Webサイト制作コースのお申し込みはこちら

プリセールスとは何か?


プリセールスとは、商品やサービスの販売前に顧客やクライアントとの打ち合わせや提案活動を行う営業の一環のことを指します。つまり、営業活動の中でも商品やサービスの提案段階で行うアプローチをする業務のことです。
未経験からエンジニア転職するならこちら

プリセールスの役割とは?


プリセールスの具体的な業務内容としては、顧客やクライアントの要望や課題をヒアリングし、そのニーズに合わせた商品やサービスの提案やデモンストレーション、見積もり作成などを行うことが一般的です。

プリセールスの目的は、顧客やクライアントと信頼関係を築き、最終的に商品やサービスを売るための土壌を作ることにあります。

プリセールスの具体的な業務内容とは?

顧客のニーズを把握する

プリセールスでは、まず顧客のニーズを正確に把握することが重要です。

具体的には、「どのような商品やサービスが求められているのか」「どのような問題があるのか」といったことを把握する必要があります。

このためには、顧客とのコミュニケーションを密に行い、情報を収集することが必要です。

商品やサービスの特徴を説明する

プリセールスでは、商品やサービスの特徴やメリットを説明することが求められます。

具体的には、「どのような機能があるのか」「どのような効果があるのか」といったことを説明することが必要です。

ただし、説明はあくまでも顧客のニーズに合わせて行う必要があります。

顧客の問題を解決する

プリセールスでは、顧客の問題を解決することが求められます。

具体的には、「どのような問題があるのか」「どのように解決できるのか」といったことを考え、適切な商品やサービスを提案することが必要です。

顧客の疑問や問題を解決し、信頼関係を築くことで、製品やサービスの購入率が高まります。

 

以上のように、プリセールスには、顧客のニーズを把握し、商品やサービスの特徴を説明し、顧客の問題を解決するという役割があります。
未経験からエンジニア転職するならこちら

プリセールスの難しい部分は?

技術的な知識の要求度が高いこと

プリセールスは製品やサービスについて深い知識を持ち、顧客に伝えることが求められます。

そのため、技術的な知識が求められる場合があり、専門的な分野の知識が必要になることもあります。

顧客のニーズを理解することの難しさ

プリセールスは顧客のニーズを把握し、製品やサービスの価値を伝えることが求められます。

しかし、顧客のニーズは多様であるため、それを把握することが難しい場合があります。

責任の重さ

プリセールスが行った提案が購入につながらなかった場合、営業部門に悪影響を与えることがあります。

そのため、責任の重さがプリセールスに求められることもあります。

競合との差別化

競合が多い市場では、プリセールスは製品やサービスの差別化ポイントを見つけ、それを伝えることが求められます。

そのため、製品やサービスに関する深い知識が必要になることもあります。

プリセールスの役割は、顧客に製品やサービスについて理解を深め、購入につなげることです。そのため、プリセールスには技術的な知識や営業力、コミュニケーションスキルなどが必要です。

プリセールスの成功のために必要なことは何か?

良好なコミュニケーション能力

プリセールスでは、顧客との信頼関係を構築するために、良好なコミュニケーション能力が必要不可欠です。

顧客のニーズを正確に把握し、適切な提案を行うためには、聞き上手であることや的確な質問を投げかけるスキルが必要です。

課題解決能力

プリセールスでは、顧客の課題を解決することが重要です。

そのため、商品やサービスの特徴や利点を正確に理解し、顧客に対してどのように提案すれば課題を解決できるかを考えることが必要です。

技術的知識

プリセールスは、商品やサービスの特徴や技術的な説明が必要とされるため、技術的な知識を持つことが重要です。

商品やサービスの機能や仕組みを正確に理解し、顧客に分かりやすく説明できるスキルが必要です。

プロジェクトマネジメント能力

プリセールスでは、複数のプロジェクトに同時に関わることがあるため、プロジェクトマネジメント能力が必要です。

タスクの優先順位を設定し、スケジュール管理やコミュニケーションを円滑に行うスキルが必要です。

チームワーク能力

プリセールスは、営業やマーケティングと密接に連携して業務を進めることが多いため、チームワーク能力が必要です。

自分の役割を理解し、チーム全体の目標達成に向けて協力するスキルが必要です。

これらのスキルを磨くことで、顧客のニーズを正確に把握し、適切な提案を行うことができるようになり、営業成績を向上させることができます。

また、商品やサービスの特徴を分かりやすく説明できるようになることで、顧客からの信頼度が高まり、営業成績が向上する可能性があります。
未経験からエンジニア転職するならこちら

プリセールスに必要な資格はある?


プリセールスに関連する資格や証明書を持っていることは、大きなアドバンテージになることがあります。

具体的には、IT関連の資格や認定証が有用です。

例えば、Microsoft Certified Professional (MCP) や Cisco Certified Network Associate (CCNA)、AWS Certified Solutions Architectなどの資格は、ITインフラやクラウドに関する深い理解を持つことが求められるプリセールスの仕事において、高い評価を受けることがあります。

また、ビジネスに関する知識やスキルを証明する資格として、Project Management Professional (PMP) や Salesforce Certified Sales Cloud Consultantなどが挙げられます。

これらの資格は、プリセールスに必要なビジネススキルやプロジェクト管理能力を証明することができます。

ただし、資格や証明書を取得することが必ずしもプリセールスの仕事に必要というわけではありません。プリセールスには、幅広い知識とスキルが必要であり、資格や証明書以外にも、顧客に対するコミュニケーション能力やプレゼンテーションスキル、問題解決能力などが重要な要素となります。

プリセールスになるならまずはWebエンジニアから目指してみよう

ポテパンキャンプでは未経験からエンジニア転職をしたい方向けに作られた分かりやすいカリキュラムや動画解説、現役エンジニアからのレビュー、手厚い転職サポートなどがあります。

無料プログラミング学習サイトでは学べない現場で通用するコードの書き方やポートフォリオの添削など、エンジニアとしてすぐに活躍できるようになる学習環境が整っているため、未経験エンジニアとしての転職を考えている方におすすめです。

無料カウンセリングでキャリア相談も可能なので、ぜひお気軽にお申し込みください。

未経験からエンジニア転職するならこちら

また、初心者の方でも分かりやすく楽しく学習できる『はじめてのプログラミングチャンネルbyポテパン』というYouTube動画もあります。

こちらのチャンネルでは、HTMLとCSS、JavaScript、Rubyなどを、完全プログラミング未経験のプログラミング初心者玉井夢さんに現役CTOの村上先生が優しく厳しく解説していく内容です。

このチャンネルではその他にも、ポテパンキャンプ卒業生で年収1,000万を超えるエンジニアへのインタビューや、転職活動に有利なポートフォリオの作り方なども解説しているので、気になる動画があるかチェックしてみてください。

まとめ

今回はプリセールスの役割や具体的な業務、プリセールスで成功するために必要なスキルなどについてご紹介しました。
プリセールスは顧客やクライアントと信頼関係を築き、最終的に商品やサービスを売るための土壌を作る、とても重要な業務を担います。
技術的スキルの他にもコミュニケーション力やマネジメント力、営業力など幅広い分野のスキルを求められるので、日々の自己研鑽が欠かせない業務と言えるでしょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。