ITコンサルタントのポジションの価値は誰もが認めるものとなりました。ITコンサルタントは悩める経営者のパートナーとして求められているのです。高い問題解決能力、実行支援能力が求められ、まさにプロフェッショナルな仕事です。今回はそんなITコンサルタントの仕事内容についてご紹介していきます。

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントの種類

まずはITコンサルタントが担当するサービスを分類してみましょう。
・IT戦略
・IT企画
・ITガバナンス
・ERP(基幹系情報システム)
・SCM(サプライチェーンマネジメント)
・CRM(顧客関係管理)

次に職位についてみていきます。

アナリスト

ITコンサルタントとして働き始めると、まずはアナリストが出発点となります。主に画面の定義書や、動作検証の仕様書などを作成します。その上で、システムのプログラミングを行ったり、デバッグなどのテストをしたりします。また、状況に応じ、複数のタスクを同時進行するケースも見受けられます。

コンサルタント

アナリストとして経験を積んでいくと、次にコンサルタントに昇格します。

クライアントから引き出した要件を整理し、開発計画の進捗確認、アナリストが作成した仕様書などの確認などを行います。クライアントとの調整役も兼ねる場合もありますので、ITコンサルタントの役職の中で、行うべきことが多岐にわたるポジションといえます。

マネージャー

コンサルタントとして成果を出すと、マネージャーとして働くことになります。

マネージャーは、アナリスト・コンサルタントの成果チェックなどを行う、プロジェクト全体の旗ふり役です。前述した「アナリスト」や「コンサルタント」の成果をチェックする役割を担います。具体的には作業計画の作成や、開発計画全体の進捗・品質管理、関係者との調整・対応などを行います。ITプロジェクトにおけるPMというイメージが近いでしょう。

SEとの違い

ITコンサルタントとSEは担当する業務内容に差があります。ITコンサルタントの業務内容の中心は顧客の課題をITで解決する方法を考えることです。

つまりITコンサルタントにおいてITは課題解決のツールに過ぎません。それに対してSEはITコンサルタントなどが描いた解決策を具体的にシステム化したり必要なインフラ基盤を設計したりすることを業務内容としています。つまりお客様が実際に利用するツールとなる部分を具体的に作り上げていくことがSEの役割です。

ITコンサルタントの仕事内容

まずはITコンサルタントの仕事内容についてみていきましょう。ITコンサルタントは企業の経営戦略に基づきIT活用を提案します。上流から下流までにのシステムの導入を実行するために、システム設計から開発、テストまでを担います。対象領域は多岐に渡るため、担当する業界の構造や業務プロセスを深く理解していないと務まらないのです。さまざまな分野のプロフェッショナルに囲まれながら仕事を行うため、幅広い知識と経験を得られることがITコンサルタントの魅力の1つです。

このプロセスにおいて重要なのが、問題解決のためにあらゆる立場の人間を調整し、プロジェクト成功へと導かなければなりません。また、課題が浮き彫りで企業の中でも共通認識があればまだ良いですが、まずはその共通認識を揃えるところがまた苦労するところです。あくまで外部の人間が変化を嫌う現場を巻き込みながら成功に導くのは並大抵のことではありません。ITコンサルタントというと華やかなイメージがあるかもしれませんが、人間味や泥臭さもあわせもつ職業なのです。

【関連記事】

経営を変えるITコンサルタントの仕事内容とは

必要な能力・スキル

問題解決能力

コンサルタントである以上、論理的思考力は必須と言えます。クライアントの外側にいるからこその視点を活かしながら論理を突き詰め、課題を特定し、解決策を提示していく。コンサルタントである以上、感覚や勘だけではクライアントからの信頼は獲得出来ず、仕事は出来ません。相手を納得させる力が必要なのです。

コミュニケーションスキル

上記でも述べた通り、人間味や泥臭さもあわせもつ職業だからこそ、高いコミュニケーションスキルが求められます。問題解決のためにあらゆる立場の人間を調整し、プロジェクト成功へと導かなければなりません。コンサルタント1人で絵を描いたとしても、実行されなければ意味がありません。ゆえに、チームメンバー、クライアント側のメンバー、現場の人間など周囲の人間といかに協力関係を築きながらプロジェクトを進めるかが大切です。

強い精神力とアスリート並みの体力

プロジェクトには期限がありますので、常に時間と戦いながら、さらにプロジェクト内の人間関係にも気を配らなければなりません。ITコンサルタントは忙しいのです。知的生産性が求められ華やかな場所というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はそんなに簡単ではありません。

ITコンサルタントの平均給与・年収

その難易度の高さから、ITコンサルタントはIT業界の中でも特に年収が高い職業です。2014年度データによると、30代の平均年収は635万円、40代では820万円、生涯賃金は2億6358万円と非常に平均年収が高額な職業です。SE/プログラマ全体の平均年収がおよそ468万円ですので、ITコンサルタントの年収は平均に比べてかなり高い傾向にあるようです。

