プログラマの転職情報まとめ【保存版】
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.12.04

    プログラマの転職情報まとめ【保存版】

    この記事では、IT業界のプログラマの転職に関する情報をまとめました。

    「プログラマ」の定義は各サイトなどによって様々となっており、注意が必要です。例えば、コードを入力するプログラミングのみを行う人をプログラマと呼ぶケースもありますし、IT業界全般で技術的な業務に関わっている人全てを対象として「プログラマ」と呼ぶケースもあります。

    この記事での「プログラマ」の定義は実際に開発業務としてコーディングなどプログラミングを行う人のことを「プログラマ」と定義して解説をしていきます。

    そのため、例えば要件定義や基本設計などの設計業務を行う職種は「プロジェクトマネージャ」や「システムエンジニア」として別のページで解説をしていきますので、そちらを参考にしてください。

    プログラマとは

    まずは、プログラマとは具体的にどのような職種なのかについて解説を行い、次に実際のプログラマの仕事内容などをご紹介します。

    プログラマとは

    プログラマとは上記の定義でも解説をしましたが、実際に開発業務としてコーディングなどを行う人を差します。

    会社などによっては一部、詳細設計など細かな設計業務をプログラマが行う事もありますが、それはプログラマでも経験豊富な人が行うため、一般的なプログラマについては、設計や仕様にそってコーディングを行うこととなります。

    扱う言語としては、特に決まっていませんので、プログラミング言語を用いて開発を行う人のことをプログラマと称します。

    一般的な言語としてはJavaやC、C++、PHPなどが挙げられますが、その他にも数多くの言語があります。

    一般的なプログラマは一つの言語だけでなく、複数の言語を使えるケースがほとんどとなっています。ですが、案件的にはJavaやPHPなどの人気のプログラム言語に集中するため、このような人気のプログラム言語であれば1つだけしか使えない人であっても、何ら問題はありません。

    プログラマの仕事内容

    基本的には、プログラマの場合、機能毎や画面毎に担当が割り振られますので、その機能を実装していくことが求められます。

    チームリーダーやシステムエンジニアとどのようなコーディングをしていけば良いのか相談をしながら、コーディングを進めていくことになります。

    プログラマの場合は多くの時間をPCに向き合って、黙々とコーディングをしていくことになります。
    そして、1日に数回、進捗状況の確認ということでチームリーダーやシステムエンジニアにチェックをされます。

    進捗状況の確認と言っても、順調に仕事が進んでいれば、一言二言話す程度ですので、黙々と仕事を進めていきたいと言う人にはプログラマはとても向いていると言えます。

    未経験でもプログラマとして転職できる理由

    そんなプログラマですが、求人サイトや求人広告を見てみると、未経験OKの求人が数多く出ていることに気づかれた人も多いのではないでしょうか。

    プログラマは上記でも解説した通り、プログラミング言語を用いて開発を行うためプログラミングに関する専門知識が求められます。では、企業はなぜ専門知識が求められるプログラマなのに、未経験OKのプログラマ求人を出すのかを解説します。

    企業が未経験のプログラマ求人を募集する理由としては大きく分けると以下の2つになります。

    (1)プログラマ不足が深刻
    (2)独学でも、いつでも、どこでも勉強できる

    それでは、一つ一つ解説します。まず、一つ目の「プログラマ不足が深刻」ですが、言葉通り本当にプログラマは人材不足となっています。

    大手の求人広告会社の調査ではプログラマの求人倍率が5倍を超える(一人のプログラマに5社の求人)状況となっており、主要な業界では最も人手不足となっています。例えば、小売りや飲食店などと比べると一人あたりの求人数が5倍以上となっており、極めて人手不足の状況です。

    そのため、プログラマを募集している会社としては当然、経験者を採用したいのですが、ここまで人手不足が厳しい状況だと経験者を採用したいと求人を出しても採用できません。そこで、仕方なく経験が無い人を採用して育ててでも、プログラマを確保しないといけないという事情があるのです。

    次に二つ目の「独学でも、いつでも、どこでも勉強できる」を解説します。

    通常、プログラマのような専門知識が必要な職種の場合、独学で勉強することはなかなか難しいです。例えば、専門技術が必要な職人などの場合、自宅で勉強することなどは不可能です。その現場で専門の機材や工具を使って体で覚えるしかありません。ですが、プログラマの場合PCが有ればいつでもどこでも、勉強することができます。

    例えば、独学用の書籍や最近では動画でレクチャーをしてくれるサービスなどもありますので、手軽に専門的な知識を得ることが出来るようになっています。その結果、未経験の人を採用して独学用の書籍や動画で勉強をしてもらい、数週間や1ヶ月程度経過して、現場に配属していくということができるのです。

    もちろん、数週間や1ヶ月程度勉強しただけでは即戦力にはなりませんが、最低現のことはできるようになっていますので、あとは現場でリーダーの人が教えながら仕事を進めて行ければよいのです。

    この2つの理由から、プログラマは専門知識が求められる職種にも関わらず、未経験でもプログラマになれる求人が数多く出ているのです。

    プログラマの平均給与・年収

    プログラマの平均年収は300万円〜500万円程度、月収や給与では月20万〜30万円が一般的となっています。

    ですが、ここで注意しないとないのは、プログラマの場合、会社などによってその定義が大きく変わっている点に注意しましょう。

    例えば、このページで解説をしたようなプログラミングをメインに行う人もプログラマですし、IT業界全般の技術職をプログラマと呼称するケースもあるため、その幅の広さに注意しましょう。

    また、プログラマの場合は残業が多い職場が多い点にも注意が必要です。特に、残業が多い職場だと、きっちりと残業代を払ってくれる会社の場合は、残業代によって年収が大きく変わってしまう可能性もあります。

    未経験でプログラマに転職する場合に身につけておくべきスキル・能力

    では、次に未経験でプログラマに転職する場合、転職前に学んでおくべき・身につけておくべきスキル・能力を解説します。

    プログラマの場合、会社によってどんなシステムを開発するのか、非常に幅があるので、その会社に入ってみないとどんな知識が必要になるのか、決まっていないケースも多くあります。

    しかし、どの会社に入ってもプログラマとして活躍するために、必要最低限の知識はあります。特に、ITに関して全くの未経験の場合は、「ITパスポート」という資格の勉強をすることをオススメします。

    ITパスポートとは、その名の通りIT業界に入るときのパスポートのような存在で、ITに関するあらゆることの基礎的な知識を確認される資格となっています。

    そして、この資格は国家資格ですので資格の知名度は非常に高くなっており、IT業界で働く人には知らない人はいないと言っても過言ではない資格です。

    難易度的には高くはありませんので、「ITパスポート」を取得しているから、高く評価されるということはありませんが、ITの基本的なことは知っていると判断はされますので、まずは「ITパスポート」の取得がオススメです。

    また、受験者数も年間数万人が受験する資格となっており、参考書なども数多く出版されているため、勉強のしやすさと言う意味でも初心者にぴったりの内容となっています。

    何歳までならプログラマに転職できる?

    では、そんなプログラマですが、未経験で挑戦する際には何歳までなら転職できるのでしょうか。

    実際には何歳でもプログラマとして転職しようと思えば出来なくはありません。なぜならば、プログラマの場合、独学でもかなりの部分が勉強できるため、独学でしっかりと勉強して行ければ挑戦することは何歳でもできますが、現実的に何歳ごろまでが妥当かについてご紹介します。

    未経験でプログラマに転職できるとすれば若ければ若いほどよいですが、まず20代であれば転職できるでしょう。

    もちろん、20代といっても20代後半などであれば、当然独学でしっかりと勉強をしているのが、大前提となってきます。30代から未経験でプログラマを目指すとなると、かなり厳しくなってくるでしょう。
    独学でプログラミングをしっかりと勉強をしているのは、大前提となってきますが、それでも簡単には転職できません。

    なぜならば、30代から未経験で転職できたとしても、入社後にその人を教えるのは大体20代のチームリーダーやシステムエンジニアになります。そのため、30代の未経験の人が年下に教えて貰うことを気にしないかどうか、そして、20代のチームリーダーやシステムエンジニアが気にしないかどうかがポイントになります。

    ただ、IT業界の場合、人手不足の状況が続いているため、30代前半であれば内定を出してくれる会社もあるでしょう。30代後半以降になると、現実的には厳しくなるため、35歳ごろまでがギリギリのラインとなっています。

    プログラマ転職で失敗しないためのポイント

    プログラマで働くとなると、インターネットの口コミではブラックなどと記載されているケースも多く不安に思っている人も多いでしょう。

    そこで、プログラマ転職で失敗しないためのポイントをご紹介します。

    ブラック企業ではないか見極める

    まず、ブラック企業では無いかを見極めるためには、インターネットなどで口コミ情報を調べることがオススメです。

    ですが、インターネットなどで口コミ情報は全て正しいわけではありませんので、結局のところブラック企業と見極められる簡単なチェックなどはありません。

    そのため、例えば、面接の際に現場の人や上長になる人と少し話をさせて欲しいなどと要望して、実際に現場の人に会って見極めるのも良いでしょう。

    大手だからレベルが高いというわけではない

    また、IT業界の場合、案件の現場によっても大きく環境が変わってしまうことがあります。

    自社内で開発するだけでなく、顧客先で開発することもありますので、大手だからレベルが高いというわけではありません。そのため、ネームバリューで選ぶのではなく、応募する各社の面接などでしっかりと判断するようにしましょう。

    プログラマの求人の探し方

    プログラマの求人は、様々な転職サイトに数多く掲載をされています。

    そのサイトからプログラマの求人は容易に探すことができますが、さらにプログラマに特化して求人を探す場合には、IT業界に強かったり、IT専門の求人サイトもありますので、そちらを中心に探すと良いでしょう。

    また、プログラマの求人といっても扱うプログラミング言語も多種多様ですので、自分の得意とする言語や環境などがある場合には、そのキーワードも一緒に入れて検索をしてみるとよいでしょう。

    最後に

    この記事では、プログラマの転職情報や求人に関して、解説を行いました。

    特にプログラマの場合、未経験でも挑戦できる求人が数多くあるのが特徴です。未経験で挑戦をしてみたいという方は、まずITパスポートなどの勉強からはじめてみるとよいでしょう。その上で、もっとやってみたいなどと思うようになれば、プログラマに転職してみるのも良い選択肢です。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア

    関連ワード

    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE