今はプログラミング講師ではないとしても、せっかく持っているプログラミングの知識や経験を人に教える仕事がしたい!プログラミング講師として働いてみたい!と思っている人もいるのではないでしょうか?

やはり、好きなプログラミングに携わる仕事で、人に教えて、そして感謝されるプログラミング講師はとっても魅力的な仕事です。では具体的に、どのような仕事なのでしょうか?給与面やプログラミング講師になるための方法などをこの記事では解説します。

プログラミング講師の仕事内容

プログラミング講師の仕事内容は、受講生の習熟度や授業の目的によって若干異なりますが、基本的には「Java」や「PHP」「Ruby」といったプログラミング言語でのシステム開発の指導を行う講座の授業が一般的です。

いきなりプログラミング言語の講義を行うのではなく、プログラミングの基礎的な仕組みから指導を行い、その後にサンプルの例を用いてコードの書き方、応用の仕方など実践型の教育を行なうことになります。

会社として行う場合には、共通のサンプルを用いてプログラミング言語の指導を行うことが一般的ですが、個人が自分から申し込むタイプの学校の場合、受講生が自ら作りたいアプリやシステムを指導しながら開発していくこともありますので、高いプログラミング言語の理解が求められます。

また、最近では子供向けのプログラミング教室なども開講されています。子供向けの場合には、プログラミング言語の指導というよりは、アルゴリズムなどプログラミング的な思考ができるような基礎的な仕組みの指導を行うケースがあります。このような場合には、子供から喜ばれるようなコミュニケーションを行う必要があります。

プログラミング講師の仕事内容
  • プログラミングの基礎的な仕組みの指導
  • 実際に各プログラミング言語を用いて、コードを書く指導
  • 受講生が作りたいアプリやシステムを指導しながら開発していくこともある

プログラミング講師の年収は300万円~600万円程度

プログラミング講師の年収・給与については、勤務する学校やスクールによって非常に差がありますが、エンジニアと比較すると、低くなってしまうケースが一般的です。

というのも、プログラミングの学校の場合、企業や受講生から「授業料」という形でお金を貰い、その中からの給与や教室の維持費用などの経費、広告料などが支払われることなります。

そのため、学校やスクールの得られる売上の上限が決まっているため、プログラミング講師の年収・給与は低くなってしまう傾向があります。具体的な金額は地域によっても大きく異なりますが、年収では300万円〜高くても600万円程度までになっているケースが一般的です。

また、プログラミング講師の場合、正社員ではなく業務委託やアルバイト契約として行っているケースも多く、その場合は時給2000円〜3000円程度などの条件となっています。

プログラミング講師になるにはプログラミングと教えることの2つのスキルが必要

プログラミング講師に必要なスキルとは、プログラミングのスキルはもちろん、さらに人を指導するためのスキルも必要です。

とは言っても、プログラミング講師になるためには、特別な訓練や学校などに通う必要はありません。ただ、プログラミングを人に教えることになるため、かなり深くプログラミング言語やアルゴリズムなど、プログラミングの概念を理解して、わかりやすく伝えられる能力がないといけません。

また、受講生からプログラミングに関する質問や受講生が取り組みたいプログラミングに関する質問にも答えないといけないので、そのような知識や経験が不可欠です。

さらに、実際にプログラミング講師になるためには、人にプログラミングを教えた経験が必要です。
そのためには、プログラミングの勉強会を開催するなど、人に教える経験を徐々に積んでいく必要があります。

プログラミング講師を副業でやることは可能

副業でプログラミング講師をすることは可能ですか?

インターネット上の学習サイトなど、自分の空いた時間を活かして、プログラミング講師の仕事を副業としてやることは可能です。

オンラインのプログラミング講師の仕事は、平日または土日の何時から何時までといった枠でエントリーします。そして、その時間を受講者が利用するので、チャットなどでその受講者からの問い合わせに回答していきます。

平日の時間を取りやすい方は、特定の曜日の夜だけでも可能ですし、土日の午後なら対応可能という方は、お昼から夕方までエントリーできます。

ただし、受講者からの質問に随時回答していく作業は以外に大変なので、2時間程度に限ってやった方が良いでしょう。それでも副業として週に8時間ほどプログラミング講師として働けば、月に8万円ほどの収入が得られます。また、土日は丸一日働きたい、というフリーランスの方は、それだけで月30万円を超える収入も可能です。

プログラミング講師のおすすめの資格

プログラミング講師になるためには資格が必須という訳ではありません。ですが、プログラミング講師になるためのおすすめの資格はありますのでここで紹介します。

基本的には、国家資格がおすすめです。例えば、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験などが国家資格となります。プログラミング講師として、活躍するための資格としては基本情報技術者試験だとあまり役に立ちません。できれば、応用情報技術者試験やネットワークスペシャリスト・データベーススペシャリストなどの上位の資格がオススメです。

国家資格ではなく、ベンダー系資格でもそのベンダーに関連する講義であれば持っていた方が良いです。例えば、データベース製品のトップシェアを誇るオラクル社のオラクルマスターが有名です。

資格については、Bronze、Silver、Gold、Platinumと4つのレベルで構成されておりますが、プログラミングの講師であれば、Bronzeであっても役に立ちます。ただ、データベースを主とした講義をする場合には、最低でもSilver。できればGold以上を持っておいた方がプログラミング講師としての説得力が増します。

プログラミング講師の仕事の探し方

プログラミング講師になるためには、求人サイトで募集されているケースも多いので求人サイトで探すと意外と見つかります。この場合、特定のプログラミング言語で検索するのではなく「プログラミング 講師」や「プログラミング 先生」他には、「IT 講師」「IT 先生」などの検索ワードで検索すると見つかります。

ただ、そもそもプログラミング講師の求人そのものが数が少ないため、あまり出てこないかもしれません。その場合には、直接、ITスクールやプログラミングの学校などに問い合わせてみるのも一つの手です。

実際にそのタイミングでは募集をしていなくても、講師を募集したいタイミングになったときに、覚えて貰っていれば、声がかかる可能性があります。そのような観点では、できるだけ多くのITスクールやプログラミングの学校などに声をかけてみるのが良い方法です。

まとめ

プログラミングの必要性は年々高まっており、プログラミングを学習したいという人も増えています。
そのため、プログラミングを教える講師のニーズも今後、ますます高まっていくようになります。

また、人にプログラミングを教えて、その人が成長していく姿を見ることができるのは、何よりもやりがいを感じることが出来る仕事です。

ぜひ、この記事を参考にプログラミング講師に挑戦してみてはいかがでしょうか。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。