バナー画像

かつてプログラマーになるための勉強は非常に大変でした。コンピュータ本体も高く、そもそもプログラミングの知識がある人もそう多くはなかったので、そういった特殊技術を教育する大学・高専・専門学校でしか学べませんでした。

いうなれば、「理系の高等専門技術」だったのです。

しかし、現在はパソコン本体も10万円を切り、プログラミング言語などの開発ソフトを自由に、しかも無料でダウンロードできる時代になり、プログラミングの教育及び学習方法も様変わりしてきました。

プログラマー学校の選び方

冒頭にも述べた通り、プログラマーになるためには、大学・高専・専門学校の関連するコースに入学するのが最もスタンダードな方法です。しかし、こういった学校でプログラミングを習得するには、最低でも2年から4年の時間を必要とします。

しかし、そんな時間はないという人や、そもそも経済的にちょっと厳しいという人でも、きちんとプログラミングを勉強する方法があります。

民間のプログラミングスクールに通う

主に社会人や、すでに何らかの別の学校に通っており、あわせてプログラミングを学びたいという人におすすめなのが、民間のプログラミングスクールです。この手のスクールには大きく分けて通学型とオンライン型の2通りがあります。

通学型は、大都市のターミナル駅付近にあり、仕事帰りなどに通って学べるタイプのスクールです。言わばパソコンスクールの延長線上のようなタイプのスクールです。この手のスクールにはインストラクターがいて、わからないことがあればその場で教えてくれます。

忙しい人の味方のオンラインスクール

これに対し、オンラインスクールは、そのような場所に通えなかったり、なかなか時間が取れない人のためには大変に便利なスクールです。インターネットがつながり、ノートパソコンがあれば、誰でも気軽に勉強ができます。タイプも大きく分けて、講師が直接学生を指導するオンライン家庭教師型のものもあれば、あらかじめ収録されている映像を見ながら学習するストリーミング型などがあります。

基本的には有料ですが、中には無料のものも存在します。

お金がない人の強い味方職業訓練校

これらのスクールは、言うまでもなくお金が必要です。しかし、中には、プログラミングの勉強をしたいけれど、お金がなくてできないという悩みを抱えている人もいます。

そのような人におすすめなのは、国から認定された職業訓練校でプログラミングを学ぶ方法です。このようなスクールはハローワークの専門の窓口に行けば紹介をしてくれます。学習期間はおおむね4か月から6か月というところが多く、Java言語のような人気の高いプログラミング言語が学べます。

その上、就職の斡旋までしてくれる、実に至れり尽くせりなスクールです。受講料も無料で、かかる費用はテキスト代くらいです。その上、通学している間は国から給付金を受けることもできます。

つまり、お金をもらえながら勉強ができてしまうわけです。このように素晴らしい学校なのですが、ここで学ぶにはハローワークの審査を受けた一定の条件を満たした求職者でなくてはなりません。

しかし、求職者であれば大変便利な制度なので、どうしても学校に通うことができない方にはうってつけです。

【関連記事】
プログラミング能力を身につけて就職しよう!
副業としてプログラミングを始めるには?

学校で学ぶことができる内容

プログラミングスクールで学ぶ内容は、言うまでもなくプログラミングなのですが、その内容は実に多岐にわたります。

Java、Swiftなどのようなスマートフォン向けの言語やRubyやPHPなどのように、Web系主体で使われるプログラミング言語も存在します。また、マイクロソフト系のOSや、Unityなどのようなゲームエンジンで使用されているC#言語、そして新興勢力であるPytonやGo言語などなど、数え上げればきりがありません。

スクールによって得意としている言語は様々なので、まずは自分の学びたい言語や、プログラミングをする理由などをしっかりと考えてからスクールを選ぶことにしましょう。

ただ、プログラミングを学べばすべて完了というわけではありません。

たとえば、Web系のプログラミングを学ぶのであれば、Apacheのようなサーバー系のOSの知識や、HTML,JavaScriptなどの知識も必要となってきます。

さらに、ゲームプログラミングを行う場合は、Unityのようなゲームエンジンの操作方法や、グラフィックスなどの基礎知識も必要になります。また、どのような言語でプログラミングをする上でも、必要になってくるのが、データベースの知識です。

現在、言語や分野の違いなく、必ずと言っていいくらい、リレーショナルデータベースと呼ばれるデータベースを利用します。この種のデータベースの操作には、必ずSQLという言語を使うことになるため、データベース関連の知識もプログラマーにとっては欠かせません。

ただこれらの知識はプログラミングスクールのカリキュラムの中には必ず組み込まれています。

【関連記事】
プログラミング言語は何を選べばいい?おすすめ言語5選徹底解説

学校に行くのも選択肢の一つ!

プログラミングは、その気になれば独学で学ぶこともできます。しかし、プロの指導を受ければ無駄な時間を省いて効率的に学ぶことができますし、スクールの多くは卒業後に就職斡旋をしてくれます。

もしも、本気でプログラミングを学び、それを仕事にしたいのであれば、プログラミングを教えてくれる学校で学ぶのも選択肢の一つです。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。