バナー画像

「エンジニア(engineer)」を日本語に訳すと、「技術者」や「技師」ということになります。

エンジニアは、土木や電気・電子、機械、化学、情報などの工学分野において、それらの理論を実践することで、人々に有用なものを創ってくれる技術者を指しますが、ここではIT分野のエンジニアについて紹介します。

この記事の結論
  • ITエンジニアの仕事には、システムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニアなどがある
  • プログラマーは、実務経験がなくともプログラム言語を勉強、作成した経験があればある程度スキルを身につけられる
  • 未経験からエンジニア転職を成功させるには、ITに強い求人サイトの利用や、転職エージェントを活用する

そもそもITエンジニアの仕事とは

IT分野のエンジニアには、いろいろな職種があり、それぞれで役割が違います。その代表的なエンジニアを5種類紹介します。

システムエンジニア

「システムエンジニア」とは、その名前の通り、製作するシステムの設計から始まり製作、試験までを一貫して担うエンジニアのことです。システムは、人間が行う仕事をコンピューターに代替させるために製作されるものです。経理や予算、スケジュールの管理、勤怠管理や決済などさまざまな仕事をコンピューターに賄わせることです。仕事をコンピューターにさせようとするとき、コンピューターを動かさなければなりません。

そのとき、最初に行うのは仕事内容を分析して、どのように処理されているのか処理を具体化していくのです。書類のやりとりの経路、管理しているデータの種類や数などといった仕事の流れの情報を詳細に分析することです。分析した結果を整理して、コンピューターで処理させる準備から方針、方法などを決めていきます。システムエンジニアの仕事は多岐にわたり、システムエンジニアはコンピューターの知識だけではなく、IT分野以外の仕事内容にも精通している必要があります

プログラマ―

「プログラマー」とは、コンピューターに解読させる「プログラミング言語」を用いてプログラムを作成してさまざまなシステムやソフトウェアを製作することを職業とする人です。プログラミング言語には仕様目的で向き不向きがあり、C#、Java、PHP、Rubyなどたくさんの種類があります。しかし、プログラマーはプログラミングに強いだけでは務まらないことが多いです。システムエンジニアが作成した設計書を読み解く力も必要ですし、場合によってはシステムエンジニアと一緒に設計を担うこともあります。

ネットワークエンジニア

「ネットワークエンジニア」はその名の通り、システムが利用するネットワークの設計や構築、運用保守などを担うエンジニアです。現在では、どこの企業でもネットワークシステムは欠かせないものになってきています。ネットワークエンジニアはシステムエンジニアとともにシステムの設計や構築に携わることが多く、堅実な運用や保守が求められる非常に専門性が高い仕事です。

データベースエンジニア

昨今、データベースは話題になっていますが、データを有効に活用するためには欠かすことがでません。「データベースエンジニア」は、データをシステムでどのように格納して、どのように扱うのかといった、システムエンジニアとともデータベースを設計、構築するエンジニアです。

さらには、データベースの運用や保守の仕事も請け負います。データベースエンジニアの仕事には、データベースの処理を分析してシステムの性能を最大限に発揮させるチューニングという仕事も含まれます。この仕事も、非常に専門性が高い仕事です。

Webエンジニア

「Webエンジニア」は、Webに関して造詣が深いエンジニアや、システムエンジニアの中でもWebを利用したシステムに特化した仕事をするエンジニアです。Webを利用したシステムを設計して構築する場合は、インターネットブラウザや関連するアプリケーション、ネットワーク、セキュリティ対策などの専門性が高い知識が必要です。

【関連記事】
システムエンジニア(SE)とプログラマーの違いは?仕事内容や年収について

未経験から転職しやすいエンジニアの職種

IT分野に関係するエンジニアには、専門のスキルが必要です。ITのエンジニアの中でシスエムエンジニアやネットワークエンジニアなどは、業務経験を積んでいることも必要です。言語を用いてプログラミングしていくプログラマーが、未経験から転職しやすい職種です。

プログラマーは、他のエンジニアと違って、業務経験が無くても自分自身でプログラム言語を勉強してプログラムを作成するスキルを身に着けることができます。勉強するにしても、目的にあった講座や専門学校などに通ってもいいし、教材が整っているので独学も可能です。

【関連記事】
未経験からプログラマーになるにための心得とは?

未経験からプログラミング技術が学べるスクールはこちら

エンジニアに必要な能力・スキル

ITエンジニアとして、基本的に持っておくべきスキルは、言語やマネージメント、コミュニケーションの3つあります。

プログラミング言語

人の社会生活でも言語が基本ですが、IT分野でも同じです。プログラミング言語は、Java、PHP、JavaScriptをはじめ、HTML/CSS、Linux、MySQLなど多種多様です。必要な言語は、エンジニアとしてどの分野で活躍したいかによっても変わってきます。例えば、最近普及すさまじいスマートフォン向けのアプリケーション作成に興味がある場合は、JavaやRuby、Python、CおよびC++といった言語が必要です。

マネージメント力

エンジニアとして実績を踏んでいくと、マネージメントされる側からマネージメントする側に変わってきます。案件の進捗管理をはじめ、プログラマーなど関係者への指示、業務の振り分けや人員管理、設計書を含めた文書の管理や作成の能力などのマネージメント力が求められます。プロジェクトが円滑に進むように管理するのが、マネージメントの業務です。案件にはそれぞれ納期があり、〆切までに納品できるように業務の状況を常に把握することは必要不可欠です。

コミュニケーション能力

システムエンジニアになると、プログラミングしてプログラムを作成するだけでなく、クライアントとの交渉や他部門との連携、プログラマーなど関係者への指示など対人業務が自然と増えていき、円滑なコミュニケーションが必要になってきます。

エンジニアに向いている人のタイプ

ITエンジニアには、一般の人から見ると、長時間パソコンに向き合ってずっと仕事をしているというイメージがあります。では、どんなタイプの人がITエンジニアに向いているのでしょうか?

集中力のある人

ITエンジニアは専門性が高く、細かな情報をこなす仕事で、周囲に気を取られたりするとミスが発生してしまいます。ミスを見つけ出す苦労は、並大抵なことでなく、多くの時間を要してしまうかもしれません。

調べるのが得意な人

IT分野の技術は、使用する機器ばかりか対処する方法が日進月歩です。そのため、インターネットなどから情報を収集することが必要です。

コミュニケーション力のある人

ITエンジニアは人と話すことが多いので、自分の思っていることや考えていることを的確に相手に伝えることが重要な職種です。

問題解決能力がある人

作成したプログラムから思うような結果が得られないときに、〝どうしてなのか〟、〝何がいけなかったのか〟、と自ら考える力が必要です。

未経験からエンジニアになる方法

未経験からエンジニアを目指すには、取っ掛かりが重要になります。取っ掛かりにしくじると、時間が多くかかったり、希望の職種に就けないことが生じます。

ITのエンジニアならば、まずはプログラマーを目指すことがオススメです。プログラマーの基本は、使用する言語をマスターすることです。言語を用いてプログラミングしていくプログラマーが、未経験から転職しやすい職種です。プログラマーは、他のエンジニアと違って、業務経験が無くても自分自身で勉強してプログラムを作成するスキルを身に着けることができます。勉強するにしても、目的にあった講座や専門学校などに通ってもいいし、教材が整っているので独学も可能です。

【関連記事】
未経験でもプログラマーになれるの?採用のポイントや求人の探し方、注意点は?

現役エンジニアからフィードバックが受けられるプログラミングスクールはこちら

未経験からの転職を成功させるポイント

未経験からの転職を成功させるには、就職サイトや転職サイトを活用することをオススメします。多くの求人サイトからどれを選ぶかによって、転職活動がスムーズに進むか、成功するか結果が違ってきます。

求人サイトの選択コツ

求人サイトにも、得意な分野と苦手な分野があります。IT業界に強い求人サイトもあれば、反対にITとは関係ない職種に強いサイトがあります。未経験からプログラマーを目指す場合は、自分の年代や経験に合わせて選択することです。

求人サイトの選択では、複数の求人サイトを併用しておくのもコツです。企業の求人というのは全ての求人サイトに掲載されているわけではなく、特定の求人サイトでしか扱っていないこともよくあります。

社会人経験がある場合は転職エージェントを活用

転職エージェントとは、専門の転職コンサルタントがあなたに適した求人を紹介してくれるサービスです。通常の転職サイトでは、自分で求人を探して、自分で応募する方法ですが、転職エージェントは、あなたの適性や経験を客観的に評価して求人を紹介してくれます。そのため、自分で職業を探す必要がなく、その空いた時間でスキルアップの勉強に励むこともできます。

転職エージェントのサービスは無料で利用できるので、転職を考えたらまずは登録だけでもしておくことをオススメします。

転職サポートのあるプログラミングスクールはこちら

未経験OKの求人の探し方

未経験の人が求人探しするとき、「未経験OK」や「未経験者歓迎」といったキャッチコピーの求人情報を多く見ませんか?しかし、「未経験OK」という求人情報の全てが、本当に未経験者を歓迎しているのかというと、一概にはそうでない場合もあります。

「未経験OK」や「未経験者歓迎」の求人情報を出している企業には、いくつかの狙いや事情がある場合があります。その例として、応募先の企業側が単に応募数を増やしたいために、「未経験OK」や「未経験者歓迎」という求人情報を出しているケースがあります。労働環境が厳しい企業とかで、応募条件を付けてしまうと、求人情報に応募者が来ない可能性があるためです。

企業としては、〝未経験者よりは、経験者が欲しい〟というのが本音で、応募者に同じ業界の経験者がいた場合は、そちらを優先的に採用するのが普通です。また、仕事の内容が単純で簡易なもので専門的な知識や技術を必要としない場合も、「未経験者OK」の求人情報を出す場合があります。

社会人としての経験が少なく、特にこだわりの職種や業界がないのであれば、まずはこのような求人情報に応募し、就職や社会人としての実績を作るのも、ひとつの方法だと言えるでしょう。また、「未経験者OK」の中には、決して簡単な業務ではないものの、スキルや経験よりも、本人のやる気やコミュニケーション力を重視して採用している企業も存在します。このようなタイプの求人情報は、未経験者にはオススメな求人サイトです。

ウェブ系企業への転職内定率100%のスクールはこちら

まとめ

これまで、ITのエンジニアにおける仕事の内容から転職する場合の要領を紹介してきました。高校や大学の新卒を除いて、新たな職業を求める場合には転職エージェントに登録することをオススメします。
転職エージェントからの連絡を待つ間に、必要なスキルアップをしておき、就いた職業に早くなれるようにすることも大事なことです。

独学でプログラムを学ぶのは無理そう…というあなたは、ポテパンキャンプのようなオンラインスクールを利用して効率的に学ぶことを検討しましょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。