絞って探したほうが良いでしょう。転職サイトで注目すべきは給与体系と仕事の内容で、給与体系はゲームプログラマーの場合年俸制を導入している企業が多いです。残業代に関わる所なので、気になるゲーム会社があった場合は自前に確認しましょう。また仕事の内容ですが、未経験からいきなりゲームプログラマーとして入社するのではなく、最初はデバッカーとして入社し徐々にゲームプログラマーにキャリアアップ出来る仕組みを持つゲーム会社の方が長続きするでしょう。他にも何かしらの教育制度を用意する会社を選択するのも良いでしょう。

    転職支援サービスを利用

    専門のアドバイザーが就職斡旋してくれます。こちらの希望する勤務地や年収、仕事の内容などを伝えるとゲーム会社をピックアップし、就職までのサポートを行ってくれる便利なサービスなので是非利用してみましょう。

    未経験からでも頑張ろう!

    未経験からでもゲームプログラマーになる事自体は比較的簡単ですが、その仕事について行けず辞めてしまう人も多いです。これには基本となるプログラミング知識が不足しているのがネックになる場合が多いです。ですので専門学校の夜間コースや週末コースを利用して事前の対策をしましょう。求人を探すには転職サイトを閲覧するのが一般的ですが、転職支援サービスも合わせて利用しましょう。

    ゲームプログラマーに未経験からでも挑戦してみましょう!


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ・ポテパンフリーランス
    フリーエンジニア向けの案件紹介サービス

    ・ポテパンキャリア
    エンジニア職専門の転職エージェント

    ・ポテパンキャンプ
    転職サポート付きプログラミングスクール

    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE