たった数年前と比べても、プログラミングは人々に取って身近な存在となりました。オンラインでは無料でも十分に学べる環境も既に整っています。

そして、将来プログラマーを目指す学生であれば、実務経験としてインターンシップの経験を積むことは、貴重な大学生活の中でも有意義な時間の使い方と言えます。今回はプログラミングインターンをおすすめする理由についてご紹介してまいります。

プログラミングインターンとは

大学生がプログラミングを勉強する方法は多数あります。最近ではプログラミングスクールも沢山ありますし、オンラインで学ぶことも出来るでしょう。それでは、プログラミングのインターンとは何なのでしょうか。みていきましょう。

プログラミングのインターンでは、プログラミングの技術を使ってWEBサイトやアプリを作ります。無給の会社もあれば、有給の会社もあり様々ですが、最近は有給が主流です。週2日から勤務開始できる求人もあり、大学との両立も可能です。すでにプログラミングができる人でも、よりスキルを高めるためには、企業で実際に働いてみるのが一番です。未経験の人は、独学よりも実際の現場で働きつつ、スキルを磨くほうが成長が早いでしょう。

【関連記事】
エンジニアとしての働き方が学べる!プログラマーのインターンシップに挑戦してみよう!

プログラミングインターンに参加するメリット

お金を貰いながら学べる

インターンシップはアルバイトのように、給与を貰えることはほとんどです。つまり、学びながらお金ももらうことが出来るため、長期的に続けることができ、スキルもアップするのです。プログラミングスクール等はお金を払う側ですが、インターンシップだけは別です。

プロのエンジニアの社員からプログラミングについて教えてもらいながら、かつ給料までもらうことができます。こんな一石二鳥の機会はなかなかありません。アルバイトが忙しいと言う人もいると思いますが、アルバイトの代わりに、場合によってはアルバイト以上に稼ぐことも十分可能です。将来エンジニアとして働きたいのであれば、インターンシップを活用しない手はありません。

世の中で求められるスキルがわかる

学校でプログラミングを学んでいると、実際に市場で求められている内容とはギャップがあることも。特にIT業界は動きが早いのです。数年前に主流だったプログラミング言語が、今では全くどの企業でも使われていないというような話は多々あります。

インターンシップとして働けば、今ビジネスの現場で求められているスキルがわかります。そうすれば、あなたがこれからどの領域に自分の時間を投下すれば良いのかもわかります。せっかく勉強をするのであれば時代の流れにあったものをしっかり把握して、世の中に必要とされているものを学ぶべきです。

就職活動にもなる

インターンを通じて企業から内定をいただき、そのまま就職する人も多いです。これならば、お互いにミスマッチもありません。また、仮にそのインターン先に就職しないとしても、その経験は就職活動の際に必ず役に立ちます。より真剣に取り組んだ分だけ、企業側も評価してくれるということです。また、インターンを経験することで社会を知り、ご自身の進む道がより明確になることもメリットの1つです。それがプログラミングとはまた別の道だとしても、在学中にそれに気づけたことは大きいでしょう。

プログラミングインターンに参加するデメリット

時間の確保

大学生ですから、授業もあるしサークル活動もあるでしょう。なかなかまとまった時間をインターンに費やすことは難しいかもしれません。特にまだ1-2年生の方の場合は、まだ授業も多く、一般的に企業が求める平日週2-3日という基準を超えることが出来ない場合もあることでしょう。事前に履修を調整し、まとまった時間を確保できるようにしておくことをオススメします。

給与が低い場合も

一般的にインターンシップは有給なことが多く、時給1000円程度が支払われます。または、日給計算や月給計算の場合もあります。単純に時間計算すれば普通のアルバイトをした方が稼げるケースも多いのですが、それよりも経験を重視する人にとってはまたとないチャンスでしょう。この経験が、将来何倍にもなって返ってくることでしょう。

独学との違いは?

プログラミングを勉強する際に大切なのが、アウトプットの場を持つと言うことです。実際に企業で働く際に開発するWebサイトやアプリは、市場でユーザーに使われます。あなたが開発に関わったサービスが多くの人に使われるのです。何かをアウトプットすれば、必ずフィードバックを得られます。それによって新しい学びを獲得できるのです。

インターンシップの場合は、学びながら実際にプロのエンジニアと一緒にプロジェクトに参加するため、その時に学んだことを自らアウトプットする機会があります。自分が学んだことがどのようにサービスに組み込まれるのか?インプットと同時にアウトプットする機会があることで、成功体験や達成感が得られやすく、継続して学びやすい体制になります。

プログラミングインターンの選び方

プログラミングインターンにも短期のものや長期のもの、給与の違い、仕事内容の幅などはチェックすべきです。それもすべてご自身の目的によって優先順位が変わってきますので、まずは自分がインターンシップをする目的について明確にしましょう。また、その企業がインターンシップ生に何を求めているのかも聞くべきです。それによってあなたが経験できることも変わってくるからです。

【関連記事】
【タイプ別に解説】エンジニアのインターンシップを探してみよう!

未経験・初心者でも応募でできるのか

みなさん誰でも耳馴染みのあるサービスを開発している会社で働いてみたい気持ちはあるかと思いますが、そいうった企業の場合はすでに自分でプロダクトを作った経験があるか、あるいは長期インターンですでに経験を積んでいるハイレベルな学生がこぞって応募するため、未経験の方では難しい場合が多いです。

最低でもスクールやオンラインで自分で学ぶ、何か形にしたことがある程度は必要です。ですので、もしプログラミングインターンに挑戦したいなばら、最低でも何かしらご自身でアクションを取っておくべきです。

【関連記事】
エンジニアインターンシップに未経験でも参加してみよう!

プログラミングインターン求人の探し方

最近ではインターンを積極的に募集する企業も増えてきましたので、IT系の求人媒体やインターン特化の求人媒体を通じて見つけることは容易です。また、キャリアアドバイザーが面談をして、あなたの要望に合ったインターン先を紹介してくれるサービスもあります。既にインターンを受け入れた経験が豊富な企業の場合は受け入れ態勢もしっかりしており、良い経験が出来ることでしょう。逆に初めてインターンを募集する企業の場合は、受け入れ態勢では期待ができないかもしれません。ただ、その分、社員と同じように仕事を任せてもらえる機会も多く、そのような環境を望む人にとっては良いでしょう。

インターンに挑戦してみよう!

プログラミングのインターンについてご紹介してまいりました。インターンはプログラミングのスキルアップをするために非常に良い手段の一つです。ぜひ参考にして、プログラマーとしてインターンに挑戦してみてはいかがでしょうか。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。