バナー画像

Webサービスをビジネスに活用する企業が増えており、フロントエンドエンジニアへの需要が増しています。中には驚くような高い年収で最新技術に対応できるフロントエンドエンジニアを募集しているケースもあります。

では、フロントエンドエンジニアの年収はどのくらいなのでしょう?ここではフロントエンドエンジニアの年収について見てみたいと思います。

この記事の結論
  • フロントエンジニアは、利用者が操作するWebブラウザで動作するプログラミングを担当するエンジニアだが、担当する幅が広く会社により定義は様々。
  • フロントエンジニアの仕事内容は、Webデザイナー、マークアップエンジニアなどと重複し、さらにWebディレクター・マネージャー職の業務も兼任する場合もある。
  • フロントエンジニアの仕事は幅が広く、給与の幅も比較的広い。年収1,000万円を超える方もいるので平均年収は高い。
  • フロントエンジニアの年収を左右するポイントは、正社員で他の人ができないスキルや経験。チームを管理するスキルがあればさらに年収アップが可能。

フロントエンジニアとは

今回扱うフロントエンジニアとは、WEBサービスにおいて、利用者が操作するWebブラウザで動作するプログラミングを担当するエンジニアです。

そしてフロントエンドエンジニアが生まれてきた背景には、当初静止したコンテンツを表示するだけだったWebブラウザが、最近ではJavaScriptによりアプリケーションの開発環境として利用できるほど高機能になった点が挙げられます。

なおゲーム業界ではゲーム画面の配置を決めたり見やすさを比較考量するエンジニアをフロントエンドエンジニアと呼ぶケースがあります。他にはアプリケーションソフトの操作画面やUI(ユーザーインターフェース)を制作するエンジニアをこう呼ぶ事例もあります。

このようにフロントエンドエンジニアは会社により定義は色々ですが、一般的にはJavaScriptやHTML、CSSなどといったプログラム言語を利用し動的なWebページを作成するエンジニアです。そして経験豊富なフロントエンドエンジニアは、まるで専用に作られたアプリケーションかと思えるようなWebサービスを作れます。

【関連記事】
常にユーザー視点が大切!フロントエンドエンジニアのスキルを再定義
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

フロントエンジニアの仕事内容

Webサービスの構築には多くのエンジニアが関わっており、フロントエンドエンジニアもこれに含まれます。具体的には利用者が操作するWebブラウザでの動作がその対象です。

なおWebブラウザに関わる業務には、画面のデザインを担当するWebデザイナー、デザインされた画面をHTMLとCSSで構築するマークアップエンジニア、Webブラウザで動作するプログラムも含めて開発を担当するフロントエンジニアなどがいます。ただし、これらの業務を兼ねているエンジニアもいるので、会社によってはフロントエンドエンジニアの仕事の中身が異なることも少なくありません。

そのためフロントエンドエンジニアには、プログラミングスキルの他に、デザインセンスやデザイン技術についての知識も必要です。そして、直接デザインに関係のない部分でもWEBデザイナーと協議する場合が多い会社では、主にWebデザイナーが使うPhotoshopやIllustratorといったアプリが使えることを必須条件にしているケースもあります。

【関連記事】
フロントエンジニアは未経験でもなれる?仕事内容と今後の展望について
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

フロントエンジニアの年収・給料

フロントエンドエンジニアの年収は企業により大きく異なります。これはフロントエンドエンジニアの業務が企業ごとに違うのが原因です。

先ほど紹介したようにフロントエンドエンジニアが担当する業務はWebデザイナーやマークアップエンジニアと重複することが多く、どこまで担当するかで年収に差があります。さらにJavaScriptによるプログラムの難易度や、チームリーダーなどのポジションも年収の違いの原因です。

平均年収は高い

大手求人サイトの「求人ボックス」によると、フロントエンドエンジニアの平均年収は592万円とかなる高い年収です。ただし、全体の給与幅は366万円から934万円と比較的広く、企業によって差が大きいことが解ります。

Webページの作成を担当するような、マークアップエンジニアと同程度のスキルしか持たないフロントエンドエンジニアの年収は400万円前後です。そのため20代や30代の経験年数の少ないフロントエンドエンジニアの平均年収は400万円前後とも言われます。

しかし、Webディレクター・マネージャー職の業務も兼任する方の中には1,000万円を超える方もいます。そのためフロントエンドエンジニアの求人でも年収1,000万円も超えるものもありますが、その分要求されるスキルも高いと考えてください。

