バナー画像

アプリケーションは多かれ少なかれみなさん触れたことがあるほど幅広く利用されており、近年需要の高い分野の1つです。

本記事では、アプリケーション開発エンジニアとして転職・就職を考えている人のために、求人情報や必要となるスキルについて詳しくご紹介していきます。

この記事の結論
  • アプリケーション開発エンジニアといっても仕事内容は様々
  • アプリケーション開発が出来れば活躍フィールドは広い
  • 人材不足も深刻で需要も高く将来性が高い
  • アプリケーション開発者にとって問題解決能力・インプット能力・忍耐力が大切
  • 未経験からでも働ける企業はある

アプリケーション開発エンジニアの仕事内容

アプリケーション開発エンジニアとは、ITシステムの中で機能するアプリケーションを開発するエンジニアのことです。ただしアプリケーション開発という仕事の範囲はとても広く、同じアプリケーション開発エンジニアという職種でも、仕事内容は業種などによって全く違います。

アプリケーション開発の一つとして「Webアプリ開発」という業務があります。スマホなどにインストールする必要がなく、SafariやChromeといったブラウザ上で利用することができるのが特徴です。

またiPhoneやAndroidといった、スマートフォン上で利用できるアプリケーションを開発する「ネイティブアプリ開発」といった業務もあります。Webアプリとはまだ違うプログラミング言語を使用し、またiPhoneアプリをリリースする際はapple社の審査を通す必要があります。

そして依頼された課題を解決するために、法人向けにアプリケーション開発を行うのが「業務系アプリ開発」です。企業内の業務システムの効率化などをするために開発を行います。

どのような仕事内容であっても、アプリケーション開発をする際にはシステム設計、プログラミング言語による実装、開発したシステムの動作確認を基本的に行います。

また開発したアプリケーションの運用確認・保守も仕事に入ります。またクライアントに要望されたアプリケーションをつくる場合、クライアントとコミュニケーションを取る必要もあります。

【関連記事】
アプリ開発の仕事とはどのようなものなのか?

「アプリ開発の仕事内容をもっと知りたい」といった方は、「ポテパンキャンプ」での無料カウンセリングで相談してみてください。

アプリケーション開発エンジニアの将来性

これからアプリケーション開発エンジニアとして働くことを考えている人にとって、この職種はずっと食べていけるのか、転職はしやすい職種なのかなど、将来性は気になるところです。

アプリケーション開発エンジニアの特徴としてまず挙げられるのは、活躍フィールドの広さです。今は業種を問わず多くの企業が独自アプリケーションをリリースしています。特に応用性の高いWebアプリ開発の求人の多さは他アプリケーション開発より圧倒的に多いです。ポータルサイトやオンラインショップの構築など、企業がインターネット上でサービスを発展させるためにWebアプリ開発は欠かせません。

またネイティブアプリ開発、業務系アプリ開発にも将来性は見込めます。毎日私たちはスマホを見てニュースを確認し、友人とやり取りをし、面白いコンテンツで時間を潰します。1日に自分がどのくらいスマホを見ているのか思い出せば、そのアプリを開発するエンジニアの需要の高さは明白です。

そして私たちの社会はより便利な、より生産性を高める方向へと向かっています。なので業務効率化といった無駄な作業をなくしていく業務系アプリ開発はこれからも必要とされつづけるでしょう。アプリケーション開発エンジニアという職業の将来性に関しては安泰といえます。むしろこれから需要はさらに高まり、人材不足に悩む職業といえます。

アプリ開発の求人で求められるスキルを身につけるならこちら

アプリケーション開発エンジニアに求められる能力

アプリケーション開発エンジニアは一体どのような能力が必要なのか、特に重要な能力3つを紹介します。

①:問題解決能力

アプリケーション開発エンジニアという仕事は、常に目の前にある問題を解決することが求められます。

クライアントが求めているアプリケーションをつくるにはどうしたらいいのか、実装中に出てきたバグ(不具合)はどうやって解決すればいいのか。解決しては出てくる目の前の課題に、論理的思考で取り組む姿勢が大切です。

②:インプット能力

アプリケーション開発を行うために必要なプログラミング言語は次々と新しい言語が生まれます。プログラミング言語だけではなく、日々更新されるアプリケーション開発に関わる新たな技術、情報を取得していく必要があるのです。

アプリケーション開発の幅を広げるためには常に新しい言語、情報を学ぶ必要があります。常に情報をインプットする力はとても重要です。

③:忍耐力

アプリケーション開発エンジニアは長時間パソコンと向き合い、コードを書くことが仕事の一つです。バグ(不具合)が出たらネットや本で原因を調べ、解決するという作業を繰り返します。

一つの開発が終わった時の達成感は大きいですが、そこに至るまでの忍耐力がアプリケーション開発エンジニアには必要です。

【関連記事】
アプリ開発エンジニアってどんなことやるの?必要なスキルや年収

「アプリ開発エンジニアに求められる能力をもっと知りたい」といった方は、「ポテパンキャンプ」での無料カウンセリングで相談してみてください。

アプリ開発の求人で求められるスキルを身につけるならこちら

求人を探してみよう!

年々アプリケーション開発エンジニアの需要は高まっており、未経験からでも働くことができる企業はあります。またすでに一つでもプラグラミングの言語を学んだ経験がある、もしくはアプリを開発した経験があるのなら、その経験をしっかりとアピールしましょう。

無理かもしれないとは思わずに、まずは求人サイトなどを探してみてくださいね。

まとめ

本記事では、アプリ開発の求人情報について、将来性や必要な能力についてご紹介してきました。

プログラミングスキルは求められますが、未経験からでも十分に就職出来る業界でもありますので、しっかりとスキルを身に付け積極的にチャレンジしてみてください。

アプリ開発の求人で求められるスキルを身につけるならこちら

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。