Webサイト制作コースのお申し込みはこちら

人々の生活にとって重要な「システム」。これは誰によってどのように作られているのでしょうか。ビジネスとテクノロジー双方を深く理解し、プロジェクトを導く人がいてこそ、それが実現するのです。そして、この「プロジェクトを導く人たち」を「ITコンサルタント」と呼びます。

ITコンサルタントは、IT業界の中でも特に年収が良いことで知られています。今回はそんなITコンサルタントの年収についてご紹介していきます。

この記事の結論
  • ITコンサルタントの平均年収は25歳~35歳のシニアコンサルタントで700~900万円
  • 給与推移は20代で478万円、30代で526万円、40代で890万円
  • ITコンサルタントの仕事内容は、IT戦略、企画、ガバナンス、ERP、SCM、CRMなど多岐にわたる
  • ITコンサルタントに必要な能力は、ITスキル、知識、経験、コミュニケーションスキルなど

ITコンサルタントの平均年収

ITコンサルタントの年収は高水準です。それだけ高い能力とスキルが求められるということです。例えば、20代のITコンサルタントの平均年収は500万円です。同じ年代ですと「プログラマー」の平均年収が395万円ですので、100万以上の差がついています。 それでは役職ごとにみていきましょう。

1.コンサルタント
年齢:22~30歳
経験年数:0~3年
報酬:500~700万円
成果報酬;固定給の10~20%

2.シニアコンサルタント
年齢:25~35歳
経験年数:0~6年
報酬:700~900万円
成果報酬;固定給の10~20%

3.マネージャー
年齢:28~40歳
経験年数:2~10年
報酬:900~1400万円
成果報酬;固定給の10~20%

4.マネージャー
年齢:32~45歳
経験年数:5~15年
報酬:1300~1800万円
成果報酬;固定給の10~20%

5.パートナー
年齢:35歳以上
経験年数:7年以上
報酬:2000万円以上
成果報酬;業績次第

給与交渉など転職サポートのあるプログラミングスクールはこちら

給料についてもっと詳しく!

これからITコンサルタントに転職を考えている人にとって、年収など給与事情は気になるところです。

そんな人たちのためにITコンサルタントの平均年収について詳しく紹介します。

年代別の給与推移

年代を問わない場合、ITコンサルタント全体の平均年収の相場は600〜700万円です。そしてこちらの平均年収は会社員として働いた時の平均年収で、フリーのITコンサルタントの場合、年収1,000万円を超えることも珍しくありません。

つづいて年代別に平均年収を紹介します。

・20代・・・478万円
・30代・・・526万円
・40代・・・890万円

ITコンサルタントは他のIT企業で働いている業種と比較しても、非常に年収が高いです。また生涯賃金は2億を超えることも珍しくありません。

また年代が上がっていくごとに年収も増えていますが、これは役職の昇進によって給与が上がった場合と、ITコンサルタントとしての経験が積み重なり、より給与の良い企業への転職が成功したりしたことが考えられます。

企業の問題解決のために膨大な知識や情報の学習、また業務経験が必要となるITコンサルタントは、その仕事内容に見合った給与を受け取ることができる業種です。

ボーナスはどれくらい?

つづいてITコンサルタントのボーナスについて解説します。

ITコンサルタントの夏冬合わせた4ヶ月間のボーナスは平均して100〜250万円が多く、やはり他のIT企業の業種と比較して高額にはなっています。

また同じ年代であっても部長など管理職の役職の人の方がボーナスは高額になり、また大企業の方が年収も上がる傾向にあります。

IT業界の中ではトップクラスで高額なボーナスが貰えるITコンサルタントですが、その分仕事に対する責任は大きいです。

企業の経営に対する課題を解決するためのIT技術やシステムを提案しつづけるには、常に最新技術やITの情報を仕入れておく必要があります。しかしIT企業で働くキャリアとして最高レベルであることは間違いありません。

年収1,000万円越えは可能か?

誰しも1度は憧れる年収1000万円超え。しかし夢見ているだけでは夢に近づくことは出来ません。具体的な行動が必要です。

2014年度データによると、30代の平均年収は635万円、40代では820万円、生涯賃金は2億6358万円と非常に平均年収が高額な職業です。これらは、あくまで平均でしかありません。仮に、大企業のITコンサルタントを中小企業のプログラマーと比較した場合、2倍近くになっている可能性もあるのです。

また、ITコンサルタントとして独立した場合、年収が1,000万円を超えるケースも多く、将来性や高収入という意味ではかなり有望な職種といえるでしょう。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントは、「企業の経営課題を解決する」ことを目的とし、対策の提案から課題解決のためのシステムの開発まで、企業の経営戦略に基づいたIT戦略を提案します。業務規模と収入額に応じた高度なスキルが求められる、非常にやりがいのある仕事です。

ITコンサルタントが担当するサービスは多岐にわたり、主に以下のように分類できます。
・IT戦略
・IT企画
・ITガバナンス
・ERP(基幹系情報システム)
・SCM(サプライチェーンマネジメント)
・CRM(顧客関係管理)

多くの場合はプログラマーからキャリアをスタートし、その経験を活かしたITコンサルタントになったというケースです。プログラマー職でキャリアを積むうちに、より上流工程に興味が生まれたパターンです。ITコンサルタントにはITについての幅広い知識が不可欠ですから、プログラマーの皆さんにとっては選びやすい選択肢となるのです。

そして、顧客となる企業に対して、IT技術を利用したさまざまな解決策の提案を行うため、活躍できる場所は多岐に渡り、業務の内容も幅広くなります。本質を捉え議論し、提案をしていかなければバリューはありません。ゆえにそのような環境を求めてキャリアチェンジをするプログラマーも多いのです。

【関連記事】
経営を変えるITコンサルタントの仕事内容とは

未経験からプログラミングスキルを身につけられるスクールはこちら

ITコンサルタントの役職

以下では、ITコンサルタントの仕事内容を3つの役職に分けてご紹介します。

1.アナリスト

多くの場合ITコンサルタントになるとアナリストからスタートします。主に画面の定義書や、動作検証の仕様書などを作成します。その上で、システムのプログラミングを行ったり、デバッグなどのテストをしたりします。また、状況に応じ、複数のタスクを同時進行するケースも見受けられます。

2.コンサルタント

経験を重ねるとコンサルタントとして働くことになります。クライアントから引き出した要件を整理し、開発計画の進捗確認、アナリストが作成した仕様書などの確認などを行います。クライアントとの調整役も兼ねる場合もありますので、ITコンサルタントの役職の中で、行うべきことが多岐にわたるポジションといえます。

3.マネージャー

出世していくと、マネージャーとして働きます。マネージャーは、アナリスト・コンサルタントの成果チェックなどを行う、プロジェクト全体の旗ふり役です。前述した「アナリスト」や「コンサルタント」の成果をチェックする役割を担います。具体的には作業計画の作成や、開発計画全体の進捗・品質管理、関係者との調整・対応などを行います。ITプロジェクトにおけるPM(プロジェクトマネージャー)というイメージが近いでしょう。

【関連記事】
注目を集めるプロジェクトマネージャーの仕事内容とは

ITコンサルタントに必要な能力・スキル

ITコンサルタントには高いITスキルだけではなく、問題解決能力、折衝力、タフさなどあらゆるスキルを必要とする、IT業界の総合格闘技と言えます。順にみていきましょう。

ITについての幅広い知識

ITコンサルタントにとってシステム開発をはじめとする各分野のIT技術に対する幅広い知識は不可欠です。開発しているシステムの全体像をつかみ、企業の利用している他のシステムとの連携を考え、企業にとって最適となる解決策を提案することが求められます。

経営に対する知識

ITの知識に加え、クライアント先の業界ならびに企業を理解するために経営知識も必要です。例えば製造・小売などの業界を担当するならば、業界知識がなければ話しになりません。それを前提として顧客の求める要望に対して技術の面からもシステムを提案するのです。ゆえに、ITコンサルタントとして経験を積んでいくと、ご自身の強みとなる業界ができるようになります。

顧客指向を突き詰める

ITコンサルタントに求められるのは、要件に沿ってモノを作るだけではありません。顧客が気づいていない課題や価値を見出し、提案をしていくことなのです。この点はプログラマーやSEと大きく異なります。冒頭でも述べた通り、あらゆる産業にとってIT活用は不可欠で、経営を左右する最重要テーマです。

だからこそ、顧客のことを考え、というよりももはや自身にその企業の未来がかかっているという意識を持って改革をリードしていかなければなりません。

コミュニケーションスキル

ITコンサルタントにとって、コミュニケーション能力は生命線です。より具体的には、「顧客とのコミュニケーション能力」です。クライアントの要望を引き出せなければ課題に対する最適なソリューションを提供することはできず、それはつまり高い品質のサービスを提供出来ないということです。

1つのプロジェクトは長期間になることも多いです。ゆえに、チームの一員としてクライアントの成功のために尽力する姿勢が必要です。そうなると、表面的なコミュニケーションだけで乗り切ることは出来ません。いかにあなたが論理的で正しいとしても、サービス業である限りクライアントの満足無しには価値はありません。

問題解決能力

ITコンサルタントという職業柄、向き合うのは様々な業界の企業の上層部です。業界知識や経験ではクライアントが圧倒的な中、どのようにクライアントのパートナーとして認められるのか。そのためにはITの知識とともに論理性と問題解決能力が求められます。

それこそ、クライアントが外部の人間に安くないフィーを払って依頼する所以です。感覚や勘だけではクライアントからの信頼は獲得出来ず、仕事は出来ません。相手を納得させる力が必要なのです。

ハードワークできる精神力と体力

ITコンサルタントは激務です。精神的にも体力的にも簡単な仕事ではありません。コンサルタントというと華やかなイメージがあるかもしれませんが、泥臭い仕事もたくさんあります。その環境下で戦い続け上にあがるには、並大抵の努力では務まりません。

【関連記事】
ITコンサルタントになるにはどうすればいいの?

ウェブ系の転職内定100%のプログラミングスクールはこちら

まとめ

ITコンサルタントの年収についてご紹介しました。IT業界の中でも比較的高収入のITコンサルタント。業務規模と収入額に応じた高度なスキルが求められる、非常にやりがいのある仕事です。ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
ITコンサルタントとは何ですか?転職する方法の紹介
悩める経営者のパートナー ITコンサルタントの求人内容とは

ポテパンキャンプでは、未経験から実践的にプログラミングを学ぶことができます。転職サポートがついていて、ウェブ系企業への内定率100%をほこっています。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。