IT時代を支えるデータベースエンジニアのキャリアパスとは
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.04.03

    IT時代を支えるデータベースエンジニアのキャリアパスとは

    ITを活用する時代になり、どの企業でもインターネット上でのデータ活用が欠かせなくなりました。データ活用に欠かせないものが、データベースです。今回は、Oracleや Microsoft SQL Serverなど、データベース製品を扱うデータベースエンジニアの仕事内容や年収などをご紹介します。

    データベースエンジニアとは

    データベースエンジニアとは、膨大なデータを格納したデータベースのシステム構築や運用を行う職種です。企業の情報システムを支えるために不可欠な職種ですが、データベース製品を専門に扱うエンジニアはいまだ少なく、近年では技術者としての市場価値も上昇しています。最近ではビッグデータという言葉が話題になっているように、大量のデータを管理し、そのデータを企業の戦略に活用できるスキルを有する人材が求められています。

    また、技術面以外でも、他部署との連携に必要なコミュニケーションスキルや、ビジネスのための俯瞰的な物の見方も重要になってきます。データベースエンジニアの仕事内容はソフトウェア系、ハードウェア系、運用系の3つに分けられることが多いです。

    データベースエンジニアの仕事内容

    ソフトウェア系

    OracleやMicrosoft SQL Serverなどのデータベース製品を扱い、顧客のニーズに合わせた最適なデータベースの開発・設計を行います。

    ハードウェア系

    データベースシステムが動作するインフラを管理し、データを保存するストレージサーバーなどの最適化および使用効率の最大化を図ります。

    運用・保守系

    稼働中のデータベースの運用や、データのバックアップ、アクセス権の管理、情報漏えいを防ぐセキュリティ規則設計などを行います。

    データベースエンジニアのやりがい

    基本はデータベースの設計・構築・運用にあたります。開発プロジェクトの主要メンバーとして配属される場合も多く、他の開発スタッフと共同作業をしていくので、技術だけでなくコミュニケーションスキルも求められます。今現在はデータベースの活用がほとんどの場面で見られる割に、しっかりとした知識を有したデータベースエンジニアは少ないと言われています。その為、データベースエンジニアとして経験を積むと、人材としての市場価値自体が非常に大きく、知識と経験を身につけて行くにつれて、やりがいも大きくなって行きます。

    キャリアアップを図るなら、データベースを取り巻くシステム全体を開発できる能力を採り入れていく必要があります。また細やかな作業を長時間行うことも多いため、体力と忍耐力は必要不可欠です。

    データベースエンジニアの平均給与・年収

    各技術者のスキルにより異なりますが、データベースエンジニアの30代における平均年収は500万円前後であると言われています。オラクル社のORACLE MASTERやマイクロソフト認定資格であるMCP、あるいはテクニカルエンジニアの国家資格を有している場合は、企業において年収面での優遇を受けられる可能性が高くなるでしょう。

    高度な知識と技術が要求される専門職であるため、年収1000万円を超える人も少なからず存在します。より専門的な知識を得れば、年収のアップも夢ではありません。データベースエンジニアのスキルを上げるためには、プロジェクトのリーダーを経験する、自分の専門と異なる分野の仕事に関わる、複数のデータベースソフトを扱えるようになる、などの経験や目標を持ちましょう。

    データベースエンジニアに必要な能力・スキル

    データベースエンジニアとして企業に応募する場合は、プログラマーやシステムエンジニアの実務経験を備えている ことが理想的です。また、Microsoft SQL ServerやOracle、MySQL、PostgreSQLといった大規模なシェアを占めているデータベース製品に関しての知識を備えていることも、就職の際に有利になる条件と言えるでしょう。

    また、ビックデータを扱う企業も増えているため、高速なデータ処理を行えるMongoDB、Redis、Memchachedなどの最新のデータベースソフトを使える人材の需要も高まってきています。

    データベースエンジニアの働き方

    データベースエンジニアとしての雇用形態は、システムインテグレーターやIT関連企業に勤める社員としての形態と、派遣やフリーランスとして働く形態があります。どちらも業界としての需要は高く、求人情報も多く見つけることができます。開発現場は納期間近になると、どうしても作業量が増えてしまい、休日出勤を余儀なくされたり、残業や徹夜作業になるという場合もあります。データベースはシステムの中で非常に重要な位置を占めるため、会社員であってもフリーランスであっても、何かトラブルがあった際には、解決するまで帰れないということもあります。

    データベースエンジニアに向いている人・適正

    何か問題が起こった場合に慌てずに対処する精神的な強さも必要です。緻密な正確さも必須です。また、ハードワークを余儀なくされる場面もあるため、体力も求められます。さらに、仕事を進める上で、多数の別部門との協力が必須となるデータベースエンジニアには、高いコミュニケーション能力が求められます。また、物事を論理的に考えることが好きな方もデータベースエンジニアに適性があります。

    データベースエンジニアの将来性・需要

    現在、データベースエンジニアという立場で採用を行っている企業は減少しつつあります。しかし近年では、インフラエンジニアやアプリケーション開発エンジニアの業務に、DBを扱うことがあるケースが増えているのです。したがって、インフラやアプリをメインで扱いつつも、DBに強みを持っていれば、市場価値が高くなり、転職のチャンスは広がるでしょう。

    世の中において扱われているデータは刻々と肥大化していることから、ビッグデータの取り扱いの領域で活躍できるエンジニアは長い将来にわたって需要が高いと予想されます。将来性の高いキャリアパスとしてIT業界のエンジニアが選ぶようになってきています。

    データベースエンジニアになるには

    新卒でなる

    新卒かつ未経験でもデータベースエンジニアを目指すことは可能です。OracleかMicrosoft SQL Serverを使用している企業が多く、これらを扱える人材のニーズが高いです。OracleやMicrosoftが発行する製品に対しての技術力を証明する資格(ORACLE MASTER Bronze、MCPなど)を持っていると有利です。

    未経験から転職する

    データベースの知識は研修で学べるので、未経験でも比較的採用されやすい職種だと思います。ただし、データベースエンジニアになるにはサーバーやネットワーク等の知識が欠かせません。なので、まずはサーバーエンジニアやネットワークエンジニアを経験してから、データベースエンジニアを目指すという方法もあります。

    データベースエンジニアとして仕事をしたいと考えているのであれば、「今は経験を積む時期」と割り切って、仕事経験を増やしていくことが必要となるでしょう。経験を積んでいくことで、今後収入アップは期待出来ますよ。

    データベースエンジニアにおすすめの資格

    データベーススペシャリスト

    データベーススペシャリストの資格はデータベースエンジニアを目指すなら是非取得しておきたい資格です。受験者数はおおよそ4万人前後で合格率は約7%となり、狭き門です。合格するためには、データベーススペシャリストの教科書を学んでおくと良いでしょう。

    試験は午前と午後に分かれており、午前の試験は応用情報技術者試験等の高度資格保持者であれば免除されます。午前中の試験は過去問からの出題が多いのでよく学んでおくことがポイントです。午後の試験は過去問に加え、SQLの出題も必須なので、文法はしっかり押さえておいてください。

    情報技術者試験

    経済産業省が認定する資格で、特に日本企業への就職時に役立つ国家資格です。試験には4つのレベルが設定されており、レベル1~3は情報処理全般に関わる知識が出題されます。レベル4は複数の専門分野に分かれており、中でも「データベーススペシャリスト試験」は、データベースに関する中心業務をこなす際、必須となるスキルの習得を目的とした内容になっています。

    データベースエンジニアのキャリアパス

    データベースエンジニアのキャリアパスとしては、その技術や経験を活かしてプロジェクトマネージャーを目指すことができます。そのためにはインフラ全般やチューニング知識のほか、顧客のニーズを的確に捉えるコミュニケーション能力が不可欠となってきます。また、プロジェクトリーダーを経て、その先にあるITコンサルタントへのキャリアパスも見えてきます。マネジメントが好きでない場合は、より技能を磨きスペシャリストを目指す人もいます。特に昨今のIT業界は多様化しているため、専門的なジャンルに特化したスペシャリストは歓迎される傾向にあります。

    またデータベースエンジニアは国内だけではなく海外でも活躍の場を得ることで、より高収入が得られる職業でもあります。日本で経験を積み、海外に転職することで年収800万円の壁も超えることができる求人が多くあるのです。

    データベースエンジニアの求人の探し方

    近年では、アプリケーションの開発時などに、データベースを取り扱うことのできる人材を必要とするケースも多く見られます。そのため、データベースエンジニア専任ではなくとも、データベース製品に対する知識を募集要件として掲載している求人も少なくありません。

    ただデータベースエンジニアと言う職種は、インフラエンジニアやセキュリティエンジニアなどと混同して考えられる事も多く、データベース管理者やデータ管理者として専門性の高いエンジニアの求人は見つけにくくなっています。まず様々な転職サイトや転職エージェントで≪データベースエンジニア≫と入力し、登録する前に検索してみてください。

    まとめ

    データベースエンジニアは、流れの早いIT業界においてもさまざまな場面で活用されるため、データベースエンジニアの需要は今後も高まり続けるといわれています。ぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE