バナー画像

IT業界でも求人が多く、人気の高い職種がフロントエンドエンジニアです。とはいえフロントエンドエンジニアを希望していても、就職や転職に苦労されている方もたくさんいます。今回はフロントエンドエンジニアの求人の探し方や転職の際に心がけるべきことについて紹介します。

この記事の結論
  • 未経験からフロントエンドエンジニアの求人の探すなら、学校の就職課を活用してください。
  • 経験者がフロントエンドエンジニアの求人の探すなら、転職支援サービスを受けるのもおすすめ。
  • 経験やスキルに自信があるフロントエンドエンジニアなら、スカウトの利用も検討してください。
  • フロントエンドエンジニアが転職する際、JavaScriptのプログラムスキルの他に、UIやSEOのようなスキルにも関心を持って学んでおこう。

フロントエンドエンジニアとは


フロントエンドエンジニアは企業により定義は様々ですが、一般的にはHTML、CSSといったマークアップ言語とJavaScripやTypeScriptといったプログラミング言語を使い、Webサービスなどで利用者が操作するWeb画面の作成を担当するエンジニアを指します。

他にはアプリケーションソフトの操作画面やUI(ユーザーインターフェース)部分を制作するエンジニアをこう呼ぶ場合もあります。またゲーム制作の場合はゲーム画面のレイアウトを決めたり見やすさを検討するエンジニアをこう呼ぶ場合もあります。なおこの記事でのフロントエンドエンジニアとは、先ほど紹介したWeb画面の作成を担当するエンジニアとします。

フロントエンドエンジニアに対する需要が増えている背景には、かつては静止画しか表示できなかったWebブラウザが、JavaScriptを使うことで、まるでアプリケーションのように動作させることが可能になった点が挙げられます。そして、利用者が使い易いように高度なJavaScriptのプログラムを使いこなせるフロントエンドエンジニアが求められています。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

コーダーやマークアップエンジニアとの違い

コーダーとの違い

コーダーは、デザイナーがデザインしたイメージ画像をWebブラウザーで閲覧可能にするため、HTMLやCSSといったマークアップ言語にいるコーディングを担当します。デザイナーが指定した画像や文字を配置したり、画面のサイズが変わっても崩れないようにするのが仕事で、基本的にプログラミングは担当しません。

フロントエンドエンジニアはWebページを表示させるのに必要な要素を分析し、JavaScriptによるプログラムで動きのあるWebサイトを作成します。

最近は利用者が使い易いようにJavaScriptによるプログラムを組み込んだ動きのあるWebページを多用したWebサービスが主流です。そのためコーダーは減少傾向にありフロントエンドエンジニアの需要が増えています。なおこのようなプログラムの多くはサーバー側のプログラムと連動して動作することから、サーバー側のプログラム開発も兼任できる方もおり、まとめてWebエンジニアと呼ばれることもあります。

マークアップエンジニアとの違い

マークアップエンジニアは、コーダーと同じようにHTMLやCSSといったマークアップ言語にいるコーディングを担当する職種ですが、WebサイトのSEOや見やすさ使いやすさを評価して改善するのが仕事です。

フロントエンドエンジニアがWebサイトの開発を担当するとすれば、マークアップエンジニアはWebサイトの品質を保証する役割と言えるでしょう。そのため一般的にマークアップエンジニアはフロントエンドエンジニアの上位に位置し、Web全体の設計を関わることが多い職種です。

【関連記事】
常にユーザー視点が大切!フロントエンドエンジニアのスキルを再定義

【関連記事】
フロントエンジニアは未経験でもなれる?仕事内容と今後の展望について
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

おすすめフロントエンドエンジニアの求人の探し方


フロントエンドエンジニアの求人を探せばたくさん見つかります。しかし、未経験の方が申し込んでも書類審査すら通らないケースが多いでしょう。そのような求人の多くは、翌日から他の社員と同じように働ける、即戦力な人材を求めています。

とはいえ未経験の方でも採用を検討してくれる企業は必ずあります。次から自分に合ったフロントエンドエンジニアの求人の探し方について紹介します。

学校の就職課を活用

もし学生なら学校の就職課(キャリアセンター)をフル活用しましょう。これを利用しない手はありません。まず就職課(キャリアセンター)にフロントエンドエンジニアの求人があるのかどうかを調べ、もし求人があれば可能な限りその内容を閲覧しましょう。

そして必ず就職課(キャリアセンター)の方と相談してください。就職活動を通じて自分では気が付かなかった思わぬ欠点が浮き彫りになることは多々あります。なかなか内定が取れない時など心が折れそうになる時に「この企業には君の実力では無理」といった耳の痛い話を聞くこともあるでしょう。そのような時に、代わりにここならばどうだろうか?と、より現実味のある就職先を紹介してくれるでしょう。

独自に応募するのと学校の就職課(キャリアセンター)が後ろ盾となり応募するのとでは意味合いがまた違ってきます。そういった時に就職課(キャリアセンター)は強い味方となります。学校によって就職先の企業の実績は違うので、大手企業でもここはダメでもこっちの大手企業ならば先輩も沢山居るし就職できる可能性が高いといったアドバイスも受けられます。

また客観的に履歴書を分析してもらうことは非常に大切です。他にもWebで検索し「この企業を受けたいのですがどうでしょうか?」と聞きに行っても一向に構いません。就職課(キャリアセンター)から的確なアドバイスを活用して、フロントエンドエンジニアへの就職を成功させましょう。

求人サイトを検索

求人サイトにも得意分野とそうでない分野があり、プログラマーの求人を積極的に掲載しているサイトもあるので、そういったところを中心に探すと良いでしょう。なるべく沢山の求人情報を見ましょう。沢山の求人情報を見ていると自分が行きたいと思う会社像ややってみたいと思うプログラミング像が見えてくるでしょう。

求人情報を探す際に注意すべき点は給与体系で年俸制を採用している場合残業代に関わって来ます。また待遇についても企業により様々なのでよくチェックしましょう。

転職支援サービスを受ける

フロントエンドエンジニアとしての経験がある方は、転職支援サービスの利用も有効です。是非活用しましょう。

転職支援サービスは、自分のやりたい仕事の内容や希望の給料条件、勤務地、これまでの職務経歴などを伝えると、それに合った条件の会社の求人を探してきてくれるサービスです。さらにその会社の面接の傾向と対策を指導してくれたり、履歴書の書き方の指導や本人に代わり年収の交渉までしてくれます。

自分で探すよりも効率的ですし、転職のプロなので自分で探すよりも好条件の求人を紹介してもらえるので、ぜひ活用してください。

スカウトを利用する

スカウトは、先ほど紹介した転職支援サービスの上級者版です。レジェメという履歴書・職歴書を登録しておくと企業がその内容を見て興味が有る場合は企業の側からスカウトを貰えるというサービスです。

企業が関心を持つほどの経歴やスキルが無ければ、当然スカウトされません。最近は極端なエンジニア不足と言われていますが、チームマネジメントができるエンジニアや、最新の技術を使いこなせるエンジニアなどの上級者はどの企業もスカウトしてでも欲しい人材です。

もし経歴やスキルに自信があり、もっと待遇の良い企業への転職を考えている方はスカウトを利用してください。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

転職の際に心がけるべきこと

未経験の場合

フロントエンドエンジニアの仕事が未経験でもプログラマーやシステムエンジニアならフロントエンドエンジニアにはなれますがJavaScriptが使いこなせないと仕事にならないのでこれらの知識は必須です。また小規模のWebサイトではマークアップエンジニアの業務も担うので画面遷移についての知識やユーザーインターフェースについての知識も必要となります。

経験者の場合

経験者の場合、転職支援サービスなどを活用すると転職は比較的容易でしょう。注意すべきはフロントエンドエンジニアは企業により仕事内容が異なる点です。マークアップエンジニアの仕事も担う場合が多いので応募する時は仕事内容をよくチェックしましょう。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

まとめ

フロントエンドエンジニアは求人も多く、未経験から就職を目指す方の多い人気の職種です。しかし多くの企業が好条件で求めているフロントエンドエンジニアは、即戦力で働ける方なので、自分の経験やスキルに合った求人を探してください。

そしてフロントエンドエンジニアの求人を探す場合、求人サイトを検索するのが一般的ですが、未経験の方は学校の就職課(キャリアセンター)をうまく活用してください。プログラミングスクールでも未経験からエンジニアとして就職を目指す方に合った就職先を紹介してくれます。そして経験者は転職サービスの利用も検討してください。

なお、このサイトを運営しているポテパンでは、未経験からWebエンジニアを目指す方におすすめのプログラミングスクール、ポテパンキャンプも運営しています。ぜひ、こちらもチェックしてみてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。