アプリ開発の仕事とはどのようなものなのか?
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.12.13

    アプリ開発の仕事とはどのようなものなのか?

    エンジニアの方の中にはゲームや、いつも自分が使っているようなアプリの開発に関わりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。確かに、身近で使うサービスだからこそ想像もしやすく、自分のアイディアを活かしたいですよね。

    そうはいっても、アプリを作るのはなんだか特別な資格や技術が必要だったり、プログラミング言語をちゃんと使えてコードが書けないといけないんじゃないかと思っている人もいるかもしれません。しかし、実はアプリ開発の仕事は、思っているよりも気軽にすることができるんです。

    それでは一体アプリ開発の仕事内容はどういったものなのか、そして、どのようなスキルが必要なのかを見ていきましょう。この記事を読み終える頃にはアプリ開発の仕事に応募しようという勇気がでてくるかもしれませんよ。

    アプリ・アプリケーションとは

    まずエンジニアが開発するアプリ・アプリケーションとは具体的にどういったものなのか詳しく解説します。

    アプリ・アプリケーションというのはパソコンやスマホのOS上にインストールして利用するソフトウェアのことをいいます。パソコンやスマホにはOSが搭載されており、そのOSごとにアプリ・アプリケーションはつくる必要があります。

    アプリケーションとは基本的には何かの作業をするためのソフトウェアですが、ゲームアプリといったコンテンツの要素も含まれているアプリも多くリリースされているため、コンテンツとアプリケーションの境界線は曖昧になっています。

    アプリ開発の仕事内容

    アプリ開発の種類

    アプリ開発といっても種類は様々です。つづいてアプリ開発の種類3つについて詳しく紹介します。

    Webアプリ

    WebアプリとはChromeやSafariといった、パソコンやスマホで見られるブラウザから利用できるアプリケーションです。ブラウザで見られるためインストールの必要がありません。

    Webアプリは主にHTML、CSS、JavaScript、PHP、Rubyといった言語を使用して開発されます。クライアントサイドとサーバーサイドという2つの要素が組み合わさって構成されています。

    ネイティブアプリ

    ネイティブアプリとはAndroidアプリやiOSアプリといった、アプリがインストールされたコンピューター内で動作するアプリケーションです。なのでWebアプリと違いネイティブアプリを使用したい時はApp storeやGoogle Playなどでインストールする必要があります。

    iOSアプリを開発する時に使用するプログラミング言語はSwiftで、Androidアプリを開発する時はKotlinです。

    ハイブリッドアプリ

    ハイブリッドアプリとはHTML、CSSといったWebアプリケーションを開発する時の技術を使用しながら、カメラ撮影やGPS機能といったデバイスの機能を利用しているアプリのことです。

    ハイブリッドアプリの開発に必要なプログラミング言語はHTML、CSS、JavaScriptといったWebアプリケーション開発に必要なプログラミング言語と、Swiftなどネイティブアプリ開発ができる言語です。

    そして最近ではハイブリッドアプリの開発に特化したフレームワークもあるので、最初に開発を行う時はフレームワークを活用するのがおすすめです。

    人気の開発言語

    つづいてアプリケーション開発をするのに必要性の高いプログラミング言語3つを詳しく紹介します。

    Swift

    「Swift」はiOSアプリを開発する時に必要になるプログラミング言語です。

    Swiftが開発されるまでは「Objective-C」というプログラミング言語がiOSアプリ開発に主に使用されている言語でしたが、コードの記述のしやすさ、アプリやシステム構築をしやすく改良されて生まれたのがSwiftです。

    iOSアプリを開発する上で欠かせないSwiftはこれからも必要性の高まる言語です。Objective-Cよりも実装が簡単なので習得しやすいのもSwiftの魅力です。

    JavaScript

    Webアプリケーションの開発のエンジニアを目指している人に学習をおすすめしたいプログラミング言語は「JavaScript」です。JavaScriptはWebページの動的なアクションを実装できるプログラミング言語で、Webページを構成するすべてのオブジェクトを操作できます。

    Webアプリケーション、ゲームアプリなどをつくりたい人にJavaScriptはおすすめです。

    Ruby

    「Ruby」は主にWebアプリケーション開発に使われるプログラミング言語です。Rubyクックパッドなど有名企業も利用している言語のため、エンジニアとして転職、就職を考えている人にはおすすめの言語です。

    また大幅に開発工程を少なくして、作業効率を高めてくれるRubyのフレームワーク「Ruby on Rails」も合わせて学習することをおすすめします。

    アプリ開発の年収・給料

    アプリ開発の年収にはかなり個人差があると言われています。これは、正社員で働いている人もいれば、フリーのエンジニアとして働いている人もいるのに加え、会社によっては残業代が積み重なり、激務だけど高収入の場合があるからです。

    しかし、2015年のデータによると平均年収は433万円だと言われています。初任給もそこまで低くはなく、現状コードが書けるエンジニアは足りていないので、スキルがある方の場合には交渉次第で平均年収を超えるかと思います。

    また、普通のエンジニアの上として、チームリーダーやプロジェクトリーダーとして部下をまとめる立場になった場合には、平均年収をかなり超える年収が期待できるといえます。

    【関連記事】
    アプリ開発エンジニアってどんなことやるの?必要なスキルや年収

    アプリ開発者になる方法

    アプリ開発者になる方法はいくつかあると言われています。まず、一番オーソドックスな方法は、正社員でアプリ開発担当として採用されることです。

    特に、新卒者の場合だと理系だけではなく、今までプログラミングをしたことがないような文系も採用されることがあります。これは、プログラミングには国語要素が強いからです。半年程度教育もしっかりと受けられるので、なかなか自分で学ぶのが難しい方にはいいかもしれません。

    また、もうすでにプログラミングはできるという人の場合には、正社員で働く他に、フリーで仕事を受託するのもおすすめです。特に、正社員でもスキルのある人の場合には、フリーになったほうがマージンが抜かれない分、年収が上がる場合があります。今はフリーになってもクラウドソーシングサービスなどで仕事を受けられるので安心です。

    アプリ開発のキャリアパス

    会社に残り続ける場合にも、転職をしたり、独立する場合にも、アプリ開発者には二通りのキャリアパスがあると言われています

    まずは、コンピュータについての知識をより深く極めていき、他の人達ができないような高品質な作品を提供できる職人になることです。特に、最近ではプログラミング言語と言っても簡単にすぐ使えるようなものも増えていたり、オープンソースも多くあるので、それらを使えば安易にアプリ開発を行うことができると言われています。

    しかし、より深い知識をつけることで、半永久的に持続するような、負担のかからないソースコードをかけ、その他の環境についてもしっかり理解し、リスクも回避してくれるような職人はまだ少なく、それらはこれからよりアプリが広がっていくにおいて必要とされています。

    また、2つめはアプリ開発の知識を持ちながらプロジェクトリーダーとしてメンバーをまとめていくことです。これは、アプリ開発にずっと携わり続けることはないものの、サービスの品質の向上や、メンバー内でのよい関係を目指してチームを常に引っ張っていくことが必要です。特に、上に上がっていきたいと考えている人は、職人よりもこちらのプロジェクトリーダーを目指す人が多いようです。

    【関連記事】
    エンジニアのキャリアプランを考えてみよう!

    アプリ開発の仕事の将来性は?

    アプリ開発のエンジニアに転職、就職を考えている人にとって今後の需要、将来性は気になるところです。

    アプリ開発の仕事がこれからなくなることはありません。むしろどんどん需要・必要性は高まっていきます。なぜなら今は多くの人がパソコンやスマホでアプリを利用していますし、IoT、VR、ARといった新しい技術も発達し、ますますエンジニアが必要とされる企業が増えています。

    ただしエンジニアとしての価値を高めるためにも、常に新しい言語、技術を学びつづけることをおすすめします。なぜならエンジニアが使う技術にもトレンドがあり、市場価値の高い言語や技術はスピーディに移り変わっていくからです。

    アプリ開発の仕事の将来性の高さは保証できますが、需要の高いエンジニアでいるためには常に新しい技術の学習、習得をするようにしましょう。

    アプリ開発の求人の探し方

    アプリ開発をしていきたいと考えているならば、転職サイトに登録して、まずは求人をみてみるのがおすすめです。特に、派遣社員の場合などは未経験であったとしても研修を受けることができるなど、仕事を探しやすい環境ができています。

    また、もうすでにアプリ開発をしたことがあったり、プログラミングの経験がある方の場合は、正社員の中でも、自分の希望に合わせて探してみましょう。アプリ開発の募集はたくさんあるので、自分の中での希望をある程度絞らないと、絞り決めずになかなかきまりません。

    【関連記事】
    アプリ開発の求人はどれくらいある?将来性と必要な能力を解説します

    求人を探してみよう!

    アプリ開発の仕事はただ単純にアプリのコードを書くだけではないということがお分かりいただけたでしょうか?逆に言うと、一人で黙々と作業する時間があれば、皆で活発に意見を交換したりする時間もあるため、常にたくさんの刺激がある、そんな仕事なのではないでしょうか。

    最近では、IT関連の会社以外でも、その会社のサービスが使えるアプリを開発したり、Web上で使うことができるWebアプリを開発するところがあります。それらの会社はアプリ開発会社に委託することもあれば、自社で開発することもあるため、様々な業種の会社で今アプリ開発者が求人されています。

    引く手あまたの今の状況を逃すことなく、ぜひ勇気を出してまずは自分にあった求人を探してみてくださいね。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE