企業のIT戦略を担うITストラテジストの仕事内容とは
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.04.12

    企業のIT戦略を担うITストラテジストの仕事内容とは

    IT関連技術が加速度的に進化を遂げている現代社会では、企業経営におけるIT戦略の重要度が増しつつあります。こうした状況のもと、需要が高まっているのがITストラテジストです。

    ITストラテジストは高度なITスキルと経営知識を合わせ持ち、企業のIT戦略の舵取りを行う専門職です。今回はそんなITストラテジストについてご紹介してまいります。

    ITストラテジストとは

    ITストラテジストは企業の経営改革や最適化のためにIT技術を用いて戦略を策定し、提案、実行するポジションを指し、資格も存在します。つまり企業の経営戦略にもとづいてIT戦略を決定し、ITを活用した事業計画、業務改善計画などを中心となって行う人がITストラテジストということになります。ゆえにITストラテジストは、経営の面から企業に情報技術活用のアプローチを提案していく必要性があるのです。

    また、ITストラテジストの資格もあります。以前はシステムアナリスト試験と上級システムアドミニストレータ試験があり、現在ではそれを統合して創設された試験という位置づけです。その資格を持っている人をITストラテジストと呼ぶのです。弁護士や医師のようにこの資格がなければ仕事が出来ないということではありませんが、非常に難易度の高い試験のため、信頼性の高い資格なのです。

    ITストラテジスト資格とは

    そもそもITストラテジストの仕事は資格がなくても行うことができますが、客観的に能力を証明したいのであれば資格を取っておいたほうが有利です。ITストラテジストの試験はスキルレベル4の高度情報処理技術者試験です。情報技術を活用したビジネス戦略を策定、提案、推進する力を証明することのできる資格であり、情報技術技術の知識のみならず経営視点での戦略作りの知識が求められるのです。

    IT系国家資格難易度別年収ランキングを見てみると、ITストラテジストの年収は他を勝ります。

    1位:ITストラテジスト試験(ST) 年収670万円
    2位:システム監査技術者試験(AU) 年収640万円
    3位:プロジェクトマネージャ試験(PM) 年収550万円
    4位:ITサービスマネージャ試験(SM) 年収530万円
    5位:システムアーキテクト試験(SA) 年収480万円

    資格取得を直接的に生かす方法は、コンサルタントの肩書として使うことでしょう。ITストラテジストに合格したからといって年収に直結するわけではありませんが、IT系において最高難易度のこの資格に合格することで周りから評価されることになるでしょう。

    ITストラテジストの需要・将来性

    ITストラテジストは現代のビジネスシーンにおいて需要が高まっている資格の1つです。IT系企業はもちろんのこと、一般企業の情報システム部門で活躍したり、コンサル企業において経営戦略の提案などの仕事に携わったりするチャンスも出てきます。資格を取得しておけばIT職として将来のキャリアの幅を広げることにつながるはずです。

    ITストラテジスト資格の試験内容

    ITストラテジスト試験とは

    ITストラテジスト試験についてもう少し詳しくみていきましょう。もともとITストラテジスト試験は2009年に始まった国家試験で、システムアナリスト試験と上級システムアドミニストレータ試験を統合してできました。情報技術のみならず経営支援からのIT戦略策定が求められます。

    ITストラテジストの試験では基本的なIT知識、および情報技術を駆使した経営戦略の策定能力や推進力などが問われ、その難易度は高いです。他のIT系の難関国家資格と並び、それなりの勉強量が必要です。司法試験や公認会計士試験まではいかないまでも、それに付随するようなレベルでの勉強量や勉強時間が必要です。ITストラテジストもそうですが、IT系の国家資格は難易度が他の職種のものに比べて高めです。

    IT資格には資格レベルが1~4まで設定されているのですが、ITストラテジストはこれの4に該当する難易度の高い試験です。合格率も10%から15%程度と極めて低いです。高いレベルの経営戦略知識をITを活用して実行できるコンサルタントや経営者の立場から、経営方針に対して的確なアドバイスや指導がてきる意志決定能力があることを証明する資格ですので、例えば、経営企画や幹部候補、itコンサルタントといった立場の者が取得すると想定している国家資格になのです。極めてレベルが高く、高難易度になっているのは確かです。

    合格のためには

    合格率は毎年15パーセント程度で、難易度は高く、多少のIT知識があるというだけでは合格できません。ゆえに、実務経験が5年以上あるのと、ITストラテジストの資格を取得しているのとは同じ価値があると言われているのです。実務経験がある人ならば独学でも1か月間くらい必死に勉強すれば合格は難しくないでしょう。

    試験対策としてはとにかく過去問を解きまくることです。参考書などもありますから、いくらでも見つけることができるでしょう。参考書などもありますから、いくらでも見つけることができるでしょう。基本的に素直にitストラテジスト試験の参考書を購入してどんどん解いていくことがお勧めできます。たまにセミナーやビジネススクールに通っている人もいます。試験は1年に1度しかありませんので、1度逃すとまた来年ということになってしまいます。しっかりと勉強して挑みましょう。

    資格を取得する目的も明確に

    資格を取った理由はきっかけや目的とともに伝えましょう。なぜならば、資格自体よりも、取得しようと思った目的意識や努力のほうが評価されやすいからです。資格を取るに至るバックグラウンドから話せるようにするといいでしょう。

    例えば、ただITストラテジストの資格の保持をアピールするのではなく、「システムを開発する中で、経営者の視点でソリューションを提案できる人材になりたく、ITストラテジストの資格取得を目指すようになりました」と言えば、印象はだいぶ変わります。IT業界は人材不足のため売り手市場なので、企業が求めている資格を持っているというだけでも採用に近づくこともあります。年齢が若いほど意欲をアピールする手段として資格を使いやすいのです。

    繰り返しますが、資格よりもまずは目的や経験のほうが転職においては大事になってきます。自分の実力ややる気を示す手段の1つとして捉えておきましょう。

    ITストラテジスト資格の勉強法

    ITストラテジストは独学での合格が可能な試験です。過去問も公開されていますし、市販の参考書・問題集も揃っています。試験対策予備校もありますが基本は独学、参考書・過去問を揃えて繰り返し勉強するというのが一般的な勉強スタイルになります。

    ITストラテジストの平均年収・給料

    続いてはITストラテジストの平均年収・給料についてみていきましょう。ITストラテジストとして働く場合、想定年収は450~1,000万円だと言われており、平均年収として650万円程度です。これはあらゆるIT系の仕事から見てもかなり高い方です。

    難関資格であるが故に、転職はしやすいでしょう。ITコンサルティング会社や大企業のシステム部門などは候補となります。求職サイト、求人サイトに登録していればスカウトがどんどんくるような資格でもあるのです。就職や転職、キャリアアップにおいても非常に有用性の高い資格です。特にコンサルティングファームや、シンクタンクでの活躍を考えている場合には、このITストラテジストの資格を習得できれば優位に働くでしょう。

    情報技術を活用して企業の経営を左右する意思決定に関わる重要なポジションですから、企業で重宝される存在になることは間違いありません。独立する人も多く、案件に困ることはないでしょう。企業によっては、資格取得一時金や技術者手当が支給される場合もあります。将来性も、他の高度情報処理技術者試験同様、国家資格であること、高度な技術が必要であることから、決して暗くはないと言えるでしょう。

    おすすめの対策本・参考書

    情報処理教科書 ITストラテジスト 2018年版

    過去問が多く載っていて、なおかつ解説がとても分かりやすいのが特徴です

    ITストラテジスト 合格論文事例集 第4版 (論文事例集シリーズ)

    午後2の論文対策としておすすめです

    ITストラテジスト午後2 最速の論文対策 第2版 (TACの情報処理技術者試験対策シリーズ)

    仕事のかたわら学習に励む「時間のない」大多数の受験者のために、ごく短期間で合格論文を書けるようになる独自のメソッドが書かれています。

    ITストラテジストになるのに必要な勉強時間

    実務経験があっても働きながらですと2年程度の勉強時間は必要とする難関試験です。合格率も10%から15%程度と低くなっています。 この資格を受験している大半は社会人の方ですので、やはり合理的な試験対策が必要です。

    まとめ

    ITストラテジストについてご紹介してまいりました。ITストラテジストは今後ますますの需要が見込まれます。IT職として今後のキャリアアップを考えるのであれば取得を検討するべき価値のある資格といえます。あらゆる産業においてITを無しに語ることは出来ないと考えると、人材マーケットでの価値は上昇していくことが予想されます。

    またITストラジストの資格は初めから目指すものというより、IT業界に身を置いていく中で次第に視野に入ってくる資格といったイメージです。世間的にも認められた高難易度の資格ですし、給与もIT業界の中では比較的高めに設定されています。是非目指してみてください。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE