テストエンジニアの求人動向と必要なスキルとは?
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.05.22

    テストエンジニアの求人動向と必要なスキルとは?

    世の中がIT化していき、私たちの生活がITを無しには語れない昨今、同時に品質担保への期待も高まっています。それもそのはず。大規模なシステムや公共団体の基幹システムがストップしたり不具合があれば、経済がストップしてしまいます。ゆえに品質は欠かすことのできない要素なのです。今回はテストエンジニアの求人動向について詳しくご紹介してまいります。

    テストエンジニアの転職市場

    テストエンジニアは初心者にも向いている

    テストエンジニアは初心者でも仕事を獲得しやすいのが特徴です。通常プログラマーの仕事は何かしらのプログラミング言語が必要ですが、比較的業務知識や言語知識を必要としないのです。一方で業務柄他社とのコミュニケーションが多く、報連相等の基本的ビジネススキルが色濃く求められます。

    また、エンジニアとして採用される場合も、キャリア形成のためにテストエンジニアからスタートする会社は多々あります。そうすると開発の流れを理解しやすくなり、今後のエンジニア人生に取って役に立つ経験をもたらしてくれます。

    テストエンジニアの求人トレンド

    世界中から求められるテストエンジニアは、ITの発展によって国境間の距離は狭まります。国籍の異なる者同士で仕事をすることは、近い将来珍しいことではなくなることでしょう。特にアプリ領域でのテストは世界中で求められています。

    優秀なテストエンジニアの要件とは、「ソフトウェアの“品質”を理解し、さまざまな現場の問題に“応用力”を発揮して対処できる『知識』と『スキル』」です。つまり豊富な経験値のあるテストエンジニアは引っ張りだこと言えます。

    このレベルまでいけば、主にテストの計画・管理・分析などを行なう「テスト管理者」や、開発全体をマネージメントする「プロジェクトマネージャー」として働くキャリアパスもあります。

    テストエンジニア求人案件の単価相場は?

    テストエンジニアは比較的経験値の低い方も働きやすいため、年収が低いと思われがちです。しかし、それはどこまでの役割を担えるかによって大きく異なるのです。特にソースをきちんと理解して修正ができる人やテスト業務の指導までできる人材は重宝されます。

    また、テスト業務の中にも、テスト仕様書(テスト設計書)が存在します。システムを理解している人ではないとテスト仕様書を書くことができませんので、仕様書を書くためには、システムや言語の知識と経験も必要となってきます。そのため、テストを行うだけのエンジニアよりテスト仕様書をかける人の収入が高くなります。

    ちなみに目安としては、テスト業務をはじめて3カ月程度の若手テストエンジニアの場合は、370万円程度の年収が平均レベル、テスト業務5年程度の経験があるベテランの域に達したテストエンジニアなら、680万円程度の年収が平均的な収入レベルと言われています。

    テストエンジニアに必要な能力・スキル

    テストエンジニアには幅広い知識と経験が求められます。チームで働くための協調性やコミュニケーション能力も必要です。同時にプログラミングのスキルやコンピュータの仕組みを理解していなければ、バグを発見・修正することができませんので、基本的なテストの知識やプログラミングのスキルは必要です。

    さらに、開発された製品のトラブルを未然に防ぐとともに、より高品質な製品に昇華させるための問題発見能力や提案力が求められます。製品の仕様書にのっとってひたすら検証を繰り返す忍耐力や巧緻性は、非常に地味ですがテストエンジニアには欠かせない資質です。テストエンジニアの判断に誤りがあれば、その不具合でクライアントに大きな損害を与えかねません。それが大規模案件ならば、その誤りによって企業存続に関わる事態にもなる得るのです。

    おすすめのスキル

    テストエンジニアはバグのある商品が世に出るのを未然に防ぐ言わば「最後の砦」です。近年では品質の高さが求められるため、テストエンジニア用の資格が増えてきています。今回は、簡単にですが2つの資格をご紹介します。

    『JSTQB認定テスト技術者資格』と『IT検証技術者認定試験』の2つです。どちらもテストエンジニア専門資格となります。特にJSTQB認定テスト技術者資格は海外でも通用する国際的な資格であることから、グローバルな現場を目指されている方は取得しておくことをおすすめします。

    また、テスト業務だけに言える事ではありませんが、高いレベルでの報告・連絡・相談は必須スキルです。バグが発生した場合に報・連・相を怠ると、バグがあるまま製品を発売してしまい、納品先とトラブルになりかねません。その場合、自分が担当していたテスト項目の場合は、責任が降りかかる場合もあります。

    テストエンジニアの将来性

    テストエンジニアは、ITエンジニアの中でも世界を股にかけて活躍できる可能性の高い職種と言えるでしょう。なぜならば、エンジニアにとって「言葉の壁」は大きな問題ではありません。プログラム言語は、エンジニアにとっては共通言語であり、優れたエンジニアにとってプログラムは「口ほどに物を言う」コミュニケーションツールだからです。

    JSTQB認定テスト技術者資格は、一連のグローバル化の流れの中で先陣を切って進むのに十分な能力が備わっていることを保証するものです。その意味でも、浮き沈みや流行り廃りが激しいIT業界の中でも、ニーズが途絶えることがないのがテストエンジニアなのです。私たちの身の回り全てにインターネットが溶け込み、製品は絶え間なく生み出されていきます。つまり、今後も求められる人材として将来性のある職種であるといえます。

    テストエンジニア求人の探し方

    テストエンジニアは、システムの巨大化や複雑化によるニーズはもちろん、グローバル化を加速するIT業界においてますます需要の高まっていく職種と言うことができます。当分は仕事に困ることはないことを考えると、投資する価値はあるでしょう。テストエンジニアといっても、Web系、オープン系、組込系、制御系、汎用機系、基幹(業務)系など、担当するシステム開発によって行うテストは様々です。ご自身がどの領域で仕事をしたいのかを見定め、選んでいきましょう。

    テストエンジニアになるキャリアパスは、現在のスキルや経験のある業務によって多種多様です。例えば、入社して即、テストエンジニアの部署に配属される場合もあれば、プログラマー・品質管理系・セキュリティ系の仕事を経験してから、テストエンジニアになる人もいます。

    初めて仕事を探す方は特に、エージェントに相談して適切な案件に参画することから始めましょう。そして同時にその後のキャリアパスも描いた上で決断をしていきましょう。

    求人を探してみよう!

    テストエンジニアの求人動向についてお伝えしてまいりました。世界中から求められるテストエンジニアの活躍の場は広がる一方です。是非本記事を参考にして、ご自身が描く理想のキャリアを実現していただければ幸いです。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア

    関連ワード

    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE