注目を集めるプロジェクトマネージャーの仕事内容とは
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.07.31

    注目を集めるプロジェクトマネージャーの仕事内容とは

    システムエンジニアやプログラマーの人が将来を考える上で1つの浮かび上がるのがプロジェクトマネージャーです。あらゆる産業にITが欠かせない今、「プロジェクトマネージャー」という仕事が注目を集めています。しかし、IT業界のプロジェクトマネージャーは人手不足で、今後も売り手市場で将来性の高い仕事です。そんなプロジェクトマネージャーの仕事内容について説明します。

    プロジェクトマネージャーの仕事内容

    プロジェクトマネージャーとは、システム開発プロジェクトを管理する責任者として、計画の立案や運営、監督、進行方法の確立、納期や品質、進捗状況の管理、評価など、幅広い業務を担当するポジションを指します。企業の方針を理解して実現可能なプロジェクトを立案・計画し、そのプロジェクトを効率良く推進させるため、大変重要な役割を担っています。

    メンバーは自社のみならず、コンサルティング会社やSIerなどから集まり、開発プロジェクトを円滑に進めることがミッションです。さらにお客様やシステムの企画に携わるITコンサルタントといった『企画側』と、実際の開発作業を担当する『開発側』の間で、交渉や調整も担当します。

    つまりプロジェクトマネージャーは大きな案件の責任者となり、プロジェクトに携わるプログラマ、システムエンジニア、プロジェクトリーダーを上手くまとめ上げて計画通りにプロジェクトを進める必要があります。

    プロジェクトマネージャーのやりがい

    プロジェクトマネージャーのやりがいの1つは達成感でしょう。要件定義もしくはその前段階のシステム化企画から、その責務を負い各フェーズで作成する成果物の納期と品質確保のプレッシャーと戦いながらプロジェクトのチームメンバーを束ねてシステムのリリースまで進めます。

    その過程において、開発作業計画段階ですべてのシチュエーションを考え、綿密に策定したり、開発プロジェクト全体を俯瞰してみれることの面白さ、そしてプロジェクトによっては数ヶ月に及ぶものもあり、チームのメンバーで取り組む楽しさもあります。

    プロジェクトマネージャーは大きな案件の責任者となり、プロジェクトに携わるプログラマ、システムエンジニア、プロジェクトリーダーを上手くまとめ上げて計画通りにプロジェクトを進める必要があります。エンジニアとしての専門知識や経験はもちろん、チームを動かすリーダーシップや決断力も重要となり、マネジメント能力も求められるので、人間としても成長することが出来るのも大きなやりがいと言えるかもしれません。

    必要な能力・スキル

    プロジェクトマネージャーにはあらゆるスキルが求められます。IT技術やサービスへの深い理解と同時に経営的視点が要求されます。ゆえに、プロジェクトマネージャーにとって日々の学習は不可欠と言えます。一般的にはプログラマーやシステムエンジニアのうちから少しずつ知識・経験を深め、プロジェクトリーダーを経てプロジェクトマネージャーへキャリアアップを図る流れです。

    ・社内/社外の関係者と上手にコミュニケーションする力
    ・数ヶ月に及び多くの人間が関わるプロジェクトを成功に導くためのリーダーシップ
    ・開発プロジェクト全体を理解するためのIT技術への深い理解と知識
    ・経営的な観点からのシステムについて検討が出来る力

    プロジェクトマネージャーは資格が必ず必要なわけではありませんが、取得をおすすめする資格はあります。おすすめな資格は情報処理推進機構が実施している、ITの基本的な技術・知識を問う「基本情報技術者試験」、IT戦略の企画・立案能力を評価する「ITストラテジスト試験」、プロジェクトマネージャーとしての知識・能力を測る「プロジェクトマネージャ試験」です。

    プロジェクトマネージャーの年収・給料

    プロジェクトマネージャーはシステムエンジニアやプログラマーが将来的に目指すポジションでもあります。年収はどれくらいなのでしょうか。

    プロジェクトマネージャーの年収は、エンジニアの他の職種と比較してかなり高めといえます。案件・求人内容やプロジェクトの規模、役割の範囲にもよりますが、一般的に高年収と言われる範疇に入る年収レンジです。

    数年前のデータですが転職大手DODAによる『平均年収職種別詳細データ2011』によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は660万円という事でした。同世代の平均年収と比較しても、それぞれの年代で100万円前後年収が高い事がわかります。

    また、世代別に見てみると、プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダーの20代の平均年収は468万円と、IT/インターネット/通信業界の中では突出して高いわけではありません。しかし、30代になると、612万円となり、他職種と比べても高い数字が出ています。このことから、プロジェクトの成功を重ねるなど、経験を積んでいくことで大幅な年収アップが期待できる職種であることがわかります。プロジェクトマネージャーは責任も大きく、様々な能力が求められる職種の為、それなりに見返りも高いという事です。

    プロジェクトマネージャーのなりかた

    エンジニア不足が嘆かれている現在、プロジェクトマネージャー未経験者でも応募できるポジションは増えています。

    また、既にお伝えした通り、プロジェクトマネージャーになるために必要とされる資格は特にありません。理由は、開発プロジェクトの企画、開発計画、進行などを含むプロジェクト全体の管理という仕事には経験がものをいうからです。

    しかし、自分の興味やキャリアプランにマッチした資格の勉強に取り組むことにより、足りない知識や技術を補ったり、自分の幅を広げたりできるのも確かです。

    次にプロジェクトマネージャーの資格が活かせる仕事について考えてみましょう。プロジェクトマネージャーには主に2つの道があります。1つはヘルプデスクからプロジェクトマネージャーを目指す道です。サポートやコンサルに近いイメージです。もう1つはシステムエンジニアやプログラマーからプロジェクトマネージャーを目指す道です。開発よりなタイプです。

    そしてプロジェクトマネージャーがこれから目指せるキャリアとしてはITコンサルタントがあります。ITコンサルタントは、「企業の経営に関わる課題を解決する」ことを主な仕事としており、ありとあらゆる分野や業種において必要になります。プロジェクトマネージャーと業務が被る部分もありますが、それ以上に重大な責任が降りかかってくるポジションになります。

    プロジェクトマネージャーの仕事内容はこれでばっちり!

    プロジェクトマネージャーの仕事内容についてご紹介してきました。プロジェクト責任者としての大変さはありますが、年収や仕事のやりがいの面で満足を得られるでしょう。IT業界のプロジェクトマネージャーは人手不足ですので今後も売り手市場です。システムエンジニアはプレイヤーが多く、マネジメントが出来る人材が足りていません。このポジションになれば年収も上がり、役割も格段に広がるでしょう。是非挑戦してみてくださいね。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE