バナー画像

仮想化、クラウドなど、イユフラの仕組みは複雑さを増しており、サーバーエンジニアの役割はさらに多様化していってます。政府による DX化の推進により、ますます世の中の IT化が進むことが予想され、それに伴いサーバーエンジニアの需要も増していくでしょう。

今回は数あるエンジニア職種の中でも、次々に出てくる新しい技術・トレンドに対応しながら、限りなく頑強なセキュリティと安定性を求められるサーバーエンジニアのこれからについてお届けします。

この記事の結論
  • サーバー機器の設計・構築・運用が主な業務
  • サーバーエンジニアは、社会のインフラをささえる仕事
  • 平均年収は20代で400万円、30代で500万円程度
  • IT化進む現代ではサーバーエンジニアの需要も伸びている

サーバーエンジニアとは

サーバーエンジニアは、コンピューターシステムを運用するサーバー機器を構築したり、サーバーソフトの設定を行う人で、サーバシステムの設計・構築・運用のほか、冗長構成、負荷分散構成の設計・構築・運用 、障害が発生した際の対処、セキュリティ対策など、仕事は幅広いものです。

様々な性能要件を満たすために、どのようなシステム構成にすべきかについて答えを導き出すプロセスが醍醐味な仕事です。サーバーエンジニアのみならず、インフラの知識はITエンジニアとして生きていくなら絶対に身につけておくべきです。

「クラウド」や「仮想化」など、IT業界に身を置く人であればホットな、むしろ当たり前のキーワードと言えるでしょう。このような大きな動向の中、サーバーエンジニアの役割も少しずつ変化しつつあります。これからの時代は、クラウドを支えるサーバエンジニアになるということです。

ネットワークエンジニアとの違い

ネットワークエンジニアは「ネットワークシステム」に特化したエンジニアのことです。コンピューターネットワークのシステム構築や保守管理などを行う技術者のことです。システムの設計から構築、運用、保守に至るまで全作業を請け負うため、他のエンジニア職とは一線を画す独自性があります。

対して、サーバーエンジニアは「サーバーシステム」に特化したエンジニアのことです。どちらかというとサーバーエンジニアはシステムよりです。ネットワークエンジニアは経路上の部分すべてを指し、あるサーバーからあるサーバーまでの道のりの部分がネットワークです。箱(サーバ)担当と足回り(インフラ=ネットワーク)担当といったイメージです。

サーバーエンジニアの仕事内容

構築業務

サーバエンジニアの業務内容は基本的には構築業務と保守業務です。まずはサーバ構成の設計です。サーバを構築する際、サーバのスペックや台数(処理能力)などはプログラマー等と相談しながら一緒に考えます。その上でサーバエンジニアは、ネットワーク回線の太さや利用電源容量、希望の可用性とコストのバランスが見合っているかなどを確認し、実際に運用するとき困らないように構成を考えます。そして設計での計画に基づき構築を行います。サーバが無事に稼動するかのテストまでが仕事に含まれます。

保守業務

次に保守業務についてです。通常、サーバーエンジニアとしてのキャリアを歩み出す際に、初めはサーバの運用や監視からスタートします。マニュアルに基づくトラブル対処が主なタスクとなります。そして知識と経験を蓄積した後に、サーバの構築・設計へとステップアップしていきます。

これからの時代にサーバーエンジニアとしてキャリアを歩むならば、クラウドをはじめとした今後のIT業界の大きなトレンドを慎重に見極め、適切な選択をしていきましょう。なぜならば、今後のキャリアを考える上でクラウド環境の充実化が重要だからです。現在、インターネット上でサーバーをレンタルできるだけでなく、CPUやメモリの増減を自由に変更できるサービスが浸透してきています。その先駆け的存在はAmazonによるAWSでしょう。

【関連記事】

サーバーエンジニアの仕事って一体どんな内容なの?
未経験からのIT転職に強いスクールはこちら

サーバーエンジニアのやりがい

サーバーエンジニアは、ITのインフラを作っています。日常生活上で言えば、水道、電気、ガスなどライフラインと言われるもの、施設では、電源、空調などです。社会の利便性や安全性は私たちが思っている以上にインフラに依存しています。つまりサーバーエンジニアは社会貢献度が高い仕事と言えるのです。

サーバーエンジニアの大変なところ

インフラは基本的にはチームで行うものです。ゆえに、チームとしての協調力、コミュニケーションをとる力、柔軟性が重要な要素となります。また、チームをまとめるリーダーシップや、クライアントとの折衝も担います。これら関係各者と上手くやり取りしながら仕事を進めることは、サーバーエンジニアの大変なところと言えるでしょう。

サーバーエンジニアの平均給与・年収

サーバーエンジニアの平均年収は20代で400万円、30代で500万円程度です。もちろんこれらは平均年収であるため、契約形態やスキルによって金額は大きく変わります。アプリケーションエンジニアもそうですが、設計を中心とした上流工程やマネジメントスキルがあると単価は上がります。

また、サーバーエンジニアの1つの特徴でもありますが、障害対応や運用中の不測の事態における対応力、ミスなく業務を遂行できることなどの要求がなされることも多く、より専門的な技術知識を保有していると年収アップも狙えます。

