プログラミング学習にはWindowsとMacどちらが良いの?
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.10.06

    プログラミング学習にはWindowsとMacどちらが良いの?

    プログラミング学習を始めようと思った時に、まず迷ってしまうのがパソコン選びです。今はWindowsかMacが主流ですが、どちらがプログラミング学習に適しているのか初心者には分かりません。

    そんなパソコン選びに迷っている人のために、こちらの記事ではWindowsとMacのパソコン、プログラミング学習をする上でのメリットとデメリットをそれぞれ詳しく紹介します。

    パソコン、OS選びに迷っている人はぜひこちらの記事を参考にしてくださいね。

    Windowsを選ぶメリット3つ

    プログラミング学習を始めるにしても、自分用のパソコンがなければ環境を整えることができません。まずはWindowsかMac、自分に合ったパソコンを選ぶことから始めましょう。

    はじめにWindowsのパソコンでプログラミングをするメリット3つを紹介します。

    ハードウェアの選択肢が広い

    Windowsのパソコンの場合、様々なメーカーからWindowsのパソコンが販売されているため、ハードウェアの選択肢はMacより広いです。

    なので自分にとって使い心地の良いパソコンやキーボード、マウスを沢山の選択肢の中から選ぶことができます。パソコンやアクセサリーにこだわりたい人はWindowsがおすすめです。

    ソフトウェアが豊富

    WindowsはOSが作られてからの歴史が長いため、パソコンに取り込めるソフトウェアも豊富にあります。無料でダウンロードできるフリーソフトも多数あります。

    そしてソフトの中にはプログラミング学習をサポートするものも多くあるので、自分に合ったソフトを見つけたら開発の作業効率を上げることができます。

    またOSの歴史の長さから、Windowsの仕様に慣れている人も多いと思います。そういった人は慣れた環境でプログラミング学習を行うため、Windowsを利用するのがおすすめです。

    低価格でパソコンが購入できる

    WindowsとMacのパソコンを比較して、低価格で購入することができるのはWindowsのパソコンです。Macの場合アップル社から販売されている機器しか購入できず、さらにパソコンの本体代金もWindowsと比較すると高額です。

    Windowsのパソコンの中にも高額な商品はありますが、色々なメーカーから販売されているため探せば低価格な商品を見つけることができます。なるべく安くパソコンを手に入れたい人はWindowsがおすすめです。

    Windowsを選ぶメリット3つ
    • ハードウェアの選択肢が広い
    • ソフトウェアが豊富
    • 低価格でパソコンを購入できる

    Windowsを選ぶデメリット3つ

    つづいてWindowsのパソコンでプログラミングをするデメリット3つを紹介します。

    iOSアプリを直接ビルドできない

    もしプログラミング学習をする目的がiOSアプリをつくることなら、Windowsのパソコンはおすすめできません。なぜならWindowsのパソコンの場合、iOSアプリをリリースする上で必要な「Xcode」というIDEを使用することができないからです。

    iOSアプリをつくる時に必要となるプログラミング言語「Swift」の学習をWindowsのパソコンで行うことはできますが、リリースするのはMacのパソコンが必要になります。

    UNIX(Linux)系のツールが使えない

    Windowsのパソコンの場合、サーバーOSであるUNIX(Linux)系サーバーOSが使用できない点です。UNIX(Linux)系サーバーOSは特別なライセンスは必要なく、機能性、セキュリティも高いです。

    もちろんマイクロソフトが提供しているWindowsのOSも不便なわけではないのですが、UNIX(Linux)系サーバーOSはライセンス料がかからないため料金を支払わずに利用することができます。

    パソコンとアクセサリーの組み合わせによっては問題が生じる

    Windowsのパソコンの場合、パソコン本体のメーカーとキーボード、マウスのメーカーを別にすることもできます。自分の好きなようにカスタマイズしたい人にとっては良いのですが、時に機器の組み合わせが悪くて問題が生じることがあります。

    Macのパソコンにも機器同士の組み合わせによる問題は生じますが、Windowsと比較して組み合わせの選択肢が少ないため、そう頻繁には起こりません。

    Windowsを選ぶデメリット3つ
    • iOSアプリを直接ビルドできない
    • UNIX(Linux)系のツールが使えない
    • パソコンとアクセサリーの組み合わせによっては問題が生じる

    Macを選ぶメリット3つ

    づいてアップル社が提供する、Macのパソコンでプログミング学習を行うメリット3つを詳しく紹介します。

    Macのパソコンのデザインがスタイリッシュ

    Macのパソコンの人気の高さの理由の1つに、本体デザインの美しさがあります。Macのノートパソコンの中でも最もサイズが小さい「MacBook」などは非常にシンプルなデザインになっており、ノートパソコンとは思えない軽さを実現しています。

