バナー画像

年収は生活に直結するので、誰しも気になる部分でしょう。エンジニアの年収は他の業種と比べてどうなっているのでしょうか?エンジニアの年収を上げるには一体どうすればよいのでしょうか?ここではエンジニアの年収について見てみましょう。

エンジニアの年収・給料

年代別

20代、30代、40代別にエンジニアの年収、給与を紹介します。

20代のエンジニアの平均給与は300〜350万円です。また30代の平均給与は350〜450万円になります。そして40代の平均給与は400〜500万円になります。

年代が上がるにつれて年収も上がっていますが、エンジニアの場合他の職種よりも実力で年収を上げることが可能ではあるので、20代であっても年収600万円を狙うことはできます。

男女別

つづいて男女別にエンジニアの年収、給与を紹介します。

男性エンジニアの平均年収は450万円です。そして女性エンジニアの平均年収は380万円です。

男性の方が平均年収は高額ですが、これは男性の方が労働時間を割いていることから年収に差が出ていることが考えられます。エンジニアの場合女性だから年収が低い、という性別で給与が変わることはあまり考えられません。

ボーナスはどれくらい?

転職、就職を考えている人には気になるエンジニアのボーナスについて詳しく紹介します。

エンジニアのボーナスの相場は100〜200万円ほどです。やはり20代、30代、40代と年代が上がるほどに金額は上がる傾向があり、役職も高い方が金額は高額になります。

平均年収が高い企業は同じようにボーナスも高い傾向になります。

年収が高いプログラミング言語は?

つづいて年収が高額になりやすいプログラミング言語を紹介します。

年収が上がりやすいプログラミング言語というのは、需要が高く供給が追いついていない言語です。最近では「Python」「Swift」などが年収を上げやすい言語です。

転職、就職のためにプログラミング言語を学習する予定の人は先に転職エージェントなどに登録し、需要の高い言語を確認してから学習することをおすすめします。

【関連記事】
エンジニアの平均年収と差がつくポイントとは

他の業界と比べると?

業種別で見ると次のようになっています。

・1位 メディカル業 529万
・2位 金融業 485万
・3位 メーカー 479万
・3位 IT/通信業 479万
・5位 総合商社業 454万
・6位 建設/プラント/不動産業 421万
・7位 インターネット/広告/メディア業 417万
・8位 専門商社 408万
・9位 サービス業 379万
・10位 小売/外食業 363万

DODA 平均年収ランキング2016を参照)

エンジニアの種類ごとの年収

エンジニアごとの詳細なデータに関しての信頼性は一部疑問が残りますが、単価毎に見てみればおよその見当が付くでしょう。ただしエンジニアは企業ごと、雇用形態により賃金落差が非常に大きいのであくまで参考程度として下さい。

派遣エンジニアの場合

実績が違えば開きがある訳ですが、ほぼ月単価40~60万円周囲が相場ではないでしょうか。しかし60万円の際はそれに見合った超過勤務がもたらされることから覚悟が必須です。

この他には元請けとなる派遣企業でマージンが引かれることからエンジニア当人の手取りはこの値段より減少します。因みにマージンのパーセンテージは一般派遣も特定派遣もさほど違いが無くエンジニアの場合では概ね40%ほどです。それゆえ現実の上で派遣エンジニアに賃金として供与されるお金は月当たり24~36万円前後に変化します。

フリーランスエンジニアの場合

フリーランス(個人事業者)エンジニアの月単価アベレージは60万円だと言われています。とは言ってもフリーランスのケースではエンジニアの経験と技術が変われば単価はまるっきり異なります。

派遣会社に所属するエンジニアと比べての最も大きい異なる部分は、中間マージン発生しないことで取り交わし単価がそっくりそのまま収入額になる事ではないでしょうか。自分自身で仕事を見つけ出し契約を交わすということが可能だとしたら、派遣社員のエンジニアを超えて利益を手にするというのが実現できます。

Javaエンジニアの場合

Java言語は学習がやり易く何にでも応用できる性質が大きい言語になります。インターネット上で機能するソフトウェアも開発可能でしょう。Javaエンジニアと呼ばれているのはこの言語を活用して多種多様なシステムを新しく作り出すエンジニアのことです。

Javaエンジニアの月単価は50~70万円前後です。対象である開発用件によって単価はアップダウンし、WEBやスマートフォンをターゲットにしたシステム開発案件は単価が高い価格になる動きがあります。

システムエンジニアの場合

システムエンジニアのケースでの月単価はほぼ60~80万円前後です。それが案件のプロジェクトリーダーである上級システムエンジニアに成長したら100~120万円ぐらいです。エンジニアの上位となっていることからエンジニアより単価が高額なのが通例です。

【関連記事】
Java案件のイマがわかる!知って見つかる最適案件

年収の高い企業・職種は?

他の職種と比較して年収が高いといわれるエンジニアですが、企業や選ぶエンジニアの中の職種によってはさらに年収を上げることが可能です。つづいて年収が高い企業・職種を詳しく紹介します。

まず年収が高額になりやすいのは当然ですが大企業です。大手のIT企業であれば新卒のときから年収400万円以上貰えることも珍しくありません。

また大企業と比較すると給与は下がってしまいますが、ベンチャー企業であってもある程度の給与を貰えるところはあります。ただし年収の高さを求めてベンチャー企業を選ぶのであれば、規模の大きいところを選びましょう。

大企業と比較すると中小企業はどうしても年収は下がってしまいますが、中小企業でエンジニアとしての経験を積み、大企業に転職という道もエンジニアであれば十分にあります。

また年収が比較的高額になりやすいエンジニアの職種は、一つのプロジェクトをまとめる立場になるプロジェクトマネージャーです。またITコンサルタントも高額な年収を狙える職種です。

ただしプロジェクトマネージャーやITコンサルタントは、クライアントである企業の問題提起、またシステム構築の提案など高い能力を求められる職種です。そのため年収は高いですがその分仕事に必要な知識や情報を常に勉強しておく必要があります。

高年収を狙える企業・職種は?

つづいてエンジニアの中でも年収が高い企業、そして職種を紹介します。

エンジニアの中でも高年収になりやすいのはプロジェクトをまとめる立場になるプロジェクトマネージャー、またクライアントとなる企業へ経営戦略、またシステム構築などを提案するITコンサルタントといった職種の年収は高いです。

ただしプロジェクトマネージャーやITコンサルタントはコードを記述するエンジニア職の経験を経てから転職してなる人も多いです。新卒の時からなる人はあまり多くない職種になります。

エンジニアの年収を左右するポイント

賃金の駆け引きをしよう

給与のやり取りすることは多少臆するかもしれませんけど、何一つ言わないのなら給与の上昇は期待出来ないケースが少なくありません。派遣企業に在籍しているとしたら派遣企業のご自分の専任の人と話し合いをした方が良いでしょう。当然すぐにはそれは無理なので、案件を継続的に1年程度経過したのち、提示してみることが賢明でしょう。

派遣先との契約更新のタイミングが交渉の絶好の機会になります。またフリーランスの場合も契約刷新時が報酬交渉の注目すべき点でしょう。契約先とのストレート折衝ではありますが、合間に派遣会社を挟んでいないため折衝は実行しやすいでしょう。

エンジニアとしての技能アップを行おう

エンジニアとしての個人のスキルを磨きた方が良いでしょう。特にピンと来ることが情報処理技術者試験のパスになります。情報処理技術者の資格そのものには特別の権利は存在しないものの、国家試験である事からこれにパスし情報処理技術者のライセンスを獲得すると大変な効果を発揮してくれます。

エンジニアの身分での特定の知識やスキルを国が認めるものになりますから、前文で記した給与交渉もとても行ない易くなっていくのです。または新規のプログラミン言語をマスターし、実践できる仕事のエリアを拡大することなども効果が期待できます。最終的に給与交渉が決裂し契約取り消しに見舞われた場合でも実行できる仕事に幅があるのであれば、もっと良い待遇で他と賃金契約を締結することだってできるはずです。

職種のレベルを上げよう

システムエンジニアやプロジェクトマネージャーもスタート時はプログラマーから開始し段々と成長といった道筋を踏んで就くことが少なくありません。更にお話してしまいますと長い間プログラマーを続けているなら自ずとシステムエンジニアの業務はできる様になってしまいます。プログラマーとシステムエンジニアの区別が見られなかった時期も存在しました。

システムエンジニアを目指すために特別な資格は必要とされないながらも、対外的に自分の技術を明らかにするために情報処理技術者の資格はお奨めです。とりわけシステムアーキテクト試験はシステム開発を指揮するエンジニアをターゲットとする試験ですのであったならば頼もしいです。合格率は15.0%とハードルの高い資格なのですがその代り価値があるのです。

大企業に転職しよう

大企業の方が比較にならないほど年収は高くなっています。

企業によってはエンジニアの新卒最初の年の年収で500万円にもなるのです。その上エンジニアは技術職ですのでスキルと実績があったならば中途採用も実現不可能ではありません。

決して容易ではありませんが、他の職種より採用される見通しは高いことから大企業の転職に取り組んでみたりすることも賢明でしょう。余談ですがこの場面でも情報処理技術者の資格の保持者であるとアドバンテージになります。

フリーランスになろう

エンジニアの仕事と申しますのはパソコン1つあれば一人で開業可能でしょう。これがラーメン屋だとすればこんな風には行きません。

お店を借りないとなりませんし調理器具や材料のキープも必須です。エンジニアは独立するための準備資金をほとんどの場合要しないことから実のところフリーランス(個人事業者)として働きが容易なわけです。

前の記述にある派遣エンジニアの給与を再びご覧になってみて下さい。マージンとして約40%くらい派遣会社に引かれております。

例えば全て同条件で派遣先とダイレクトに契約が出来た場合なら給与引き上げの折衝を敢えてせずとも該当の40%分がこのまま自分の収入になるのです。

アプリケーションを独自開発しよう

給与の筋道とは離れる訳ですが、スマートフォンのアプリを自分自身で製作してみることをオススメします。

エンジニアを2~3年辞めないでいるのであれば欠けているポイントは少々習得するにしても各自でアプリを製作することができると考えられます。自分のアプリがヒットするとそれだけで数千万単位での実入りが期待できます。

ここまで来ると世の中が放ったらかしにしてはおきません。メジャー企業からのヘッドハンティングをいくつもの企業から受けることが発生します。一見するとウソの様な話ですが、エンジニアのスキルとはその夢を叶える希望を秘めているという点は記憶にとどめておいて損はないでしょう。

【関連記事】
全体像を理解してエンジニアの単価UPを目指そう!

ランキングで市場をチェック!

エンジニアの給与は派遣社員は派遣会社にマージンを回収されるので仕組み上、条件が良くないです。

フリーランスの場合はそんな事がありませんが、個々に仕事見つけ契約することが必要です。

Javaエンジニアは他のエンジニアより給与が高い傾向にあるといえますが案件の中身によりアップダウンしています。システムエンジニアはプログラマーの上位に位置する職なので給与はプログラマーより高額です。

エンジニアの給与に影響を与える点は給与交渉です。しかし短絡的に駆け引きしても上手く進まないので情報処理技術者などの資格取得で対外的に技術アップを主張することも重要です。

エンジニアとしてのスキルアップも給与に影響を与えます。これ以外にも派遣社員は収入面で不利なのでフリーランスという形で独り立ちするルートも模索するといいでしょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。