Webサイト制作コースのお申し込みはこちら

要件定義とは?


要件定義は、プロジェクトや製品開発の初期段階で重要な役割を果たします。具体的には、以下のようなビジネス成功に関わる重要な要素があります。

・顧客ニーズを把握し、それに基づいた製品を開発するための基盤を提供する。
・作業の進捗を正確に予測するために必要なスコープと期間の明確化を促進する。
・プロジェクトの遅延や予算超過のリスクを最小限に抑えることができる。
・製品開発プロセスのトラッキングや進捗状況の報告を容易にする。

以上のように、要件定義は、ビジネスの成功に欠かせない要素であり、効果的な要件定義は、製品開発の成功を支援する重要なステップです。
未経験からエンジニア転職するならこちら

要件定義の方法


要件定義の方法は、大きく分けて2つあります。

トップダウンアプローチ

ビジネス目標や目的を定義して、それに基づいて製品の要件を決定する方法です。

製品のビジョンやミッションを策定し、ビジネス戦略と連動した要件を洗い出すことができます。

ボトムアップアプローチ

ユーザーのニーズや要望を収集し、それに基づいて製品の要件を決定する方法です。

ユーザーインタビューやユーザーシナリオを作成し、ユーザーが抱える問題を特定して要件を洗い出すことができる。

要件定義の手順

ステップ1 : ビジネス要件の明確化

製品が達成すべきビジネス上の目標を定義します。

ビジネス戦略、競合環境、顧客ニーズなどを調査する段階です。

ステップ2 : ユーザー要件の収集

ユーザーインタビュー、ユーザーシナリオ、フィールド調査などの方法でユーザーのニーズを収集します。

ユーザーが直面する問題や課題、欲しい機能や要件を特定します。

ステップ3 : 機能要件の定義

製品に必要な機能を定義します。

機能の優先度や依存関係、制約事項などを明確にします。

ステップ4 : 非機能要件の定義

機能以外の要件を定義します。例えば、パフォーマンス、セキュリティ、使いやすさなどです。

各要件に対して、数値目標や品質基準を設定します。

ステップ5 : 要件仕様書の作成

収集した要件をまとめて要件仕様書を作成します。

仕様書は、プロジェクトの顧客や関係者によって承認されます。承認後、仕様書を基に、ソフトウェアの設計や開発が行われます。

ステップ6 : システムの基本設計

要件定義が終わったら、システムの基本設計に入ります。

基本設計では、システムがどのように構成されるのか、どのような機能が必要なのか、どのようにデータが流れるのかなどを詳細に設計します。基本設計が終わったら、システムの詳細設計に入ります。

ステップ7 : システムの詳細設計

詳細設計では、基本設計で設計した機能やデータの流れを細かく設計します。

具体的には、各機能の画面設計やデータベースの設計などを行います。詳細設計が終わったら、システムの開発に入ります。

ステップ8 : システムの開発

開発では、詳細設計で設計した通りにシステムを実装していきます。

開発には、プログラミング言語やフレームワークを使って、機能の実装やデータの処理などを行います。開発が終わったら、テストに入ります。

ステップ9 : システムのテスト

テストでは、開発したシステムが要件定義や設計通りに動作しているかを確認します。

具体的には、動作テストや負荷テストなどを行い、バグを修正していきます。

ステップ10 : システムの運用・保守

システムが完成したら、運用・保守に入ります。運用・保守では、システムの運用管理や障害対応、改善などを行います。

以上が、一般的な要件定義の方法と手順になります。

企業やプロジェクトによっては、手順やフェーズの進め方が異なる場合もありますが、要件定義はプロジェクトの成功に欠かせない重要なフェーズです。

適切な手順で行い、問題を事前に解決することで、システム開発の成功につながります。

未経験からエンジニア転職するならこちら

要件定義のポイント

目的とスコープを明確にする

要件定義の最初の段階で、プロジェクトの目的とスコープを明確に定義することが重要です。これによって、プロジェクトの成功を判断するための基準が明確化されます。

ユーザーのニーズを理解する

プロジェクトの成功は、ユーザーのニーズを理解しそれに応えることができるかどうかにかかっています。

要件定義においては、ユーザーのニーズを把握するための調査やインタビューを行い、ユーザーの視点を反映した要件を定義することが重要です。

要件の可視化と整理

要件定義においては、要件を可視化し、整理することが重要です。

要件を可視化することによって、要件間の依存関係や優先度を明確にすることができます。また、要件を整理することによって、重要な要件を見落とすことがなくなります。

優先順位の設定

要件定義においては、要件の優先順位を設定することが重要です。

これによって、限られたリソースを最適に活用し、重要な機能を優先的に実装することができます。

検証と確認

要件定義が完了したら、検証や確認を行うことが重要です。

これによって、要件がユーザーのニーズを反映しているかどうか、また実現可能な要件であるかどうかを確認することができます。

また、要件に不備があった場合は、早期に修正することができます。

以上が、要件定義における重要なポイントです。

要件定義には時間と労力がかかる場合がありますが、しっかりと行うことによってプロジェクトの成功につながる重要なステップとなります。

要件定義で注意すべきこと

スコープの明確化

どの機能や要素を対象に要件定義を行うか明確にすることが重要です。

無駄なスコープを除外することで、プロジェクトの見積もりやスケジュール管理が正確になります。

ステークホルダーの確認

プロジェクトに関わるステークホルダーを確認し、それぞれの要求やニーズを把握することが必要です。

また、ステークホルダー間での優先順位や相反する要件がある場合は調整が必要です。

要件の詳細化

要件を詳細に記述し、一貫性と明確性を確保することが重要です。

要件が不明瞭だと、後々の仕様変更や修正が困難になります。

ドキュメントの管理

要件定義のドキュメントは、プロジェクトの進行や変更管理に必要です。

ファイル名やバージョン管理、ファイルの共有方法を事前に決定しておくことで、スムーズな管理が可能になります。

確認と承認のプロセス

要件定義書は、ステークホルダーからの確認と承認が必要です。

そのために、定期的なミーティングや進捗報告の方法を確定しておくことが重要です。

これらの点に留意しながら要件定義を行うことで、プロジェクトの成功につなげることができます。
未経験からエンジニア転職するならこちら

実際のプロジェクト例を紹介

例1 : ECサイトの開発

目的 : 新規ECサイトを開発すること

要件定義のポイント : 

・ショッピングカート機能を実装すること

・会員登録・ログイン機能を実装すること

・商品の検索機能を実装すること

・クレジットカード決済を実装すること

・配送先住所登録機能を実装すること

・注文履歴確認機能を実装すること

・レビュー機能を実装すること

例2 : ソーシャルアプリの開発

目的 : 新規のソーシャルアプリを開発すること

要件定義のポイント : 

・ユーザー登録機能を実装すること

・ユーザー同士のコミュニケーションを行う機能を実装すること

・ゲーム要素を取り入れること

・画像や動画の投稿機能を実装すること

・検索機能を実装すること

・投稿された内容を編集・削除する機能を実装すること

・広告表示機能を実装すること

これらの例から、要件定義はプロジェクトの目的や目標に応じて必要な機能や要件を明確にすることが重要であることがわかります。

要件定義するならまずはプログラミングから

ポテパンキャンプでは未経験からエンジニア転職をしたい方向けに作られた分かりやすいカリキュラムや動画解説、現役エンジニアからのレビュー、手厚い転職サポートなどがあります。

無料プログラミング学習サイトでは学べない現場で通用するコードの書き方やポートフォリオの添削など、エンジニアとしてすぐに活躍できるようになる学習環境が整っているため、未経験エンジニアとしての転職を考えている方におすすめです。

無料カウンセリングでキャリア相談も可能なので、ぜひお気軽にお申し込みください。

未経験からエンジニア転職するならこちら

また、初心者の方でも分かりやすく楽しく学習できる『はじめてのプログラミングチャンネルbyポテパン』というYouTube動画もあります。

こちらのチャンネルでは、HTMLとCSS、JavaScript、Rubyなどを、完全プログラミング未経験のプログラミング初心者玉井夢さんに現役CTOの村上先生が優しく厳しく解説していく内容です。

このチャンネルではその他にも、ポテパンキャンプ卒業生で年収1,000万を超えるエンジニアへのインタビューや、転職活動に有利なポートフォリオの作り方なども解説しているので、気になる動画があるかチェックしてみてください。

まとめ


今回は要件定義の方法から手順についてや、ポイントや注意すべきことなどについて解説しました。

プロジェクトや業界によって要件定義の内容は若干変わってきますが、要件定義はプロジェクトの成功に欠かせない重要なフェーズです。

興味がある方はぜひ一度詳しく調べてみてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。