しかしこの業界は昇進できない=成果を出せない人材は辞めていく世界。マネージャーやパートナーといった役職が付かない限りは大幅な昇給も難しいのです。能力さえあれば高い収入を勝ち取ることができますが、通用しなければ会社に居続けることすらできないという点は、覚えておくべきでしょう。

【関連記事】

ITコンサルタントが高い年収を得られる理由

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントへの道で一般的なのがプログラマーからのキャリアチェンジです。プログラマーとしてキャリアを歩んでいく際に、必ず直面するのが今後のスキルアップの方向性です。プログラマーとして、スペシャリストとして特定の分野の能力を高めることもプログラマーとして活躍し続ける方法のひとつでしょう。早くから自分の得意分野を見つけ、能力を伸ばすことで30代、40代と活躍を続けているプログラマーもいます。

一方で、他の職種へのステップアップの道もあります。プログラマーとしてある程度経験を積んだ後、上流工程に携われるSEへとキャリアアップするパターンもあります。その後はプロジェクトマネージャーやITコンサルタントへの道も存在します。ソフトウェアハウスからITコンサルタントを目指すのか、SIerのSEを目指すのかでは、キャリア戦略も変わってきますので要注意です。

【関連記事】

ITコンサルタントになるにはどうすればいいの?

ITコンサルタントにおすすめの資格

ITコーディネーター

ITコーディネータは、2001年に国家プロジェクトの一環として設けられた資格です。ITコーディネータの合格率はおよそ50~60%前後で、現在約6,500名の資格保有者がいます。

プロジェクトマネージャー試験

プロジェクト全体に責任を持ち、プロジェクトを成功に導くとともにメンバーの成長を促せるようなマネージャーを目指す人を対象にした試験です。プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任をもち、前提・制約条件の中でプロジェクトを確実に成功に導き、プロジェクトメンバを成長させるマネージャを目指す方に最適です。

PMP

PMPもおすすめです。PMPは、プロジェクトマネジメントに関する国際資格です。試験では、プロジェクトマネジメントにおける実務的な問いが出題されます。プロジェクトマネジメントに関わる一定のスキルを測る指標として、ITコンサルタントのみならず多くの業界から注目されている資格です。

ITコンサルタントのキャリアパス

会社内でキャリアアップする

社内で昇進をしていく道もあります。IT業界においては珍しいタイプです。パートナークラスにまでなれば、報酬も得られる経験も桁違いです。一般的には40代前半までにはパートナークラスになるのが目安で、そのためには営業力も求められます。

同業種への転職

コンサルティング業界も細分化しており、戦略系、財務系、IT・業務、シンクタンク系など幅広い業種が存在します。業界を変えてチャレンジする人もいれば、IT以外のコンサルティング会社に転職する人もいます。営業力のある人なら引く手数多でしょう。

事業会社への転職

基本的にコンサルタントを経験した人であれば、事業会社でも経営企画やシステム部など求められるポジションは多数存在します。その場合は即戦力として求められるケースが多く、これまでの経験を活かしながら活躍が期待されます。

ITコンサルタントの需要・将来性

IT活用の成否がそのままビジネスに直結する時代です。いわばITを活用しないでビジネスを成功することは、不可能といっても過言ではありません。このような環境下で、ITコンサルタントのポジションの価値は誰もが認めるものとなりました。

更に、IoT, Big Data, In Memory computing等の技術の台頭に伴い、これらを生かして新たなビジネスモデルを創出する流れができています。これらの最新技術を使って、クライアントのビジネスにどのような付加価値を与える事ができるか、ということを考えることができるような、最新の技術トレンドに明るいITコンサルタントへの需要は高まる一方です。

ITコンサルタントの求人の探し方

ITコンサルタントの求人とは、その専門性の高さから一般の求人サイトなどには掲載されることは少ないです。IT関連の転職に強い転職支援サイトに登録、チェックするのがお勧めです。 こういった転職支援サイトにはサイト独自に非公開求人情報もあります。 スキルにあった転職先を紹介してくれますし、専任のキャリアコンサルタントと相談出来ます。また、推薦状も書いてくれますし自分ではまとめにくい特性などもまとめてくれます。就職の際に強い味方になりますね。

まとめ

ITコンサルタントの仕事内容や平均年収についてご紹介しました。ITコンサルタントは、ITエンジニア職の中でも自分を成長させたい方、ハイレベルなキャリアを目指したい方におすすめの職種であり、I幅広い知識と高い技術が求められる分、やりがいが大きく高収入も期待できる職種です。ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。