バナー画像

プログラマーに限らず、どうしても様々な理由で一時仕事を中断する時期ができてしまうことがあります。

しかし、それは思い過ごしです。それどころか、ブランクの時期の過ごし方によっては、よりパワーアップして現役に復帰できる可能性すらあるのです。

この記事の結論
  • ブランクがあったとしても、その期間の経験が認められるケースがある
  • プログラマーとしての基礎を理解しれば、新しい技術を学ぶことでプログラマーに復帰可能
  • ブランクの期間、職場のIT化や副業などでスキルを維持すれば復帰してもプログラマーとして働ける
  • 今はリモートワークでも働けるのでプログラマーとして復帰しやすい

ブランク期間はマイナス評価につながるか?

常識から考えれば、どのような仕事でも、ブランクがあるとそれがマイナスにつながると思われがちです。

病気や親の介護など、理由は様々ですが、特に女性の場合は、結婚・出産・育児などの理由で、かなり長い期間現役を離れることを余儀なくされることがあります。そのような時「もう、自分がプログラマーとして現役復帰することはできない」という思いを抱くような人もいることでしょう。

とはいえプログラマーは転職希望者が少なく、採用に苦労している会社がたくさんあります。そのため一般的ブランクが必ずしもマイナスにならないケースもあります。次から実際どうかについてみていきましょう。

一般的にブランクはマイナス評価

一般的に中途採用で評価される方とは即戦力として働ける方です。直前まで同じ業界の同じ職種で働いていた方なら、入社したらすぐに他の社員と同じように働けます。

しかしブランクのある方はそうはいきません。多くの場合、仕事のやり方を学び直す必要があります。この学び直しにかかる期間、会社にとってコスト増になるためブランクのある方はマイナス評価になりがちです。

ブランク期間の経験が認められるケース

しかし、ブランクの期間の経験が有利に働くケースもあります。資格を取るなどして別のスキルを身につけたり、異業種での業務経験などがこれにあてはまるケースです。そしてこれによりプログラマーとして仕事をしていては得られない体験や知識、さらに人脈などが得られます。これを評価してもらえればブランクがあったとしても採用に繋がるでしょう。

例えば、金融関連のプログラマーとして働いていた人は、ファイナンシャルプランナーや、簿記などの資格を取り、その資格を活かした業務を経験します。そのような方がプログラマーとして復帰した場合、現場の実態に詳しい人材として重宝されるでしょう。現在はコンピュータやITを活用していない業種はありません。飲食、不動産、運輸、などなど、どんな仕事であっても、関連したIT関連の仕事は見つかります。

プログラマーは復帰しやすい?

IT業界は技術の移り変わりが早いことから、ブランクがあると今の技術についていけないのでは、と思われるかもしれません。即戦力を採用したい企業にとっては、それもブランクのある方がマイナス評価になる理由です。

しかし育成を考えている企業にとっては必ずしもマイナス評価ではありません。技術の移り変わりが早いということは、現役のプログラマーも技術についていけてない可能性があります。そのため新しい技術に対応できるプログラマーの育成はどの企業にとっても大きな課題です。

新人に新しい技術を習得してもらうよりも、ブランクがあったとしてもプログラミングの基礎を理解している経験者の方が短期間で習得可能です。そのためブランクのある経験者を積極的に採用しているIT企業もあります。
Webエンジニアになるなら就職実績の高いこちらのスクールへ

ブランクがある方が復帰できるには

先ほど紹介したように、ブランクがあってもプログラマーなら採用される可能性があります。とはいえ、長期のブランクからいきなり現役に復帰するのはなかなか至難の業です。そこで復帰に成功された方の体験から、どんなことをすればブランクがあってもプログラマーに復帰できるかについて紹介します。

職場でスキルを活用する

一般的なオフィスでは、パソコンに詳しいだけでいっしょに働く仲間に重宝されます。さらにプログラミングのスキルを活かして帳票処理を簡略化することも可能です。

さらに会社のWebサイトや自分の仕事で使えるWebサービスを作るなどすれば、ブランクの期間中でもスキルを維持できるうえ、今使われている新しい技術を知ることも可能です。こういった経験を評価してもらえれば、ブランクがあってもプログラマーとして復帰しやすくなるでしょう。

副業でスキルを維持する

おすすめなのが、ブランクの期間、副業などでスキルを維持することです。
今は副業する方が増えています。そして副業の中には、プログラミングスキルを活かす仕事もたくさんあるので、それを受けることでスキルを維持することが可能です。

例えばホームページに掲示板を作ってほしい、とか、予約システムを作ってほしいという仕事です。プログラマーを経験された方なら、それほど難しくはありません。

【関連記事】
副業としてプログラミングを始めるには?

プログラミングスクールで学び直す

プログラマーとしての経験があったとしても、企業向けのシステム開発を担当されていた方がWebエンジニアとして就職するには大変な苦労を伴います。ましてやブランクのある方にはさらに難しいかもしれません。

とはいえプログラマーとしての経験は、未経験の方に比べると大きなアドバンテージです。これを活かさないのはもったいない。そこで検討してほしいのがプログラミングスクールで学び直しです。

このサイトを運営しているポテパンでは、Webエンジニアと働くために必要なスキルが学べるプログラミングスクール、ポテパンキャンプも運営しています。なおプログラミングスクールでは卒業生の就職もサポートしますが、ポテパンキャンプは就職実績の高いプログラミングスクールです。

Webエンジニアになるなら就職実績の高いこちらのスクールへ

リモートで復帰するという方法も

最近、自宅でリモートワークができる環境が整ってきました。中には積極的にリモートワークを活用している企業もあります。プログラマーの中には、社員として自宅でリモートワークをやっている、という方も増えてきました。

もし以前プログラマーをやっていたものの、今は地方に住んでいるしブランクもあるのでプログラマーとして復帰できるか不安だと考えている方もいるでしょう。そのような方は、リモートワークでプログラマーとして働ける会社も検討してください。

【関連記事】
プログラミングは在宅でもできる!?在宅プログラマーとは何か
Webエンジニアになるなら就職実績の高いこちらのスクールへ

まとめ

これまで紹介したようにブランクがあったとしてもプログラマーとしての仕事はいくらでもあります。そしてプログラマーは比較的ブランクがあっても、新しい技術を学ぶことに抵抗がない方にとっては復帰しやすい職業です。

さらに副業やリモートワークなどで復帰しやすい環境が整ってきました。もしブランクがあるもののまたプログラマーとして働いてみたいと考えているなら、ぜひ、今回の記事を参考に復帰にむけて活動してみてください。

また、本文で紹介したとおり、プログラミングスクールを活用することで必要なスキルが学べるうえ、就職もサポートしてくれます。1人で転職するよりも復帰しやすいので、ぜひポテパンキャンプの利用も検討してみてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。