    またMacの場合仕様がとてもシンプルに設計されているため、説明書などを確認しなくてもすぐにインターネットを利用したり、音楽をダウンロードしたりすることができます。

    シンプルなデザインの美しさ、操作のしやすさはMacの方が優れています。

    Apple製品のアプリが開発しやすい

    プログラミング学習を始める目的がiPhoneにダウンロードできるiOSアプリの作成の場合、Macを購入することをおすすめします。

    そもそもWindowsのパソコンではiOSアプリをリリースする上で必要なIDE、「Xcode」を使用することができません。XcodeをインストールすればiPhone上で作成したアプリの出来具合を確認することができるので、開発がはかどります。

    iOSアプリを作りたい人はMacを購入するのがおすすめです。

    エンジニア、デザイナーの多くはMacを使っている

    よくカフェなどで作業している人を見ると、ほとんどの人がMacを使用していませんか?実はMacはプログラマー、デザイナーといった職種の人達の間で人気が高いです。またIT企業で働いている人達の間での利用率も高いです。

    Macにもともと入っているフォントの美しさや、シンプルな構造が人気の理由です。

    Macを選ぶメリット3つ
    • Macのパソコンのデザインがスタイリッシュ
    • Apple製品のアプリが開発しやすい
    • IT企業ではMacを利用している人が多い

    Macを選ぶデメリット3つ

    つづいてMacでプログラミング学習をするデメリットを3つ紹介します。

    パソコンの本体価格が高額である

    WindowsがOSのパソコンと比較して、Macのパソコンの本体価格は高額に設定されています。

    一番低価格の商品でも、Macの場合税別98,800円といった価格設定です。プログラミング学習を始めるための初期投資を抑えたい人は、MacよりもWindowsのパソコンの方がおすすめです。

    Apple社が販売しているものでしかカスタムできない

    Macのパソコンの仕様を変えたい場合、Windowsと違ってカスタムができる範囲はApple社が提供しているもののみです。またMacはWindowsと比較してフリーソフトの数が少なく、自分の希望に叶ったソフトがないこともあります。

    カスタム、ソフトの選択肢の広さに関しては残念ですがMacはWindowsのパソコンに比べて劣ってしまいます。

    Windowsユーザーは操作に慣れる必要がある

    今までWindowsのパソコンを使用していた人の場合、Macに切り替えると操作に慣れるまで時間がかかると思います。同じパソコンでも、WindowsとMacの仕様は大きく違います。

    もしどちらのパソコンの仕様が自分に合っているか分からない場合、友人のパソコンなどを触らせてもらって事前に確認することをおすすめします。

    Macを選ぶデメリット3つ
    • パソコンの本体価格が高額
    • Apple社が販売しているものでしかカスタムできない
    • Windowsユーザーは総裁になれる必要がある

    それぞれのOSで使用するのに適したプログラミング言語

    iOSアプリを作成する開発環境はMacでのみ整えられるように、学ぶプログラミング言語によってはWindowsとMacどちらかの方が適しているケースがあります。

    つづいてWindowsで学ぶのがおすすめのプログラミング言語、またMacで学ぶのがおすすめのプログラミング言語について詳しく紹介します。

    Windows

    Windowsのパソコンで学習した方がいいプログラミング言語は「C#」や「Visual
    Basic」といった.NET系の言語です。

    ただし「C#」や「Visual Basic」を使用してプログラムをつくるためのソフト、「Visual Studio」はMacのパソコンでも使用することができます。

    しかしVisual Studioはマイクロソフト社がつくったIDEなので、おすすめなのはWindowsのパソコンで使用することです。

    Mac

    Macで学習した方がいいプログラミング言語は「Swift」や「Objective-C」といったiOSアプリを作成する上で必要な言語です。これらの言語はWindowsのパソコンでも学習することはできますが、やはりアプリを開発する環境を整えられるMacで学習するのがおすすめです。

    またPHP、Ruby、Pythonといったプログラミング言語はWindowsとMacどちらでも学習することができます。iOSアプリを作りたいならMacのパソコンくらいに考えておけば大丈夫です。

    パソコンはWindowsとMacどちらがおすすめなのか

    結局プログラミング学習を行うにあたってWindowsとMac、どちらがおすすめなのでしょうか。

    プログラミング初心者の人におすすめしたいのは、Macのパソコンです。

    初心者の場合、Macであればすぐに環境を整えることができるのが大きなメリットです。なぜならMacの機能の仕組みは非常にシンプルで、PHPやRubyといったプログラミング言語の学習であればコードが記述できるエディタを入れるだけで学習を始めることができます。

    またMacであればWindowsのソフトであるVisual Studioを利用することもできますし、Windowsで使用できるアプリを開発することも可能です。プログラミングを使用して開発できるものの幅が広いのはMacです。

    またIT企業で働いている人でMacを使用している人が多いです。そのためプログラミング学習をしている途中で不明点が出てきた時、Macであれば聞く相手と同じ環境を作って解決策を探すことができます。

    プログラミング学習をしている人の間でも使用しているパソコンはMacの方が多いです。特別Windowsのパソコンがいい、という理由がない場合、Macのパソコンを選択するのが無難です。

    Macでは何がおすすめなのか?ノートパソコン編

    現在、Macのノートは大きく分けてMacBook、MacBookAir、MacBookProの3タイプです。

    MacBook

    MacBookシリーズで一番シンプルな名前のMacBook。全機種でRetinaディスプレイ搭載です。Retinaディスプレイとは、従来の液晶ディスプレイとは比較にならないほどの高画質、高彩度の表示が可能なディスプレイです。購入するならぜひRetinaをオススメします。
    CPUはIntel Core m3/i5/i7、メモリは8/16G、ストレージは256/512GBと十分な性能です。CPUはi5、ディスプレイはRetinaをオススメしますが、それ以外のメモリやストレージは一番スペックが低いものでもプログラミングには十分です。価格は142,800円〜です。

    MacBook Air

    スタイリッシュさが際立つMacBookAir。Retinaモデルと非Retinaモデルがありますが、非Retinaはどうしてもじわっとボヤけた印象を受けます。プログラミングとはいえ、前述のとおり、やはりRetinaモデルをオススメします。
    CPUはIntel Core i5、メモリは8/16G、ストレージは最大1.5TBまで搭載可能です。CPUはi5でよいならば、MacBook AirのRetinaモデルは十分アリな選択肢です。

    MacBook Pro

    MacBookシリーズで最高峰のMacBookPro。あらゆる面で最高スペックです。ディスプレイは全機種がRetina搭載、CPUは一番性能が低いものでもIntel Core i5、ストレージはなんと最大2TBです。MacBook Proといえばコレ!という特徴がTouchBarです。ファンクションキーが液晶化したものというイメージで考えればよいでしょう。ただし・・・評判はイマイチで、普通のファンクションキーでよかったとの声をよく聞きます。
    フルスペックのものを選択するとかなり高額になるので、MacBookProの低〜中クラスなら、プログラミング初心者にはオススメです。

    iMac

    デスクトップ系のMacとしてはエントリーモデルになるiMac。本体とディスプレイが一体となった形です。モニターが21.5インチと27インチがあります。21.5インチは非RetinaモデルとRetinaモデルがありますが、27インチはすべてRetinaモデルです。MacBookでも触れたとおり、ぜひRetinaモデルを選択してください。
    CPUはノートPCと比べてコア数(つまりCPU内で演算する回路の数のようなもの。数が多いほど性能が良い)が高いので、安定した動作と高速性が期待できます。ストレージやメモリもノートPCと比べるとハイスペックなものも選択できます。
    大きなディスプレイは要らない、プログラミングだけできればいい、そうお考えの方は、21.5インチのRetinaモデルをオススメします。

    iMacPro

    文字通りiMacの上位版となるiMacPro。かなりのハイスペックなデスクトップPCです。iMac同様、本体とディスプレイが一体となった形です。CPUは最低でも8コア、最大18コアまでアップできます。メモリも標準が32GBで、最高は256MBとなっています。プログラミング用途としては全体的に性能過多気味のコンピュータで、価格も最低でも558,800円と高額です。プログラミング目的だけならiMacProはオススメできません。

    iMac mini

    iMacは、ディスプレイと一体型ではありません。本体は約20cm×20cm、高さは約4cmというコンパクトさですが、プログラミングには十分な性能を持っています。特にディスプレイをお気に入りのものを使いたい、といった場合に最適です。CPUはIntel Core i3〜i7、メモリは8〜64GB、ストレージは128GBから何と2Tまでのラインナップがあります。価格も安いもので89,800円というお値ごろ価格です。

    まとめ

    プログラミング初心者の場合、どのパソコンを選ぶのがいいのか、また最初に学ぶにはどの言語がいいのかなど分からないことだらけだと思います。そしてパソコン選びに迷った時はMacを選択するのがおすすめです。

    Macであれば説明書などを読まなくてもすぐにセットアップをすることができ、またプログラミング学習を始める環境をスムーズに整えることができます。

    自分にとって使い心地の良いパソコンを選んでくださいね。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料25万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE