テストエンジニアとは?仕事内容からキャリアパスまで解説します!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.03.26

    テストエンジニアとは?仕事内容からキャリアパスまで解説します!

    未経験者や初心者でも案件を獲得しやすいのがテストエンジニアです。大規模、複雑系のシステム開発の増加でニーズが高まっています。今回はそんなテストエンジニアの状況についてご紹介します。

    テストエンジニアとは

    テストエンジニアとは、テレビ・カメラ・携帯電話などのデジタル製品が仕様書通りに作られているかをチェックし、プログラム中のバグを発見した場合に修正を行う職種です。最近ではゲームやWebシステムなど多岐に渡り、システムの複雑化や拡大が急速に進む中で需要も高まっています。主にバグの発見・修正などのデバッグを行い、発生したトラブルを発見し早期解決することがミッションです。

    テストエンジニアの仕事内容

    ソフトウェアに限らず、システム全体の製品としての品質を維持するという重要な役割を担っています。製品開発において、製品の動作確認を行い欠陥や不具合を発見するとともに、改善策や提案により高品質な製品を作り上げていくことに貢献するテストエンジニアの存在が必要不可欠となっています。そして検証能力だけではなく、協調性やチームで動くためのコミュニケーション能力など幅広い能力が求められます。上手く動作しない場合はなぜ動作しないのか、という分析が必要となります。

    テストエンジニアの働き方

    テストエンジニアは、ITエンジニアの中でも世界を股にかけて活躍できる可能性の高い職種と言えるでしょう。なぜならば、エンジニアにとって「言葉の壁」は大きな問題ではありません。プログラム言語は、エンジニアにとっては共通言語であり、優れたエンジニアにとってプログラムは「口ほどに物を言う」コミュニケーションツールだからです。

    テストエンジニアの平均給与・年収

    目安としては年収は平均的に500万円程度です。経験年数などによりこの金額は変わってきますが、そこまで高い年収ではないことが伺えます。比較的経験値の低い方も働きやすいため、平均すると年収が低くなりがちです。スマホゲームの動作確認といったテスター的な業務は単価は低めで、テスト仕様書を作成したり開発ドキュメントを理解できるなど言語知識が必要となるものは単価は高めになります。しかしアメリカのテストエンジニアの年収は1000万円近くまでいくことも。日本も今後その重要性に気づき年収もあがると言われていますが、今の所は海外のほうが年収は圧倒的に高いようです。

    テストエンジニアの需要・将来性

    世の中がIT化していき、私たちの生活がITを無しには語れない昨今、同時に品質担保への期待も高まっています。それもそのはず。大規模なシステムや公共団体の基幹システムがストップしたり不具合があれば、経済がストップしてしまいます。ゆえに品質は欠かすことのできない要素なのです。私たちの身の回り全てにインターネットが溶け込み、製品は絶え間なく生み出されていきます。浮き沈みや流行り廃りが激しいIT業界の中でも、ニーズが途絶えることがないのがテストエンジニアなのです。つまり、今後も求められる人材として将来性のある職種であるといえます。

    また、案件は増えているとはいえ、その中でもどのような人材が求められているのかは押さえておくべきです。優秀なテストエンジニアの要件とは、「ソフトウェアの“品質”を理解し、さまざまな現場の問題に“応用力”を発揮して対処できる『知識』と『スキル』」です。つまり豊富な経験値のあるテストエンジニアは引っ張りだこと言えます。このような人材は主にテストの計画・管理・分析などを行なう「テスト管理者」や、開発全体をマネージメントする「プロジェクトマネージャー」として働きます。

    必要な能力・スキル

    まず、業務の全体像を理解するスキルは求められます。業務の全体像を理解しているかどうかで、テストの取り組み方と結果が変わるからです。また、テストエンジニアには幅広い知識と経験が求められます。チームで働くための協調性やコミュニケーション能力も必要です。プログラミングの知識もあれば、バグを発見した際にソースコードに修正を加えることもできるようになり、業務の幅も広がります。

    さらに、また、テストリーダーの立場となれば、マネジメントスキルのほか、テスト環境や作業の問題点を考えて改善していく問題提案スキルも必要となります。開発された製品のトラブルを未然に防ぐとともに、製品の仕様書にのっとってひたすら検証を繰り返す忍耐力や巧緻性は、非常に地味ですがテストエンジニアには欠かせない資質です。

    また、テスト業務だけに言える事ではありませんが、高いレベルでの報告・連絡・相談は必須スキルです。一目見ただけで、画面やデータの実行前後の変化がわかるように文書を整えたり、結果報告をプレゼンするための資料を作成しますので、基本的な文書作成スキルは欠かせません。

    【関連記事】

    テストエンジニアの求人動向と必要なスキルとは?