この様にフロントエンドエンジニアはスキル次第で高い年収が得られる職業です。だたし業務内容が年収に大きく影響しているのでフロントエンドエンジニアの求人を見る場合は業務内容に注目してみましょう。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

年収・給料を左右するポイント

雇用形態

正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトと分かれます。まず正社員は一般的に企業の中心で働く社員のことで社会保険は完備され賞与や交通費も支給されるケースが大半です。キャリアー形成のために転勤などの人事異動の対象にもなります。また三六協定の範囲で残業が求められる場合もあります。給与は安定しており長期雇用を前提とした雇用形態ですが、給与の支払には年俸制を採用している企業もあり、こちらは残業代に影響があります。求人を見る場合は注意しましょう。

契約社員は雇用期間が満了になると業務が終了となり、退職扱いになります。しかし双方合意の上で再契約することは可能です。社会保険は完備されており賞与や交通費もほとんどの場合支給され、待遇面では正社員とほぼ同等と考えて問題ありません。ただし契約期間には上限があり3年を超える契約は出来ません。企業と直接雇用契約を結ぶ社員のことを指し、契約内容により勤務時間や賃金を個別に設定されます。

派遣社員は、人材派遣会社に登録し、その会社の顧客に派遣されて勤務する社員です。派遣期間が設定されますが、派遣先の都合で契約が解消されるケースもあります。また、働いた日数に応じて給料が支払われるため、賞与はありません。そして派遣されている期間のみ、人材派遣会社の福利厚生を受けられます。

パートやアルバイトは短期的に短時間、または補助的に勤務する雇用形態です。パートとアルバイトには大きな違いはありません。勤務時間や日数をある程度自分の意向で調整できるのでライフスタイルに合わせた働き方が出来る雇用形態です。交通費や社会保険は適応される場合が多いですが、あまりに短期の場合は支給されないケースも有ります。賞与は支給されないケースもありますが、企業によってはパートやアルバイトにも賞与が支給されます。

一般的に正規雇用の正社員の給与が高く、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトといった非正規雇用の給与が低いのは一般的です。

年齢

フロントエンドエンジニアの年収は、年齢よりも経験年数、すなわち経験により獲得したスキルの影響を受けます。

具体的に勤続年数が長いとしても、入社した時点と同じことしかできない場合、年収は変わりません。しかし、扱えるJavaScriptのライブラリが増えたり、後輩を指導する、チームを管理する、といったスキルを習得することで年収がアップしていきます。

また、中途採用の場合、身に付けているスキルが重視されます。そのためスキルを評価されれば、20代でも500万円を超える年収の仕事に就くことも可能です。

経験・スキル

先ほど紹介したようにフロントエンジニアは技術職なので経験やスキルが年収に大きな影響を与えます。またフロントエンジニアの場合は企業により仕事の範囲が違うので、企業に合った高いスキルを持っていると、より高い年収を得ることが可能です。

例えばデザインを重視する会社ならデザインスキルを、また特定のJavaScriptライブラリを活用する会社なら、そのライブラリについての知識や経験、といった具合です。

より高い年収を求めて転職したいと考えているのなら、自分の経験やスキルをしっかりと把握して、自分の経験とスキルを高く評価してくれる企業を見つけましょう。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

スキルアップして年収もUP!


フロントエンジニアはJavaScriptやHTMLやCSSなどといったプログラム言語を利用しWebサービスのうちWebブラウザで動作する機能の開発を担当するエンジニアです。そして企業によってはWebデザイナーややマネージャー、場合によってはWebディレクターの仕事を任されることもあり、仕事の内容は企業によって違います。

年収も企業によりかなり差がありますが、スキル次第で高収入を得ることが可能です。年収・給料を左右するポイントは雇用形態別だと正社員が給与は高く、リーダーとしての経験なども年収に影響します。また他のエンジニアができないスキルや経験は高収入を得られやすい職種です。

フロントエンジニアが扱うWebブラウザ周りは技術の進歩が速いので、常に最新技術をリサーチし、それをうまく活用して高い年収が得られるエンジニアを目指してください。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

まとめ

この記事で紹介したようにフロントエンジニアは平均年収が高い職種です。しかしスキルや経験によっては低い年収で働くことになります。今回紹介したように高いスキルを身に付けたり経験を積むことで、年収アップを目指してください。

なおこのサイトを運営しているポテパンでは、Webサービスのバックエンドで使われることの多いRuby on Railsを中心に、未経験からでもWebエンジニアとして就職できるだけのスキルが学べるプログラミングスクール、ポテパンキャンプも運営しています。興味のある方はこちらもチェックしてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。