【関連記事】

サーバーエンジニア年収とは?仕事内容・キャリアパスについて

サーバーエンジニアに必要な能力・スキル

サーバーエンジニアは、担当するサーバーの種類によって必要な知識やスキルが異なります。サーバーの種類としては主に、データベースサーバー、Webサーバー、アプリケーションサーバー、ファイルサーバーなどが挙げられます。しかし、どのサーバーを扱う場合も、OSの知識やネットワークとセキュリティの知識は必須です。アプリケーションサーバーの場合は上記の知識に加えて、アプリケーション開発の知識や技術も必要となります。

サーバーエンジニアに向いている人

サーバインフラというのは、新しい言語が出てくるというものでもありませんので、ノウハウの積み重ねといった側面が強く、それだけ経験が問われるという業務でもあります。IT業界の動向をみながら自分を変化させつつも、地道な積み重ねが出来る方が向いています。

サーバーエンジニアの将来性

IT技術のトレンドはまさに日進月歩。それはサーバーエンジニアにとっても同様です。やはりサーバーエンジニアにとっての近年の大きな動向としては、「クラウド」、そして「仮想化」でしょう。サーバーは今後さらに強固なセキュリティが求められます。不正侵入、情報漏えい、サーバアタックなど、時折ニュースにもなる話題です。次々に出てくる新しい技術・トレンドに対応しながら、限りなく頑強なセキュリティと安定性を追求し続けるサーバ系エンジニアは、IT社会において不可欠な存在です。

また、これらの時代の流れに伴い、企業はインフラにかけるコストの増加は免れません。つまり、強いインフラこそが企業競争力の源泉になるといっても過言ではないのです。そうはいっても、このご時世、企業側もコストについては厳しくならざるを得ません。そこで求められるのが、事業の収益構造を理解し、システム投資の予算内で取りうる手を提案できるエンジニアなのです。
未経験からのIT転職に強いスクールはこちら

サーバーエンジニアのキャリアパス

これまでお伝えしてきた通り、サーバーエンジニアの役割はさらに多様化し、重要性を増すでしょう。「インフラはなくならない」という当たり前の事実を理解すれば自明のことです。どれだけ仮想化やクラウド、自動化が進んでも新しいタイプの技術者が必要なのです。一方で、単純なネットワークの設計構築が減ってきているのは事実です。業界の動向を見極め、確実にそこで求められる領域に身を置くことが大切なのです。

フリーランスのサーバーエンジニアの場合、長期間でシステムの動きを見るよりは、短期間で次々と試して回るのが好きな人が向いているかもしれません。なぜなら、常駐して長期間サーバーの保守をするというよりも、短期間のプロジェクトが多いからです。このようなスタイルですと、知的欲求と好奇心に溢れる方にとっては非常に魅力的でしょう。あらゆる現場のサーバーを触ることができ、さらに1つの企業のレギュレーションの縛られずにいられるため、とても勉強にもなります。

また、サーバエンジニアとして培ったスキルや知識をサーバの運用管理以外に活かすというキャリアも存在します。例えば、クラウドサービスを使いこなすエンジニアリングや、データの活用や、サービスの利用、改善をアシストするようなコンサルティングという選択肢もあります。サーバエンジニアはサーバーという道具の活用方法に関する知見も豊富なので、技術以外に、付加価値を高めて自己アピールしていくといった道もあるのです。

ポテパンキャンプ」では無料カウンセリングを実施しております。サーバーエンジニアからWEBエンジニアを目指している方も、短期間で転職を実現できるカリュキュラムが揃っています。

未経験からのIT転職に強いスクールはこちら

サーバーエンジニアになるには

サーバーエンジニアの仕事を構築と運用・保守に分けましたが、構築業務のほうが高いスキルを求められます。構築というのはお客さんの要望や目的のシステムに合わせてサーバー環境を「ゼロ」から考えなければいけないため、サーバーに関するスキルだけでなく、ネットワークやデータベース、ソフトウェアの知識なども必要になります。

それに対して、運用・保守業務ではすでにサーバー環境は出来上がっているわけですから、基本的にはマニュアルに沿って仕事を進めることになります。そこで、未経験からサーバーエンジニアになるには、まずは運用・保守業務から初めて徐々に知識やスキルを伸ばしていき、ゆくゆくは構築業務を担うというのがいいかと思います。

サーバーエンジニアの求人の探し方

サーバーエンジニアの求人は、エンジニアの求人が多いIT系の転職サイトやIT業界専門の転職エージェントで探すのが一般的です。また、規模は小さくても転職の実績の豊富な転職コンサルタントにサポートをお願いする方法があります。自分で求人を探すだけでなく転職のプロにサポートをお願いしたほうが転職が成功する確率が高くなります。

まとめ

サーバーエンジニアの業務内容や、サーバーエンジニアになるためのポイントについて解説してきました。ITが進む現代において、今後ますますサーバーエンジニアの需要も増えていくことでしょう。

求められるのは、事業の収益構造を理解し、システム投資の予算内で取りうる手を提案できるエンジニアです。業界の動向も見据えた上で、どこに自分の強みをおいていくのか、この機会に改めて考えてみるのも良いでしょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。