    テストエンジニアにおすすめの資格

    テストエンジニアに必要な資格は主に2つあります。JSTQB認定テスト技術者資格とIT検証技術者認定試験です。

    JSTQB認定テスト技術者資格

    主にテストエンジニアの基礎知識の把握が問われ、ファウンデーションレベルとアドバンスドレベルの2つのランクがあり、日本ソフトウェアテスト資格認定委員会と、財団法人日本科学技術連盟が実施しているものです。資格を取得するとソフトウェアテストのプロであることが認定されると同時に、国際的な資格認定団体ISTQBに加盟しているので世界的に通用する資格であると言えます。

    IT検証技術者認定試験

    テストエンジニアが自身のスキルを確認したり、アピールする際に有効となる資格がIT検証産業協会が認定するテストエンジニアのための資格であるIT検証技術者認定試験です。知識試験だけでなく実務試験があり、テストの現場における実務を重視しているのが特徴です。大きくエントリーレベル、ミドルレベル、ハイレベルの3段階があり、さらに細かく分けると7段階のキャリアレベルがあります。知識試験と実技試験を両方クリアして初めてIT検証技術者として認定されます。

    テストエンジニアになるには

    テストエンジニアになるキャリアパスは、現在のスキルや経験のある業務によって多種多様です。例えば、新卒でエンジニアとして入社した場合など、今後のキャリア形成のためにテストエンジニアから始まる会社もあります。また、プログラマー・品質管理系・セキュリティ系の仕事を経験してから、テストエンジニアになる人もいます。

    未経験からでもテストエンジニアになれるの?

    世の中のIT化が進行する中で、WEB関係やアプリ・ゲーム開発、家電の組込ソフトウェアなど様々な分野での活躍が期待できるため、現在注目を集めている職種の一つとなっています。

    そしてテストエンジニアは未経験者でも仕事を獲得しやすいという特徴があります。通常は皆さんのイメージの通りPHPやJavaといったプログラミング言語を習得しなければプログラマーとして働くことは難しいです。一方でテストエンジニアの場合は比較的業務知識や言語知識を必要としないのです。むしろ業務柄他社とのコミュニケーションが多く、報連相等の基本的ビジネススキルが色濃く求められます。新卒でエンジニアとして入社した場合など、今後のキャリア形成のためにテストエンジニアから始まる会社もあります。開発の流れを理解しやすくなり、今後のエンジニア人生に取って役に立つ経験をもたらしてくれるからです。

    テストエンジニアのキャリアパス

    テストエンジニアのキャリアパスを描く際に、主に下記のような道があります。
    ・テストエンジニアの経験を活かしてプログラマーになる
    ・テストエンジニアとしてプロフェッショナルを目指す
    ・セキュリティ系のPMを目指す
    ・品質管理を主な役割とするPMやコンサルタントを目指す

    どのエンジニアにも共通してもとめられているのが、多彩なスキルを持っていることです。テストエンジニアも例外ではなく、テストで使用する以外のスキルや最新技術に関するスキルも身につける必要があります。

    テストエンジニアの求人の探し方

    テストエンジニアは、システムの巨大化や複雑化によるニーズはもちろん、グローバル化を加速するIT業界においてますます需要の高まっていく職種と言うことができます。当分は案件に困ることはないことを考えると、投資する価値はあるでしょう。テストエンジニアといっても、Web系、オープン系、組込系、制御系、汎用機系、基幹(業務)系など、担当するシステム開発によって行うテストは様々です。ご自身がどの領域で仕事をしたいのかを見定め、選んでいきましょう。

    初めて仕事を探す方は特に、エージェントに相談して適切な案件に参画することから始めましょう。そして同時にその後のキャリアパスも描いた上で決断をしていきましょう。

    まとめ

    ITエンジニアの中でも世界を股にかけて活躍できる可能性の高い職種であるテストエンジニア。市場の需要も求められる役割も拡大していきますので、当分は案件に困ることはないことを考えると、投資する価値はあるでしょう。

    関連記事

    テストエンジニアの転職情報まとめ【保存版】

    テストエンジニアの仕事内容とは?将来性や必要な能力なども解説

    テストエンジニアの転職動向と単価相場など

    テストエンジニアの求人動向と必要なスキルとは?


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料25万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE